<   2016年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日のヤマアジサイ (5月28日・29日)

ヤマアジサイの花が最盛期を迎えています。
日々、花の様子が目まぐるしく変化していくので、撮影&写真の整理が全く追いつきません。
どうにもこうにも収拾がつかないので、整理することは諦めました・・・
f0126932_210148.jpg


あげは蝶。
ナデシコ弁が綺麗な蝶咲き品種です。
f0126932_210211.jpg


愛媛県産の伊予てまり。
土の酸性度次第で、薄青色にも薄桃色にも咲きます。
f0126932_21139.jpg


同じく、愛媛県産の井内絣。
今年は何とも中途半端な色合いに咲いてしまいました・・・
f0126932_212834.jpg


高知県産の銀河の輝き。
花着きが良い品種で、毎年花を咲かせてくれます。
f0126932_213657.jpg


今年初開花の黒揚羽。
高知県産の品種と聞いていますが、色々と謎の多い品種です。
実は、日向の黒揚羽という品種もあるそうで、この黒揚羽と同じなのか、それとも別品種なのかが不明です。
いずれ確かめてみたいとは思いますが、まずは日向の黒揚羽の苗を手に入れないことには始まりません。
f0126932_214591.jpg


楽しみにしていた、鹿のてまりが満開になりました!
淡青色の小さな装飾花が非常に美しいです。
この品種の生まれ故郷は、高知県と徳島県の県境にある野鹿池山です。
f0126932_2171876.jpg


同じく野鹿池山産の品種である、鹿の撫子。
色は鹿のてまりと同様の淡青色ですが、こちらはガク咲き。装飾花には大きな鋸歯が出ます。
f0126932_21104183.jpg


我が千葉県産の清澄沢。
ヤマアジサイの中では、比較的開花が遅い品種です。
f0126932_21124648.jpg


高知県産の千代の光。
薄青色剣弁の装飾花と淡青色の両性花との対比が美しい品種です。
f0126932_21135571.jpg


今年初開花となる、奏音の夢。
高知県で発見された品種で、名前にある「奏音」は命名者の方のお孫さんの名前です。
f0126932_21155372.jpg


津江の大でまり。
大分県日田市の津江地区産のテマリ咲き品種には、津江てまり、津江の小でまりといった品種もありますが、この津江の大でまりの装飾花が一番大きくなります。
また、この絣の入るスカイブルーの花色がとても不思議な色合いで、個人的には大好きな品種です。
f0126932_21215096.jpg


天の川。
下に載せている、土佐天の川とは別品種になります。
装飾花は青色で、中心部分に白い点状の絞りが入るのが特徴です。
f0126932_21245262.jpg


高知県産の土佐天の川。
ガク咲きの品種ですが、装飾花が多いので、年によってはこのように半テマリの状態で咲くこともあります。
f0126932_21262845.jpg


高知県産の冬の瀬。初開花です。
ヤマアジサイの開花時期とは真逆の季節の名前がついています。
非常に小輪の花で、株も葉も小柄な品種です。
f0126932_21273764.jpg


佐賀県産の唐津です。
毎年、個性的な花を咲かせてくれますが、背丈が高くなる品種で、毎年間延びしてしまうのが難点です・・・
f0126932_21294529.jpg


高知県産の波しぶき。
薄青色の剣弁に非常に美しい絞り模様が入ります。
f0126932_2131779.jpg


兵庫県産の鉢伏てまり。
毎年、花を咲かせてくれていますが、ブログに写真を載せるのは数年ぶりになります(笑)
f0126932_2132181.jpg


大分県産の満天星。
土の酸性度次第で花色の変わる品種で、先日、鎌倉で開催されていた自生アジサイ展では、綺麗な赤色に咲いた満天星も展示されていました。
f0126932_21331359.jpg


立馬の小次郎。
愛知県で作出された園芸品種(渥美交配)ですが、ヤマアジサイの特徴が色濃く出ている品種です。
f0126932_21344121.jpg


大分県産の流星光。
装飾花は、幅の広い剣弁の八重になります。
f0126932_2136227.jpg


高知県産の涼香。
同じ八重咲き品種でも、上の流星光とは全く異なり、どことなく柔らかな印象を受ける品種です。
f0126932_21371466.jpg

by naka1md30 | 2016-05-31 21:39 | 庭いじりの話 | Comments(4)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第二十八弾 (YZF-R1)

すっかり初夏を迎えた箱根・伊豆のお山へ、R1で走りに行ってきました。

緑が一段と濃くなったターンパイクを駆け上がって、箱根大観山を目指します。
梅雨入りが近くなるこの時期、晴れていても湿度のせいで景色が白っぽく霞むことが多いのですが、この日は比較的視程が良い状態でした。
f0126932_2052373.jpg


ターンパイク上部にある、展望台から望む相模湾と伊豆諸島。
左奥の大きな島影が伊豆大島、右奥の尖がった島影が利島、その右側の平たい島影が新島になります。
ちなみに、伊豆大島三原山までは約60km、新島までは約100kmの距離があります。
また、この日は見ることができませんでしたが、さらに視程が良い時には、中央右奥の水平線に浮かんでいる雲の下に三宅島の島影を望むことができます。
f0126932_208489.jpg


カシミールで再現した伊豆諸島の展望です。
f0126932_20125790.jpg


同じく、ターンパイクの展望台から望む、南方向、伊豆半島の山並みです。
一番奥に天城山塊、中央やや右にこれから向かう、伊豆スカイラインが走っている玄岳や滝知山も見えています。
f0126932_20145637.jpg


大観山へ到着!
標高1000mの大観山でも石楠花の花が終り、初夏の装いへと様変わりしていました。
f0126932_20171186.jpg


例年よりも雪が消えるのがかなり早い富士山。
まるで、6月下旬頃かと思えるほどの状況です。
f0126932_20184823.jpg


心地良い風が吹き抜ける稜線を越えて、伊豆スカイラインへ。
f0126932_20202611.jpg


伊豆スカイラインから望む、富士山と愛鷹山。
手前の水田地帯は丹那盆地で、左奥には駿河湾と沼津、三島の街並みが見えています。
f0126932_20212436.jpg


伊豆スカイラインからの展望をカシミールで再現してみると、こんな感じ。
f0126932_20225170.jpg


東の方向へと目を移すと、麓の熱海の街の向こうに相模湾、水平線の向こうには三浦半島や房総半島の山並みが見えていました。
f0126932_20234482.jpg


手前の三浦半島と奥の房総半島との間にある浦賀水道や、房総の鹿野山(左端奥)や富山の双耳峰(中央やや右奥)なども肉眼で確認することができました。
f0126932_2025932.jpg


伊豆スカイラインから相模湾方向の展望をカシミールで再現してみました。
ちなみに、水平線奥に見えている房総半島までは、約70km~80kmの距離があります。
f0126932_20272146.jpg


いつものように、伊豆スカイラインを亀石峠でUターン。
時間はまだ8時半ですが、朝駆けツーリングなので早々に撤収開始です。
f0126932_20313420.jpg


復路の玄岳展望台にて。
伊豆から箱根へと繋がる稜線がはっきりと見えています。
ちなみに、山肌のオレンジ色の部分は、満開になったヤマツツジの花です。
f0126932_20322757.jpg


同じく、玄岳展望台から望む、真鶴半島越しの相模湾と水平線に延々と広がる房総の山並みです。
f0126932_20345927.jpg


再び箱根大観山まで戻ってきて、ラウンジでゆっくりとコーヒータイム。
さらに、この日はプレストカフェも開催されていたので、ラウンジの外でもまた一杯。
帰る頃には、腹がコーヒーでタプタプでした(汗)
何事も、ほどほどが一番です・・・
f0126932_20364389.jpg


プレストカフェで展示されていたYZF-R1M。
見れば見るほど欲しくなるが、さてどうしたものか。
f0126932_2039370.jpg

by naka1md30 | 2016-05-25 20:41 | 旅とツーリング | Comments(0)

「日本の自生アジサイ展」のお知らせ

5月24日(火)から5月29日(日)にかけて、神奈川県鎌倉市にある神奈川県立フラワーセンター大船植物園において、「日本の自生アジサイ展」が開催されます。
日ごろ、なかなか見る機会のないヤマアジサイの花を見ることができるので、ヤマアジサイに興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
苗の販売コーナーもあります。

・開催日時:2016年5月24日(火)~5月29日(日) 午前9時~午後16時30分
・開催場所:神奈川県立フラワーセンター大船植物園(第一展示場)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f598/
・主催:鎌倉アジサイ同好会

f0126932_1910144.jpg

f0126932_19104323.jpg


展示場風景です。
f0126932_19111613.jpg

f0126932_1911509.jpg


展示場外の外展示もあります。
主に大鉢が展示されていますが、一部企画展示?もあります。
f0126932_19121190.jpg

f0126932_19125264.jpg

f0126932_1913595.jpg

by naka1md30 | 2016-05-23 19:14 | 庭いじりの話 | Comments(3)

今日のヤマアジサイ (5月21日)

この土日で、ヤマアジサイの開花速度が一気に加速しましたが、急激な気温上昇のせいで、早くも花傷みが発生し始めています(泣)

綾。エゾアジサイの八重咲き品種です。
今年は、色が濃い目に咲いています。
f0126932_21115312.jpg


宮古瑠璃は、両性花も咲き始めました。
あと数日で今年の花のピークも終わりです。
f0126932_21125058.jpg


コガクウツギとヤマアジサイの交雑品種である桂月。
これは土曜日の写真ですが、残念ながら今日の高温で花が傷んでしまいました・・・
f0126932_21135475.jpg


山陰の光。
澄んだ青色が美しい品種ですが、今年は2輪しか咲いていません。
f0126932_21151889.jpg


春うらら。
淡い桃色に白い絞りが入ります。
f0126932_21161156.jpg


瀬戸の虹。
斑入り品種ですが、花が咲いた枝は斑が消えます。
ちなみに、この品種の花は色といい花型といい、虹と同じです。
自分は虹の枝変わり品種なのではないかと思っています。
f0126932_2117151.jpg


瀬戸の白波。
この品種も、花や葉の特徴が新宮てまりとそっくりであるため、ひょっとしたら新宮てまりの枝変わり品種なのかもしれません。
f0126932_21193284.jpg


石鎚てまり。
澄んだ青色が美しい品種です。
今が花の最盛期です。
f0126932_21211419.jpg


天女の舞。
コガクウツギの八重咲き品種です。
今年はかなり長い期間、花を楽しむことができましたが、この土日でいよいよ見納めになりそうです。
f0126932_21221921.jpg


土佐の青い鳥。
青色に咲かせると美しい品種ですが、今年の花色は残念ながら少しくすんでしまっています・・・
f0126932_21233960.jpg


土佐の虹絣。
昨年は青色で咲きましたが、今年はかなり赤みがかった花色になりました。
f0126932_21251840.jpg


土佐の浮雲。
こちらの花も今が最盛期。
f0126932_21263125.jpg


入野絞りは、この週末で急激に色がついてきました。
f0126932_21272095.jpg


美里桜。
こちらも、この週末で咲き始めました。
f0126932_2128615.jpg


普賢の華。
この品種の装飾花は、両性花が咲き始める直前が一番きれいです。
f0126932_21284095.jpg


夕やけ。
コガクウツギとヤマアジサイの交雑種。
今シーズンは見事な花を咲かせてくれましたが、あと数日で散り始めてしまいそうです。
f0126932_21304679.jpg

by naka1md30 | 2016-05-22 21:34 | 庭いじりの話 | Comments(4)

ちょっと伊豆まで

f0126932_1642617.jpg

天気が良いので、伊豆まで朝駆けツーリング。
山の上は思いの外、気温が低いですが、たぶん帰りの首都高は猛烈に暑い・・・
by naka1md30 | 2016-05-22 08:22 | 携帯から | Comments(0)

今日のヤマアジサイ (5月18日)

実際にヤマアジサイを育ててみると、その品種の写真を見ただけではわからなかった特徴や味わいに気がつくことが多くあります。
今日の朝も、何気なく色づくヤマアジサイの花々を見ていて、いくつか気づいたことがありました。

我が家では今年が初花となる、土佐の子宝。
高知県産の品種ということは聞いていますが、元々、産地以外の情報が全く無い品種です。
一見すると、普通のガク咲きで、何で「子宝」なのかを疑問に思いつつ、ここ数日間、花を眺めていたところでした。
f0126932_22431829.jpg


ふと、真上から花を見てみて、名前の謎が解けました!
装飾花の裏側に、もう一つ小さな装飾花が着く「子持ち」状態になっています。
現状では、約半分程度の装飾花が子持ち状態になっているので、おそらくこの状態がこの品種の特徴なのだと思います。
やはり、ヤマアジサイは奥が深い。というか、奈落・・・
f0126932_2248695.jpg


夏日星。
ヤマアジサイの中でも、株の大きさが一番小さい部類に入ります。
f0126932_22515922.jpg


日に日に、装飾花の青色が深くなってくる、宮古瑠璃。
この品種は、産地も含めて全く情報が無い品種です。
f0126932_22531170.jpg


山陰の底白。
開花2年目となりますが、咲き始めの底白が美しい品種です。
f0126932_22551984.jpg


今年、初めて花を見る、土佐の浮雲。
こちらも、装飾花の底白が美しいです。
f0126932_22561324.jpg


高知県産の土佐日記。
一昨年に花が満開になった後、急激に株が弱ってしまい、挿し木も失敗してしまったために、一時は完全に諦めていた株です。
一昨年の満開状態に比べると、小さな花房ではありますが、再び花を咲かせてくれたのは嬉しい限りです。
f0126932_2257649.jpg


絞り花の波しぶきも、装飾花に絞り模様が浮き上がってきました。
f0126932_232854.jpg


豊前ナデシコ。
今年の春先に我が家へやってきたばかりの株ですが、2輪も花を咲かせてくれました。
f0126932_233787.jpg


大分県の九重連山産の鳴子紫。
花自体は毎年咲いてくれますが、美しい花を咲かせるのが難しい品種です。
育て方が悪いのか、それとも環境が合わないのか・・・
f0126932_2342078.jpg

by naka1md30 | 2016-05-18 23:07 | 庭いじりの話 | Comments(4)

今日のヤマアジサイ (5月14日・15日)

GW前までは、例年にない速さで膨らんでいくヤマアジサイの蕾に、一体どうなることやらと思っていましたが、その後の気温が低かったり、曇天や雨の日が多かったこともあって、結局は、例年通りの開花速度へと落ち着きつつあります。

高知県産の丸山ぼたん。
土の酸性度次第で薄青色にも薄桃色にも咲きますが、個人的には薄青色に咲かせた方が好みです。
f0126932_21292433.jpg


石鎚てまり。
鮮やかな青色で、小ぶりなテマリがかわいらしい花です。
f0126932_21304332.jpg


コアジサイは、この週末が花の終盤でした。
ちなみに、我が家の株は栃木県の鬼怒川温泉産です。
f0126932_21322237.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、ほほえみ。
花色は薄桃色です。
f0126932_21333973.jpg


同じく、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、夕やけ。
こちらは非常に濃い桃色に咲く品種です。
f0126932_21343438.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種繋がりで、玉水。
f0126932_22573732.jpg


こちらも、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である桂月。
f0126932_22582988.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である清少納言。
一見すると白色の装飾花に見えますが、良く見ると非常に淡い桃色が入っています。
f0126932_22592730.jpg


徳島県産の白花品種、阿波白です。
f0126932_2312489.jpg


鹿児島県の屋久島産の屋久島コンテリギ。
f0126932_232662.jpg


徳島県産の紅剣。
花茎が赤紫色をしている、剣山系のヤマアジサイです。
f0126932_232401.jpg


笹の舞。両性花の残る白花のテマリ咲き品種です。
f0126932_2331951.jpg


四万十旅情。今年は非常に大輪になりました。
f0126932_2344498.jpg


だいぶ装飾花に色が着いてきた鹿の撫子。
f0126932_2351529.jpg


酔湖八重。装飾花が大きな品種です。
f0126932_236170.jpg


我が家では、今年が初花となる瀬戸の風。
装飾花は淡い青色で咲きました。
f0126932_2363698.jpg


爽風。
昨年まで2年間育てた親木は、残念なことに夏に入る前に枯れてしまい、その時に緊急避難的に挿し木した苗が1輪だけ花をつけました。
昨年までは薄紫色に咲いていましたが、今年は薄桃色に咲いています。
f0126932_2373886.jpg


コガクウツギの天女の舞。
装飾花が八重になります。
f0126932_2395763.jpg


土佐の清流。
装飾花の鮮やかな青色が美しい品種です。
f0126932_23103930.jpg


土佐の日輪。
単に日輪と呼ばれることもあります。
装飾花の先端の色が白く抜けるのが特徴です。
f0126932_23111936.jpg


土佐の白玉。
その名のとおり、装飾花が丸く咲きます。
f0126932_23121332.jpg


土佐遊蝶。
年によって装飾花の咲き方が変わる品種で、今年はあまり蝶っぽくない花型です。
f0126932_23135535.jpg


別子てまり。
この別子てまりも、年によって花型が変化しやすい品種で、今年は装飾花の少ないテマリ咲きになりました。
f0126932_23153046.jpg


坊ヶ鶴の華。
九重連山産の品種です。
f0126932_23174548.jpg


木沢の光。別名、乙女の舞。
花茎が赤紫色になる剣山系の品種です。
f0126932_23182762.jpg


嶺の緑宝。
装飾花は、薄緑色に白い絞りが入り、さらに薄桃色が差す複雑な色合いになります。
f0126932_23193086.jpg



~おまけ~

ウツギの赤花品種。マギシエンウツギも咲き始めました。
f0126932_23221745.jpg


九州の高山系ツツジ、ミヤマキリシマも満開を迎えています。
ミヤマキリシマは、選抜品種が何種類か出回っていますが、我が家の株は桃源という品種名がついていました。
f0126932_232338.jpg

by naka1md30 | 2016-05-15 21:35 | 庭いじりの話 | Comments(2)

衝動買い

昨日のこと。
色々と入用のものがあって、夕方から印西のジョイフル本田へ。
家から印西へと向かう途中の水田地帯も、すっかり田植えが終わり、水面に反射する夕日が実に綺麗でした。
f0126932_2171625.jpg


買い物が終って帰途に着く頃には、すっかり日が暮れてしまいました。
f0126932_2184230.jpg


そして・・・
家には、またまたアジサイの鉢が増えました。
園芸アジサイの星がすりです。
今回、店先のアジサイコーナーで初めて見かけて、思わず見入ってのが悪かった(笑)
f0126932_2195142.jpg


ガク片の先端の色が白く抜けています。
通常のガクアジサイや園芸アジサイと比べると、葉が小さくてヤマアジサイの血が入っているのかもしれません。
f0126932_21122398.jpg

by naka1md30 | 2016-05-15 21:14 | 庭いじりの話 | Comments(2)

五月晴れ

f0126932_2128152.jpg

久々の青空に誘われて、少々、寄り道してしまいました。
東京湾越しに冠雪した富士山、丹沢山塊、奥多摩、奥武蔵の山々が見えています。
by naka1md30 | 2016-05-12 08:22 | 携帯から | Comments(0)

R1で行く新緑の房総ツーリング (YZF-R1)

GWの最終日、房総まで朝駆けツーリングに行ってきました。
2月半ばの房総林道ツーリング以来、約3ヶ月ぶりの房総です。

朝5時に家を出て、京葉道と館山道を南下。
君津インターで下道へと降り、まずは鹿野山をひと走り。
f0126932_22124051.jpg


九十九谷展望台から望む房総の山並みは、すっかり初夏の色合いへと変わっていました。
f0126932_2214126.jpg


さらに、鬼泪山の南麓から、もみじロードへ。
すっかり田植えも終り、房総はこれからどんどん緑が濃くなっていきます。
f0126932_22171741.jpg


7時半に、安房グリーンラインの地滑り地層駐車場でUターン。
道が混み始める前に退却開始です。
f0126932_2217386.jpg


復路も、もみじロードと鹿野山を走り、10時過ぎには帰宅しました。
今年のGWは近場をウロウロして終ってしまったので、夏こそは遠出したいな~
f0126932_22201668.jpg

by naka1md30 | 2016-05-11 22:24 | 旅とツーリング | Comments(0)