ハイエースで行く晩秋の奥上州の旅

晩秋の野反湖へ。
標高1500mほどの野反湖の紅葉はすでに終わり、寒々しい冬枯れが広がっていました。
もちろん、他の観光客は1人もおらず・・・
f0126932_18360188.jpg


この日は、浅間山が初冠雪したそうで、いつ雪が来てもおかしくない季節になってしまいました。
心なしか、前回来た時よりも野反湖の水が多いようです。
f0126932_18361038.jpg


背後の八間山のダケカンバも、すっかり落葉してしまいました。
f0126932_18355113.jpg


季節風が直接当たらない日向の斜面では、ハクサンフウロの葉が綺麗に紅葉していました。
f0126932_18361663.jpg


野反湖から六合へ下る途中にて。
ちょうど標高1200mぐらいの辺りが紅葉の見頃でしたが、今年は台風24号の直撃を受けたせいか、いまいちの色づきでした。
f0126932_18362518.jpg


お次は、いつものように暮坂峠を越えて四万温泉へ。
今回は趣向を変えて、日向見にある薬師堂へお参りしました。
この場所も、最近、ポケモンGOで知った場所で、今回初めて訪れてみた次第です。
f0126932_18363331.jpg


最初、上の写真の建物が薬師堂かと勘違いしてしまいましたが、本当の薬師堂はその裏側に佇んでいます。
この薬師堂は1598年に建てられてから、520420年※もの間、この地で人々の生活を見守ってきました。
(※年数の計算が間違っていたので、訂正します。)
f0126932_18364052.jpg


今でこそ、車ですぐに訪れることができる四万温泉ですが、薬師堂が建てられた520420年前の四万温泉日向見は一体どんな場所だったのだろうかと、遠い昔に思いを馳せながら、お参り完了。
これまで、何度も近くを通っていたのに、こんな貴重な建物を見落としていたとは・・・
まだまだですね。
f0126932_18364895.jpg


# by naka1md30 | 2018-11-01 21:22 | 旅とツーリング | Comments(2)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第三十九弾 (YZF-R1)

先週のことになりますが、R1で箱根・伊豆方面をひと走りしてきました。
この日は、午前中の降水確率が10パーセントなのにもかかわらず、R1の暖機が終わって、さあ家から出発!という時にザーザー降りの雨が降り出し、いきなり出端を挫かれました。
こんな時は大概、ろくなことがないんだよな~と思いながらも、せっかく準備したので30分遅れで自宅を出発したのでした。


いつものように、ターンパイクを駆け上がって大観山へ。
青空は見えていたものの、富士山は見えずじまい。
まあ、路面が乾いていて気持ち良く走れれば御の字で、富士山は二の次です(笑)
f0126932_18060545.jpg


さて、伊豆スカイラインを軽く往復して、昼前には帰ることにしましょう。
f0126932_18061753.jpg


滝知山にて。
やはり富士山は見えません・・・
f0126932_18062507.jpg


滝知山から望む相模湾と真鶴半島。
山肌の木々が変色しているのは、先日の台風24号の塩害で葉が枯れてしまっているからです。
そして、滝知山を出発した直後に、朝の悪い直感が的中。
事件が発生します。
コーナーの手前で背後から追いついてきたドカがいたので、その先のストレートで先へ行ってもらおうかと思ったら、そのまま追い越しをかけてくるではありませんか。
正直なところ、この場所での追い越しは予想していなかったので驚いていたら、何と自分の目の前でコーナーに突っ込んでしまいました。
幸いなことに突っ込んだ先にガードレールが無く、車両が側溝に落ち、ライダーの方は軽い怪我で済んでいたようだったので、後から来た3人組の方と4人で側溝に落ちてしまった車両を引き上げて、ひとまずその場を後にしました。
f0126932_18063379.jpg


西丹那の駐車場にて。
先ほどのクラッシュを見て、すでにやる気ライフは50パーセントに低下しています・・・
f0126932_18063996.jpg


そして、自分がクラッシュを目撃したのと時を同じくして、数km先でさらに大きな事故が発生していました。
自分が通過した時は救急車が到着する前で、まだ路肩に怪我をしたライダーが横たえられており、その先の亀石のパーキングにはドクターヘリが待機している状態・・・
ドクターヘリが出るということは相当悪い状況なのだなと思っていましたが、翌日の記事で怪我をされた方が亡くなったことを知りました。
何ともやり切れませんね。
f0126932_18064894.jpg


晴れ渡った空に対して、心の中は鉛色。
平穏な日々は絶対ではなく、朝には元気だった人が事故や病気であっけなく死んでしまう。
それは決して自分も例外ではなく、いずれ誰にでもその日が来ます。
すでに十分すぎるほど判っている現実でも、その現場を目にすると、つらいものがあります。
f0126932_18065551.jpg


最後に、いつものように大観山のラウンジでコーヒーを飲んでから帰ってきました。
f0126932_18070527.jpg


ポケGOのジムに置いてきたポケモンも、全てほんの数時間で叩きのめされて帰ってくるし、色々な面で近年まれに見る散々な一日でした。
無事故無違反で帰ってこられたので、良しとしたいところですが、このストレスを一体どこへぶつければ良いのか・・・
f0126932_18071473.jpg

# by naka1md30 | 2018-10-16 21:29 | 旅とツーリング | Comments(2)

2018北海道の旅 その6 ~宗谷岬周辺プチツーリング (WR250F)~

8月21日に宗谷岬へ行った際の番外編です。
ちょっとだけ寄り道をして、2時間ほど宗谷岬周辺のダートを探索しました。

スタートは宗谷岬から。
最北端の地碑の手前に佇むのは、間宮林蔵像。
f0126932_20210963.jpg


宗谷海峡を背にして、岬の背後に広がる丘陵地帯へ。
4年前に来た時には、海峡の向こうに樺太の島影が見えていましたが、今回は残念ながら何も見えませんでした。
f0126932_20212964.jpg


ダート1本目。
道道889号を宗谷方面へと走っていくと、一番西側に入口があるピストンダートです。
距離は約1.9kmほどで、両側に広がるのは牧草地と笹原のみ。
f0126932_20215946.jpg


終点は牧草地の中。
少々物足りないが、仕方がないのでここでUターン。
f0126932_20214760.jpg


ダート2本目は、道道889号を東方向に戻り、宗谷岬の分岐を過ぎて300mほど行ったところに入口があるピストンダートです。
先ほどの1本目よりもアップダウンがあり、若干ですが宗谷海峡を望むことができました。
f0126932_20221926.jpg


こちらも、2.7kmほど走って行き止まり。
f0126932_20221181.jpg


3本目は、道道889号の一番東側、丸山方面へ行く道の分岐の正面に入口があるダートです。
この道は、道道889号から1kmほど入ったところに二又の分岐があり、右側はピストンダート、左側を行けば国道238号へと抜けることができます。
写真は、分岐右側のピストンダートにて。右奥の山は丸山。
こちらは、1kmほどで行き止まりになります。
f0126932_20223017.jpg


この道も、最後は牧草地の中に消滅していました。
f0126932_20224257.jpg


最後に、分岐左側の完抜ダートをひと走り。
国道238号で宗谷岬へ戻るのが嫌だったので、国道238への合流地点でUターンして元来た道を戻りました。
f0126932_20225586.jpg


宗谷岬の背後にある高台に建っている宗谷岬灯台にて。
f0126932_20230143.jpg


同じく、宗谷岬背後の高台にある旧海軍望楼で、100年以上前に帝国海軍によって建設されたものです。

f0126932_20232038.jpg


海軍望楼の解説版。
あまりケチはつけたくないのですが、下部の英語表記に一切樺太という名称が出てこないのと、ロシア語併記がなされているのにイラっときました。
1945年に稚内も旧ソ連に占領されて消滅、もしくはロシア名の街に変更されていた可能性もあるのに(当時、ソ連は北海道の留萌と釧路を結んだ線より北側を占領することを画策していました。)、よくロシア語表記などできたものです。
ちなみに、稚内市は樺太の旧大泊(現コルサコフ)とも姉妹都市になっていますが、全くもって理解に苦しみます。
f0126932_20230987.jpg


旧海軍望楼から望む、宗谷岬灯台と日本海に浮かぶ弁天島。
宗谷岬の西北西に位置する弁天島が本当の最北端なのですが、残念ながら島へ渡ることはできません。
f0126932_20232902.jpg

# by naka1md30 | 2018-10-14 09:54 | 旅とツーリング | Comments(0)

2018北海道の旅 その5 ~名寄から宗谷岬へ~

8月21日、北海道の旅3日目。
この日は、名寄から本土最北端の宗谷岬を目指し、稚内を回って再び名寄まで帰ってきました。

名寄を7時頃に出発し、国道40号と275号をひたすら北上します。
写真は、中頓別町の敏音知岳の麓にて。
中頓別に来ると、2007年の第1回北海道4DAYS(ラリー)に出場した時のことを思い出します。
初日の夜に敏音知岳の麓に泊まり、翌朝、敏音知岳北麓のSSを走ったことが懐かしいです。
f0126932_21280838.jpg


浜頓別市街を過ぎ、国道238から1本海側のエサヌカ線へ。
エサヌカ線は、電柱もガードレールも無い直線路で、以前からその存在を知っていましたが、走るのは今回が初めてだったりします。
地平線が沈み込んで見えなくなる4.5kmを超える直線区間があるので、道の先は当然、陽炎の中に消えています。
f0126932_21272096.jpg


元来た方向(南方向)をふり返ってみる。
地平の彼方に見えているのは、浜頓別町と枝幸町の境に横たわる山々。
f0126932_21272982.jpg


エサヌカ線をひた走り、浜猿払漁港近くにある猿払電話中継所跡へ立ち寄りました。
f0126932_21270722.jpg


かつて、この場所には北海道(宗谷郡猿払村)と樺太(大泊郡深海村)とを結ぶ海底ケーブルの中継基地がありました。
f0126932_21264598.jpg


1945年(昭和20年)8月14日夜に日本がポツダム宣言の受諾を決定してから5日後の20日に、突如ソ連による樺太西海岸からの侵略が始まりました。
当時、樺太西海岸にあった真岡町の9人の電話交換手が最後に「皆さん、これが最後です、さようなら、さようなら」との言葉を残して殉じた真岡郵便電信局事件は非常に有名で、慰霊碑が稚内公園に建っていることは以前から知っていましたが、この場所がその舞台の一部だったことは最近知った次第です。
ロシアはよく、(樺太、千島を日本が失ったのは)先の大戦の結果だと言っていますが、そもそもポツダム宣言受諾の直前に、一方的に中立条約を破棄して攻め込んできて、さらにその後のどさくさに紛れて火事場泥棒を働いた卑劣な行為を決して許すことはできません。
f0126932_21265576.jpg


猿払から宗谷岬を目指し、宗谷国道をひた走る。
天気予報では午前中の降水確率0パーセントだったはずなのに、宗谷岬に近づくにつれて雨が・・・
f0126932_21263122.jpg


4年ぶりの宗谷岬。
2代目ハイエースでは初めての訪問となります。
ここで、荷室のWRを降ろして、宗谷岬周辺のダート探索を楽しんだのですが、その話は次回のツーレポで。
f0126932_21262117.jpg


WRのショートツーリングを楽しんだ後は、稚内経由で名寄へ帰ります。
f0126932_21260733.jpg


右手に宗谷湾を見ながら稚内へ。
正面には、利尻富士の雄姿が見えています。
f0126932_21255761.jpg


すでに15時を回り、200km離れた名寄へ真っ直ぐ帰らないといけないはずなのに、なぜか稚内の街を背に稚内公園への道を登るハイエース(笑)
背後には、宗谷湾と宗谷岬(左奥)へ至る弓なりの海岸線の展望が開けてきます。
f0126932_21245165.jpg


実は、わざわざ百年記念塔にも登ったのですが、ガラスの曇りで綺麗な展望写真が撮れなかったので、百年記念塔の脇からの展望を載せておきます。
稚内港と稚内の街並みです。
f0126932_21241347.jpg


寄り道しすぎてしまったので、急いで帰るぞっと。
いつも同じことを言っていながら、毎回同じ過ちを犯すのはなぜなのか・・・
f0126932_21240109.jpg


道道106号稚内天塩線(日本海オロロンライン)から望む、日本海と利尻島。
利尻岳には、早くも笠がかかってしまっています。
f0126932_21234737.jpg


道道106号稚内天塩線は幾度となく走っていますが、いつも曇り空で、なぜか青空の中を走ったことがありません。
f0126932_21233848.jpg


利尻島も見れたし、あとはひたすら名寄を目指すのみ!
この後は、一切寄り道をせずに200km走り続け、何とか夜になる前に名寄まで帰りました。
f0126932_21232925.jpg


※その6へつづく


<おまけ ポケモンGOで巡る北海道の旅>
# by naka1md30 | 2018-10-02 21:42 | 旅とツーリング | Comments(2)

ハイエースで行く秋の上州の旅

ちょっと群馬県の方へ用事があったので、遠回りして7月と同じルートを回ってきました。
あまりにも盛大な寄り道になってしまったので、何だか寄り道の方がメインになってしまった感があります。

朝のうちは、時折雨が降る天気だったものの、気温は17度ぐらいで快適でした。
f0126932_21514233.jpg


前回行った時に、帰ってきてから調べてみたら、八ツ場ダムの展望台があることがわかったので、寄ってみました。
ちょうど建設中の八ツ場ダムを上流側から見ることができます。
完成まであと少し!
f0126932_21510598.jpg


ダムの建設概要。
来年には工事が完成し、堪水試験が始まります。
f0126932_21511826.jpg


ダム展望台から望む、上流方向の展望。
手前に見えている橋が八ツ場大橋です。
f0126932_21513270.jpg


長野原から国道405号を辿って、野反湖へ。
かなり風が強く、横殴りの雨が降る天気でしたが、時折、晴れ間も覗いていました。
f0126932_21515338.jpg


7月に来た時にはニッコウキスゲが咲き乱れていた草原も、いまやすっかり色褪せ、すでにダケカンバの紅葉も始まっています。
一瞬、日が差し込んだ時に野反湖上に虹がかかりました!
f0126932_21520328.jpg


すっかり色褪せた草原の中で、唯一、マツムシソウの花だけが咲き残っていました。
f0126932_21521500.jpg


峠の茶屋でコーヒーを飲んでいるうちに、雨が上がり、晴れ間がのぞいてきました。
ちなみに、写真の野反自然休養林の石碑は、ポケGOのジムになっています(笑)
f0126932_21522552.jpg


六合からは、暮坂峠を越えて中之条へ。
f0126932_21523571.jpg


今年になってようやく復活した、暮坂峠の若山牧水像。
7月に来た時は、まだ真新しくて辺りの景色から浮いた感じでしたが、先代の像を彷彿とさせる深い色へと再度加工されていました。
f0126932_21524685.jpg


暮坂峠を越える頃には、すっかり雨雲が晴れ渡り秋晴れが広がってきました。
が!日ざしが出ると一気に気温が上がってきて、予想外の暑さに。
先週に引き続き、またもや騙された感が・・・
f0126932_21525559.jpg


中之条から四万川ダムへ。
相変わらず、四万川ダムは観光客が多かったです。
f0126932_21532456.jpg


木々の間から覗く、四万ブルー。
f0126932_21530542.jpg


日ざしの加減か、7月に来た時よりも深い青色をしていました。
秋の紅葉の時期もまた、違った色合いを見せてくれると思うので、機会があればまた行ってみようかと思います。
f0126932_21531492.jpg


日向見からふり返る四万川ダム。
四万温泉の辺りもすっかり秋の気配が深まってきていました。
f0126932_21533164.jpg


四万温泉からは再び中之条まで戻り、さらに大道峠を越え、月夜野インターから関越道に乗って帰ってきました。
帰りの関越道で富士山型の見慣れない山(写真中央奥)が見えていので、帰ってきてから調べてみたら、秩父の名峰、武甲山でした。
これまで、関越道の帰り道でここまで視程が良かったことがなかったので、今まで気づくことがありませんでした。
f0126932_21534031.jpg

# by naka1md30 | 2018-09-25 22:02 | 旅とツーリング | Comments(2)