2018北海道の旅 その4 ~函岳・ピヤシリ山周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)~

8月20日の林道ツーリングの後編です。


【3.北隆線林道 : ダート約16km】

雄武市街から少しだけ国道238号を戻り、元稲府川沿いの道経由で再び内陸へ。
途中、北隆線林道の案内板は一切ないものの、北隆鉱山跡の案内板を辿れば簡単に林道の入口へたどり着くことができます。
f0126932_19560941.jpg


北隆線林道は、全線フラットダート。
かつては沿道に北隆鉱山が栄えていた時代もあったそうですが、現在は一棟の建物も残っていません。
f0126932_19562163.jpg


行けども行けども深い森が広がるばかり。
もちろん、対向車などがあるわけもなく・・・
f0126932_19562987.jpg


16kmほど走って、道道49号美深雄武線の上幌内峠へ出ました。
f0126932_19563965.jpg



【4.奥幌内本流林道~ピヤシリ越林道 : ダート約30km】

道道60号下川雄武線の幌内越峠から、まずは奥幌内本流林道へ。
入口からしばらくは荒れた舗装路が続きますが、すぐにダートが始まります。
f0126932_19564812.jpg


ちなみに、この奥幌内本流林道はピヤシリ越林道と一本の路線になっており、どこからがピヤシリ越林道なのか、何度来ても全くわかりません・・・
f0126932_19565935.jpg


沢沿いから離れ、次第に斜面を登っていくにつれて路面に荒れが目立ってきます。
が、これぐらいの雨溝であれば、全く問題なし。
f0126932_19570682.jpg


今回、一番酷かった区間がこの状態。
距離にして数十m。まあ、道が無くなっていないだけマシかな~(笑)

f0126932_19571532.jpg


そのまま強行突破しても大丈夫そうですが、進んだ先で元の路面に登れないと面倒くさいことになりそうだったので、左側にわずかに残っている元の路面を辿ることにしました。
f0126932_19572533.jpg


稜線上に出ると、路面の荒れが無くなり、至って走りやすいフラットダートになりました。
f0126932_19573471.jpg


ただ、一部区間は両側から笹が繁ってきており、道幅がかなり狭くなっていました。
長いこと四輪は通行していないようです。
f0126932_19574453.jpg


ピヤシリ山頂への分岐を過ぎると、あとは名寄盆地を目指して下るだけ。
f0126932_19575269.jpg


ピヤシリ越林道から望む、名寄盆地と名寄市街。
右手前の斜面に見えているのは、スキーのジャンプ台です。
f0126932_19580133.jpg


今回は、ピヤシリ山荘の分岐から、新生川沿いに下って、国道239号へ出るルートを走りました。
交通量は少ないようで、路面に草が生えています。
f0126932_19580982.jpg


あれ!?
出口まであと100mぐらいのところで、道幅一杯の倒木が道を塞いでいるではありませんか。
ピヤシリ山荘まで戻るのは面倒くさいしな~
というわけで、左側の笹薮を強行突破しました(笑)
f0126932_19582045.jpg


宿に入るには時間が早かったので、少しだけ寄り道をば。
ユースホステルにほど近い、サンピラーパークのひまわり畑です。
f0126932_19584185.jpg


これまで、なかなか時期が合わなかったこともあって、名寄のひまわり畑を見ることができたのは今回が初めてだったりします。
f0126932_19582919.jpg


さて、だいぶ日が傾いてきたので、名寄市街に出て、買い物&ちょっとだけポケモンGO(笑)
前日に続いて訪れたJR名寄駅です。
f0126932_19585149.jpg


JRの名寄駅舎は1927年(昭和2年)に建設され、終戦を経て、名寄本線の廃止(1989年)、深名線の廃止(1995年)など、数々の出来事を見てきた歴史のある建物です。
広大な北海道でも、戦前の駅舎が残っている駅は非常に少なく、どうしても一度見ておきたかったのです。
f0126932_19590143.jpg


十分寄り道もしたし(ジムバトルとか・・・)、いいかげん宿に帰るべ。
なよろサンピラーユースホステル最寄り駅の日進駅にて一枚。
ちなみに、奥に見えているオレンジ色の建物がユースホステルです。
f0126932_19591201.jpg



※その5へつづく


# by naka1md30 | 2018-09-22 22:10 | 旅とツーリング | Comments(2)

2018北海道の旅 その3 ~函岳・ピヤシリ山周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)~

まず最初に、今回の北海道胆振東部地震で亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災した方々へお見舞い申し上げます。
今回の旅では、ほんの3週間前に被災地の安平町へ立ち寄っており、特に被害が大きかった厚真町の林道群へも、かつてXR-BAJAで訪れたことがあるだけに、見覚えのある地域の変わり果てた姿を見るのは非常につらいものがあります。



8月20日。
北海道の旅2日目は、待ちに待った林道ツーリングです。
今回は、4年前に走った時とは逆周りに美深から函岳を越え、オホーツク海側の雄武を経由し、ピヤシリ山を越えて名寄へと戻ってくる200km超のルートです。

朝7時半頃に名寄を出発。
ハイエースは、宿で留守番です。
f0126932_21145705.jpg


名寄からは東雲峠を越えて智恵文へ。
智恵文の丘では、ちょうど蕎麦の花が満開でした。
蕎麦の花も、例年より開花が遅れているようです。
f0126932_21151191.jpg


美深からオホーツク海側の雄武までは100km近い距離があるので、ガソリンスタンドへ立ち寄りWRへ給油。ついでにセイコーマートで遅めの朝飯を調達しました。
さらに、セイコーマートの斜め向かいにあった美深神社で旅の安全を祈願しました。
もちろん、ポケGOのジム潰し・・・もといお参りです(笑)
f0126932_21152070.jpg



【1.美深歌登大規模林道・町道加須美峠函岳線 : ダート約37km+約10.5km×2】

さて、今回の旅一発目の林道へ到着。
4年ぶりの美深歌登大規模林道です。
f0126932_21153789.jpg


加須美峠までの17kmをひた走る!
本州の林道と違ってアクセル全開にできるので、予定していたよりも早く走り抜けることができるものの、どこまで行っても同じ景色なので、すぐに飽きてしまいます(笑)
f0126932_21155877.jpg


エゾアジサイを見るために1回だけ停まった他は、ほぼノンストップで走りまくり。
f0126932_21163400.jpg


あっという間に加須美峠に到着。
ここは左折して、片道10kmの函岳道路へ寄り道します。
f0126932_21164433.jpg


4年ぶりの函岳は、霧で真っ白けっけ。
麓はおろか、10m先が見えないぐらいでした・・・
f0126932_21165282.jpg


函岳山頂で30分ほど、おにぎりを食べながら霧が晴れるのを待ちましたが、一向に晴れる気配が無いので、諦めて帰ってきました。
そういえば、4年前に来た時には崩壊していた山頂標が新しくなっていますね。
f0126932_21170177.jpg


再び函岳道路を戻り、加須美峠へ。
f0126932_21171099.jpg


加須美峠から再び美深歌登大規模林道へと復帰し、歌登側を下っていきます。
歌登側は一部幅員が狭い区間があるものの、走りやすいフラットダートが続きます。
f0126932_21171842.jpg


麓まで下ってくると、雲が切れて晴れ間が出てきました。
ふり返った稜線には、相変わらず灰色の雲がかかっています。
f0126932_21172812.jpg



【2.民有林林道風烈布線 : ダート約17km】

一旦、道道120号美深中頓別線を経由して、風烈布林道入口に到着。
f0126932_21173789.jpg


風烈布林道は、4年前と変わらないフラットダートですが、以前よりも両側の草木が繁ってきており、一部見通しが悪い箇所がありました。
北海道の林道の場合、巡航スピードが速いだけに対向車との衝突だけは気をつけなければなりません。
f0126932_21174546.jpg


国道238号に出て、雄武まで20kmほど一般道を走ります。
自分のWRは山専用でリアスプロケを大きくしてあるので、80km巡航の国道を走るのは、とっても苦手なのです。
写真は、ちょうど枝幸町から雄武町へ入る辺りのオホーツク海沿岸にて撮ったもの。
f0126932_21175491.jpg


雄武市街でWRへの給油&昼飯を済ませてから、後半のツーリングへ備えます。
そうそう、前回来た時に寄り忘れた雄武の道の駅の展望台へ登ってみることにしましょう。
と、その前にポケGOのジム潰しも忘れずに(笑)
f0126932_21182224.jpg


雄武の道の駅から南東方向の展望。
中央の白い建物が雄武町役場です。
f0126932_21181394.jpg


同じく北西方向の展望です。
f0126932_21180546.jpg


後半へつづく




<おまけ ポケモンGOで行く北海道の旅>
# by naka1md30 | 2018-09-09 21:30 | 旅とツーリング | Comments(3)

北海道函岳・ピヤシリ山周辺のエゾアジサイ 2018.08

北海道の北部、上川の美深町・音威子府村と宗谷の枝幸町の境に聳える函岳、そして上川の名寄市と網走の雄武町の境に聳えるピヤシリ山周辺のエゾアジサイを紹介します。
この地域は、北緯44度を超えており、冬には氷点下30度以下にまで冷え込む酷寒の地ですが、山間部には本州と同様にエゾアジサイが自生しています。
例年、7月の下旬から8月の上旬ごろには花が終わっているエゾアジサイですが、今年は異常な気候のせいもあって、幸いなことに満開の花を見ることができました。

まずは、函岳へと繋がる美深歌登大規模林道で見かけたエゾアジサイです。
この場所は、比較的オホーツク海にも近い地域ですが、加須美峠を挟んで美深町側、枝幸町側ともそれなりに山深くへ入らないとエゾアジサイを見ることができません。
ピヤシリ山の方も同様の傾向があったので、山間部を中心に自生地が広がっているのかもしれません。
f0126932_20275904.jpg


花色の薄い株が多いピヤシリ山と比べると、こちらは色の濃い花が多かったです。
f0126932_20274027.jpg


花の終盤に中心部が濃くなるタイプの花のようです。
f0126932_20275135.jpg


今回見た株の中で、一番気になった花です。
鋸歯のある装飾花が大きくて、非常に見応えがある花でした。
f0126932_20280994.jpg


お次は、名寄市と雄武町を結ぶ奥幌内本流林道~ピヤシリ越林道のエゾアジサイです。
f0126932_20284115.jpg


ヒヨドリバナと混生して咲いているエゾアジサイ。
本州では、エゾアジサイが他の山野草と混生している様はあまり見かけませんが、北海道では良く見かけます。
f0126932_20285161.jpg


こちらにも、花の中心部が濃くなるタイプの花が咲いていました。
f0126932_20282079.jpg


今回見た花で、一番色が濃かった花です。
f0126932_20283010.jpg


ピヤシリ山周辺で多く見かける花色の薄いタイプ。
ガク片が合着していて、蝶咲きに近い咲き方をしています。
f0126932_20290106.jpg


装飾花が多くて、蝶が乱れ飛んでいるような花。
北海道にも、多様なエゾアジサイが多く咲いていることを確認できたのは、なかなかの収穫でした。
f0126932_20291018.jpg



おまけ。
美深市街にある美深神社の境内に植栽されていたテマリ咲きのアジサイ。
株の形態からすると、テマリ咲きのエゾアジサイのようですが、本州で見かけるユキテマリ系アジサイよりも装飾花が大きく、もしかすると別系統の品種かもしれません。
余談ですが、アジサイの花芽は氷点下20度以下になっても飛ばないんですね(もしかしたら、冬覆されている可能性がありますが)。我が家のエゾアジサイなんて、氷点下3度ぐらいで飛んでしまうのは何が違うのか・・・
f0126932_20272817.jpg


# by naka1md30 | 2018-09-02 21:06 | アジサイ写真集 | Comments(4)

2018北海道の旅 その2 ~苫小牧から名寄へ~

8月19日 北海道の旅1日目。
2年ぶりの北海道の旅は、雨模様の天気で始まりました。

今回は、2代目ハイエースの初北海道でもあるので、ひとまず最北端を目指します。
朝飯を食べてから、少し遅めに苫小牧の旅のにっころがしを出発。
f0126932_20255838.jpg


まずは、夕張経由で富良野へ。
途中、立ち寄った大夕張ダムのほとりにて。
f0126932_20261136.jpg


雨で霞んでいるせいもありますが、水面の果てが見えないほどの広さです。
ほんの数年前まで何度も通ったかつての旧道は、いまや湖面の底へ・・・
そして、この湖面に下にはかつて多くの人が住んでいた炭鉱街跡があったこと、さらには旧大夕張ダムが沈んでいることもわからないぐらいに何の痕跡も残っていません。
f0126932_20262699.jpg


お昼過ぎに十勝岳温泉に到着。
10年ぶりぐらいに凌雲閣でひと風呂浴びました。
f0126932_20263976.jpg


十勝岳温泉から望岳台を目指すも、十勝岳は雨雲の中。
f0126932_20270021.jpg


望岳台から美瑛の街へ下る途中、美瑛神社へお参りしました。
何で、神社に寄ったのかって?
もちろん、ポケモンGOのため旅の安全を祈願するためですよ。
f0126932_20272392.jpg


お参りしてから言うのも何ですが、美瑛神社は恋人同士で参拝すると良いことがあるみたいです(特に恋愛成就。正面の破風部分にはハート型の装飾があったりします)。
まあ、自分には関係が無い話ですが・・・(笑)
f0126932_20273222.jpg


さーて、いいかげん寄り道をやめないと、また宿に着くのが夜になってしまう(北海道の夜道は鹿の歩行者天国なんだってば!)ので、スピードアップして北上します。
f0126932_20270987.jpg


ひたすら下道で北上し、17時過ぎに名寄に到着。
車なのに何でJRの名寄駅なんぞに寄ったのかというと、もちろん、ポケモンGOのためこの名寄駅舎を見るためです(笑)
名寄駅舎の詳細については、また次回以降のツーレポで。
f0126932_20274497.jpg


この日は、4年ぶりになよろサンピラーユースホステルに泊まりました。
何とか日没前に到着できて良かった(笑)
f0126932_20275403.jpg
その3へつづく



<おまけ ポケモンGOで巡る北海道の旅>
# by naka1md30 | 2018-09-01 23:56 | 旅とツーリング | Comments(3)

2018北海道の旅 その1 ~旅立ち~

8月18日から25日にかけての1週間、2年ぶりに北海道へ行ってきました。
今回は、2代目ハイエースになってから初めての渡道となりますが、後の荷室にはいつものようにWRが積んであります。
出発直前まで自転車も積んでいくか迷っていたのですが、週間天気予報があまり良くなかったので、結局、バイクだけにした次第です。


17日の夕方に仕事から帰宅し、大急ぎで大洗港へ向けて出発。
何とか1時半大洗発苫小牧行きのフェリーへ乗り込みました。
f0126932_20562756.jpg


18日のお昼頃、三陸沖を通過。
お盆を過ぎて、空の色がすっかり秋めいています。
f0126932_20564994.jpg


同16時頃に下北半島の尻屋崎を通過して津軽海峡沖へ。
f0126932_20571385.jpg


昨年9月に訪れた尻屋埼灯台(右手前)や釜臥山(中央奥の尖った山)がくっきりと見えていました。
f0126932_20572330.jpg


津軽海峡の向こうには、北海道渡島半島南部の恵山も見えています。
18日は、20時過ぎに苫小牧港着、そのまま苫小牧郊外の「旅のにっころがし」に泊まりました。
f0126932_20570008.jpg


その2へつづく


<おまけ ポケモンGOで巡る北海道の旅>
# by naka1md30 | 2018-08-28 21:23 | 旅とツーリング | Comments(0)