<   2015年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

盛夏の福島・栃木県境林道ツーリング (WR250F)

昨年の10月下旬以来、久々に南会津方面の林道へ行ってきました。
梅雨が完全に明け、台風が過ぎ去って、ようやく安定した夏空が続くようになったので、突発的に走りに行きたくなった次第です。

東北道を北上して西那須野塩原インターから西会津街道経由で南会津へ。
関東平野の空は白く霞んでいましたが、山へ入ると一転、抜けるような真っ青な夏空が広がっていました。
f0126932_21541589.jpg


南会津町(旧舘岩村)にトランポを置いて、まずはウォーミングアップがてらに田代山林道をひとっ走り!
路面は概ねフラットでしたが、昨年秋よりもさらに舗装区間が伸びています(泣)
f0126932_2157281.jpg


対向車が非常に多かったものの、抜けるような青空に山々の深い緑は素晴らしいの一言。
この空と山々の色合いの対比は、なかなか言葉では表現しきれません。
f0126932_21594531.jpg


田代山峠で一休み。
峠から北側、会津方面を振り返ってみます。
f0126932_2211876.jpg


田代山峠から南西方向、高原山方面の展望です。
高原山の向こうは関東平野ですが、やはり空が白く濁っています。
f0126932_2221155.jpg


今回、峠のゲートが開いていたので、栃木県側へと下り、川俣檜枝岐林道を目指します。
栃木県側も概ね路面はフラットでしたが、こちら側も来る度に舗装区間が伸びているのが悲しいところです。
f0126932_2233578.jpg


田代山林道から望む、日光連山の山々。
f0126932_2253591.jpg


左から女峰山、小真名子山、中央奥に男体山、太郎山になります。
また、右中央の太郎山の麓には川俣湖の一部も見えています。
f0126932_2261711.jpg


田代山林道出口の山の神にて。
今回は湯西川方面へは向かわず、右折して川俣檜枝岐林道方面へ。
f0126932_2293557.jpg


昨年秋に紅葉が素晴らしかった、馬坂沢の河原で一休み。
f0126932_22105525.jpg


林道の道端には、真っ青なエゾアジサイの花が咲き乱れていました。
f0126932_221329100.jpg


馬坂峠の前後は路面整備が入っていますが、新しく撒かれた砂利が深いのなんの。
非常に走りづらかったです。
f0126932_22141456.jpg


燧ヶ岳や平ヶ岳の山並みを正面に見ながら、檜枝岐へと下ります。
f0126932_2217089.jpg


川俣檜枝岐林道脇の草原にて一休み。
この場所も、秋にはカラマツが黄金色に輝くのですが、今は深い緑色をしています。
f0126932_22182558.jpg


檜枝岐へと下って、昼飯&給油を済ませます。
f0126932_22201910.jpg


もちろん、お昼は開山の裁ち蕎麦!
f0126932_22214763.jpg


そのまま国道を離れ、久々に平沢林道へと入ってみました。
麓の入り口からしばらくは整備された路面が続きますが・・・
f0126932_22222235.jpg


ある地点から、路面が一変。
道幅は沢側がえぐられてバイク一台分になっており、路面には岩や木の切れ端が散乱する状態でした。
f0126932_2223559.jpg


全区間のうち、三分の一ぐらいの区間が廃道状態になっていますが、それでもバイクの通行はそこそこあるようでした。
f0126932_222620100.jpg


最後に唐沢林道で唐沢峠を越えました。
この唐沢林道も、近年、ほとんど整備が入らなくなり、年々、廃道化が進んでいます。
バイクでは問題なく走れますが、4輪だとジムニーでも厳しいかな?という区間がありました。
f0126932_22274260.jpg


いつもであれば、もう再び田代山林道を越えて、安ヶ森林道を周回してくるところですが、この日は早く帰る必要があったので、少々、欲求不満気味の状態で林道ツーリングは終了。
最後に木賊温泉へ寄って、ひと汗流してから帰ってきました。
f0126932_22295862.jpg


この日は南会津でもかなり暑かったですが、熱々の岩風呂に浸かって、再び汗だくになって帰ってきました(笑)
f0126932_22323122.jpg


ここからは余談ですが、そろそろ来月末の夏期休暇の際の行き先を決めなくてはなりません。
今年も思い切って北海道へ行ってしまおうか。
f0126932_22343799.jpg

by naka1md30 | 2015-07-30 22:36 | 旅とツーリング | Comments(4)

福島県南部から栃木県北部にかけてのエゾアジサイ (2015.7.26)

平地では、とうの昔にヤマアジサイやエゾアジサイの花が終わってしまっていますが、福島県と栃木県境の標高1000m~1700mぐらいにかけての山間部では、今がちょうどエゾアジサイの見頃です。
ほんの1ヶ月半ぐらい前に雪が消えたばかりなのに、良く考えてみたら紅葉の季節まであと2ヶ月半。
山の夏は本当に短いです。

まずは、福島県南会津町(旧舘岩村)から栃木県日光市(旧栗山村)にかけての山越えで見かけたエゾアジサイです。
林道の法面いっぱいに群生するエゾアジサイ。
f0126932_21151372.jpg


ガク片の先端が白く抜けるのは、花が傷んでなのか、それとも固定化した形質なのか?
毎年、この状態で咲くとすると面白い花です。
f0126932_21173292.jpg


濃い青色のエゾアジサイはそれほど珍しいものではありませんが、この株の花は一際花色が濃くて、遠くからでも非常に目立っていました。
f0126932_21193078.jpg


ガク片の一部が立って咲いていて、ちょうどヤマアジサイの九重の渦巻を大きくしたような花。
f0126932_21213075.jpg


装飾花が多くて豪華な花。
この澄んだ青色の花を見る度に、さらにアジサイの花に心を奪われていくのです。
f0126932_21232665.jpg


上の花の近くに咲いていた、同じく装飾花が多い花。
この一角には、装飾花が多い花がちらほら咲いていました。
f0126932_21291359.jpg


円弁のすっきりとした印象の花。
ちょうど両性花が咲き始めたところでした。
f0126932_21304752.jpg


装飾花が多くて半テマリの状態で咲いていた花。
この株の花は、全てがこの状態で咲いていたので、固定化した花型のようです。
f0126932_21322251.jpg


ちなみに、福島県と栃木県の県境辺りの山々には、タマアジサイも多く自生しています。
しかしながら、ヤマアジサイは全く見かけないので、ヤマアジサイの自生は無いようです。
f0126932_21345966.jpg


ここからは福島県南会津町(旧伊南村から舘岩村にかけて)のエゾアジサイです。
鋸歯のある細弁花。
f0126932_21334695.jpg


白い絞りが入った花。
この株の花は、全てに同じ絞りが入っていました。
f0126932_21371126.jpg


上の花の近くで咲いていた株の花。
こちらも少しではありますが、一部絞りが入っています。
f0126932_21382754.jpg


鮮やかな桃色で咲いていた株。
遠くからでもはっきりとわかるほど鮮やかな花色でした。
f0126932_21544822.jpg


この桃色花の株はこのような感じで咲いていました。
木が伐採された日当たりの良い斜面下で、水が染み出して湿地帯のようになっていた場所です。
この株が元々桃色花なのか、それとも土の酸性度によるものなのかはわかりませんでした。
f0126932_2140555.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-29 21:44 | アジサイ写真集 | Comments(2)

田代山林道

f0126932_2353768.jpg

土曜日が終日仕事で終わってしまったので、今日は南会津まで突発ツーリングにやってきました。
田代山林道が開通しているので、ダートをガッツリ走れます!
by naka1md30 | 2015-07-26 11:41 | 携帯から | Comments(0)

瀬戸の白波 (ヤマアジサイ)

高知県産のテマリ咲きのヤマアジサイ。
花色は淡青色です。
また、葉には一部、白や薄緑色の斑が入ります。
(2015.5.23)
f0126932_23494264.jpg


花の咲き始め。
中央下側の葉には、白色と薄緑色の斑が入っています。
(2015.5.4)
f0126932_23501412.jpg


(2015.5.8)
f0126932_23513262.jpg


(2015.5.16)
f0126932_23515925.jpg


(2015.5.26)
f0126932_23522477.jpg


花の終り。
装飾花の中心が緑色になり、ちょうど秋色アジサイへと移行していくところです。
(2015.6.14)
f0126932_23524824.jpg


ここからは余談です。
四国産のヤマアジサイで「瀬戸の~」という名前がつけられた品種は数多くあります。
しかしながら、瀬戸内海に面している愛媛県産で瀬戸という名前はわかるにしても、なぜ瀬戸内海に面していない高知県で発見されたヤマアジサイに瀬戸という地名がついているのかが不思議でした。
先日、偶然に高知県の地図を見ていた時に、この謎がようやく解けました。
高知県の中央部、早明浦ダムの上流に瀬戸川という川が深い山の中を流れていて、川の流域の地名が「瀬戸」、川の上流部は瀬戸川渓谷と呼ばれています。
おそらく、この瀬戸川流域で発見されたヤマアジサイに瀬戸の名前がつけられているのだと思います。



* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-25 00:03 | アジサイ写真集 | Comments(2)

由布の恵 (ヤマアジサイ)

大分県産の八重咲きのヤマアジサイ。
名前からすると、由布市又は由布岳周辺で発見された品種でしょうか。
装飾花は基部が細いヘラ弁。花色は土の酸性度次第で薄青色又は薄桃色に咲きます。
我が家の株は、この春に蕾つき苗でやってきて一輪だけ花が咲きました。
来年、株が充実したら、また写真を追加します。
(2015.5.23)
f0126932_21343927.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-21 21:35 | アジサイ写真集 | Comments(0)

夏の夕暮れ

家の用事やら何やらで結局、この連休はどこへも走りに行けずじまい。
最終日の夕方、R1を車庫から引っ張り出して近所を流してきました。
それにしても、日が暮れたというのにR1で走るのには暑すぎる!!
f0126932_2241635.jpg


昨日に梅雨が明けた関東ではありますが、いまいち天候の安定しない連休でした。
次の週末は、久々に南会津に蕎麦を食いに行きたいな~
by naka1md30 | 2015-07-20 22:05 | 雑記 | Comments(4)

七段花 (ヤマアジサイ)

兵庫県六甲山産の剣弁八重咲きのヤマアジサイ。
かなり古くからある品種で、装飾花の花弁が多重に重なるところから七段花と名づけられたそうです。
花は比較的小輪です。
両性花は年によって脱落する時もあれば、最後まで残ることもあります。
(2015.5.26)
f0126932_21491464.jpg


花色は、土の酸性度次第で薄青色又は薄桃色に咲きます。
(2012.5.31)
f0126932_2131828.jpg


咲き始め。
(2015.5.18)
f0126932_21521310.jpg


(2015.5.23)
f0126932_21524387.jpg


(2012.5.27)
f0126932_2134018.jpg


(2015.5.29)
f0126932_2153319.jpg


【2015.7.20 写真の追加&文章の一部を修正しました】



* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-20 21:55 | アジサイ写真集 | Comments(0)

箱根山産白花 その2 (ヤマアジサイ)

神奈川県の箱根山産のガク咲きのヤマアジサイ。
東日本型の白花種で、装飾花は鋸歯のある円弁。ガク片同士が重なります。
(2015.6.5)
f0126932_20335622.jpg


2本あるうちのもう片方は、装飾花の数が多め。
株が充実してきた時にどのように変化するか楽しみです。
(2015.6.10)
f0126932_20341992.jpg


(2015.5.31)
f0126932_20353273.jpg


(2015.6.2)
f0126932_20355276.jpg


(2015.6.4)
f0126932_20361272.jpg


花の終盤。
(2015.6.10)
f0126932_20363139.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-20 20:37 | アジサイ写真集 | Comments(0)

亀石峠産斑入りガクアジサイ

静岡県伊豆半島の亀石峠で見つけてきたガクアジサイの枝変わり種です。
花はガク咲きで、装飾花は鋸歯の入らない一重の薄青色。装飾花は青色です。
伊豆半島方面では良く見かけるスタンダードな花です。
(2015.6.20)
f0126932_1211888.jpg


葉には黄色の斑が入り、花の咲いた枝は若干斑が薄くなるものの、春から秋まで安定した斑が楽しめます。
(2015.4.18)
f0126932_1214462.jpg


蕾の状態。
蕾にも斑が入っています。
(2015.5.22)
f0126932_12162960.jpg


(2015.6.8)
f0126932_12172885.jpg


花の咲き始め。
(2015.6.13)
f0126932_1218284.jpg


(2015.6.16)
f0126932_1219150.jpg


(2015.6.18)
f0126932_12192926.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-20 12:20 | アジサイ写真集 | Comments(0)

九重凛華 (ヤマアジサイ)

大分県産の獅子テマリ咲きのヤマアジサイ。
九重麗華と同じ産地とのこと。
装飾花は青色の円弁で、ガク片同士が重なります。
また、両性花は薄青色で咲きます。
九重麗華とは、九重凛華の方が花色が濃いこと、九重麗華のように花房が複数に分岐しない点などで区別することができます。
(2015.6.4)
f0126932_2341869.jpg


蕾の状態。
(2015.5.3)
f0126932_2345868.jpg


咲き始め。
花茎は濃い赤紫色をしており、帯化が見られます。
(2015.5.18)
f0126932_2353217.jpg


(2015.5.22)
f0126932_237930.jpg


(2015.5.27)
f0126932_2373110.jpg


(2015.5.31)
f0126932_2381448.jpg


(2015.6.2)
f0126932_2384328.jpg


f0126932_2392789.jpg


(2015.6.4)
f0126932_2310396.jpg


f0126932_23102361.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2015-07-19 23:11 | アジサイ写真集 | Comments(0)