<   2016年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

初冬の南いわき林道ツーリング (WR250F)

すっかり冬になってしまった今日この頃ですが、まだ暖かかった先日、南いわきの林道へ行ってきました。

まずは、四時ダムから横川目兼林道へ。
この辺りは標高が低いので、まだ紅葉が始まったばかりでした。
路面は至ってフラットで走りやすかったです。
f0126932_20354782.jpg


悲しいお知らせ。
弥太郎林道が舗装されてしまいました。
整備が入った昨年から、もしやとは思っていましたが、横川目兼林道から四時川林道まで全てダートで走り繋ぐことができただけに非常に残念です。
f0126932_20355977.jpg


藤ノ木林道は、一部路面が荒れているところがあったものの、いつもどおり。
f0126932_2036950.jpg


いつものように、そのまま四時川林道へと走り繋ぎます。
全線、崩落等も無く普通に通り抜けができました。
f0126932_20362740.jpg


ちょうど紅葉が見頃を迎えていましたが、こちらも例年と比べて色づきがいまいちな気がします。
f0126932_20364391.jpg
f0126932_2037212.jpg


唐露林道を越えて、鮫川村から古殿町へ。
f0126932_20372414.jpg


いつも走る林道のゲートが封鎖されてしまっていたので、予定のルートを一部ショートカットし、名無しのダートからヲテマ林道を目指します。
f0126932_2038636.jpg


オテマ林道は、所々砂利が深いところがありましたが、ほぼ全線フラットダートでした。
f0126932_203820100.jpg


東日本大震災で壊滅してしまった入定林道が元の渓谷に還ってしまっているので、遠野トンネルを抜けて再びいわき市側へと入ります。
昔のことは振り返っても仕方がありませんが、紅葉が綺麗なルートだっただけに、いまだに残念でなりません。
気を取り直して、官沢林道をひと走り。
f0126932_2038335.jpg


所々、紅葉が綺麗な場所がありましたが、見頃にはまだ少し早い感じでした。
f0126932_20385387.jpg


官沢林道から、硯石林道へ。
初冬のこの時期は、すぐに日が西へと回ってしまいます。
f0126932_2039368.jpg


特に荒れている場所も無く、サクサク進むことができました。
f0126932_20391413.jpg


最後に折松林道を走って、麓へと下りました。
遠野からは、田人を経由して再び四時川流域へと戻ります。
f0126932_20392885.jpg


お昼を食べようと思っていた、おやじがんこそばが混んでいるようだったので、そのまま裏手の仏具山へ。
横川仏具林道は、雨溝や石ころで相変わらず荒れています。
f0126932_20395345.jpg


再び横川目兼林道を走って、四時ダムへと戻りました。
f0126932_2040370.jpg


お昼を食べ損ねてしまったので、久々に小名浜まで足を延ばしてみることにしました。
お目当ては小名浜港にある、ら・ら・ミュウです。
勿来から海沿いへと出ると、まだ東日本大震災の津波による爪痕が至るところに残っていました。
f0126932_20411189.jpg


1時間ほどかけて小名浜まで行ってはみたものの、何と、ら・ら・ミュウに入れず(泣)
折しもこの日は、ポケモンGOの東北ラプラス祭り開催中であったため、駐車場がどこも満車でとても入れる状態ではありませんでした。
仕方がないので、30分ほど小名浜港界隈を散策してみましたが、結局、ラプラスも見つからずじまい。
色々と残念なツーリングになってしまいましたが、無事に帰れたので御の字としましょう。
f0126932_2041302.jpg

by naka1md30 | 2016-11-26 20:55 | 旅とツーリング | Comments(2)

雪の林道

f0126932_19552915.jpg

房総の林道豊岡線にて。
千葉は、いつから北国になったのでしょうか・・・
by naka1md30 | 2016-11-26 09:52 | 携帯から | Comments(0)

雪によるヤマアジサイへの被害

昨日は、平地の我が家でも3cmほどの雪が積もり、昼前には一面の銀世界へと変わりました。
そして、季節外れの雪が去った後は屋根からの落雪が発生し、夕方に帰宅した時にはすでに一部のヤマアジサイが壊滅していました。
このやり場の無い怒りをいったいどこへぶつければ良いのか・・・

一夜明けた今朝は、気温が氷点下にまで冷え込み、紅葉半ばのヤマアジサイがバキバキに凍りました。
まだ、冬芽の準備が怪しい株もあったので、来春の開花に悪影響が生じなければ良いのですが。
f0126932_22485470.jpg


長門紫の葉に咲いた霜の花。
あと数日もすれば、紅葉の見頃を迎えたのでしょうが、葉は真っ黒に枯れて散り落ちてしまうでしょう。
f0126932_22525289.jpg


同じく、霜に覆われた新宮てまりの枝。
こちらも、数日で冬枯れへと変わります。
f0126932_22523116.jpg

by naka1md30 | 2016-11-25 22:59 | 庭いじりの話 | Comments(0)

まさかの積雪

f0126932_20451993.jpg

千葉で初めて見る、11月の雪。
まさか積もるとは・・・
by naka1md30 | 2016-11-24 12:15 | 携帯から | Comments(3)

アジサイの紅葉 その2

今日は、雪が来る前に今シーズン最後の箱根ツーリングへ行こうかと思っていましたが、朝起きてみると雨が降っていたので、残念ながらツーリングは断念しました。
天気予報では、明日の朝から関東でも雪が降るようなので、今年のツーリングシーズンは終了です(泣)

それはさておき、ようやく綺麗に色づいてきた我が家のアジサイ。
明日は、平野部の我が家でも雪になりそうなので、紅葉が見納めとなってしまうかもしれません。
昨日早朝の地震に続き、この時期まさかの降雪と悩みは尽きません。
f0126932_2021510.jpg


薩摩濃紅(鹿児島県産)。
今年は綺麗に色づきましたが、昨年どうだったか全く思い出せません。
f0126932_2022727.jpg


美里桜(愛媛県産)はオレンジ色に色づきました。
f0126932_2023641.jpg


玉藻夾華(左)とアカヤシオ(右)の共演。
f0126932_2024535.jpg


毎年、綺麗に紅葉する坊ヶ鶴の華(大分県産)は、花芽がついた枝が少なめ。
f0126932_2025386.jpg


紫変化(鳥取県産)は、赤紫色に色づきました。
f0126932_203336.jpg


津野山神楽(高知県産)の紅葉が綺麗なので、再掲しました。
f0126932_2031252.jpg


我が家に来て3年目になる広瀬の華(島根県産)は、来春にようやく花を見ることができそうです。
f0126932_2032312.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である夕やけ(高知県産)。
あと数日で完全に葉が散り落ちてしまいそうです。
f0126932_203329.jpg

by naka1md30 | 2016-11-23 20:19 | 庭いじりの話 | Comments(2)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第三十二弾 (YZF-R1)

11月6日。
天気が良かったので、R1で軽く箱根・伊豆方面を走ってきました。

まずは、麓からターンパイクで大観山へ。
朝は冷え込みが厳しかったものの、日が出ると気温が上がってきて、走るのにちょうど良い気温になりました。
大観山から望む、富士山や南アルプス(中央やや左奥)の山々はうっすらと雪化粧をしています。
f0126932_19174866.jpg


お次は、大観山から熱海峠経由で伊豆スカイラインへ向かいます。
f0126932_19181365.jpg


いつものように、滝知山でひと休み。
ついでに、ポケモンGOも(笑)
f0126932_19182729.jpg


滝知山から望む、富士山と愛鷹山の展望。
伊豆スカイラインへ雪が来るまであとわずか。
今年はあと何回走りに来られるだろうか・・・
f0126932_1918405.jpg


西丹那から望む富士山。
寒々しい、晩秋の景色ではありますが、路面の結露が少なかったのが幸いでした。
f0126932_191956.jpg


同じく西丹那からの展望です。
日差しが弱々しく、季節が着実に冬へと移り変わっていることを思い知らされます。
f0126932_19185297.jpg


伊豆スカイラインを亀石峠でUターンし、元来た道を戻りました。
f0126932_19191813.jpg


最後に大観山でコーヒーを飲んでから、ターンパイクで山を下り、お昼過ぎに帰宅しました。
f0126932_19193814.jpg

by naka1md30 | 2016-11-21 20:21 | 旅とツーリング | Comments(0)

晩秋の福島・栃木県境林道ツーリング 後編 (WR250F)

福島・栃木県境林道ツーリングの続きです。

馬坂峠を越えて、川俣檜枝岐林道を下っていくと、再び紅葉の中へ。
しかしながら、檜枝岐側も木々の色づきがいまひとつでした。
f0126932_21515584.jpg


川俣檜枝岐林道自体は、夏からずっと栃木県側通行止の看板が出ていますが、路面の酷い荒れや崩落等は無く、普通に走ることができます。
この日は思いの外、対向車も少なめでした。
f0126932_2152781.jpg


舟岐川のすぐ脇を走るようになると、ダート区間の終わりが近いです。
f0126932_21521627.jpg


檜枝岐の集落へと下る少し手前にある展望スポットから望む会津駒ケ岳。
駒ケ岳の稜線が白一色に変わる日まで、あとわずか。
f0126932_21522887.jpg


檜枝岐まで下ってくると、雲が切れて青空がのぞいてきました。
とはいえ、気温は低め。
f0126932_2152535.jpg


開山で待ちに待った新蕎麦にありつきました。
でも、今年最後の裁ち蕎麦かな~
f0126932_2152422.jpg


新蕎麦で腹ごしらえをしたところで、再び元来た川俣檜枝岐林道を戻ります。
往路は曇っていたので、青空の下、違った色合いの紅葉を楽しむことができました。
f0126932_2153911.jpg


秋の日は本当に短い。
まだお昼を過ぎたばかりだというのに、どんどん日が傾いて影が長くなっていきます。
f0126932_21531955.jpg


すっかり冬枯れになってしまった帝釈山に別れを告げ、急いで川俣檜枝岐林道を下ります。
f0126932_21533149.jpg


林道は早くも影に入ってしまいましたが、その分、対岸の山肌の紅葉が綺麗に見えました。
f0126932_21533998.jpg


日が傾くと、一気に気温が下がってくるので、先を急がねば・・・
f0126932_215348100.jpg


いつも立ち寄る砂防ダムに、ちょっとだけ寄り道。
ここの紅葉は、鮮やかな黄色や赤色が混じっていて非常に見応えがあるのですが、こちらも今年の色合いはいまいちでした。
f0126932_21535865.jpg


走っているうちにもどんどん日が傾いてくるので、休憩は取らずに、そのまま田代山林道へ。
f0126932_2154865.jpg


田代山峠から望む栃木県側の展望。
ちなみに、一番奥に見えているのは、高原山です。
f0126932_21541627.jpg


走ってきた栃木県側のルートを振り返ってみる。
f0126932_21542661.jpg


トランポまであと少し。
寄り道せずに安全運転で帰るべ~
f0126932_21543433.jpg


山の端に日が消えていく・・・
f0126932_21544219.jpg


結局、田代山林道と川俣檜枝岐林道を往復しただけで約130km走り、今回のツーリングは終了となりました。
この後、大急ぎで後片付けをして、最後に木賊温泉で汗を流してから帰宅しました。
f0126932_21545188.jpg

by naka1md30 | 2016-11-20 18:08 | 旅とツーリング | Comments(0)

アジサイの紅葉

平野部の我が家でも朝晩の冷え込みが厳しくなり、アジサイの紅葉が一段と進んできました。
ただ、秋口の天候不順のせいなのか、いまいち鮮やかさに欠けた紅葉になってしまっています。
f0126932_13472584.jpg


昨年の晩秋に苗でやってきた豊の群青。
綺麗な赤色に紅葉しました。
f0126932_1347349.jpg


こちらも今年の春にやってきた紅化粧。
濃い黄色に色づいています。
f0126932_13474319.jpg


妖艶は、紫色に紅葉しています。
f0126932_13475145.jpg


斑入品種の豊後錦。
この時期の豊後錦は斑が完全に消えてしまっているので、ごく普通のヤマアジサイに見えます。
f0126932_1348250.jpg


我が家では初めての秋を迎える津野山神楽。
黄色と赤色のグラデーションが綺麗です。
f0126932_13481192.jpg


九重の線香花火も、黄色と赤色と紫色が混じった不思議な色合いになりました。
f0126932_13482257.jpg


園芸品種のアルテミス。
ヤマアジサイの清澄沢系の品種ですが、清澄沢自体は黄色く色づくので、おそらくもう片方の親の影響で赤っぽい紅葉しているのかもしれません。
f0126932_13483334.jpg



おまけ。
今春に庭に植えつけたポポー(品種はマンゴー)。
綺麗な黄葉をすると聞いていましたが、ここ数日、庭の真ん中で非常に目立っています。
f0126932_13484195.jpg

by naka1md30 | 2016-11-19 13:59 | 庭いじりの話 | Comments(4)

晩秋の福島・栃木県境林道ツーリング 前編 (WR250F)

10月最後の日曜日に、福島県と栃木県との境にある田代山林道&川俣檜枝岐林道へ走りに行ってきました。
そろそろ、いつ雪が来てもおかしくない季節なので、南会津の林道はこれが今年の走り納めかな~

トランポからWRを降ろして、福島県側から林道ツーリングスタート!
この日は霜が降りるぐらいの気温だったので、寒いのなんの。
f0126932_19492662.jpg


ウォーミングアップがてらに、田代山林道をひと走り。
行く手に見える稜線の木々が白く見える気がするが・・・たぶん気のせい。
f0126932_19493676.jpg


田代山峠手前から、田代山を振り返ってみる。
f0126932_19494410.jpg


田代山峠の福島県側の景色。
峠の紅葉は完全に終っており、すでに冬枯れになってしまっていました。
f0126932_19495881.jpg


峠の栃木県側も冬枯れ状態。
ひとまず、路面に雪が無くてひと安心。
f0126932_19495188.jpg


田代山峠を後にし、先を急ぎます。
路面の荒れはそれほどでもなく、非常に走りやすかったです。
f0126932_1950639.jpg


標高が下がっていくにつれて、まだ紅葉が残ってはいましたが、今年の色合いはいまいち・・・
やはり、台風の襲来や秋口の天候不順が相当の悪影響を及ぼしているようです。
f0126932_19501643.jpg


田代山林道から、これから向かう川俣檜枝岐林道方面を見下ろします。
ちなみに、沢沿いに見えている法面部分が川俣檜枝岐林道です。
f0126932_19502895.jpg


いまいちな発色とはいえ、目で見た紅葉は写真よりも数段綺麗でした。
f0126932_19503743.jpg


田代山林道の栃木県側入口にてひと休み。
実は、前沢稲ヶ沢林道の通行が可能であるとの事前情報を得てはいましたが、日の短いこの時期に寄り道していると日が暮れてしまうので、ひとまず川俣檜枝岐林道へ直行することにしました。
f0126932_19504437.jpg


川俣檜枝岐林道の入口に到着。
f0126932_19505222.jpg


紅葉が綺麗な河原へと下りてみました。
やはり、こちらも例年と比べて木々の色づきがいまひとつな感じがします
f0126932_1951070.jpg


川俣檜枝岐林道は、田代山林道と比べると路面の荒れが目立つものの、走行が困難なほどの場所はありませんでした。
f0126932_1951828.jpg


馬坂峠に向けて標高を上げていくと、再びあたりが冬枯れの景色へと変わっていきます。
帝釈山の木々には霧氷がついています。
f0126932_19511872.jpg


馬坂峠の路面にも雪はありませんでしたが、あたりの木々は砂糖を振りかけたように白く雪化粧をしていました。
気温はおそらく氷点下。さむい・・・
f0126932_19512661.jpg


雪や霧氷を見て心から寒くなってきたので、早く檜枝岐へと下って昼飯を食うことにすんべ~
f0126932_19513418.jpg


※後編につづく
by naka1md30 | 2016-11-17 20:08 | 旅とツーリング | Comments(4)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第三十一弾 (YZF-R1)

10月23日。
天気が良かったので、R1でいつものルートを軽く走ってきました。

まずは、早朝のターンパイクを駆け上がって、箱根大観山へ。
この日は比較的気温が高かったので、路面の水霜もそれほど酷くなく、走りやすかったです。
f0126932_2142270.jpg


大観山から富士山を見るのは、半年ぶり。
今年は夏にほとんど箱根へ走りに行けなかった上、春から秋にかけての天気もいまいちだったので、大観山から見る富士山は、本当に久しぶりです。
f0126932_21421386.jpg


富士山が見えて喜んでいたのも束の間。
湯河原峠から伊豆方面へと走っていくと稜線には雲がかかっていて、すっぽりと雲の中に・・・
熱海峠の伊豆スカイライン入口も深い霧の中でした。
f0126932_21423348.jpg


滝知山も霧の中。
これだけ霧が深いと、あまり走りを楽しめません。
仕方がないので、いつものようにポケモンGOでジム潰し(笑)
f0126932_21424631.jpg


お!玄岳まで来ると、次第に雲が切れ、再び日が差し始めました。
f0126932_21425744.jpg


そうこうしているうちに、どんどん雲が消えていきます。
f0126932_21431145.jpg


玄岳から南側の伊豆スカイラインは、久々の青空の下、気持ち良く走ることができました。
スカイポート亀石で一休みしてから、元来た道を戻ります。
f0126932_21432142.jpg


復路は、滝知山以北の雲も消え、常時、富士山を横目で見ながらの走行でした。
f0126932_21434211.jpg


伊豆スカイラインから見下ろす丹那盆地と三島・沼津方面の展望です。
f0126932_21433421.jpg


天気が良かったので、箱根峠経由で芦ノ湖スカイラインも走りました。
f0126932_21435191.jpg


三国峠から望む富士山。
f0126932_214408.jpg


湖尻峠でUターンして、復路には杓子峠へ立ち寄りました。
f0126932_2144979.jpg


こちらは、杓子峠からの富士山。
f0126932_21442375.jpg


雲がかかり始めた富士山に別れを告げ、芦ノ湖スカイラインを後にします。
f0126932_21443546.jpg


最後に、大観山のスカイラウンジでコーヒーを飲んでから帰途に着きました。
f0126932_21444213.jpg

by naka1md30 | 2016-11-15 20:33 | 旅とツーリング | Comments(0)