2018年 11月 04日 ( 1 )

晩秋の南会津林道ツーリング (WR250F)

ほぼ半年ぶりに年休が取れたので、林道へ行ってきました。
行き先は、何と今シーズン初の南会津方面。
例年であれば、梅雨明け前後から数回は訪れる南会津ですが、今年は猛暑と天候不順、加えて田代山林道、川俣檜枝岐林道の通行止もあり、ここまで足が遠のいてしまいました。
この20年間で、ここまで足が遠のいたのは初めてのことです。

東北道を西那須野塩原インターで降り、国道121号と352号で舘岩を目指します。
平日の高速に乗ったのは久しぶりでしたが、出口で表示された料金の高さにびっくり。
改めて、ETC休日割引の有り難味がわかった次第です。
塩原の色づきはまだまだでしたが、中山峠に差し掛かると、ご覧のとおり。
f0126932_21001926.jpg


旧舘岩村の番屋付近にて。
この辺りは、スギの植林地が少ないので、紅葉がとても綺麗なのです。
f0126932_21002901.jpg


ハイエースからWRを降ろし、2ヶ月ぶりの林道ツーリング開始!
実は、麓で携行缶にガソリンを入れてくるのを忘れてしまい、WRのタンク内のガソリン量が微妙な状態での走行開始となってしまいました。
対向車に期待できない平日なだけに、余計に不安・・・
まずは、栃木県側全面通行止めの田代山林道を福島県側から。
路面の状態は悪くありませんが、峠から向こう側が通行止めということもあって、この日は対向車がほぼ皆無でした。
f0126932_21004435.jpg


今年の紅葉は、夏の暑さや台風が原因なのか色づきがいまいち。
それでも、林道の中盤辺りでは見頃を迎えていました。
f0126932_21005554.jpg


田代山峠に到着。
事前情報どおり、峠のゲートはガッチリと閉鎖されていました。
安ヶ森林道無き今となっては、田代山林道と川俣檜枝岐林道に頑張ってもらわなくてはならないのですが、今年は仕方がないですね。
来年の夏のゲート開放に期待しましょう。
f0126932_21010464.jpg


田代山峠から、再び麓へと戻ります。
f0126932_21011348.jpg


唐沢トンネル、木賊温泉、小繋ライン経由で檜枝岐へ。
小繋ラインで檜枝岐へと下る途中、正面には冬枯れになった会津駒ヶ岳が見えていました。
南会津に雪が来るまで、あとわずか・・・
そうこうしているうちに、下りでガス欠。大急ぎでリザーブへ入れて一目散に檜枝岐を目指しました。
f0126932_21012133.jpg


ひとまず、WRに給油してから、昼飯に・・・と思ったら、開山が無くなってる!!
開山の駐車場を見てみたら、改築中とのことだったので、来年には営業再開してくれるでしょう。
今回は、まるやで新蕎麦をいただきました。
f0126932_21013883.jpg


最近、歳のせいか、大天もりを注文するとその後の走行に支障をきたしてしまうので(笑)、シンプルにもりを注文。
やはり、檜枝岐の裁ち蕎麦はいつ食べても美味い!
f0126932_21012917.jpg


腹ごしらえが済んだら、川俣檜枝岐林道へ。
午後の日ざしに照らされる会津駒ヶ岳を背にして、馬坂峠を目指します。
f0126932_21014676.jpg


川俣檜枝岐林道の福島県側は、特に路面の荒れも無く、走りやすいです。
麓側の紅葉はまだまだでしたが、標高が上がるにつれて、全山が燃えるような紅葉が広がります。
f0126932_21015624.jpg


馬坂峠手前から望む帝釈山。
峠の前後は、完全に紅葉が終わり、冬枯れが広がっていました。
f0126932_21020712.jpg


栃木県側は麓側で通行止めとなっているので、馬坂峠から時間の許す限り下ってみます。
峠の栃木県側は、路面の荒れが思いの外酷く、所々で法面の崩壊や落石が見られました。
f0126932_21021750.jpg


時間は14時を回り、そろそろタイムリミット。
適当なところでUターンして、再び檜枝岐まで戻ります。
川俣檜枝岐林道と田代山林道の両方が通行可能だったら、こんなに無駄なルート設定をしなくても良いのにな~
紅葉が綺麗なことだけが、せめてもの救いです。
f0126932_21023098.jpg


お話は変わりますが、以前に購入したスコットのゴーグルを下ろしました。
買ってから半年以上寝かせてしまった・・・
f0126932_21023926.jpg


そうこうしているうちに、どんどん日が傾き、谷底からは日陰が這い上がってきます。
f0126932_21024914.jpg


再び、木賊温泉まで戻ってきました。
木賊温泉も先日の台風24号により甚大な被害を受けています。
昨年秋に再建された小屋は何とか流されなかったものの、上流から大量の土砂が流出し、脇を流れる西根川もろとも一面の土砂に埋没してしまいました。
この日も、地元の方や町役場の方が復旧作業を行ってくれていたので、しばらく待てばまた入ることができると思います。
f0126932_21025932.jpg


完抜け林道×、開山×、木賊温泉×、ガス欠、と何ともダメダメなツーリングでしたが、やはり自分にとって紅葉の時期の南会津は欠かすことができません。
まあ、冬にゆっくり民宿に泊まって温泉に入りに来ても良いしね。次回に期待です。
f0126932_21030952.jpg


最後、湯ノ花温泉弘法の湯で汗を流してツーリング終了。
f0126932_21031900.jpg

by naka1md30 | 2018-11-04 21:08 | 旅とツーリング | Comments(3)