2018年 08月 04日 ( 1 )

ハイエースで行く夏の上州の旅 第二弾

ハイエースで行く夏の野反湖の旅第二弾!
7月の連休に花友達のゆみりさんが、関東まで遊びにきてくれたので、ニッコウキスゲ満開の野反湖へ行ってきました。

関越道を渋川伊香保ICで降り、県道経由でひたすら吾妻川沿いを遡っていきます。
折りしも、八ッ場ダムの建設が進んでいる(思い出すのも腹立たしい民主党政権時代がなければ、2015年に完成していたはずなんですけどね)ところなので、途中、ちょっとだけ寄り道してみました。
写真は、八ッ場大橋から望む建設中の八ッ場ダム。
写真中央に流れる吾妻川右手側、八ッ場大橋直下の少し下流側に、かつてのJR吾妻線川原湯温泉駅がありました。
f0126932_20150112.jpg


同じく、八ッ場大橋から望む上流側の風景。
写真手前を斜めに横切る鉄橋が旧吾妻線、たしか川原湯温泉は中央左手に見える青いクレーンの辺りにありました。
f0126932_20145211.jpg


さらに長野原から六合を経て、お目当ての野反湖へ!
前週よりもニッコウキスゲがさらに咲き進み、まさに満開の状態でした。
青い夏空と野反湖、そして咲き乱れるニッコウキスゲとのコントラストが何とも言えません。
f0126932_20160870.jpg


見上げる斜面もニッコウキスゲのオレンジ色に覆いつくされています。
f0126932_20150973.jpg

f0126932_20152070.jpg


目近に見るニッコウキスゲの花も綺麗です。それにしても花が大きい!
f0126932_20152946.jpg


ニッコウキスゲが咲き乱れる斜面を下っていくと、視界一杯に野反湖の湖面が広がってきます。
f0126932_20155603.jpg


野反湖の湖畔にて。
この場所が魚野川源流で、ここから下った水は信濃川へと合流し、最後には新潟から日本海へと流れ下ります。
f0126932_20153924.jpg


耳を澄ますと、ポコポコと水が湧き出る音が聞こえていました。
f0126932_20154710.jpg


ニッコウキスゲ満開の野反湖を後にし、暮坂峠経由で四万川源流へ。
残念ながらヤマアジサイの花は終ってしまっていましたが、それでも野生のヤマアジサイの花をたくさん見ることができました。
f0126932_20162878.jpg


最後に四万川ダムを見ておしまい。
f0126932_20164972.jpg


数年前まで全く人がいなかったのに、この日は駐車場が満杯状態でした。
どうやら、観光ガイドで四万ブルーと紹介されまくっているみたいです(笑)
f0126932_20163972.jpg


おまけ。
四万川流域で見かけた、半テマリのヤマアジサイ。
東日本型のヤマアジサイは変異が少ないのですが、探せばまだまだ面白い花が見つかるのかもしれません。
f0126932_20161891.jpg


by naka1md30 | 2018-08-04 08:36 | 旅とツーリング | Comments(2)