人気ブログランキング |

カテゴリ:旅とツーリング( 457 )

春のいわき林道ツーリング (WR250F)

7ヶ月ぶりにWRで林道を走ってきました。
行き先は、昨年秋の東日本台風(19号)の爪痕が残る福島県いわき市から古殿町にかけての林道群です。
この地域の林道に走りに行くようになってから15年近くが経過し、その間には東日本大震災や原発事故による被災もありました。
震災の直後に悲痛な気持ちで浜通りを訪れた時のことを今でも思い出しますが、最近はその時以上に先行きが見えなくなっていく気がして、一日一日を大切にしたいと思う次第です。


スタートは、約1年ぶりの四時ダム。
例年、この時期の阿武隈山地はまだ雪があってバイクで走るのは厳しいのですが、暖冬の今年はその心配がありません。
(走りに行ったのは3月21日。その後、29日には季節外れの大雪になりました・・・)
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20365261.jpg


一発目は、いつものように横川目兼林道から。
例年になく路面が荒れており、四輪の通行は不可能な状況でした。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20371756.jpg


横川目兼林道の北側区間。
仏具山へ至る横川仏具林道は、入口からしてヤバそうな状態だったので、今回はパス・・・
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20373013.jpg


藤ノ木林道は整備が入ったようで、フラットダートへ復旧されていました。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20374472.jpg


そのまま、いつものように四時林道へ。
入口からしばらくは、例年どおりのフラットダートでしたが・・・
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20401899.jpg


下流側から3分の1ぐらい進んだところで山側の斜面が完全に崩壊していました。
越えようと思えば一番右奥から越えられないこともない状態でしたが、全くタイヤ痕がないので、この先は進めないと判断しUターン。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20423166.jpg


四時林道から国道へと抜ける抜け道ルートも崩壊してました(泣)
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20434453.jpg


気を取り直して、三株山山頂へ。
山頂から北西方向の展望。中央奥には、那須連峰が見えています。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20441097.jpg


那須連峰のアップ。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20435633.jpg


山頂から北方向。阿武隈の山々。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20442353.jpg


山頂から東方向には、太平洋と小名浜港が見えていました。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20443238.jpg


三株山北側のフラットダート。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20444235.jpg


古殿町のヲテマ林道。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20445344.jpg


同じく、ヲテマ林道。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20451142.jpg


再びいわき市側へと戻り、官沢林道へ。
官沢林道は、直近で路面整備が入ったようで、走りやすいフラットダートへと復旧されていました。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20452145.jpg


硯石林道の伐採地にて。
硯石林道も、路面の荒れは復旧済みです。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20453029.jpg


最後に走った折松林道は、ご覧のとおりの大崩壊。
実は、山側にバイク一台が通れるだけの幅が残っていましたが、単独なので無理はせずにUターンしました。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20454181.jpg


走行距離は、いつもよりも少な目の130kmほど。
次回はもう少しダートを走りたいところです。
春のいわき林道ツーリング (WR250F)_f0126932_20455033.jpg

by naka1md30 | 2020-03-31 21:06 | 旅とツーリング

春の房総ツーリング (YZF-R1)

今年初のツーリングは、房総へ。
気がつけば、季節はすっかり春になってました。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18282186.jpg


この日は、平日ということもあって、京葉道の通勤ラッシュにはまってしまい、スタートは最悪。
気を取り直し、いつものように鹿野山をひとっ走り。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18254432.jpg


もみじロードを南下。
休憩中に目の前を白バイ隊が通過。何かあったのけ(笑)
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18260411.jpg


安房グリーンラインを往復。
ここでもパトカーを目撃。何か悪いことしたっけ?
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18263023.jpg


千倉のインディーズに到着!
腹減った~
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18264769.jpg


春らしく、青のりとしらすのピザをいただいきました。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18274934.jpg


復路は元来た道を寄り道しながら戻ります。
が、菜の花の写真を撮っていたら、また白バイが。今度は警官と目が合った(笑)
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18285944.jpg


満開のマメザクラ。
来週には、ソメイヨシノも咲き始めそうです。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18291771.jpg

千葉県内に自生する桜では、最も早く咲き始めるマメザクラ。
房総では、鹿野山以南に自生しています。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18300358.jpg


もみじの休憩所でひと休み。
地元の方、茨城から来た学生と三人でしばし歓談。
話している最中も、白バイやら覆面パトカーが行ったり来たり・・・
誰かが何かやらかしたんじゃないのか(笑)
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18295327.jpg


最後に再び鹿野山を越えて帰ってきました。
走行距離は少なめの250km。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18301611.jpg


すっかり春になった房総丘陵の山並み。
昨年秋の台風と大雨で大きく被災した千葉県。
最近、ようやく明るい兆しが見えていたところでしたが、新型肺炎の影響で再び先行きが見えなくなってきました。
今はただ、無事に終息することを願うばかりです。
春の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18302544.jpg

by naka1md30 | 2020-03-15 00:07 | 旅とツーリング

成田山参詣2020

先々週のことになりますが、遅ればせながら成田山に参詣してきました。
まずは、土曜日。
R1でひとっ走りしてお祓い。
成田山参詣2020_f0126932_18463221.jpg


翌、日曜日。
再びハイエースで行ってお祓い&本山参詣。
成田山参詣2020_f0126932_18465390.jpg


何とか初不動に間に合いました。
今年も事故や怪我の無い平穏な一年間でありますように。
成田山参詣2020_f0126932_18470599.jpg


by naka1md30 | 2020-02-09 18:52 | 旅とツーリング

ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)

実は、久々にWRでの林道ツーリングを楽しむつもりで意気揚々と房総まで行ったのですが・・・
いざ、現地でトランポからWRを降ろそうとした所で家にブーツを忘れてきたことに気がつき、WRを荷室に積んだまま、やけくそで房総をドライブしてきました。
年明けから、一向にWRに乗れないのはなぜなのか(泣)


館山道の君津インターを降りて、鹿野山経由でもみじロードへ。
ここまでは、計画どおり。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20454954.jpg


ブーツを忘れてきたのに気がつき、仕方がないのでポケGOドライブへ変更。
ツーリングのバイクがうらやましい(泣)
もみじロードを南下して鋸南町の大崩水仙郷へ。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20471802.jpg


今年は暖冬とのことですが、水仙の開花は遅れ気味でした。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20470445.jpg


毎年買って帰る菜花は、秋の台風の影響で来月になりそうとのこと。
せっかくなので、水仙の花束を買って帰りました。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20465032.jpg


佐久間ダム。
なぜか、干上がっている・・・
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20475169.jpg


ほとんど水が無い。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20473896.jpg


大崩水仙郷からは、内房の勝山まで出て、国道127号を北上。
鋸南町から富津市にかけては、まだまだ昨年秋の台風15号の爪痕が至るところに残っており、暗い気持ちになります。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20480549.jpg


WR談:本当に乗る気あるのか?もう、ボケが始まってるんじゃねえのか?おい。
・・・すみません。以後、気をつけます。
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20463641.jpg


おまけ。
佐久間ダムにて。
リアルでは干上がっていた佐久間ダムの湖面上を相棒バンギラスが走り回っていました(笑)
ハイエースで行く房総ポケGドライブ(泣)_f0126932_20481990.jpg

by naka1md30 | 2020-01-13 21:20 | 旅とツーリング

2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)

先月半ばのことになりますが、職場の後輩と房総方面へツーリングに行ってきました。
2019年はほとんど乗ることができなかったR1ですが、秋口にバッテリーを交換したので、エンジンの始動はバッチリです。


往路の館山道市原SAにて。
両側のバイクは他の方のもの。
最近、次期バイクにGSが欲しいと思うものの、体が小さい自分には車体が大きすぎるんだよな・・・(泣)
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18453067.jpg


まずは鹿野山を越えて、もみじロードをひとっ走り。
途中、休憩所の小屋が消滅していたり、道路脇の斜面が大規模崩壊していたりと、沿道には秋の台風の爪痕が残っています。
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18455445.jpg


モミジの散り残りを見つけたので、綺麗じゃないけど一枚。
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18470761.jpg


そのまま房総山中を南下し、いつものように安房グリーンラインをひと往復。
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18460565.jpg


お昼は、千倉にある後輩オススメの華の蔵(ラーメン屋です)へ。
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18473317.jpg


自分は、醤油ラーメンの大盛りをいただきました。
もう、歳なのでいいかげん大盛りを止めねばと思うも、メニューを前にすると、いつも通り勢いで頼んでしまいます(笑)
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18462002.jpg


午後は、鴨川経由で農溝の滝(亀岩の洞窟)を見に行きました。
駐車場は、一時ほどの混雑は無く、静かに散策することができました。
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18463516.jpg


最後は、君津の道の駅で解散。
一日お疲れさまでした!
2019師走の房総ツーリング (YZF-R1)_f0126932_18465045.jpg


おしまい。
by naka1md30 | 2020-01-07 21:09 | 旅とツーリング

ハイエースで行く、師走の上州の旅

ガレージコジマさんから忘年会のお誘いをいただいたので、伊香保温泉まで行ってきました。
実は2日目に山ツーリングが組み込まれていたのですが、迷惑をかけてしまいそうだったのでツーリングは辞退しました。
如何せん、バイク自体に乗れていないうえ、WRの整備を全くできていないのがマズイです(笑)

土曜日。
午前中に仕事に行ってから、お昼前に千葉を出発。
とりあえず、10月の台風19号の際に一夜にして満水になった八ツ場ダムへ行ってみました。
色々な議論はあるかと思いますが、あの日、このダムが利根川や江戸川が氾濫しなかった一助になったことだけは確かだと思います。
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_19585281.jpg


10月の満水時よりもだいぶ水位が下がっていますが、かつて何度も訪れた川原湯温泉が湖底に沈んでしまったのを目にすると、やはり寂しさが込み上げてきます。
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_19593455.jpg


次第に迫る夕闇に急かされながら、榛名山を越えて伊香保温泉へ。
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_19595215.jpg


日没前に何とか伊香保温泉の上にある高根展望台へ到着。
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20001198.jpg


高根展望台から望む上越国境の山々は、すっかり冬山へと変貌していました。
万太郎山(中央)と谷川岳(右奥)
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20000380.jpg


平標山(左奥)と仙ノ倉山(中央)
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20002011.jpg


伊香保温泉と赤城山(右奥)
左奥から中央奥にかけては、日光白根山と皇海山。
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20002938.jpg


日光白根山
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20004472.jpg


上州武尊山
武尊山の左肩には至仏山
左奥の冠雪した山は平ヶ岳
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20005762.jpg


日曜日。
そのまま帰ってくるのがもったいなかったので、四万温泉でひと汗流し、新治で太助饅頭を買ってから帰ってきました(笑)
ハイエースで行く、師走の上州の旅_f0126932_20010882.jpg

by naka1md30 | 2019-12-16 21:12 | 旅とツーリング

今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)

気がつけば、今年も残るところあとわずか。
ほとんどバイクに乗ることができないまま、1年が過ぎてしまいました・・・
その上、開設以来初となるブログ2ヶ月間完全放置(汗)

実は、10月の下旬に急遽、職場が異動になり、全く引継ぎがないまま新しい仕事に就くことになりました。
9月の台風15号、10月の台風19号、さらには10月25日の豪雨により、我が家も被災。
災害に翻弄され、家の修理と仕事に追われる日々でした。


ようやく、1日だけ休みが取れた11月半ばのこと。
昨年の秋以来、1年間以上御無沙汰していた伊豆・箱根方面をR1で走ってきました。
久々の箱根ターンパイク。何だかとっても新鮮な気持ち(笑)
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20013036.jpg


久々に見る青い空と箱根の山々に気持ちが高ぶるも、対向車の様子が何だかおかしい。
こういう時は、軽く流すに限ります。
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20014165.jpg


箱根ターンパイクから望む、天城山。
この冬には20年ぶりに、山頂へ登ってみるかな~(笑)
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20015342.jpg


大観山にて。
富士山の冠雪は少なめでした。
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20020202.jpg


写真では、いきなりターンパイクから伊豆スカイラインへと飛んでますが、この間の移動が大変でした。
ターンパイクの料金所の方の話では、湯河原峠から熱海峠へと至る県道が10月の台風19号で大規模に損傷しており、今シーズンの復旧は絶望的とのこと。
仕方がないので、一旦、椿ラインから湯河原へと下り、熱海から熱海峠へと登った次第です。
その上、椿ラインには移動式オービスがいて、こいつが対向車から感じた違和感の原因でした。
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20021210.jpg


滝知山からの展望。
来年は、頻繁に走りに来るべ。
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20022239.jpg


滝知山から振り返る熱海の街と相模湾。
熱海の街中は、一方通行路がわかりづらくて迷うので、できれば近づきたくない(笑)
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20023297.jpg


西丹那からの富士山と箱根山。
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20025158.jpg


スカイポート亀石でひと休み。
再び元来た道を戻るのがつまらなかったので、今回は亀石峠から大仁へと下り、沼津インターから東名に乗って帰ってきました。
5月以来、半年ぶりのツーリングだったので、翌日は全身筋肉痛になりました(笑)
今年最初で最後の伊豆・箱根ツーリング (YZF-R1)_f0126932_20030093.jpg


by naka1md30 | 2019-12-15 20:45 | 旅とツーリング

初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)

8月のお盆休みのことになりますが、奥秩父の林道を走ってきました。
今回は、マツさんから10年以上ぶりに林道ツーリングのお誘いをいただいたので、WR2台でのツーリングとなりました。
ちなみに、今回走ったのは中津川林道、横尾山林道、川上牧丘林道の3本。
それぞれを往復してダートが100km弱。かつて走れた相木川上林道があれば、ダート100km超も達成可能でしたが、現状ではなかなかハードルが高いです(泣)


まずは、秩父側から中津川林道をひとっ走り。
さすがに中津川林道の交通量は多いです。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21081700.jpg


お次は、信州峠を越えて横尾山林道へ。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21073817.jpg


やはり、この時期の林道ツーリングは暑い!
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21080471.jpg


横尾山林道は、一部砂利が深いものの、概ねフラットダート。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21083246.jpg


ツリフネソウ
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21085169.jpg


お昼は、清里の北甲斐亭へ。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21091454.jpg


天盛りを大盛りでいただきます。
帰りにリバースしないと良いのですが・・・(笑)
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21092356.jpg


清里でWRに給油したついでに、マミィのソフトクリームを別腹で(笑)
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21094145.jpg


バニラ&巨峰のミックスソフトです。美味い!!
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21093146.jpg


腹がいっぱいになったところで、横尾山林道を戻ります。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21100097.jpg


横尾山林道から望む、小川山(左奥)、瑞牆山(中央やや左)、金峰山(左奥)
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21105745.jpg


お次は、川上牧丘林道の川上村側をひと走り。
路面は、相変わらず荒れています・・・
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21113373.jpg


大弛峠。駐車場は満杯でした。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21112493.jpg


大弛小屋にて、コーヒーブレイク。
自走のマツさんとは大弛峠で別れ、秩父側に置いたトランポまで戻ることにします。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21111510.jpg


マルバダケブキ
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21114080.jpg


16時ごろ、再び三国峠を越えて秩父側へ。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21115036.jpg


最後に中津川林道を流しておしまい。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21115743.jpg


大急ぎで荷物を片付けて撤収!
折りしもお盆休みの真っ只中、秩父から川越へと至る国道も関越道も大渋滞していて、結局、帰宅が22時頃になってしまいました。
初秋の奥秩父林道ツーリング (WR250F)_f0126932_21120637.jpg


by naka1md30 | 2019-09-20 22:15 | 旅とツーリング

ハイエースで行く、夏の野反湖の旅

10日ほど前になりますが、ハイエースで群馬県の野反湖方面へ行ってきました。

昨年も何度か訪れた八ツ場ダム。
つい先日、ダム本体工事が完了し最後の仕上げが行われているところでした。
この夏からは試験湛水が行われる予定なので、堰堤の全貌が見られるのも最後になります。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00141331.jpg


八ツ場ダム展望台から望む、上流方向。
吾妻川の流れや旧吾妻線、旧国道などの姿もいよいよ見納めになります。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00143842.jpg


さて、本題の野反湖はというと、ご覧の天気。
まだ雨が本降りでないのが不幸中の幸い。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00145166.jpg


野反湖の水はいつもよりも多くて、満水状態。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00150071.jpg


昨年の同時期に満開だったニッコウキスゲは、ようやく開花が始まったばかりでした。
ただ、昨年の開花が例年よりも半月近く早かったというのが実情で、今年の開花状況が例年通りだったりします・・・
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00153294.jpg


クルマユリはまだまだ蕾でした。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00151505.jpg


ウラジロヨウラク。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00154166.jpg


ニッコウキスゲの花が不発だったので、少し歩いてコマクサ群落を見てきました。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00155103.jpg


コマクサの花を見るのは、一体何年ぶりだろうか?
非常に花色が濃くて、綺麗でした。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00160499.jpg

ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00162943.jpg


尾根筋から見下ろす野反湖。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00161520.jpg


下山途中で見かけたウスユキソウ。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00163928.jpg


最後に四万温泉の御夢想の湯に立ち寄って、ひと汗流してから帰ってきました。
ハイエースで行く、夏の野反湖の旅_f0126932_00164904.jpg


※おしまい※


by naka1md30 | 2019-07-25 20:31 | 旅とツーリング

レンゲツツジ咲く甘利山へ

花友達のゆみりさんが関東まで遊びに来てくれたので、山梨県の甘利山へレンゲツツジを見に行きました。
予定では、福島県南会津のヒメサユリを見に行くつもりだったのですが、福島県の天気が完全な雨模様であったため、前日に急遽、甘利山へと予定を変更した次第です(笑)


駐車場のあたりはすでに花が終わり始めていましたが、山頂の辺りはちょうど見頃を迎えていました。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20474659.jpg


霧で真っ白な天気にもかかわらず、駐車場はほぼ満車状態。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20443588.jpg


甘利山入口の案内板
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20441680.jpg


山頂へと登っていく途中で、霧が晴れてきました!
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20464323.jpg


レンゲツツジは見頃を迎えていましたが、昨年秋の台風のせいなのか、枯れた枝も多く見られました。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20470998.jpg


今回、運良く黄花レンゲツツジ(キレンゲツツジ)も見ることができました。
これまで、園芸店の店頭でしか見たことが無かった黄花レンゲツツジが野生で生えている様を見られたのは、何よりも嬉しいです。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20444920.jpg


甘利山山頂。
霧で真っ白け。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20472224.jpg


甘利山山頂から千頭星山方面。
残念ながら、展望はありませんでした。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20473442.jpg


満開のレンゲツツジ
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20481952.jpg


レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20483015.jpg


ヤマツツジも、良い色で咲いていました。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20484133.jpg


白花のコアジサイ
コアジサイ自体は各地の山で見ることができますが、白花は非常に珍しいです。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20440234.jpg


お昼は、清里の北甲斐亭へ。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20485204.jpg


久々の昼蕎麦を堪能しました。
また、カロリーオバー・・・
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20491013.jpg


帰りは、八ヶ岳の麦草峠を越えて帰ってきました。
標高が2000mを超えている麦草峠では、まだほとんど花が咲いていませんでした。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20491993.jpg


最後は、麦草峠から八千穂側へと下り、開通したての中部横断自動車道から上信越道~関越道経由で帰ってきました。
レンゲツツジ咲く甘利山へ_f0126932_20492758.jpg


by naka1md30 | 2019-06-29 16:03 | 旅とツーリング