<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

R1復活!

ちょっと車検のつもりが、そのまま長期入院になってしまったYZF-R1ですが、本日、ようやく帰ってきました。
とはいえ、年度末で色々と忙しいので、ちょっとだけ近所を試乗。
久々に聞くR1のエンジン音に誘われて、どこか遠くへ行きたくなりますが、そこはぐっと我慢・・・
今年は仕事の方で異動が出てしまったので、来月になって仕事が落ち着いてから、桜を追ってツーリングへ行くことにしましょう。
f0126932_19521775.jpg


そういえば、半月ぐらい前に今年は桜の開花が早いでしょう!なんてテレビで聞いた気がするが、全然、早くないぞ。
今井の桜もご覧のとおり、寒々しい景色のまま。
f0126932_2021627.jpg


蕾が膨らんでいて、気温さえ上がればいつでも咲き始めそうな感じではあります。
週中に気温が上がれば、見頃は、次の週末かな?
f0126932_2045479.jpg


来月からは、また新しい職場&人間関係。
一体、どんな毎日が待っているのか・・・
f0126932_2063614.jpg

by naka1md30 | 2016-03-27 20:12 | YZF-R1・YZF-R6 | Comments(2)

R1のセルモーター故障

怒涛の年度末は特急のように走り抜け、残る日々もあと10日ほど。
桜が咲く来週末には、R1でもWRでもどっちでも良いので、とにかく走りに行きたい!
f0126932_0104685.jpg


ここしばらく、全く登場がないR1ですが、実は、セルモーターが故障しました。
1年ほど前から、気温の変動にかかわらずエンジンのかかりが非常に悪い時があったのですが、先月、車検のためにバイク屋へ車両を預けている間に、完全にセルが回らなくなってしまいました。
そんなわけで、本日、取り外したセルモーターを見せてもらいました。
ああ、セルモーターって、エンジンオイルで潤滑されているんでしたっけ~
んなわけねーだろ!
セルが故障したのが、このエンジンオイルのせいなのかはわかりませんが、エンジンオイルは一体どこから入ったのか??
f0126932_013961.jpg


入るとしたら、このシール部分(中央の穴)しかないのだが・・・
原因がわからないと気持ちが悪いことこの上ない。
f0126932_022521.jpg


セルモーターを交換しても、エンジンがかからなかったらどうしようという不安はあるものの、ひとまずバラシついでに、エアクリフィルターとプラグも交換する予定です。
f0126932_0252655.jpg


おまけ。
今回、購入以来、初めてエアダクト周りをばらしてみましたが、中がとんでもないことに・・・
干からびたシオカラトンボ、首の取れたアキアカネ、落ち葉にカナブンと、超盛りだくさん。
走行中、ライトカウルは潰れた虫の死がいでベタベタになるのに、なぜエアクリフィルターは綺麗なのか?という長い間の疑問が一つ解けました。
たまに中を開けて掃除しようっと。
f0126932_0305550.jpg

by naka1md30 | 2016-03-21 00:41 | YZF-R1・YZF-R6 | Comments(0)

東京探訪 その2

2週間前のことになりますが、2月最後の土曜日に、クリスマスローズ仲間の絵の具さんと東京をぶらぶらしてきました。

絵の具さんとの待ち合わせ場所は、文京区にある音の葉。
千葉からだと、意外にアクセスが悪い場所にあるので、地下鉄東西線の早稲田駅から歩いていくことにしました。
早稲田駅は20年前とほとんど変わっていないのに、早稲田大学とその周辺の景色は昔と比べて大きく変わってしまっています。
f0126932_2023941.jpg


早稲田大学構内から望む、大隈講堂。
大学の校舎も、その多くが高層化されてしまったので、昔と変わらない景色を探すのが実に難しいです。
f0126932_2044674.jpg


さて、いつまでも早稲田界隈で道草を食っているわけにもいかないので、神田川に架かる駒塚橋を渡って、胸突坂へ。
ちなみに、胸突坂の左手にある神社は水神社で、神田上水の守護神です。
f0126932_207148.jpg


というわけで、音の葉に到着。
無事に絵の具さんと合流し、早速、クリスマスローズを物色します。
この日は全品二割引セールだったので、あれもこれも買いまくりのおばちゃん達の勢いに危うく乗せられてしまうところでしたが、何とか横山園芸の原種苗を2本購入するだけで済ませました(笑)
f0126932_20112428.jpg


店内に展示されていた、ブライヤーローズ。
英国のアシュウッドナーセリーで作出された、H.ヴェシカリウスとH.ニゲルの交配品種です。
f0126932_2017053.jpg


こちらは、同じく展示品のH.チベタヌス。
いつかは我が家の庭でも咲かせてみたいと思いつつも、いまだに実現せず・・・
f0126932_20193417.jpg


音の葉の隣にある椿山荘では、ヒカンザクラ系の桜が満開になっていました。
f0126932_20213071.jpg


東京探訪後半戦は、上野界隈!
目的は、実に14年ぶりに訪れる雪割草全国大会です。
f0126932_2023666.jpg


今から遡ること15年ほど前に、雪割草に惹かれて、多くの雪割草を栽培していたことがありました。
その後、その全てを枯らしてしまった反省から、もう、雪割草には手を出すまいと思い、展示会にも行かないようにしていましたが、久々に雪割草の花を見てみるのも良いかなと思い、今回足を運んでみた次第です。
それにしても、この十数年間のうちに雪割草の世界も大きく変わってしまったようで、見たこともないような花色、花型の品種に目が釘付けになりました。
f0126932_20324343.jpg


まずは、黄色の雪割草!
自分の目で見るのはこれが初めてでした。
f0126932_20241253.jpg


こちらは、二段咲きの品種。
クリスマスローズで言うところのセミダブルですね。
f0126932_20331822.jpg


こちらは、三段咲き品種。
雪割草の素晴らしいところは、何よりもこの花色のバリエーションです。
クリスマスローズだと、このような複雑な花色はまず出せません。
f0126932_20342565.jpg


こちらも、三段咲きの品種です。
カメラの発色の関係上青色に写ってしまっていますが、実際はもう少し赤みがかった青紫色をしていました。
やはり、室内光下で元の花色どおりに写真を撮ることは難しいです。・
f0126932_20361467.jpg


最後に、何枚か三段咲きの品種を載せておきます。
他にも心惹かれた品種がいくつかあったのですが、手ブレしていて、ほとんどが失敗でした(泣)
f0126932_20395617.jpg

f0126932_2040792.jpg

f0126932_20401959.jpg

f0126932_20402910.jpg


というわけで、東京探訪第二弾もおしまい。
絵の具さん、1日ご一緒いただきまして、ありがとうございました。
by naka1md30 | 2016-03-13 20:43 | 旅とツーリング | Comments(3)

爆買い

f0126932_2058585.jpg

ジョイフル本田で、ヤマアジサイ植え替え用の赤玉&鹿沼土を調達。
ひとまず、今日のところは10袋で勘弁しておいてやる。
さー、帰って植え替えすんべ。
by naka1md30 | 2016-03-12 14:17 | 携帯から | Comments(2)

これってゆるキャラ?

f0126932_2095642.jpg

国交省の早めにチェーン巻けよ!という啓発ポスター。
ただ、昭和のダジャレ的なコイツはちょっと・・・
しかも、ガラが悪い(笑)
by naka1md30 | 2016-03-06 07:51 | 携帯から | Comments(2)

ヘレボ日記 (3月5日)

開花が始まったクリスマスローズの株は、花を見られない平日にも、どんどん咲き進んでいます。
すでに花の散り始めた株で種を取らないものは、株の養生のために、片っ端から子房を取り除いておきました。

ウィンターシンフォニーのスレート系苗の初花その1。
昨年に2本購入した苗のうちの1本です。
花型はこちらの株の方が良いですが、普通のブラック花ですね。
f0126932_20443799.jpg


ウィンターシンフォニーのスレート系苗の初花その2。
これまでスレートの花を見たことが無いので、これをスレートと言って良いのか判断がつきかねますが、灰色っぽい面白い花色の花が咲きました。
f0126932_20465784.jpg


先日も紹介した、ウィンターシンフォニーのブラックダブル花。
見れば見るほど、面白い花色で、思わず覗き込まずにはいられません。
f0126932_20484981.jpg


うっすらピンク色の差す、ホワイトダブル。
この株は、開花から3年が経過しているので、花茎が3本に増えて株が充実してきました。
f0126932_20501849.jpg


H.オキシデンタリスの初花。
濃い緑色の花で、香りは全くありません。
また、他の原種と比べると、かなり花茎が大きく育ちます。
f0126932_20514568.jpg


グリーンフィズが、ようやく満開を迎えました。
f0126932_20535885.jpg


先日、絵の具さんからいただいたピンクダブルの株分け株。
そろそろ花も終盤です。
ちなみに、絵の具さん宅では、そのケバ目の花色から、通称バブリーさんと呼ばれているそうです(笑)
f0126932_20533482.jpg


先日も写真を載せた、ライムイエローダブルの花。
苗をいただいた絵の具さんに伺ったところ、上のバブリーさんが片親の株であるとのこと。
花型は似ていますが、こうも花色が変化するものなのかと関心しているところです。
f0126932_20563269.jpg


地植え株の状況もこんな感じ。
今が開花最盛期といったところでしょうか。
f0126932_2059933.jpg


おまけ。
何と!原種系チューリップの開花が始まりました。
この、ビオラセラブラックレースは初めて育てるので、通常の開花期がいつなのかわかりません。
元々、早咲きの品種なのかもしれませんが、いくら何でも3月の頭は早すぎる気が・・・
f0126932_2101974.jpg


もう一鉢、蕾が膨らんでいる株を見つけました。
こちらは、原種系のポリケロマという品種です。
f0126932_2124850.jpg

by naka1md30 | 2016-03-05 21:04 | 庭いじりの話 | Comments(2)