GWツーリング その7 中国山地縦断の旅

【7】5月4日 中国山地横断
秋吉台→津和野→六日市I.C→(中国道)→吉和I.C→【十方山林道】→三段峡→千代田→三次→西城→日南→松枝→赤碕(泊)

この日は山口の秋吉台から鳥取の大山山麓まで、ひたすら中国山地の中を走りました。十方山林道と三段峡を見た以外はほとんど走り詰だったので、けっこう疲れました。
f0126932_0114621.jpg


中国地方では有名な十方山林道の吉和側入口です。
入口には通行止めの看板がありましたが、地元の車に聞いてみると通り抜けられるよ!とのことだったので、とりあえず走ってみることにしました。
ところで、林道へ至るまでの国道488号は車の離合が困難な酷道でした。今回の旅は終始変な道ばかり走ってきたので、ちょっとぐらい変な道が現れても全く驚きません(笑)
f0126932_012220.jpg

十方山林道は全長約16km、幅員は非常に狭いです。バイクの場合は全く問題ないですが、車の場合は離合できる場所が少なく、対向車が来ると大変でした。
f0126932_0122476.jpg

米子郊外の辺りで迎えた日没の風景。
f0126932_0123885.jpg

# by naka1md30 | 2005-05-21 21:17 | 車の話 | Comments(0)

最後の車検

今日、ランクル70が車検から帰ってきました。
平成9年式の我が家のナナマルは、排ガス規制のため8年目の今年が最後の車検であり、一緒に暮らせるのも残りわずか1年間となってしまいました。
当然、ナナマルに乗れなくなる来年の5月までに新しい車を買うのか、それともエンジン載せ換え等で対応するのかを決断しなけばなりません。
いっそのことナナマルは諦めてハイエースでも買ってしまおうかと思った時もあるのですが、12万キロを一緒に旅してきた車と早々簡単に別れられるわけもなく、迷っています・・・
いずれにせよまだ時間があるので、今後の方策について後悔のないよう、じっくりと考えていこうかと思っています。
f0126932_023530.jpg

# by naka1md30 | 2005-05-19 21:40 | 車の話 | Comments(0)

GWツーリング その6 関門海峡を渡って本州へ

【6】5月3日 関門海峡を越えて再び本州へ
阿蘇→草千里→(清正公道-菊池阿蘇スカイライン)→大観峰→(やまなみハイウェイ)→湯布院→院内→中津→小倉→門司→関門海峡大橋→小月→秋吉台(泊)

九州に渡ってから初めて晴れました。最終日になってようやく・・・(泣)
雲一つない青空と緑の山並みの下、たくさんのバイクがそれは気持ち良さそうに走っていました。人間は勝手なもので、雨が降っていた昨日までは「車で良かった~」などと思っていたくせに、今日になったら「うお~バイクに乗りたい~」とバイクに乗りたい病を発症して一人悶々としていました。
f0126932_003093.jpg

f0126932_005152.jpg

阿蘇大観峰の展望
大観峰からは火口原に広がる水田と阿蘇の山並みが一望できます。
f0126932_011115.jpg

せっかくの晴天なのですが、九州でいつまでものんびりしているわけにも行かないので、関門海峡大橋を渡って山口へ入りました。それにしても、考えてみれば山口は千葉と同じ本州なんですよね・・・

秋吉台の麓で見つけた風景。
緑の麦畑と石州瓦の赤い屋根の家々とのコントラストがきれいです。
f0126932_013310.jpg

オフローダーとしてはダートを走らないことには始まりません(笑)
観光そっちのけで林道を走りましたが、大正解。人も少なく、秋吉台の絶景をのんびりと楽しむことができました。
f0126932_015053.jpg

# by naka1md30 | 2005-05-18 22:08 | 車の話 | Comments(0)

房総突発ツーリング

自分の所属するクラブのメンバー5人で房総の林道へ行ってきました。
天気予報では曇りであったはずなのにもかかわらず、初っ端で土砂降りの雨に降られてしまいました・・・う~ん、雨男は誰だ?(笑)
f0126932_12383389.jpg

雨は30分ほどであがり、房総の山の中を探索しました。
房総の林道はそろそろ草が繁ってきて走りづらい季節になってきますね。
f0126932_12385273.jpg

房総にもこんなに山深いところがあります。
写真だけを見るととても千葉とは思えません。
f0126932_12391562.jpg

f0126932_12394249.jpg

今回は初顔合わせのメンバーもいたのですが、楽しい一日を過ごすことができました。また新しい道を探索に行きましょう!雨具必携で(笑)
f0126932_12395690.jpg

# by naka1md30 | 2005-05-16 00:20 | 旅とツーリング | Comments(0)

GWツーリング その5 九州山地縦断酷道の旅

【5】5月2日 酷道と通行止め地獄の九州山地縦断
都城→霧島えびの高原→【榎田大川筋林道】→湯前→湯山峠→飯干峠→椎葉→五ヶ瀬→高千穂→阿蘇

この日は九州ツーリングのハイライト、林道を走り繋いでの九州山地縦断・・・のはずだったのですが、まだ昨年の災害から復旧していないところが多く、ほとんどの林道が通行不能な状態でした。
f0126932_02398.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

【榎田大川筋林道(白髪狗留孫林道)】
宮崎県のえびのと熊本県のあさぎり(旧上村)を結ぶ峰越林道です。
狗留孫神社入口から温迫峠までの区間がかなり荒れていて、バイクでの通行は可能なものの、車の通行は困難な状態でした。

えびの側入口から狗留孫神社の入口までは、左に狗留孫峡を見ながら走るフラットダートです。
f0126932_032468.jpg

狗留孫神社入口から上部は次第に落石が多くなり、路肩が1車線分のみを残して崩落している箇所もありました。宮崎側には通行止めの表示が出ていなかったので、そのまま進んでしまったのですが、熊本側の温迫峠にはしっかり通行止めの表示が出ていました(汗)
f0126932_035495.jpg

榎田大川筋林道を走った後は、不土野峠を越えて椎葉村に入り、内大臣椎葉林道で矢部へ抜けるというルートを考えていたのですが、甘かったです・・・
山越えの道はことごとく崩落していて、椎葉村の酷道地獄を彷徨うはめになってしまいました。
f0126932_025910.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

椎葉村内の八重林道へ向かう途中にある松木谷の崩落です。
至るところに昨年の豪雨の爪跡が残っていて、自然災害の凄まじさを思い知らされました。
f0126932_043560.jpg

【内の八重林道】
行く先々がことごとく通行止めで悔しかったので、ダメ元でツーリングマップルに載っていた内の八重林道へ行ってみました。入口には通行止めの表示もなく、これは行けるか?と期待したのですが・・・
f0126932_045969.jpg

やっぱりダメでした・・・(泣)
どうやら扇山の登山口までを復旧させただけで、完全復旧はまだ先になるようです。
f0126932_053065.jpg

# by naka1md30 | 2005-05-14 21:36 | 車の話 | Comments(0)