房総の林道(富津市周辺)

4月6日現在の林道の状況です。
f0126932_15104437.jpg

【鬼泪山林道/支線】
◎本線、支線とも通行可能
一部路面が削られている所があるので、地上最低高の低い四輪はライン取りに気を使うかもしれません。
f0126932_15111346.jpg

f0126932_1725221.jpg

【志駒線】
◎通行可能
距離は短いですが、立派な素掘りトンネルが4本あります。路面の状況は一部に落石が見られたものの、特に荒れた所はありませんでした。
f0126932_17282170.jpg


【田取線】
×通行不可
志駒側からしばらく入ったところで通行止めになっていました。特に工事等の看板は出ていなかったので、ゲートを片付ければ通行できたかもしれません。
f0126932_15121081.jpg


【竹岡線】
○通行可能
入口の素掘りトンネルは問題なく通り抜けられましたが、トンネルを抜けた先の一番幅員が狭い区間では車幅ぎりぎりだったので、車幅の大きな車は要注意です(参考 ランクル70の車高:約2.0m、車幅:約1.7m)。
f0126932_17292878.jpg

<竹岡線の素掘りトンネル>
f0126932_1727184.jpg

【金谷元名線(竹岡線分岐-金谷)】
○通行可能
この区間はダンプが多いとの噂は聞いてはいたのですが、平日に通行するのは絶対に止めたほうが良いです。途中の残土処理場?から金谷までの区間は、ひっきりなしにダンプが往復していて、最悪です。
f0126932_15164983.jpg


【山中線】
×通行不可
昨年に崩壊した箇所は完全に修復が終わっていましたが、山中側から100mぐらい入ったところで工事を行っていて、通行することができませんでした。
f0126932_17302789.jpg


【市之沢線】
◎通行可能
富津市の高宕山自然公園のところから始まる志組線の途中から分岐する林道。約1.7km。
まだ開削されたばかりの林道で、コンクリート舗装の区間が長く景色も悪いものの、林道脇の地層には断層を見ることができて、非常に個性のある林道です。
f0126932_17305054.jpg


【志組線】
◎通行可能
ダートが始まるのは志組の集落を過ぎ一つ目の橋を渡りきったところからですが、約1.7kmのダート区間があります。沢沿いを走る市之沢線とは対照的に開放的な感じがする林道で、幅員も広くて走りやすいです。
f0126932_17311026.jpg


【大山横尾線】
○通行可能
大山側の区間で一部斜面の崩壊がありますが、普通車や車幅の広い車でない限り問題はないと思われます。路面は相変わらず荒れています。
f0126932_17313651.jpg


<大山横尾線の崩壊箇所>
f0126932_17315137.jpg

【高山線・袖ノ木線】
◎高山線は通行可能。
×袖ノ木線は工事により完全通行止め。
# by naka1md30 | 2005-04-08 20:37 | 旅とツーリング | Comments(0)

春の房総林道巡り

水曜日に房総の林道を走ってきました。
今回は趣向を変え、いつもはバイクで走っている房総の林道をランクル70で走ってきました。走ること自体はやはりバイクで走るほうが断然面白いのですが、車でのツーリングもバイクとは違った面白みがあって楽しいものです。

また、車ならではの発見もあります。
たとえば、バイクと比べて機動力に劣る反面、バイクで走っている時には気が付きにくい作業道等の入口を見つけることができたり、のんびりと道端の花や景色を楽しみながら走ることができます。
今回もいろいろと面白そうな道の入口を見つけたので、次回の林道探索ツーリングでじっくりと探索してみたいと思います。

<林道田取線にて>
f0126932_1739163.jpg

# by naka1md30 | 2005-04-08 20:22 | 車の話 | Comments(0)

夏タイヤへ交換

今日は、いつもお世話になっているお店にてランクル70のタイヤを夏タイヤへ交換しました。結局、今年の冬は2回しか雪道を走らずスタッドレスタイヤの出番がほとんどなかったので、その分来シーズンに活躍してもらおうかと思います。

今日の日中は暑いほどの陽気で、久々に窓を全開にして走りました。
f0126932_17353681.jpg

# by naka1md30 | 2005-04-03 19:09 | 車の話 | Comments(0)

印旛沼方面散策

土曜日は夕方にぶらりと印旛沼方面を走ってきました。
いつも走る沼沿いのダートを往復してきただけなのですが、往復すると10kmぐらいの距離になるので、それなりに楽しめましたよ。
桜にはまだ早かったものの、満開のコブシの花や萌黄色の柳の若葉、土手で蓬を摘む人の姿に春を感じることができました。
f0126932_15544574.jpg

f0126932_17362570.jpg

# by naka1md30 | 2005-04-03 02:18 | 雑記 | Comments(0)

XR250BAJAについて

自分のメインマシンである03年式XR250BAJAの紹介です。
購入から1年半で走行距離も2万kmに達したものの、今のところ大きなトラブルはありません。チェーン、スプロケ、ブレーキパッド等消耗部品は一通り交換しましたが、キックアーム、ハンドルバー(レンサルコンペバー)、アルミアンダーガード等を除いてほぼノーマルのままです。
f0126932_115517.jpg


<主な長所>
●航続距離が長い
燃費が約30km/Lでタンクが14Lあるため、リザーブに入るのが大体300kmぐらい、リザーブも入れると約400km無給油で走れます。この航続距離の長さはガソリンスタンドが少ない地域や山中の林道を走り繋ぐ時などに威力を発揮します。

●長距離のツーリングが楽
よくXR250のエンジンのインプレを見ると「もっさり」とか「250ccカブ」とか書かれているのを目にしますが、このエンジン特性が長距離のツーリングでは逆に疲れにくいという長所になっていると思います。また、トルクがあるのでガレ場の斜面や砂地での再スタートも助かります。

●足着きが良い
最近でこそあまり気にならなくなりましたが、免許を取り立ての頃は購入車両を選ぶうえで足着きが非常に気になりました。ちなみにBAJAのシート高は86cm、身長163cm・体重56kgの私でも両足つま先が着きますし、多少足場が悪くても片足で十分に支えられます。

<主な短所>
●始動性が悪い
これは新車購入時からなのですが、1週間以上乗らなかった時や冬季の冷え込んだ日のエンジン始動性が悪いです。

●ライトフレームやサブフレームが弱点
夜間走行で便利なBAJAライトですが、ライトフレームが出っ張っている分だけ転倒時のリスクが大きいです。また、サブフレームが弱く(曲がることで衝撃を吸収しているのでしょうが)、コケると簡単に曲がってしまいます。

●地上最低高が低い
これは足着きが良いという長所の裏返しなのですが、岩や丸太などにアンダーガードが引っ掛かってしまうことがあります。

●プラグの交換が面倒
これもどうしようもないのですが、燃料タンクやAIに囲まれた谷間にプラグがあるため、安全に交換するためにはシートとタンクを外さないと交換ができません。

<結論>
長距離や通常の林道ツーリングには最適で、文句のないバイクだと思いますが、アタックツーリングには向きません。
単に自分が下手くそなだけという噂もありますが・・・

とりあえず、自分なりのインプレを記述してみましたが、これからBAJAを購入する人の参考になったら幸いです。
# by naka1md30 | 2005-03-31 21:07 | バイクの話 | Comments(0)