ハイエースで行く積雪期の南会津の旅 第二弾

半月前に引き続き、雪の南会津へ。
東北道から栃木・福島県境までは、路面の積雪は全くなし。
積雪が無いと塩カル混じりの汚い水が跳ね上がって車体が汚れるので、いっそのことドカスカ雪が降っていてくれた方が良いのですけれどね。

東北道の那須塩原インターの辺りでは青空が出ていましたが、塩原を過ぎると次第に鉛色の空へと変わり、雪がちらつきはじめました。
f0126932_2025093.jpg


さらに、山中峠を越えて旧舘岩村へ。
半月前に来た時よりも積雪が増えているものの、車道の除雪が完璧なため、走行に困ることは全くありません。
f0126932_203236.jpg


今回も、檜枝岐のミニ尾瀬公園でUターン。
雪が降っていましたが、気温は氷点下1度ぐらいと高かったです。
f0126932_2031195.jpg


お昼は開山の裁ち蕎麦。
f0126932_2032044.jpg


お昼の後は、元来た道を戻って木賊温泉へ。
気温が高かったせいで泥水の跳ね上がりが酷く、ハイエースの側面やタイヤハウス内が悲惨な状態に・・・
それにしても汚い。
f0126932_2033327.jpg


この時期の木賊温泉は大抵、貸し切り状態。
f0126932_2034121.jpg
f0126932_203535.jpg


木賊温泉に入ったら、あとは帰るだけです。
ちなみに、側面とタイヤハウス内の泥水は完全に凍りついていて、帰りの東北道で全て剥落しました(笑)
f0126932_2041567.jpg


復路から望む南会津の名峰七ヶ岳。
雪景色の中にも、どことなく春らしさが感じられ、ようやく長い冬の終わりが見えてきました。
f0126932_2043060.jpg

by naka1md30 | 2018-02-25 20:25 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< ヘレボ日記 (2月25日) ゴーグル買い足し >>