今日のヤマアジサイ&ガクアジサイ (6月17日)

6月も半ばを過ぎ、例年であればすっかりヤマアジサイの花が終わってしまっているはずの時期ですが、今年はガクアジサイと一緒に咲いている株があります・・・

まずは、ヤマアジサイから。
肥後絞り。
熊本県産の絞り花品種です。
f0126932_2154525.jpg


海峡。
朝鮮半島済州島産のガク咲き品種。
f0126932_2162721.jpg


芹生時雨。
京都府産のガク咲き品種。葉には散り斑が入っていますが(左下)、花の着いた枝は斑が薄くなります。
f0126932_2173021.jpg


津江の緑澄。
大分県産の緑花品種。絵の具を溶かしたようなこの花色は、いつ見ても心惹かれます。
f0126932_2192436.jpg


霧の夕映。
宮崎県産のヒュウガアジサイの品種です。
今年、初めて花が咲きましたが、この後綺麗な赤色に変化してくれるか・・・?
f0126932_21103354.jpg


花吹雪。
グレイスウッドの実生品種と言われているテマリ咲き品種。
f0126932_21123853.jpg


広瀬の華。
とっくの昔に装飾花は終ってしまいましたが、八重化した両性花が後からモリモリ咲いてくるので、非常に花期が長くなります。
f0126932_21134554.jpg


箱根産のガク咲き品種。
両性花に淡い色が入ります。
f0126932_21152038.jpg


雪てまり。
エゾアジサイのテマリ咲き品種で、花が咲き進むにつれて次第に枝が枝垂れてきます。
f0126932_2116149.jpg



ここからはガクアジサイです。
大島緑花。伊豆大島産の緑花品種。日々、花色が変化していくので、毎日見ているのが楽しい花です。
f0126932_21173496.jpg


伊豆の紫風。
静岡県の伊豆半島産のガクアジサイで、花房が大輪になります。
f0126932_2142470.jpg


三河千鳥。
静岡県産のテマリ咲き品種ですが、両性花のみのテマリで咲く非常に個性的な品種です。
稀に装飾花が出ることがありますが、固定化はしないようです。
f0126932_2119121.jpg


花火アジサイ。
神奈川県産のガクアジサイ。
墨田の花火の名前で流通していますが、東京都産の品種ではありません。
f0126932_21211667.jpg


てまりてまり。
加茂花菖蒲園作出の園芸品種。八重のテマリで非常に花房が大きくなります。
f0126932_21232272.jpg



おまけ。
梅雨の季節の雪割草。
木陰の中で葉が照り輝いています。
この時期、自生地の雪割草も葉が繁った薄暗い林床で過ごしているので、できるかぎりその環境に近づける必要があります。
f0126932_21433348.jpg

# by naka1md30 | 2017-06-17 21:25 | 庭いじりの話 | Comments(4)

奏音 (ヤマアジサイ)

愛媛県新居浜市産のガク咲きのヤマアジサイ。
名前にある「奏音」は「かなと」と読み、発見者のお孫さんの名前だそうです。
装飾花は澄んだ薄青色の円弁で、両性花も薄青色に咲きます。
(2017.5.29)
f0126932_21555690.jpg


蕾の状態。
(2017.5.14)
f0126932_21565725.jpg


咲き始め。
(2017.5.18)
f0126932_21572298.jpg


(2017.5.21)
f0126932_21575548.jpg


(2017.5.24)
f0126932_2158423.jpg


(2017.5.27)
f0126932_21594619.jpg


(2017.5.29)
f0126932_2201184.jpg


(2017.6.4)
f0126932_2204874.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
# by naka1md30 | 2017-06-15 22:01 | アジサイ写真集 | Comments(0)

今日のヤマアジサイ (6月11日) その2

日曜日に撮影したヤマアジサイの続きです。

先日も写真を載せた津江の小でまり。
今年は調子が良く、大きなテマリをいくつも咲かせています。
f0126932_19564874.jpg


唐津。
佐賀県産のガク咲き品種。
装飾花は絞りの入る八重咲きになります。
f0126932_19585377.jpg


日向紅子持。
宮崎県産のヒュウガアジサイの品種です。
f0126932_19594270.jpg


箱根産の無銘ヤマアジサイ。
非常に大輪になる品種で、両性花に色がついていることから、ガクアジサイとの交雑種ではないかと思われます。
f0126932_2004335.jpg


同じく、箱根産の無銘品種。
こちらも両性花が青色に咲くので、ガクアジサイとヤマアジサイの交雑種と思われます。
f0126932_2032611.jpg


箱根産の無銘品種。
形の整ったガク咲きです。
f0126932_205726.jpg


斑入甘茶。
葉に綺麗な散斑が入る品種ですが、花も綺麗です。
f0126932_2061912.jpg


美栄の華。
大分県産の八重ガク咲き品種。
f0126932_2072046.jpg


防長の暁。
山口県産のガク咲き品種で、装飾花が非常に鮮やかな桃色に咲きます。
f0126932_208840.jpg


夕鶴。
産地等の詳細が不明な品種です。
最初は白色で咲き始め、次第に装飾花のガク片に赤色がさしてきます。
f0126932_2013492.jpg


嶺の華。
コガクウツギとヤマアジサイの自然交雑種で、小輪に咲きます。
f0126932_20152279.jpg


屋久島コンテリギ。
鹿児島県屋久島産のヤクシマアジサイの品種です。
f0126932_20162632.jpg


屋久島白雪。
同じく鹿児島県屋久島産のヤクシマアジサイの品種です。
装飾花のガク片に鋸歯があるものを屋久島コンテリギ、鋸歯のないものを屋久島アジサイと呼びますが、この屋久島白雪は後者の選抜品種になります。
f0126932_20192451.jpg



ヤマアジサイに代わり、次第にガクアジサイや園芸アジサイの品種も咲き始めてきました。

さざ波。
静岡県の伊豆半島産のガクアジサイの品種です。
両性花の残る半テマリの状態で咲きます。
f0126932_20231093.jpg


ニワアジサイ。
非常に鮮やかな青色のテマリ咲き品種。
産地等の詳細は不明ですが、エゾアジサイ系ではないかと思われます。
f0126932_20251524.jpg


宵の星。
園芸アジサイでガク咲き。
装飾花の花色は、年によって青味が強く咲いたり、赤味が強く咲いたりと変化します。
f0126932_20262045.jpg


てまりてまり。
我が家では今年初開花となる園芸品種で、八重のテマリ咲きです。
今年は株の調子が良く、花房が非常に大きくなっています。
f0126932_20274183.jpg

# by naka1md30 | 2017-06-14 20:29 | 庭いじりの話 | Comments(0)

今日のヤマアジサイ (6月11日) その1

今年のヤマアジサイの花もピークを過ぎ、徐々にガクアジサイや園芸アジサイの花がメインになりつつある今日この頃。

まずは、今年初開花の株から。
宮崎県産の扇てまりです。
わずかに両性花が残る淡青色のテマリ咲き品種です。
f0126932_1956829.jpg


昴。
高知県産のガク咲き品種です。
f0126932_1958996.jpg


佐橋の荘。
新潟県産のエゾアジサイの品種です。
f0126932_19585716.jpg


京てまり。
京都府産のガク咲き品種。名前にてまりとありますが、どちらかというと半テマリ咲きといったところでしょうか。
f0126932_19593233.jpg


ここからは、開花2年目以上の株です。
長野県産のクレナイ。
品種的には東日本型の白花品種ですが、花の終盤にガク片が赤色に色づくことで有名です。
クレナイの赤色は、どの赤花品種にも負けないほど鮮やかですが、ある程度日光に当てないと色が出ません。
f0126932_2005228.jpg


九重一番。
大分県産のガク咲き品種です。
f0126932_205551.jpg


九重渦巻。
大分県産のガク咲き品種で、装飾花のガク片の一部が立ち上がる姿が特徴的です。
f0126932_2054282.jpg


九重至宝。
大分県産の獅子テマリ咲き品種。
f0126932_2064971.jpg


九重凛華。
同じく大分県産の獅子テマリ咲き品種です。
この九重凛華と九重至宝、九重麗華等は同じ地域の産と言われています。
f0126932_2073737.jpg


九重桃姫。
大分県産のガク咲き品種。
今年は綺麗な桃色に咲きましたが、土の酸性度次第で青みがかった紫色に咲くこともあります。
f0126932_2093156.jpg


咲耶姫。
宮崎県産のヒュウガアジサイの品種で、半テマリ咲き。
通常は白色に咲きますが、今年は初めて緑色の絞りが入りました。
どうすると、この色で咲くのか原因不明です。
f0126932_20103778.jpg


紫紅梅。
徳島県産のガク咲き品種。
我が家では最古参の品種で、自分がヤマアジサイの世界に引き込まれるきっかけになった品種の一つだったりします。
f0126932_20124678.jpg


倉木てまり。
大分県産のテマリ咲き品種。
茎がしっかりとしているので、最後までテマリが枝垂れることなく綺麗な状態で咲いてくれます。
f0126932_20143331.jpg


太白。
宮崎県産のヒュウガアジサイの品種で、大輪の白花を咲かせてくれます。
前に紹介した咲耶姫と同じ場所の産とのこと。
f0126932_20155664.jpg


長州維新。
山口県産の半テマリ咲き品種。
装飾花は綺麗な八重になる時もあれば、一重の状態の時もあります。
f0126932_20171681.jpg



おまけ。
アジサイの脇で、ハナショウブが咲き始めました。
品種は朝戸開といいます。
f0126932_20182961.jpg


写真が多いので、その2へ続きます。
# by naka1md30 | 2017-06-12 20:19 | 庭いじりの話 | Comments(2)

三瀬の桃姫 (ヤマアジサイ)

山口県岩国市付近産のガク咲きのヤマアジサイ。
装飾花は鮮やかな桃色で、両性花は赤紫色に咲きます。
(2017.6.4)
f0126932_12511228.jpg


蕾の状態。
(2017.5.14)
f0126932_1253574.jpg


(2017.5.21)
f0126932_12534292.jpg


装飾花は、最初底白で咲き始め、次第に全体が色づいてきます。
(2017.5.27)
f0126932_1254374.jpg


(2017.5.28)
f0126932_12554138.jpg


(2017.5.30)
f0126932_12562974.jpg


(2017.5.31)
f0126932_12592383.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
# by naka1md30 | 2017-06-11 13:00 | アジサイ写真集 | Comments(0)