ハイエースで行く秋の上州の旅

ちょっと群馬県の方へ用事があったので、遠回りして7月と同じルートを回ってきました。
あまりにも盛大な寄り道になってしまったので、何だか寄り道の方がメインになってしまった感があります。

朝のうちは、時折雨が降る天気だったものの、気温は17度ぐらいで快適でした。
f0126932_21514233.jpg


前回行った時に、帰ってきてから調べてみたら、八ツ場ダムの展望台があることがわかったので、寄ってみました。
ちょうど建設中の八ツ場ダムを上流側から見ることができます。
完成まであと少し!
f0126932_21510598.jpg


ダムの建設概要。
来年には工事が完成し、堪水試験が始まります。
f0126932_21511826.jpg


ダム展望台から望む、上流方向の展望。
手前に見えている橋が八ツ場大橋です。
f0126932_21513270.jpg


長野原から国道405号を辿って、野反湖へ。
かなり風が強く、横殴りの雨が降る天気でしたが、時折、晴れ間も覗いていました。
f0126932_21515338.jpg


7月に来た時にはニッコウキスゲが咲き乱れていた草原も、いまやすっかり色褪せ、すでにダケカンバの紅葉も始まっています。
一瞬、日が差し込んだ時に野反湖上に虹がかかりました!
f0126932_21520328.jpg


すっかり色褪せた草原の中で、唯一、マツムシソウの花だけが咲き残っていました。
f0126932_21521500.jpg


峠の茶屋でコーヒーを飲んでいるうちに、雨が上がり、晴れ間がのぞいてきました。
ちなみに、写真の野反自然休養林の石碑は、ポケGOのジムになっています(笑)
f0126932_21522552.jpg


六合からは、暮坂峠を越えて中之条へ。
f0126932_21523571.jpg


今年になってようやく復活した、暮坂峠の若山牧水像。
7月に来た時は、まだ真新しくて辺りの景色から浮いた感じでしたが、先代の像を彷彿とさせる深い色へと再度加工されていました。
f0126932_21524685.jpg


暮坂峠を越える頃には、すっかり雨雲が晴れ渡り秋晴れが広がってきました。
が!日ざしが出ると一気に気温が上がってきて、予想外の暑さに。
先週に引き続き、またもや騙された感が・・・
f0126932_21525559.jpg


中之条から四万川ダムへ。
相変わらず、四万川ダムは観光客が多かったです。
f0126932_21532456.jpg


木々の間から覗く、四万ブルー。
f0126932_21530542.jpg


日ざしの加減か、7月に来た時よりも深い青色をしていました。
秋の紅葉の時期もまた、違った色合いを見せてくれると思うので、機会があればまた行ってみようかと思います。
f0126932_21531492.jpg


日向見からふり返る四万川ダム。
四万温泉の辺りもすっかり秋の気配が深まってきていました。
f0126932_21533164.jpg


四万温泉からは再び中之条まで戻り、さらに大道峠を越え、月夜野インターから関越道に乗って帰ってきました。
帰りの関越道で富士山型の見慣れない山(写真中央奥)が見えていので、帰ってきてから調べてみたら、秩父の名峰、武甲山でした。
これまで、関越道の帰り道でここまで視程が良かったことがなかったので、今まで気づくことがありませんでした。
f0126932_21534031.jpg

by naka1md30 | 2018-09-25 22:02 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ツバメ at 2018-09-28 19:19 x
こんばんは〜。
少し涼しくなって景色も秋めいてきましたね。
マツムシソウって園芸品種しか見たことなかったのですが、自生しているものもかわいらしくて素敵です。
野反湖はこの前も思ったのですが、本当に綺麗なところですね〜。虹もかかって貴重な1枚、ですね!
Commented by naka1md30 at 2018-09-30 20:06
マツムシソウは、長野県や群馬県の山間部に行くと、結構自生しているのを
見ることができます。
園芸種よりもかなり大きく育っていて、花色も鮮やかで綺麗ですよ。
<< 2018北海道の旅 その5 ~... R1で行く箱根・伊豆ツーリング... >>