防長の青絣 (ヤマアジサイ)

山口県産のガク咲きのヤマアジサイ。
花色は両性花、装飾花とも淡青色。
装飾花は、白い絞りが入る円弁で、ガク片同士が重なって咲きます。
(2017.6.4)
f0126932_21552167.jpg


蕾の状態。
(2017.5.14)
f0126932_21555696.jpg


花の終盤。
(2017.6.6)
f0126932_21554691.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
# by naka1md30 | 2018-06-18 22:01 | アジサイ写真集 | Comments(0)

扇てまり (ヤマアジサイ)

宮崎県椎葉村産のテマリ咲きのヤマアジサイ。
花色は淡青色で、一部両性花が残るテマリ咲きになります。
比較的株が大きくなる品種で、株が充実すると、かなり見応えがあります。

花の最盛期。
若干、両性花の色の方が濃いので、アクセントになっています。
色合い的には、左奥に写っている仁尾ヶ内てまりと同じですが、ガク片は剣弁。
(2017.6.12)
f0126932_19495731.jpg


蕾の状態。
(2017.5.14)
f0126932_19471422.jpg


咲き始め。
(2017.5.21)
f0126932_19474631.jpg


(2017.5.25)
f0126932_19475831.jpg


(2017.5.28)
f0126932_19481044.jpg


装飾花に色が着いてくると、この花らしさが出てきます。
テマリ咲きとしては、両性花が多いですね。
(2017.6.2)
f0126932_19482130.jpg


(2017.6.4)
f0126932_19483068.jpg


(2017.6.7)
f0126932_19484103.jpg


(2017.6.8)
f0126932_19485177.jpg


両性花の咲き始め。
(2017.6.10)
f0126932_19490210.jpg


(2017.6.12)
f0126932_19501370.jpg


花の終盤。
(2017.6.17)
f0126932_19502788.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
# by naka1md30 | 2018-06-17 20:13 | アジサイ写真集 | Comments(0)

昴 (ヤマアジサイ)

高知県産の一重ガク咲きのヤマアジサイ。
花色は、装飾花、両性花とも薄青色。
装飾花は、中心部が細い剣弁で、底白になります。

ガク片は4弁か5弁で、大きさが不揃いに咲くことが多いようです。
(2017.6.6)
f0126932_21292796.jpg


咲き始め。
(2017.5.24)
f0126932_21114245.jpg


(2017.5.27)
f0126932_21120789.jpg


装飾花に色が着いてきました。
(2017.6.2)
f0126932_21121806.jpg


(2017.6.3)
f0126932_21122820.jpg


(2017.6.4)
f0126932_21123855.jpg


両性花の咲き始め。
両性花は装飾花と同じ色で咲きます。
(2017.6.7)
f0126932_21125935.jpg


(2017.6.10)
f0126932_21131369.jpg

花の終盤。
(2017.6.17)
f0126932_21132825.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
# by naka1md30 | 2018-06-17 12:53 | アジサイ写真集 | Comments(0)

梅雨の晴れ間の房総サイクリング&ドライブ

友人に誘われて、初の房総サイクリングへ行ってきました。
これまで自分は、印旛沼と利根川のサイクリングロードしか走ったことが無かったので、初めてのお山になります。

友人は神奈川から東京湾フェリーで房総へやってくるので、浜金谷のフェリーターミナルで待ち合わせました。
待ち合わせ時間まで30分以上あったので、浜金谷の駅にて時間つぶしにポケGOジムバトル(笑)
f0126932_20222441.jpg


浜金谷のフェリーターミナルから望む鋸山は、すっかり緑が濃くなりました。
f0126932_20223749.jpg


フェリーターミナルでポケGOをやりながら時間を潰していると、友人が乗っているフェリーがやって来ました。
f0126932_20230113.jpg


やっぱり、フェリーは旅情があって良いです。
たとえ自分が乗っていなくても、着岸時にはテンションが上がります。
f0126932_20233693.jpg


無事に友人と合流し、そのまま三芳の道の駅へ。
今回のサイクリングコースは、2010年に開催された千葉国体の時の競技ルートらしく、道の駅を起点に30km弱の周回ルートになっていました。
コース中に一箇所だけ標高差が130mぐらいの区間があって、日頃平坦なルートしか走ったことが無い体には少々きつかったです。
f0126932_20240613.jpg


あっという間に三芳の道の駅に戻ってきてしまいました。
もう1周する?なんて案もありましたが、この日はとにかく暑かったので、速攻で観光ドライブに切り替えです(笑)
f0126932_20241602.jpg


三芳から太平洋岸の和田まで移動し、クジラ料理のぴーまんで昼食。
f0126932_20243971.jpg


今回は、クジラのカツカレーをいただきました。
(友人は、クジラのソースカツ丼)
f0126932_20242927.jpg


ぴーまんから程近いところにある和田の道の駅にて。
今回初めて知りましたが、道の駅の敷地内にシロナガスクジラの骨格標本が鎮座しています。
ちなみに鼻先から尾までの長さは、ハイエース(5m弱)×5ぐらい。
f0126932_20245934.jpg


骨格標本の案内板です。
ちなみに、シロナガスクジラはかつて存在していた恐竜等も含めて、地球上で最大の生物だそうですが、残念ながら日本近海ではすでに絶滅してしまったと言われています。
f0126932_20244959.jpg


最後に、内房の浜金谷まで戻り、岬カフェでコーヒーを一杯。
午後の日ざしに輝く浦賀水道を眺めながらのコーヒーは格別でした。
ちなみに、この場所は映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地でもあります。
f0126932_20250901.jpg


そして、岬カフェからの帰り際に見上げた斜面に見つけてしまいました。そう、ガクアジサイの群生を・・・
これまで、房総半島の南端にだけガクアジサイの自生地があると思っていたので、浦賀水道に面した明鐘岬にここまで大量のガクアジサイが自生していることは、自分にとっては大きな発見でした。
f0126932_20252071.jpg


友人を浜金谷のフェリーターミナルへ送り届けたら、第3ラウンド開始!
最後に房総山中のポケGOジムを回りながら帰ることにしました。
f0126932_20252991.jpg


鹿野山で日没。
いい加減、道草食いはやめて帰るべ。
f0126932_20255335.jpg


暮れゆく夏の房総丘陵。
たまには、梅雨時の房総も良いものです。
f0126932_20254172.jpg

# by naka1md30 | 2018-06-11 23:58 | 旅とツーリング | Comments(2)

初夏の南いわき林道ツーリング (WR250F)

昨年の12月以来、ほぼ半年ぶりに南いわきの林道を走ってきました。
季節は真逆の夏を迎え、前回のツーリングで予想外の積雪&路面凍結に泣かされたことが遠い昔のように感じます。

スタートは、いつもの四時ダムから。
それにしても、暑い!出発前にハイエースからWRを降ろして準備しただけで、すでに汗だくです・・・
f0126932_20465470.jpg


ただ、ひとたび走り出してしまえば、沢沿いの林道はヒンヤリしていて気持ちが良かったです。
まずは、横川目兼林道から弥太郎林道、藤ノ木林道へと走りつなぎます。
横川目兼林道、弥太郎林道、藤ノ木林道とも概ねフラットで特に走りづらい区間はありませんでした。
f0126932_20471625.jpg


さらに、そのまま道なりに四時川林道へ。
こちらは、一部路面が荒れている区間がありました。
f0126932_20474001.jpg


唐露林道で名もなき峠を越え、鮫川村から古殿町へ。
半年前に凍結路面でスッコケた場所で一枚(笑)
ツルツルの下りに難儀したのが嘘のような超フラット路面。
f0126932_20475963.jpg
一旦、古殿町でWRに給油した後、ツーリングを再開します。
写真は、古殿町のヲテマ林道にて。
f0126932_20480963.jpg


この地域の山林はちょうど伐採の時期に差し掛かっているのか、半年前に来た時にはなかった広大な伐採地が広がっていました。
青い夏空と阿武隈のなだらかな山並みを眺めながら、しばし休憩。
f0126932_20482347.jpg


後半のハイライト、鶴石山周辺の林道群をひとっ走り。
まずは、官沢林道から。
f0126932_20483518.jpg

そのまま道なりに硯石林道を走りましたが、こちらにも新たな伐採地が・・・
f0126932_20485400.jpg

ちょうど同じ場所で3年前に撮影した写真があったので、比較のために載せておきます。
以前は鬱蒼と覆いかぶさっていた森が完全に消滅しました。
f0126932_20462012.jpg


最後に、折松林道を走っておしまい。
こちらも昨年にできた伐採地が広がっています。
以前は全く見ることができなかった鶴石山(中央奥)が良く見えるようになりました。
f0126932_20490375.jpg


折松林道からは旧遠野町へと下り、旧田人村を経由して再び四時川流域へと戻りました。
お昼はいつもの、おやじがんこそばで天もりをいただきました。
f0126932_20491206.jpg


腹ごなしに、横川仏具林道をひとっ走りして仏具山頂へ。
横川仏具林道は予想外の荒れ様で、轍が深くて四輪だと厳しいところもありました。
最近の大雨で荒れが進んだようです。
f0126932_20492031.jpg


すっかり緑が濃くなった仏具山頂から望む、鮫川河口(右奥)と小名浜港(中央奥)。
f0126932_20494454.jpg


仏具山頂では、アザミの花が満開を迎えていました。
f0126932_20493338.jpg


最後に、横川仏具林道を下って、横川目兼林道で四時ダムへと戻りました。
おしまい。
f0126932_20495421.jpg


# by naka1md30 | 2018-06-07 21:17 | 旅とツーリング | Comments(0)