<   2014年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

夏越し中

あっという間に7月も終わり。
今年の夏もいよいよ後半戦ですが、まだまだ暑い日々は続きます・・・

久々に登場のクリスマスローズ。
白木蓮の木陰でひたすら暑い夏に耐えています。
今のところ、チベタヌスがお亡くなりになった他は、原種も含めて全体的に元気そうです。
f0126932_22524461.jpg


寒冷紗下のヤマアジサイは、花後のお礼肥えが効いているのか、目に見える速度で育っています。
元気なのは何よりなのですが、あまり大きくなりすぎると置き場所や冬越しに支障が出るのが悩ましいところではあります。
f0126932_22425588.jpg


タマアジサイの蕾がだいぶ大きくなってきましたが、開花まではまだ2週間ぐらいかかりそうな感じです。
f0126932_22445921.jpg


同じタマアジサイでも、早咲きの瓔珞タマアジサイは今週から開花が始まりました!
f0126932_22455576.jpg


ノリウツギも今がちょうど見頃を迎えています。
f0126932_22465041.jpg


かれこれ10年以上前から庭の通路脇に咲いている絞り咲きのオシロイバナ。
このように同じ枝で違う花色の花を咲き分ける株なのですが、年ごとにも花色が変わるので、見ていて非常に面白いです。
f0126932_2247211.jpg

by naka1md30 | 2014-07-30 22:51 | 庭いじりの話 | Comments(6)

日向紅神楽 (ヤマアジサイ)

宮崎県産のヒュウガアジサイの品種で一重ガク咲き。
装飾花は桃色でガク片同士が重なり、縁には鋸歯があります。
また、両性花も桃色ですが、おしべの花粉が淡青色をしています。
(2014.6.14)
f0126932_21154616.jpg


花色も株の雰囲気も、同じヒュウガアジサイの品種である日向紅子持に非常に似ていますが、日向紅子持と比べてこの日向紅神楽の方が葉が細く、また、装飾花のガク片も丸みを帯びています。
(2014.6.8)
f0126932_21163298.jpg


咲き始め。
(2014.5.14)
f0126932_21204536.jpg


(2014.5.17)
f0126932_21211924.jpg


(2014.5.23)
f0126932_21214620.jpg


(2014.5.29)
f0126932_21221770.jpg


(2014.6.2)
f0126932_2122586.jpg


花房は小さいですが、枝ごとにたくさんの花がつきます。
(2014.6.6)
f0126932_21232872.jpg


(2014.6.8)
f0126932_21244068.jpg


(2014.6.9)
f0126932_2125349.jpg


両性花の咲き始め。
(2014.6.13)
f0126932_21253464.jpg


(2014.6.16)
f0126932_21263241.jpg


花の終盤。
装飾花のガク片が真っ赤に染まります。
花の終盤にガク片が赤くなるヒュウガアジサイの品種は他にも、日向紅子持、押川紅などがあります。
(2014.6.19)
f0126932_2126594.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-07-30 21:30 | アジサイ写真集 | Comments(2)

文楽てまり (ヤマアジサイ)

ヤマアジサイの変種であるナンゴクヤマアジサイの半テマリ咲き品種。
装飾花は薄紫色の円弁で両性花は紺色をしています。
また、花房はいびつな形になります。
(2014.6.19)
f0126932_2073618.jpg


蕾の状態。
ナンゴクヤマアジサイは、鹿児島県から宮崎県南部にかけて自生しているそうですが、通常のヤマアジサイとは違った面白い蕾の形をしています。
(2014.5.17)
f0126932_2083023.jpg


装飾花と両性花の区別がつくようになってきて、ようやくヤマアジサイらしい蕾になりました。
(2014.5.30)
f0126932_20113563.jpg


(2014.6.8)
f0126932_20115527.jpg


(2014.6.11)
f0126932_20122499.jpg


(2014.6.14)
f0126932_20125349.jpg


両性花の咲き始め。
装飾花は一斉に咲くのではなく、遅れて咲いてくるものがあるため、大小様々なサイズの装飾花が入り乱れた独特の花型になります。
(2014.6.16)
f0126932_20132967.jpg


(2014.6.17)
f0126932_20161363.jpg


(2014.6.20)
f0126932_20161439.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-07-30 20:17 | アジサイ写真集 | Comments(0)

瀬戸のほほえみ (ヤマアジサイ)

四国産と思われる一重ガク咲きのヤマアジサイ。
詳しい産地等は不明です。
装飾花は大輪の円弁で先端が窪み、中心に青みの差す桃色。両性花は淡い青紫色をしています。
同じような色合いの品種としては、園芸アジサイのホバリアホベラや瀬戸の夕日などがありますが、自然のヤマアジサイとしてはめずらしい花色だと思います。
(2014.5.28)
f0126932_23253576.jpg


咲き始め。
(2014.5.14)
f0126932_23261631.jpg


(2013.5.16)
f0126932_21251095.jpg


(2014.5.18)
f0126932_23265544.jpg


(2014.5.20)
f0126932_23273934.jpg


(2013.5.22)
f0126932_21244312.jpg


(2014.5.24)
f0126932_23311424.jpg


両性花の咲き始め。
(2014.5.26)
f0126932_23314958.jpg


満開の状態。
(2014.5.28)
f0126932_23324448.jpg


【2014.7.28 写真の追加&説明文の一部を修正しました】




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-07-28 23:35 | アジサイ写真集 | Comments(0)

津江の小でまり (ヤマアジサイ)

大分県中津江産のテマリ咲きヤマアジサイ。
一部に両性花の残る薄青色のテマリ咲きですが、名前に「小でまり」とあるものの、花房の大きさは決して小さくはありません。
「津江の大でまり」の場合もそうですが、名前の大小は花房の大きさ自体を指しているのではなく、個々の装飾花の大きさを表しているのではないかと思っています(あくまで個人的な意見ですが)。
装飾花は小輪の円弁で、ガク片同士が重なりません。
(2014.6.13)
f0126932_20323658.jpg


非常に花つきが良い品種なので、たくさんの花を咲かせると、見応えがあります。
(2014.6.9)
f0126932_2033960.jpg


蕾の状態。
この段階では、装飾花と両性花の割合が半々といったところでしょうか。
(2014.5.25)
f0126932_20342295.jpg


咲き始め。
(2014.5.28)
f0126932_20352396.jpg


(2014.5.30)
f0126932_20355695.jpg


(2014.6.2)
f0126932_20363198.jpg


(2014.6.4)
f0126932_2037328.jpg


装飾花はガク片全体が一気に色づくのではなく、一部に絣状の模様を残して色づいていきます。
このような絣模様は、同じ津江産の津江てまりや津江の大でまりにも見られます。
(2014.6.4)
f0126932_20373182.jpg


(2014.6.6)
f0126932_20395194.jpg


(2014.6.9)
f0126932_20401597.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-07-27 20:41 | アジサイ写真集 | Comments(2)

紅冠雪(紅の白雪) (ヤマアジサイ)

島根県産の一重ガク咲きのヤマアジサイ。
一般的には紅冠雪という名称で流通していますが、この品種の元々の名前は紅の白雪と呼ぶそうです。
装飾花は一部に青みが差す薄桃色、両性花は青紫色です。
(2014.6.11)
f0126932_19592478.jpg


紅冠雪が一際目立ってくるのが、梅雨明け前後から盛夏にかけて。
花後に伸びてくる新梢がきれいなクリーム色に変化します。
(2013.8.12)
f0126932_22315287.jpg


ただ、残念なことにこの斑が入った部分は暑さや強い直射日光に弱いらしく、猛暑の時期に枯れ込んでしまうことがあります。
特に、花後の剪定で新たに出てきた新芽が弱いようです。
(2012.7.29)
f0126932_21323422.jpg


さらに、紅冠雪の名のとおり、晩秋には赤く紅葉した葉と先端の白い斑入り葉との対比が非常に美しくなります。
花だけでなく斑と紅葉までもが楽しめる品種はそうそうないと思います。
(2013.11.8)
f0126932_2003270.jpg


咲き始め。
(2014.5.23)
f0126932_2053432.jpg


(2014.5.25)
f0126932_2061198.jpg


(2014.5.29)
f0126932_206345.jpg


(2014.5.30)
f0126932_207735.jpg


(2014.5.31)
f0126932_2073245.jpg


両性花の咲き始め。
(2014.6.5)
f0126932_2075683.jpg


(2014.6.8)
f0126932_2083225.jpg


(2014.6.9)
f0126932_2085655.jpg


(2014.6.10)
f0126932_2092581.jpg


花の終盤。
(2014.6.14)
f0126932_2095376.jpg


【2014.7.27 写真の追加&説明を加筆しました】



* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-07-27 20:12 | アジサイ写真集 | Comments(4)

押川紅 (ヤマアジサイ)

ヤマアジサイの変種とされているヒュウガアジサイの品種で宮崎県産。
花型は一重ガク咲きで、装飾花は最初、淡桃色で咲き始め、咲き進むにつれてガク片が紅色に変化していきます。
なお、両性花も桃色ですが、しべは薄青色をしています。
(2014.6.11)
f0126932_20582683.jpg


咲き始め。
ヒュウガアジサイの特徴として、葉の表面に艶があるといった点があります。
(2014.5.18)
f0126932_20591120.jpg


装飾花は黄緑色から淡い桃色へ。
(2014.5.24)
f0126932_2123067.jpg


(2014.5.28)
f0126932_2132884.jpg


両性花が咲き始める頃、装飾花のガク片に赤色が差してきます。
(2014.6.3)
f0126932_214371.jpg


(2014.6.5)
f0126932_2144338.jpg


(2014.6.8)
f0126932_2151513.jpg


(2014.6.9)
f0126932_2153964.jpg


ちなみに、品種名の「押川」は地名ではなく、人名にちなんでいるそうです。
(2014.6.10)
f0126932_216482.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2014-07-25 21:08 | アジサイ写真集 | Comments(4)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第十八弾 (YZF-R1)

ちょうど梅雨が明けたタイミングで代休が取れたので、前回に引き続き平日に箱根・伊豆方面へ出かけてきました。
3週間前に比べると明らかに日の出が遅くなっていましたが、4時半に家を出て2時間弱で箱根のターンパイクに到着。
一見すると、いつもどおりの風景に見えますが・・・
f0126932_21305212.jpg


何とターンパイクの看板が「MAZDA」に変わっています。
正式には8月1日からだそうですが、看板等は前日の火曜日に交換されたそうです。
f0126932_21314898.jpg


月末だからなのか、梅雨明け直後だからなのか、前回のように貸切状態とはいかず、大観山は朝からそこそこ混んでいました。
富士山もかろうじて見えていたものの、視程が悪くてきれいではなかったので、ちょうど満開を迎えていたアジサイの写真だけ撮ってきました(笑)
f0126932_21331042.jpg


その後走った伊豆スカイラインも玄岳周辺の霧が濃く、また、山伏峠から亀石峠にかけては朝から沿道の除草作業が行われていたので、いまいち気持ち良く走ることができず・・・
f0126932_21355178.jpg


かなり欲求不満状態のまま亀石峠でUターン。
まあ、たまにはこんな時もあります。
f0126932_21364734.jpg


お話は変わりますが、亀石峠周辺ではヤマユリが満開になっていました。
昨年にヤマユリを見た玄岳や滝知山周辺の辺りはまだ蕾だったので、伊豆スカイライン沿道では来週以降もヤマユリの花を見ることができそうです。
f0126932_21394059.jpg


f0126932_21404376.jpg


そのまま帰るのもつまらないので、今回、箱根峠からR1では初めて走る国道1号を下って静岡県側の三嶋大社へお参りしてきました。
これまで何度も三島市を訪れてはいるものの、三嶋大社にお参りするのは、実は今回が初めてです。
f0126932_2141331.jpg


予想していたことではあるけれど、やはり平地は暑い!
本殿にお参りしてお札をいただいただけで、全身が滝のような汗でずぶ濡れ状態に・・・(笑)
f0126932_21452158.jpg


R1から降りていつまでも平地を歩き回っていると熱中症で倒れそうだったので、再び山を駆け上がって大観山へ。
最後にコーヒーを一杯飲んでから帰途につきました。
f0126932_21483986.jpg


今回の総走行距離は約413kmといつもよりは少々多めでしたが、逆に満足度は少々低め。
それでも平日の道路の空き具合は非常に魅力的なので、また平日に休みが取れたら、走りに行くことにします。
f0126932_21504137.jpg

by naka1md30 | 2014-07-24 22:00 | 旅とツーリング | Comments(0)

斑入りのアジサイとコリウス

昨日に梅雨が明けた関東は、暦どおりの暑さ全開・・・
寒冷紗の下のヤマアジサイは剪定後の新芽が青々と茂るばかりで、毎日眺めていてもあまり面白くありません(笑)
そんな中で多少は目を楽しませてくれるのが、斑入品種の株です。

羽衣の舞の枝変わり品種である羽衣錦。
寒冷紗をかける前に若干、葉焼けしてしまいました。
f0126932_2046556.jpg


昨年、伊豆の亀石峠で見つけてきたガクアジサイの枝変わり。
だいぶ株が充実してきたので、来年は花が見られるかもしれません。
f0126932_20483114.jpg


九州の英彦山産の黄冠は、夏のこの時期に新芽の先が明るい黄色になります。
f0126932_20495265.jpg


伊予冠雪の新芽も、この時期に斑が明瞭になってきます。
f0126932_20521383.jpg


クレナイの枝変わり品種である紅錦。
斑入りの枝は弱いらしく、なかなか大きく育ってくれません。
f0126932_20531365.jpg


今年我が家にやってきた瀬戸の虹。
葉の感じからすると、虹の斑入り品種ではないかと思っています。
f0126932_20535147.jpg


由布残雪の剪定後の新芽は、この後育つのか心配になるほど色が抜けています。
f0126932_20544645.jpg


九重山の散斑は、春から秋まで常に安定しています。
f0126932_20555435.jpg


話は変わりますが、この前の連休に近所のホームセンターで二十数年ぶりにコリウスを購入してきました。
コリウスというと、昔は大きな品種しかなかった記憶があるのですが、最近はバリエーションが増えているようです。
こちらは茎が長く伸びるハンギングタイプ。
f0126932_2057075.jpg


そして、普通に大きくなる種類のベーシックタイプ。
さて、秋になるまでにどこまで大きくなるかな~
f0126932_20592080.jpg


最後に7月の頭には真っ白だった半夏生ですが、花が終わって白い部分がすっかり緑色に変わってきてしまっています。
半夏生の白色が褪せてくると、今年もいよいよ後半戦に突入したんだなと実感します。
f0126932_2103548.jpg

by naka1md30 | 2014-07-23 21:04 | 庭いじりの話 | Comments(2)

代休

f0126932_5512984.jpg

連休にどこへも行けなかったので、早起きして箱根方面へ。
日が高くなる前からすでに暑い・・・
by naka1md30 | 2014-07-23 05:51 | 携帯から | Comments(0)