<   2016年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ハイエースで行く新緑の南会津の旅

例年、GWの檜枝岐では、長い積雪から解放されて、ようやく木々の芽吹きが始まります。
しかし、今年は季節の進みが非常に早く、すでに木々の緑が濃くなり始めていました。
f0126932_21164069.jpg


檜枝岐へと向かう途中、南会津町(旧伊南村)の伊南川にある屏風岩にて。
国道から岩壁に咲くミツバツツジの花が見えたので立ち寄ってみました。
f0126932_2119763.jpg


例年だと、まだ深い雪に覆われている標高1500mの御池もご覧のとおり。
ほとんど雪が消え、季節的には6月頃の雰囲気でした。
f0126932_21241047.jpg


御池から一段下ったところにあるブナ平は完全に雪が消えていました。
間もなくブナの芽吹きが始まります。
f0126932_21252490.jpg


言葉ではその色合いを表現することが難しい、ブナ林の芽吹き。
咲いている白い花はタムシバで、非常に良い香りがします。
f0126932_21325632.jpg


檜枝岐にある、ミニ尾瀬公園に立ち寄って、山野草を見てきました。
尾瀬の風景を再現した、ミズバショウとリュウキンカの群生地ですが、ミズバショウの花は早くも終りかけていました。
f0126932_21381289.jpg


水辺で満開を迎えていたリュウキンカ。
f0126932_2143872.jpg


久々にシラネアオイの花を見ました。
昔、山に登っていた時に何度か自然の群落を見たことがありますが、さすがにここまで大量の群落は見たことがありません(笑)
f0126932_21402110.jpg


白花のシラネアオイも満開になっていました。
f0126932_21421549.jpg


こちらも満開を迎えていた、オサバグサ。
檜枝岐から川俣檜枝岐林道を登った所にある帝釈山に登ると、これよりも見事な群落を見ることができます。
f0126932_214484.jpg


関東の平野部では、ひと月以上前に花が終わってしまったカタクリもちょうど満開になっていました。
f0126932_21454161.jpg


ちょうど開花が始まったサンカヨウです。
昔、南アルプスで種を採ってきて、何年か栽培したことがあります。
f0126932_2147631.jpg


高山植物のチングルマ。
標高が3000m近い中部山岳の自生地では、7月に満開を迎えます。
f0126932_21482352.jpg


お昼はもちろん、開山の裁ちそば!
山菜の天ぷらと合わせて美味しくいただきました。
f0126932_21495385.jpg


最後は木賊温泉の岩風呂で締め、と言いたかったところですが、イモ洗い状態の大混雑でガッカリ。
今年は山の雪解けが早いようなので、近いうちに改めてリベンジに行くことにしましょう。
f0126932_2151949.jpg

by naka1md30 | 2016-05-10 21:55 | 旅とツーリング | Comments(2)

今日のヤマアジサイ (5月7日・8日)

日々、ヤマアジサイの装飾花が育っています。
徐々に色づき始めた品種も出てきて、今週の後半には開花が本格化しそうな感じです。

他の品種に先駆けて、先週から色づき始めていた土佐の蛍は、両性花も咲き始めています。
f0126932_20155365.jpg


例年だと、ヤマアジサイに先駆けて咲き始めるコアジサイですが、今年はヤマアジサイと同時期の開花となりました。
f0126932_2017187.jpg


装飾花が密にくっついて咲く、丸山ぼたん。
高知県産の品種です。
f0126932_2018565.jpg


徳島県産の白花テマリ咲き品種、祖谷てまり。
f0126932_2021875.jpg


土佐の清流も、装飾花に色が着き始めました。
f0126932_20215774.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である夕やけ。
交雑種ではめずらしい、赤色の花が咲きます。
f0126932_20224351.jpg


同じく、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、ほほえみ。
柔らかな桃色の花が咲きます。
f0126932_20235073.jpg


ヤクシマコンテリギも装飾花が大きく育ってきています。
f0126932_2025946.jpg


~おまけ~
ヤマアジサイ以外の花も紹介!

カキツバタの天の釣舟。
鮮やかな紫色が美しいです。
f0126932_20263031.jpg


梅の木で半野良化しているセッコク(品種名不明)。
かれこれ、20年近く放置状態ですが、毎年花を咲かせてくれます。
f0126932_20274363.jpg


カマシアのライトヒラニーアルバ。
カマシアは、秋植え球根では一番最後に花を咲かせます。
ちなみに、普通の紫花(クシッキー)は今年も花が咲きませんでした・・・
f0126932_2029304.jpg

by naka1md30 | 2016-05-08 20:31 | 庭いじりの話 | Comments(3)

新緑の南いわき林道ツーリング (WR250F)

GWのツーリング第二弾!
暦どおりの休日で、三分割状態の今年のGW。
真ん中の連休初日は、福島県いわき方面の林道をガッツリと走ってきました。

まずは、いつものように横川目兼林道を軽くひと走り。
横川目兼林道は、概ねフラットで非常に走りやすかったです。
f0126932_21384195.jpg


季節は、いつもの年よりも半月ほど早い感じです。
標高500mよりも低い区間では、すでにヤマザクラが散って緑が濃くなってきていました。
f0126932_21411082.jpg


そのまま、弥太郎林道、藤ノ木林道と走り繋いでいきます。
先行する何台かのバイクの轍は見かけるものの、ここまで一台の対向車にも会わず・・・
f0126932_21431636.jpg


新緑の季節、いわき周辺の林道では至るところで満開の山吹の花を見かけることができます。
林道脇の法面や伐採地などでは、大群落を作っている場所もあって、非常に綺麗です。
f0126932_2145150.jpg


四時川林道も、眩しいばかりの新緑でした。
f0126932_18105395.jpg


四時川林道は、福島県と茨城県境を流れる四時川沿いを遡っていくので、上部では標高700mぐらいになります。
下流側では緑が濃くなっていたのに対し、上流部ではちょうど芽吹きが始まったばかりで、まだヤマザクラの花を見ることができました。
f0126932_18121663.jpg


鮫川村と古殿町との境にある唐露林道にて。
f0126932_18152333.jpg


古殿町の某林道にて。
昨年の伐採作業も一段落したようで、山菜採りの地元の車が何台かいる程度で非常に静かでした。
f0126932_2026332.jpg


こちらは、地図にも載っている林道ですが、名称はわからずじまい。
4kmほどのフラットダートでした。
f0126932_20281564.jpg


こちらも、名称不明の初めて走ったダート。
先ほどの林道は明らかに山林管理用の林道でしたが、この道は生活道路に使われているようでした。
f0126932_20291425.jpg


一旦、麓へと下ってWRへガソリンを給油後、桜を見るために三株山へと上がってみました。
少々、見頃は過ぎていたものの、まだまだ満開のヤマザクラを見ることができました。
f0126932_20303334.jpg


三株山から下る途中で見つけた伐採地にて。
谷向こうに見えている山並みに、これから向かう林道があります。
f0126932_2032146.jpg


以前から気になっていた、鮫川の中を渡る道路を通ってみました。
深さ20cmほどで、思いの外、流れが強かったです。
f0126932_2034063.jpg


再び山へと入ります。
古殿町大久田で見かけたヤマザクラ。
f0126932_20355978.jpg


ぐるっと周回できるヲテマ林道をひと走り。
f0126932_20382293.jpg


遠野トンネルを抜け、再びいわき市内(旧遠野町)へ。
官沢林道で鶴石山へと取り付きます。
f0126932_20391427.jpg


そのまま道なりに硯石林道へと走り繋ぎました。
硯石林道は、多少、路面が荒れているところがありましたが、路面状況は概ね良好でした。
f0126932_2041874.jpg


折松林道にて。
崖上には、満開のミツバツツジ。
f0126932_20422652.jpg


折松林道では、ちょうどヤマツツジも満開を迎えていて、至るところで朱色の花を見ることができました。
f0126932_20432978.jpg


最後に、横川仏具林道~横川目兼林道と走り繋いで今回のツーリングもおしまい。
密かに狙っていた山菜ですが、少々、季節が遅かったようで、目ぼしいものは採ることができませんでした・・・残念。
f0126932_20445121.jpg

by naka1md30 | 2016-05-07 20:47 | 旅とツーリング | Comments(0)

木賊温泉

f0126932_21221819.jpg

連休最終日は南会津の木賊温泉へ。
by naka1md30 | 2016-05-05 14:42 | 携帯から | Comments(0)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第二十七弾 (YZF-R1)

GW前半の土曜日、R1で伊豆・箱根方面へ行ってきました。
天気は良かったものの、この日の朝は平野部でも気温が一桁まで冷え込み、3月頃に逆戻りしたかのような寒さでした。

季節外れの寒さに凍えながら、箱根の麓へ到着。
GWということもあって、東名道の下り線は朝から混雑していましたが、所要時間はいつもとほとんど変わりませんでした。
f0126932_13344098.jpg


ターンパイクを一走りして大観山にて一休み。
この日は朝から駐車場が大混雑していたので、何とか空いたスペースにR1をねじ込んで記念写真を1枚。
到着した時は結構雲が多くて、富士山が見えませんでしたが、ほんの一時だけ雲が晴れたタイミングで写真を撮ることができました。
f0126932_13372353.jpg


そして、いつものように伊豆スカイラインへ。
箱根から熱海峠に来る途中、路面が濡れている区間が多かったので、無理はせずに軽く流す感じで。
f0126932_13405162.jpg


滝知山から望む富士山。
箱根方面は結構混んでいましたが、この時点で伊豆スカイラインはまだ空いていました。
f0126932_13423870.jpg


同じく滝知山から望む沼津市街と駿河湾の展望。
すでに伊豆スカイラインのある山の上まで新緑が駆け上がっています。
f0126932_1344936.jpg


西丹那から望む富士山。
f0126932_13455131.jpg


西丹那から見下ろす丹那盆地(手前)と富士山です。
f0126932_13464716.jpg


標高700m程度の玄岳にも、新緑の季節がやってきました。
f0126932_13474734.jpg


そろそろ伊豆スカイラインも混んできたので退却。
伊豆スカイラインを亀石峠でUターンして、箱根方面へと戻ります。
f0126932_13484613.jpg


復路、伊豆スカイラインから望む富士山と愛鷹山。
f0126932_13494668.jpg


背後に小さくなっていく玄岳に別れを告げ、伊豆スカイラインを後にしました。
f0126932_13504073.jpg


最後は大観山でゆっくりとコーヒーを飲んでおしまい。
今回のツーリングは、かなりおとなし目に走りましたが、次回の林道ツーリングはガッツリ行きます(笑)
f0126932_13514368.jpg

by naka1md30 | 2016-05-04 13:55 | 旅とツーリング | Comments(0)

新緑の南いわきへ

f0126932_21153470.jpg

すっかり緑が濃くなった、いわきの山々。
それでも、山の上へ登るとまだまだ満開の桜を見ることができます。
by naka1md30 | 2016-05-03 11:00 | 携帯から | Comments(0)

今日のヤマアジサイ (5月1日)

奥多摩コアジサイが本格的に咲いてきました。
今年の花は数が少なく、小ぶりです。
f0126932_23433476.jpg


装飾花に色がついてきた土佐の日輪。
この土佐の日輪は、土を酸性にして咲かせても、咲き始めは桃色で咲き始め、咲き進むにつれて藤色へと花色が変化します。
f0126932_2344444.jpg


うっすらと花色が着き始めた花てまり。
ここから先は、一気に咲き進みます。
f0126932_23465324.jpg


美鈴てまりにも、装飾花が見え始めてきました。
f0126932_23481627.jpg


今年、初めて花を見る、鹿のてまり。
f0126932_2349738.jpg


同じく今年が初花の鹿の撫子。
f0126932_2350020.jpg


ガク片の先に、うっすらと色が着き始めた丸山ぼたん。
意外と早咲きです。
f0126932_23511744.jpg


今年初めて花が着いた津江の五月雨。
コガクウツギとヤマアジサイの交雑種ですが、今年はどうやら装飾花無しで咲くようです。
f0126932_2352574.jpg


我が家では最古株の部類に入る新宮てまり。
比較的花着きが良い品種です。
f0126932_23545456.jpg


高知県産の四万十旅情。
小輪に咲かせた方が風情のある品種なのですが、なぜか毎年大輪になってしまいます・・・
f0126932_23562811.jpg



~おまけ~
ニッコウムサシノキスゲが満開になりました。
平地では5月初旬に開花しますが、自生地の高原では7月初旬から中旬に開花します。

【5月2日修正】
我が家のこの株は、2年ほど前に園芸店でニッコウキスゲとして購入してきたものですが、ニッコウキスゲとは異なった特徴を示しています。
何よりも、通常ニッコウキスゲであれば一日で花が閉じてしまうはずなのにもかかわらず、この株は翌朝まで花が開いていることから、ムサシノキスゲの可能性が高いです。
また、調べてみるとニッコウキスゲを平地で栽培しても、GWに咲くことはないようです。
f0126932_23582339.jpg

by naka1md30 | 2016-05-02 00:00 | 庭いじりの話 | Comments(4)