年の瀬の南いわき林道ツーリング (WR250F)

今年最後の林道ツーリングに行ってきました。
福島県であっても浜通りであれば雪は無いだろうと考えての南いわき方面でしたが・・・

スタートは、いつもの横川目兼林道から。
時期が時期なだけに、路肩に多少の雪があっても当然だよな~と、この時点ではそれほどの危機感はありませんでした。
f0126932_2031471.jpg


弥太郎林道から藤ノ木林道と走り繋いでいくと、日陰に残る雪が次第に増えてきましたが、まだまだ問題がないレベル。
f0126932_2031148.jpg


藤ノ木林道の北面に差し掛かると路面が真っ白に。
とはいえ、全くの新雪状態なのと、特に凍結箇所も無かったので、走行への支障はなし。
f0126932_20312476.jpg


四時川林道へ入ってからも雪がありましたが、前半はそれほどでもありませんでした。
それよりも何よりも、太陽の当らない谷底の林道の寒いの何の!
f0126932_20313382.jpg


この景色を見ていると、心から寒くなってきます・・・
f0126932_20314273.jpg


四時川林道は、東側から西進した場合、どんどん標高が高くなっていくので、当然、進むにつれて積雪が増えていきます。
この辺りから路面が完全な積雪路面へと変わり、だんだん不安になってきました。
ひとまず、行けるところまで行ってみんべ~
f0126932_20315491.jpg


そして、深入りしすぎて戻るに戻れなくなりました(泣)
四時川林道から出た国道289号はツルツル、テカテカの凶悪積雪路面。戻るに戻れず何とか徐行して国道を切り抜け、逃げ込んだ県道390号ではありましたが、どう見ても雪道です。
当然、オフタイヤでは全くグリップしないので、フロントブレーキをかけないように気をつけながら、とにかく雪の無い麓を目指します。
f0126932_2032211.jpg


県道71号へ出るつもりが、分岐を間違えて鮫川村へと入ってしまい、再び積雪路面に泣くことに。
仕方なく、唐露林道を越えて古殿町を目指すことになりました。
f0126932_20321594.jpg


で、どれだけ気をつけても結局はこうなるわけです・・・
ちなみに、車の轍の部分はカチカチに凍結しており、うっかり斜めに乗ろうものなら猛烈に滑りました。
年末のこの時期に、以前のように指を脱臼して変な角度に曲がってしまっても嫌なので、今度こそ雪の無い道に出なくては!
f0126932_20322681.jpg


何とか古殿町へ出たものの、いつものガソリンスタンドが休業していたため、県道14号(御斉所街道)でいわき市側へと戻りました。
ここまでで、いつものツーリングルートの半分以下の距離ですが、今回はこの辺で引き返すことにします。
いわき市遠野町にてWRにガスを給油し、再び田人方面へ。
f0126932_2032331.jpg


お昼は田人のおやじがんこそばへ。
いつもは林道を走りすぎて営業が終ってしまっていることもしばしばですが、今回は余裕の到着です(笑)
f0126932_20324281.jpg


腹が一杯になった後は、横川仏具林道を走って仏具山頂へ。
山頂からは、青い太平洋と小名浜や勿来の街が良く見えていました。
f0126932_20325020.jpg


今回のツーリングで2回目のフルバンク停車。
セルフタイマーで記念写真を撮ろうとして、WRに飛び蹴りを食らわしてしまいました(笑)
f0126932_2032597.jpg


山頂の西側には積雪がありましたが、朝の路面に比べたら可愛いものです。
f0126932_20333282.jpg


標高を下げていくと、完全に雪が消えて一安心。
f0126932_20334160.jpg


やはり12月半ばを過ぎての福島はやめておいた方が良いですね。
これから春までは、大人しく房総の林道を走ることにしましょう。
f0126932_203351100.jpg

by naka1md30 | 2017-12-30 18:12 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< シクロ初乗り ハイエースで行く年の瀬の南会津の旅 >>