<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

二代目ハイエース納車

初代ハイエースに続き、二代目ハイエースをディーラーから受け取ってきました。
興味の無い一般人から見た外見はほとんど変わっていませんが、念願のディーゼル4WDです。
帰宅して家の車庫に入れたら、何と先代よりも車高が高いことが判明(カタログ数値は変わらないはずだが・・・)。
車庫の一番奥まで入れると屋根に接触してしまうので、若干手前で止めなくてはなりません。
あと、ボケーっとしてうっかりレギュラーを給油しないように注意しないと!
f0126932_23453088.jpg


慣らしがてらに東関道経由で成田山までドライブ。
ちょうどお昼頃に自動車祈祷殿へ行きましたが、周りの車も9割方新車ばかり。
ここまで新車が揃うのは、車屋以外ではある意味珍しい光景です。
f0126932_23453968.jpg

by naka1md30 | 2017-05-22 00:02 | 車の話 | Comments(2)

ハイエースで行く最後の南会津ドライブ

仕事に追われてどこへも行けずにいるうちに、11年間乗ったハイエースとの別れがやってきてしまいました。
最後の1日ぐらいは久々に遠出をしてみようと思い、これまで幾度となく訪れている南会津を目指すことにしました。

すっかり緑が濃くなった那須塩原を抜け国道400号&121号経由で南会津へ。
今日はハイエースとの最後の旅になるので、荷室はもちろん空荷です。
f0126932_20423232.jpg


今年は季節の進みが遅いようで、福島県と栃木県境にある山王トンネルの手前で、何と満開のシダレザクラを見ることができました。
ハイエースと見る桜もこれが見納めか・・・
f0126932_20424063.jpg


福島県側に入ってすぐにある道の駅たじまでひと休み。
コーヒーを飲みながら満開の八重桜を眺めつつ、しばしポケモンGO(笑)
f0126932_20425258.jpg


木々の芽吹きが始まった伊南川沿いを辿って、一路、檜枝岐を目指します。
今年は雪解けが遅れており、檜枝岐に入るかなり手前から道端に雪が残っていました。
f0126932_2314573.jpg


雪が解けたばかりの場所には、ふきのとうや土筆が出ていました。
もちろん、ふきのとうはいただき!
f0126932_2043440.jpg


南会津の名峰、会津駒ヶ岳にもべったりと雪が残っています。
f0126932_20432998.jpg


この時期にこんなに大量の雪が残っているのは、久々に見た気がします。
それはさておき、邪魔な電柱&電線!
f0126932_20434384.jpg


まだお昼には時間が早いので檜枝岐の中心地を素通りして、この時期に行ける最高地点である御池まで行って見ることにしました。
七入から望む燧ヶ岳も、まだ真っ白。
f0126932_20435786.jpg


つづら折れの国道352号を登っていくと、どんどん残雪が増えていきます。
f0126932_20441734.jpg


標高1000mを超える橅(ぶな)平まで登ると、周辺はすっかり雪景色に。
辺りのブナやダケカンバの芽吹きはまだまだ先になりそうです。
f0126932_2045889.jpg


この時期に入ることができる最奥の御池。尾瀬や燧ヶ岳への登山口です。
ここから先の国道352号はまだ冬季閉鎖中で、この日も除雪作業が進められていました。
f0126932_20455054.jpg


復路の旧舘岩村にて。
一面の菜の花畑を見かけたので、最後にハイエースを入れて一枚。
ちょうど畑の持ち主のおじさんがいたのでお話したら、赤カブの花だそうです。
f0126932_2046526.jpg


というわけで、ハイエースとの最後のドライブもおしまい。
2006年からの11年間で走った距離は約21万km。これまでに乗った他の2台と比べてもダントツの走行距離となりました。
長い間大きな故障も無く走ってくれて、今は感謝の気持ちでいっぱいです。
by naka1md30 | 2017-05-21 20:47 | 旅とツーリング | Comments(0)

さよならハイエース

f0126932_23414939.jpg

明日、手放す予定のハイエースで最後のドライブに行ってきました。
行き先は、幾度となく訪れた福島県檜枝岐。
これからやってくる新車への期待よりも、悲しい気持ちになるのは何故なのだろう。
by naka1md30 | 2017-05-20 23:41 | 携帯から | Comments(0)

初夏の海辺にて

f0126932_20462198.jpg

久々に海辺を散歩。
浜辺もすっかり夏の装いになりました。
by naka1md30 | 2017-05-19 08:36 | 携帯から | Comments(0)

今日のヤマアジサイ (5月16日)

例年よりも1週間ほど開花が遅れているヤマアジサイ。
ようやく開花が始まりました。

例年、他のアジサイに先駆けて4月の末には開花が始まる奥多摩コアジサイ。
今年はGW中に咲き始め、まだ満開の状態です。
f0126932_21163090.jpg


こちらもスロースタートのコアジサイ。
今週に入ってようやく咲き始めました。
f0126932_21183818.jpg


愛媛県産のコガクウツギ、桃色コガクです。
標準的なコガクウツギは白色ですが、この桃色コガクは咲き始めから装飾花のガク片にうっすらと赤色がさします。
f0126932_21201720.jpg


高知県産のおぼろ月。
ヤマアジサイとコガクウツギの自然交雑種です。
f0126932_21193052.jpg


ヤマアジサイの山陰の光。
ヤマアジサイの中では、最も早く装飾花に色がつき始めています。
f0126932_21222220.jpg


テマリ咲き品種の石鎚てまり。
今シーズンは株の勢いが弱いので、全体的に花房が小さめです。
f0126932_21232951.jpg


同じくテマリ咲きの丸山ぼたん。
ようやく、装飾花が色づいてきました。
f0126932_21243367.jpg



そして、とうとう今シーズン初めて開花株をポチってしまったの図。
株に着いているポップには、マルルーという名前が表示されています。
明らかにヤマアジサイの交配品種と思われますが、あまり野生種では見かけない八重のテマリ咲きという花型に惹かれて、思わず購入してしまった次第です(笑)
f0126932_21254598.jpg


面白い花型ですが、花色は微妙に中途半端。
元々、虹系の花色なのか、それとも酸性土壌で栽培すれば綺麗な青色になるのかは、今後試してみないとわかりません。
f0126932_21294438.jpg


葉や株姿を見た感じでは、伊予の光や石鎚の光等、伊予系の八重咲き品種が交配されている感じを受けます。
f0126932_21313833.jpg

by naka1md30 | 2017-05-16 21:35 | 庭いじりの話 | Comments(2)

初夏の花々

季節は初夏へと移り変わり、日々、様々な花が咲き始めています。
そんなわけで、GWから今週にかけて庭先で咲いた花々を紹介します。

GWの初めに真っ先に咲き始めたのが、雲仙コメツツジ。
矮性ツツジで、葉を覆い隠すように咲く花が見事です。
【追記:名称に混乱があり、正式にはウンゼンツツジと呼ぶそうです。長崎県の雲仙には自生地が無く、紀伊半島や四国南部に自生する品種です。また、本来のコメツツジは全く別の品種になります。】
f0126932_20271460.jpg


一方、雲仙コメツツジから遅れること2週間、この週末に咲き始めたのが九州産のミヤマキリシマです。
今年は少し花が少なめでした。
f0126932_20273573.jpg


今は無きオフロード印西デコボコランド産のキンラン。
2年前の最後の運営時にオーナーのおじさんの了解を得ていただいてきた株です。
キンランはナラ菌と共生していると聞いたので、同じデコボコ産のクヌギの苗と混植してあります。
f0126932_2031262.jpg


同じく、デコボコランド産のギンラン。
f0126932_20311161.jpg


黄花のセッコク。
紅梅の木の幹に縛り付けてあります。
f0126932_20343723.jpg


白花のミヤマオダマキ。
高山系のオダマキではありますが、比較的平地でも育てやすい品種です。
f0126932_20354631.jpg


クリンソウの赤花種。
f0126932_20364082.jpg


クリンソウの紅花種。
f0126932_20372168.jpg


今年、初めて育ててみたアネモネパルマータ。
野趣溢れる品種ですが、無事に夏を越えられるのかが心配です。
f0126932_20375478.jpg


そして、全てのアジサイに先駆けて咲き始めたのが奥多摩コアジサイ。
今年は、少々花房が小さめ。
f0126932_20391194.jpg


おまけ。
15年以上ぶりに育てる雪割草。
これからの夏越しが正念場です。
f0126932_20405333.jpg

by naka1md30 | 2017-05-14 20:42 | 庭いじりの話 | Comments(4)

R1で行く箱根・伊豆ラストツーリング  (YZF-R1)

10日ほど前のことですが、YZF-R1でGW後半2日目に箱根・伊豆方面を走ってきました。
いつもの走り慣れたルートに乗り慣れたR1で走りに行く。ただ、一つだけいつもと違っていたのは、これがR1で行く最後のツーリングだということでした。

朝4時起きして、渋滞の始まった東名道を西へ。
まずは、すっかり緑の濃くなった山麓から大観山へターンパイクを駆け上がります。
f0126932_21484781.jpg


久々に訪れた大観山も、すっかり初夏の装いとなっています。
箱根の山々の新緑と雪をかぶった富士山との対比が美しくて、しばし見とれてしまいました。
f0126932_21515361.jpg


終盤を迎えたマメザクラと芦ノ湖越しの富士山。
f0126932_2152656.jpg


まだ雪が多い富士山ですが、これから梅雨入りまでのひと月の間に一気に雪解けが進むはずです。
次回、箱根に来られるのはいつになるか・・・
f0126932_21521643.jpg


富士山の裾野越しに望む南アルプス南部の山並み。
左から、聖岳、赤石岳、荒川岳&悪沢岳になります。
f0126932_21522617.jpg


大観山からは、熱海峠経由で伊豆スカイラインへ。
f0126932_21523774.jpg


先代のR6の時代から幾度となく走った伊豆スカイライン。
R1で走った回数は思い出せないぐらいです。
我ながら、よくもまあ飽きずに来たものだと思う(笑)
f0126932_21525078.jpg


滝知山から望む相模湾と三浦半島&房総半島。
画面中央やや右奥には房総半島南西端の洲崎も見えていました。
f0126932_215331.jpg


西丹那から望む富士山&愛鷹山。
f0126932_21531357.jpg


そして、いつものスカイポート亀石でひと休み。
f0126932_2154461.jpg


亀石峠の料金所でUターンすると、本当にこれが最後の伊豆スカ。
f0126932_21541459.jpg


再び戻って来た大観山ではオオシマザクラが満開でした。
最後にR1で桜を見られて本当に良かった。
f0126932_21542891.jpg


ツーリングの終わりに、スカイラウンジでコーヒーを飲みながらこれまでの4年間をふり返りました。
2013年3月の納車からR1で走った距離は、約23,500km。
最後まで心残りなのは、こいつで北海道へ行けなかったことかな。
f0126932_21544318.jpg

by naka1md30 | 2017-05-13 21:17 | 旅とツーリング | Comments(0)

あと1週間・・・

f0126932_14333194.jpg

このハイエースで走れるのも、あと1週間。
雨の中を走っていると、この11年間にあった様々なことが思い出されてきます。
by naka1md30 | 2017-05-13 14:33 | 携帯から | Comments(0)

さよならYZF-R1

2013年春から4年2ヶ月乗ったYZF-R1を手放すことにしました。
毎度のこととはいえ、やはり車両を手放すのは寂しいものがあります。
本来であれば、昨日の箱根・伊豆ツーリングが最後のつもりでしたが、どうしてももう1回だけ乗っておきたくなり、今日の夕方にいつもの散歩ルートをひとっ走りしてきた次第です。
f0126932_21263585.jpg


結局、性能の半分も使えていなかったのかもしれないけれど、走り出すと見た目以上に軽く、山道を走り回るのが本当に楽しかった。
ちなみに、次期車両の候補はいくつかありますが、今のところは未定です。
再来週にはハイエースの納車も控えていて、しばらくトランポ加工が必要なことを考えると、梅雨入りまではバイクに乗れなくなりそうです・・・
f0126932_21282550.jpg

by naka1md30 | 2017-05-05 21:34 | YZF-R1・YZF-R6 | Comments(2)

R1ラストツーリング

f0126932_15235992.jpg

GW明けにお別れすることになっているR1で箱根までやってきました。
何時かは来る時とはいえ、複雑な気持ちです。
by naka1md30 | 2017-05-04 07:10 | 携帯から | Comments(0)