2018年 06月 11日 ( 1 )

梅雨の晴れ間の房総サイクリング&ドライブ

友人に誘われて、初の房総サイクリングへ行ってきました。
これまで自分は、印旛沼と利根川のサイクリングロードしか走ったことが無かったので、初めてのお山になります。

友人は神奈川から東京湾フェリーで房総へやってくるので、浜金谷のフェリーターミナルで待ち合わせました。
待ち合わせ時間まで30分以上あったので、浜金谷の駅にて時間つぶしにポケGOジムバトル(笑)
f0126932_20222441.jpg


浜金谷のフェリーターミナルから望む鋸山は、すっかり緑が濃くなりました。
f0126932_20223749.jpg


フェリーターミナルでポケGOをやりながら時間を潰していると、友人が乗っているフェリーがやって来ました。
f0126932_20230113.jpg


やっぱり、フェリーは旅情があって良いです。
たとえ自分が乗っていなくても、着岸時にはテンションが上がります。
f0126932_20233693.jpg


無事に友人と合流し、そのまま三芳の道の駅へ。
今回のサイクリングコースは、2010年に開催された千葉国体の時の競技ルートらしく、道の駅を起点に30km弱の周回ルートになっていました。
コース中に一箇所だけ標高差が130mぐらいの区間があって、日頃平坦なルートしか走ったことが無い体には少々きつかったです。
f0126932_20240613.jpg


あっという間に三芳の道の駅に戻ってきてしまいました。
もう1周する?なんて案もありましたが、この日はとにかく暑かったので、速攻で観光ドライブに切り替えです(笑)
f0126932_20241602.jpg


三芳から太平洋岸の和田まで移動し、クジラ料理のぴーまんで昼食。
f0126932_20243971.jpg


今回は、クジラのカツカレーをいただきました。
(友人は、クジラのソースカツ丼)
f0126932_20242927.jpg


ぴーまんから程近いところにある和田の道の駅にて。
今回初めて知りましたが、道の駅の敷地内にシロナガスクジラの骨格標本が鎮座しています。
ちなみに鼻先から尾までの長さは、ハイエース(5m弱)×5ぐらい。
f0126932_20245934.jpg


骨格標本の案内板です。
ちなみに、シロナガスクジラはかつて存在していた恐竜等も含めて、地球上で最大の生物だそうですが、残念ながら日本近海ではすでに絶滅してしまったと言われています。
f0126932_20244959.jpg


最後に、内房の浜金谷まで戻り、岬カフェでコーヒーを一杯。
午後の日ざしに輝く浦賀水道を眺めながらのコーヒーは格別でした。
ちなみに、この場所は映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地でもあります。
f0126932_20250901.jpg


そして、岬カフェからの帰り際に見上げた斜面に見つけてしまいました。そう、ガクアジサイの群生を・・・
これまで、房総半島の南端にだけガクアジサイの自生地があると思っていたので、浦賀水道に面した明鐘岬にここまで大量のガクアジサイが自生していることは、自分にとっては大きな発見でした。
f0126932_20252071.jpg


友人を浜金谷のフェリーターミナルへ送り届けたら、第3ラウンド開始!
最後に房総山中のポケGOジムを回りながら帰ることにしました。
f0126932_20252991.jpg


鹿野山で日没。
いい加減、道草食いはやめて帰るべ。
f0126932_20255335.jpg


暮れゆく夏の房総丘陵。
たまには、梅雨時の房総も良いものです。
f0126932_20254172.jpg

by naka1md30 | 2018-06-11 23:58 | 旅とツーリング | Comments(2)