ハイエースで行く晩秋の奥上州の旅

晩秋の野反湖へ。
標高1500mほどの野反湖の紅葉はすでに終わり、寒々しい冬枯れが広がっていました。
もちろん、他の観光客は1人もおらず・・・
f0126932_18360188.jpg


この日は、浅間山が初冠雪したそうで、いつ雪が来てもおかしくない季節になってしまいました。
心なしか、前回来た時よりも野反湖の水が多いようです。
f0126932_18361038.jpg


背後の八間山のダケカンバも、すっかり落葉してしまいました。
f0126932_18355113.jpg


季節風が直接当たらない日向の斜面では、ハクサンフウロの葉が綺麗に紅葉していました。
f0126932_18361663.jpg


野反湖から六合へ下る途中にて。
ちょうど標高1200mぐらいの辺りが紅葉の見頃でしたが、今年は台風24号の直撃を受けたせいか、いまいちの色づきでした。
f0126932_18362518.jpg


お次は、いつものように暮坂峠を越えて四万温泉へ。
今回は趣向を変えて、日向見にある薬師堂へお参りしました。
この場所も、最近、ポケモンGOで知った場所で、今回初めて訪れてみた次第です。
f0126932_18363331.jpg


最初、上の写真の建物が薬師堂かと勘違いしてしまいましたが、本当の薬師堂はその裏側に佇んでいます。
この薬師堂は1598年に建てられてから、520420年※もの間、この地で人々の生活を見守ってきました。
(※年数の計算が間違っていたので、訂正します。)
f0126932_18364052.jpg


今でこそ、車ですぐに訪れることができる四万温泉ですが、薬師堂が建てられた520420年前の四万温泉日向見は一体どんな場所だったのだろうかと、遠い昔に思いを馳せながら、お参り完了。
これまで、何度も近くを通っていたのに、こんな貴重な建物を見落としていたとは・・・
まだまだですね。
f0126932_18364895.jpg


by naka1md30 | 2018-11-01 21:22 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2018-11-08 20:55 x
こんばんは。随分と野反湖の景色が変わりましたね。
真冬は、雪に覆われるのでしょうか。

四万温泉の薬師堂。
520年前の昔にここへお参りする人がいて、その520年後の今に同じ場所へお参りしていると思うと、なんだか不思議な感覚になります。

そして、こういう古いものをみていると、今ある建物や場所、出来事もそうですが、何百年も後の時代に、どう残って先の人たちがどう感じるのかな?と思うこともあります。

って、その頃にはヒトはもういない・・・かも?!(笑)
Commented by naka1md30 at 2018-11-11 18:33
こんばんは!
真冬は季節風がもろに当たる場所なので、風下側の斜面は数mの積雪に覆われ、
野反湖の湖面も全面結氷します。
野反湖への道も、まもなく冬季閉鎖に入って、来年の4月まで徒歩でしか入れなくなります。

昔の建造物は、様々な人が大切に守ってきたからこそ、今の姿があるのですよね。
でも、この先500年後は人間自体が絶滅しているかもしれませんね・・・
<< 晩秋の南会津林道ツーリング (... R1で行く箱根・伊豆ツーリング... >>