桜咲く信州高遠林道ツーリング 後編 (WR250F)

先日の、信州高遠林道ツーリングの続きです。


林道長谷高遠線を旧長谷村側から高遠市街地へ向けて下っていくと、小さな案内板がある五郎山入口。10年間以上、幾度となくこの入口の前を通っていながら、これまで一度も立ち寄ったことがありません。
今回、偶然スマホを開いてみたところ、こんな山奥にポケモンGOのジムがあることが判明したので、どんな場所なのか確認も兼ねて寄り道してみることにしました(笑)
f0126932_20534847.jpg

林道から数十m歩くと、ほどなく五郎山山頂に到着。
山頂には仁科五郎盛信公の石像と、記念碑、祠等が建っていて、とても綺麗に管理されています。
今回もまた、ポケGOのおかげで新たな発見ができました。
f0126932_20530705.jpg

五郎山の名前の由来となった仁科五郎盛信公の説明板。
400年以上前にこの地で戦死した仁科五郎盛信公は、今でもこの高遠で眠っているとのこと。
f0126932_20532042.jpg

五郎山から望む、高遠市街の展望。
残念ながら、高遠城址公園の桜は手前の尾根に隠れて見ることができません。
f0126932_20533701.jpg

高遠市街へ下ると、再びタカトオコヒガンザクラの桃色の霞の中へ。
しかしながら、大混雑の城址公園は今回もパス。
f0126932_20525047.jpg

高遠市街にてWRの給油&昼飯。
そして、腹ごなしにポケGOのジムを辿って街の外れを流していたら、見事なソメイヨシノに出会うことができました。
f0126932_21252709.jpg

さて、いつまでもポケGOで遊んでいる訳にもいかないので(笑)、
再び林道へ入ります。
満開のタカトオコヒガンザクラを横目に見ながら、林道鍛冶村線へ。
f0126932_21260046.jpg

林道鍛冶村線から月蔵線へと走り繋ぎます。
山の中はまだまだ色が乏しいですが、すでに木々の芽吹きが始まっていました。
f0126932_21261947.jpg

カラマツの木々も、新芽が膨らんでいます。
晩秋の黄葉や新緑の季節のカラマツ林も綺麗ですが、この芽吹き前のひと時も独特の雰囲気があって個人的には好きな季節だったりします。
f0126932_21262951.jpg

金沢峠にて。
まだまだ走り足りないですが、日帰りだとこれが限界・・・
さて、最後の一本を走ってから帰ることにしますか。
f0126932_21263928.jpg

金沢峠の下りから眺める八ヶ岳。
いずれも山頂は雪雲の中ですが、画面右手前が先日滑落事故が発生した阿弥陀岳、中央奥が横岳になります。
それにしても、まるで真冬のような雪化粧です・・・
f0126932_21265067.jpg

大急ぎでトランポまで戻り、撤収!
最後に温泉で汗を流してから帰途につきました。
せっかくなので、日暮れまでのわずかな時間、所々でお花見&ポケGOで遊びながら帰ることに(笑)
f0126932_21270228.jpg

道草を食いすぎて、韮崎の手前で夕暮れを迎えました。
すでに南アルプスの影に入ってしまった国道20号線沿いから望む富士山です。
f0126932_21272556.jpg

新雪の積もった夕暮れの富士山。
この後、紅富士の写真も撮って見たものの、久々にシャッタースピードを誤って大失敗・・・
f0126932_21271155.jpg

中央道韮崎インター入口から望む、夕暮れの鳳凰三山(中央)と甲斐駒ケ岳(右奥)。
さて、気がつけばGWまであとわずか。
今年のGWは、夏の長期休暇に備えて近場で過ごすつもりです。
f0126932_21273508.jpg
おしまい。


by naka1md30 | 2018-04-21 20:37 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 麦畑 桜咲く信州高遠林道ツーリング ... >>