入笠山周辺の林道で

8月最後の週末、1泊2日の予定でツーリングへ行ってきました。
今回のツーリングは、初日に入笠山周辺を走ってから山梨で1泊、2日目は現地で林道仲間と待ち合わせ奥秩父方面の林道を走るという計画でした。しかしながら、初日の夕方にハプニングがあり、2日目の予定を全てキャンセルして帰ってくるはめになってしまいました・・・

--------------------------------------------------------------------------------

土曜日は天気にも恵まれ、入笠山と高遠周辺の林道を走り回ってきました。今回は、金沢林道→町道入笠線→黒河内林道→長谷村の林道(名称不明)→林道鍛冶村-月蔵線→町道高嶺線といったルートを走ったのですが、心配していた台風11号の被害はほとんどなく、崖崩れや工事による通行止め箇所もありませんでした。

(黒河内林道の入笠山側入口)
黒河内林道には2つのゲートがありますが、いずれも牧場のゲートで、自分で開閉できるタイプのものです。
f0126932_81713.jpg

(町道高嶺線の展望地にて)
平地ではまだ暑いですが、山はすっかり秋の気配が濃くなっていました。道端ではススキの穂が風になびいていて、空に浮かぶ雲にも夏のような力強さはありません。
f0126932_8171190.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

まあ、ここまでは良かった。
しかし、最後にもう1本だけと欲張って走った作業道にて立木に突っ込んでしまい、XR-BAJAのライト(右側)とライトのフレームを大破させてしまいました。幸い人間には怪我がなく、バイクの方も応急処置をすれば何とか自走で帰ってくることができる状態であったものの、自分の運転技術の未熟さからバイクを壊してしまったことは情けない限りです。

写真は応急処置後のXR-BAJAです。
BAJAはライトとフロントスクリーンが大破し、ライトのフレームがハンドル側に食い込む形で潰れてしまっていましたが、応急処置でハンドルを切ることができる状態になりました。
f0126932_8172887.jpg


以下、事務連絡。

>マツさん
応急措置の作業を手伝ってもらい、本当にありがとうございました。

>めんそさん、チャレさん
せっかくツーリングの計画を立ててもらったのに申し訳ないです。次回こそはツーリングご一緒しましょう。
# by naka1md30 | 2005-08-29 23:54 | 旅とツーリング | Comments(0)

XR230

ちょっと訳があって、数日間だけXR230を借りて乗る機会に恵まれました。このXR230はまだ走行距離が100kmにも満たないピカピカの新車なうえ、人様のバイクなので、久々に新車を慣らす気分で職場への道をのんびりと走ることにしました。
f0126932_8212613.jpg

すり抜けもせず、走行車線をのんびり走るなんていったいどれぐらいぶりだろうか・・・ふと、信号待ちで空を見上げてみると雲の切れ間からは青空がのぞき、吹く風は潮の香りがしました。
いっそのこと職場を通り過ぎてこのまま海を見に行ってしまおうか・・・!!

しかし、つい先日北海道ツーリングのために9日間も夏季休暇を取ってしまったばかりなんです。さすがにここで仕事をブッチしてしまったら本当にダメ人間になってしまいますよね・・・
というわけで、結局、こみ上げる衝動を抑えつつ、海へ向かう交差点を横目に職場へ向かいましたとさ。

--------------------------------------------------------------------------------

CRMでガシガシ走るのも良いですが、XR230のように足着きの良い扱いやすいバイクでのんびり走るのも別の楽しみがありますね。ただ、250と比べると追い越し時等にどうしても力不足を感じてしまう場面があったので、高速での移動や林道までの移動距離が長いツーリングに使う場合にはストレスを感じてしまいそうです・・・

・・・ああ、のんびりツーリング用にもう一台買えばいいのか(笑)
# by naka1md30 | 2005-08-23 22:06 | バイクの話 | Comments(0)

野付半島

北海道の知床半島と根室半島のちょうど真中、根室海峡に向かってエビの尻尾のように突き出た砂嘴が野付半島です。今まで何度か入口までは行ってみたものの、何も無いのが分りきっていたので立ち寄ることはなかったのですが、今回初めてトドワラまで行ってみることにしました。

これが有名なトドワラです。
駐車場から片道1.5km、往復3kmの道をオフブーツで汗だくになりながら歩いてたどり着いた先には、案の定、何もありませんでした(笑)
見えるのは名前の良くわからない植物の群落と真っ白な霧だけ、一歩間違えると悪い夢のような景色です。
f0126932_2362274.jpg

野付半島には人家が無く(番屋はあります)、どこまでもこんな感じの荒涼とした景色が続きます。
ちなみに、所々にダートの脇道があったりするのですが、全てバイクの乗り入れは禁止されているので、おとなしく道道を走って帰ることにしましょう。
f0126932_2364054.jpg

# by naka1md30 | 2005-08-22 23:47 | 旅とツーリング | Comments(0)

旧タウシュベツ川橋梁

先日の北海道ツーリングで行った旧タウシュベツ川橋梁です。
旧タウシュベツ川橋梁は1937(昭和12)年に竣工したものの、1956(昭和31)年には糠平ダムの湖底に沈んでしまった旧国鉄士幌線の遺構です。
通常8月になると糠平湖の水位が上昇し、半分ぐらい水没してしまっていることが多いのですが、今年は完全に姿をあらわしていました。
f0126932_20133975.jpg

橋に至る糠平三股林道は約15kmのダートで、1箇所だけタウシュベツ川橋梁を見ることができるポイントがあります。橋から糠平ダム方面へ向かって走っている場合にはカーブの正面に橋が見えるのですが、その逆の場合は気がつかずに通り過ぎてしまうことがあります。
f0126932_20135677.jpg

ちなみに、建設当時のタウシュベツ川橋梁の写真や旧国鉄士幌線の歴史等については、NPOひがし大雪アーチ橋友の会のサイトに掲載されているので、現在の姿と見比べてみると面白いです。
# by naka1md30 | 2005-08-20 23:12 | 旅とツーリング | Comments(0)

青い紙

8がつ18にち(はれ)
 きょうのあさ、くるまでつうきんとちゅうに白ばいのひとにとめられて、青いかみにさいんするようにいわれました。

 24きろおーばーだったので、もういちまいのかみで1まん5せんえんをはらわなければいけないとゆっていました。でも、おかあさんにはないしょです。

・・・っていうか、
朝のクソ忙しい時にスピード取締りなんかするなヴォケ!!
f0126932_2311230.jpg

# by naka1md30 | 2005-08-18 19:56 | 雑記 | Comments(0)