2017 東北の旅 その3 ~男鹿・津軽半島巡り 後編~

男鹿・津軽半島巡りの旅の後半戦です。

鯵ヶ沢からはメロンロードをひたすら北上し、何とか14時過ぎに十三湖を通過。
他にも色々と立ち寄りたい所がたくさんありましたが、とにかく日没までに龍飛崎へたどり着かないことにはお話にならないので、さらにペースを上げます。
f0126932_20573669.jpg


十三湖からは国道339号で北上。
小泊半島のたもとから南方向をふり返ると、七里長浜のはるか向こうに岩木山の雄姿を望むことができました。
f0126932_20574694.jpg


ちなみに、小泊半島入口の海岸から岩木山までは、直線距離で約50kmほどあります。
f0126932_20575518.jpg


実は、秋田からここまで、コンビニの肉まん以外何も食べてこなかったので、道の駅こどまりでウニ丼を食べることにしました。
あまりにも腹が減っていて、うっかりウニ丼の写真を撮り忘れました・・・(笑)
ちなみに、津軽海峡のはるか向こうに見えている山々は北海道の渡島半島です。
f0126932_2058515.jpg


小泊を過ぎると、いよいよ道が険しくなり、ほとんど対向車に会わなくなりました。
f0126932_20582237.jpg


国道339号の一ノ坂付近から小泊方向をふり返った景色です。
右奥方向が小泊半島です。
f0126932_20583588.jpg


さらに、つづら折れの山道を上り、眺瞰台からふり返ってみると、小泊半島の奥に弓なりの七里長浜も見えていました。
視程がいまいちなのが残念!
f0126932_20584660.jpg


同じく眺瞰台から、これから目指す龍飛崎(中央)を望むと、津軽海峡越しに北海道渡島半島の山並みが一望できました。
f0126932_20585534.jpg


眺瞰台から龍飛崎越しに北海道方向の展望をカシミールで再現してみました。
ちなみに、中央で一番高く聳えている大千軒岳までは約40kmほどの距離があります。
f0126932_023470.jpg


15時半を回った頃、ようやく津軽半島最北端の龍飛埼灯台に到着。
しかしながら、龍飛崎は完全に観光地化しており、最果て感が皆無なのが何とも残念。
f0126932_20591116.jpg


一応、灯台の先までは行けますが、岬の先端へは行けません。
f0126932_20591961.jpg


龍飛埼灯台から望む東方向の展望。
右奥は同じ津軽半島の高野崎。その奥の山並みが平舘海峡越しの下北半島になります。
左奥の大間崎までは約57kmの距離があります。
f0126932_20592640.jpg


あとはこの日の宿がある青森まで、津軽半島の東岸をひたすら南下するのみ!
しかしながら、龍飛崎から青森市街までは思いの外距離があり、途中でお約束の日没・・・
まあ、夕方まで雨が持ったから良しとしましょう。
ちなみに、この日の晩は、青森駅に程近いビジネスホテル台由に泊まりました。
f0126932_20593514.jpg





<2017 東北の旅>
 1.千葉から秋田へ
 2.男鹿・津軽半島巡り 前編
 3.男鹿・津軽半島巡り 後編
 4.八甲田から下北半島へ
 5.下北半島林道ツーリング 前編 (WR250F)
 6.下北半島林道ツーリング 後編 (WR250F)
 7.下北半島から弘前へ
 8.白神ライン林道ツーリング (WR250F)
 9.旅の終わり

おまけ ポケモンGOで巡る東北の旅 その3
# by naka1md30 | 2017-09-25 21:52 | 旅とツーリング | Comments(2)

日枝神社

f0126932_202630100.jpg

今日は赤坂まで来たので、日枝神社へお参りすることにしました。
# by naka1md30 | 2017-09-22 12:36 | 携帯から | Comments(0)

2017 東北の旅 その2 ~男鹿・津軽半島巡り 前編~

9月11日。東北の旅2日目。
いよいよ今回の旅の前半ハイライト。これまで訪れたことが無い男鹿半島から津軽半島にかけての沿岸を辿ります。

朝8時に秋田港を出発。
この日は天気が下り坂とのことで、朝からいつまで天気が持つかが心配になる空模様でした。
f0126932_20445753.jpg


まずは、男鹿半島の沿岸を時計回りに辿ります。
最初に、男鹿半島南西部にある潮瀬崎に寄り道してみました。
f0126932_2045745.jpg


目的は、潮瀬崎のゴジラ岩!
夕暮れ時に来ると、口から火を吹くゴジラの写真が撮れるそうですが、どんよりと曇った朝だとこんな写真しか撮れません(笑)
f0126932_20451834.jpg


潮瀬崎に程近い門前にあるなまはげ像。
遠景のため小さく見えますが、9.99mの高さがあります。
f0126932_20452684.jpg


門前を過ぎると県道は海から離れ、男鹿半島の西海岸の山肌を縫うように走っていきます。
先ほど訪れたゴジラ岩のある潮瀬崎がはるか後に見えています。
f0126932_20455636.jpg


北緯40度の入道崎に到着。
入道崎灯台は上部まで登ることができるので、早速登ってみることにしました。
f0126932_2046770.jpg


入道崎灯台から望む入道崎の展望。
岬の先端の沖合に浮かぶ岩場は水島と呼び、島を一周する遊覧船もあります。
f0126932_20462139.jpg


入道崎からは、なまはげラインを辿って寒風山へ。
寒風山が古い火山ということは知っていましたが、山頂部に火口跡が残っていることは知りませんでした。
山頂へ至る道の両側はススキの原で、どことなく九州の大分や熊本の道を走っているかのようでした。
f0126932_20463361.jpg


寒風山から望む、秋田へと至る弓なりの海岸線。
天気が良ければ、はるか先まで見えるのでしょうが残念!
f0126932_20464670.jpg


同じく、寒風山から望む日本海と八郎潟調整池です。
ちなみに手前にある石碑には、明治百年祭施行記念之碑と書いてあります。
ここで何となく違和感が。なぜ、東北の地に明治百年祭(1968年10月)を祝う石碑が建っているのか?
確か自分の記憶が正しければ、秋田を含めた東北の各藩は奥羽越列藩同盟で明治新政府と戦ったはずで、敵方の成立させた新しい時代を祝うはずはない・・・
どうも気になり帰ってきてから調べてみたら、秋田藩は最終的に新政府側へと寝返ったとのこと。
これでこの地にこの石碑が建っている理由がわかりました。
f0126932_20471195.jpg


さて、まだまだ先が長いので寄り道は最小限にひたすら北上します。
八郎潟干拓地はそのまま通過し、12時前に能代を通過。
能代大橋で米代川を渡ると、いよいよ前方に白神の山々が見えてきます。
f0126932_20471948.jpg


日本海を左手に見ながら、秋田県から青森県へ。
f0126932_20472891.jpg


以前から入りたいと思っていた黄金崎の不老ふ死温泉に入ることができました!
じっくりと長居していたかったところですが、このままでは日が暮れてしまうので、泣く泣く先を急ぎます。
f0126932_20474180.jpg


青森県の西海岸を西から東へ。
深浦町の北金ヶ沢まで来ると、正面に忽然と岩木山が現れ、びっくりします。
鯵ヶ沢を越えると、いよいよ津軽半島に突入です。
f0126932_20474850.jpg


※ 写真が多いので、後半へ続きます。



<2017 東北の旅>
 1.千葉から秋田へ
 2.男鹿・津軽半島巡り 前編
 3.男鹿・津軽半島巡り 後編
 4.八甲田から下北半島へ
 5.下北半島林道ツーリング 前編 (WR250F)
 6.下北半島林道ツーリング 後編 (WR250F)
 7.下北半島から弘前へ
 8.白神ライン林道ツーリング (WR250F)
 9.旅の終わり

おまけ ポケモンGOで巡る東北の旅 その2
# by naka1md30 | 2017-09-21 21:18 | 旅とツーリング | Comments(2)

2017 東北の旅 その1 ~千葉から秋田へ~

かなり遅めの夏季休暇を取って、1週間ほど東北方面へ出かけてきました。
9月のこの時期は、3年間連続で北海道を訪れてきましたが、今年は趣向を変えてまだ行ったことが無い北東北の日本海側や、十数年前に行ったきりの下北半島方面を目指します。
今回も、その日の天気や現地情報で行き先が変わる行き当たりばったりの旅です。

9月10日、1日目。
朝4時半ごろに自宅を出発し、ひたすら東北道を北上します。
福島以北の東北道を走るのは、何と6年ぶり!
f0126932_1745929.jpg


出発時には、岩手から秋田道経由で秋田を目指すつもりでしたが、ここで一発目の気まぐれ発動。
山形道経由で日本海側を北上することにしました。
10時頃に奥羽山脈を越えて山形県側へ。
f0126932_17452213.jpg


順調に月山道路を越え、庄内平野へと向かいます。
何だか雲が湧いてきた気がしたものの、この時点では天候悪化の気配はなし。
f0126932_17453097.jpg


上の写真を撮ってから約30分後、庄内平野へと下った途端に空がかき曇り、いきなり土砂降りの雨に降られました。
最近は予兆もなしに天気が急変するので、全くもって油断がなりません。
f0126932_17454243.jpg


酒田を過ぎて日本海沿いへと出る頃には雨が上がったものの、鳥海山は厚い雲の中・・・
鳥海ブルーラインは諦めて、海沿いをのんびりとドライブすることにしました。
まずは、国道7号線を走っている時に看板を見つけた十六羅漢岩へ寄り道。
海沿いの溶岩に十六羅漢が彫られています。
f0126932_17455178.jpg


十六羅漢岩の解説文。
この十六羅漢が彫られたのは、今から100年以上前の1868年。
地元の寛海和尚が吹浦の民衆の幸せや海難者の供養及び漁民の海上安全を祈願し、5年間かけて完成させたとのこと。
f0126932_1746195.jpg


あまり長居をしていると日が暮れてしまうので、先を急ぎます。
海沿いを走って、山形県から秋田県へ。
途中、三崎公園にも立ち寄りましたが、ひとまず割愛(笑)
f0126932_17461170.jpg


ここまでで思いの外、時間がかかってしまったので、象潟からは無料で供用されている日本海東北道で岩城まで一気にワープ!
岩城からは、再び国道7号を走って秋田市内へ。
日本海のはるか向こうには、男鹿半島の山並みが島のように見えています。
f0126932_17462316.jpg


この日の宿は、秋田港に程近いルートイン秋田土崎でした。
秋田市の中心部からは離れていますが、駐車場完備で落ち着いて泊まることができました。
f0126932_17463597.jpg


しかも、宿の真ん前がポートタワーセリオンだったので、日没を見計らって展望台へ行ってみました。
セリオンの展望台から望む、日本海へ沈む夕日と男鹿半島の山々(右奥)。
この日の宿もセリオンからの展望も、出発時には全く念頭に無かったので、初日からなかなかの滑り出しかもしれない(笑)
f0126932_17464614.jpg


夕闇に沈んでいく秋田の街。
秋田港のある土崎(手前)と秋田中心部(中央奥)は、かつて別の街でした。
f0126932_1747364.jpg


今から72年も前のお話。
終戦間際の1945年8月14日深夜から翌明け方、この土崎港に米軍による大空襲があり大きな被害を受けたことは知っていましたが、この軍艦防波堤の話は初めて知りました。
f0126932_1747928.jpg


※ その2へつづく



<2017 東北の旅>
 1.千葉から秋田へ
 2.男鹿・津軽半島巡り 前編
 3.男鹿・津軽半島巡り 後編
 4.八甲田から下北半島へ
 5.下北半島林道ツーリング 前編 (WR250F)
 6.下北半島林道ツーリング 後編 (WR250F)
 7.下北半島から弘前へ
 8.白神ライン林道ツーリング (WR250F)
 9.旅の終わり

おまけ ポケモンGOで巡る東北の旅 その1
# by naka1md30 | 2017-09-17 20:11 | 旅とツーリング | Comments(0)

R1慣らしツーリング 房総編 (YZF-R1)

R1の慣らしツーリング第二弾は、軽く房総方面を走ってきました。
この日の朝は、平地でも15度を切るほどの冷え込みで、季節が一気に一ヶ月以上進んだ感じでした。
冬が来る前に早く慣らしを終わらせなくては!

館山道で一気に南下し、まずは鹿野山へ。
高速道路を走っていると肌寒いぐらいの気温で、どうしてツーリングにふさわしい秋という季節を飛ばして一気に晩秋になってしまうのか・・・意味がわからん。
そういえば、ここ数年、毎年同じことを愚痴っている気がするのは気のせいか?
f0126932_22461474.jpg


九十九谷展望台から望む、房総の山並み。
まだ青々としていますが、季節は確実に秋へと向かっています。
f0126932_22513135.jpg


鬼泪山から望む、東京湾方面の展望。
f0126932_2258074.jpg


この季節としては視程が良かったものの、残念ながら富士山は見えませんでした。
f0126932_22584156.jpg


鹿野山&鬼泪山を下り、もみじロードへと走り繋ぎます。
天候不順で遅れていた稲刈りも、ようやく本格化していました。
f0126932_22581298.jpg


春以来、実に久しぶりのもみじです。
この日は結構な台数のバイクに会い、房総ではめずらしく何台かの対向車に手を振られました。
そんなことをされると、また持病の北海道へ行きたい病が・・・(笑)
f0126932_2325358.jpg


最後に安房グリーンラインを南端まで走って、元来た道を帰ってきました。
走行距離は約300km。これで、納車から700kmほど走りました。
1600kmの慣らしもようやく半分近くに差し掛かり、そろそろ1回目のエンジンオイル交換を行いたいところです。
f0126932_236261.jpg

# by naka1md30 | 2017-09-05 23:12 | 旅とツーリング | Comments(0)