<   2014年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

衝動買い その2

今週もまた、買ってしまった・・・
この時期にクリスマスローズを売っている所へ行くのは非常に危険!とわかっていながら、うっかり立ち寄った近所のホームセンター&京成バラ園にて苗を衝動買い。
まあ、開花株を買うよりはよっぽど金額が安いので財政上の被害は小さいのですが、その分次回の反省にもつながりません(笑)
樋口交配ウィンターシンフォニー苗(グレープダブル×セミダブル)、ミヨシのダブルファンタジー、それから横山園芸の原種苗(H.ボッコネイ、H.アトロルーベンス、H.デュメトラム)。
f0126932_22401020.jpg


今年の開花第一号は、プチドール麗。
他の株もここ数日の陽気で一気に花芽が大きくなってきており、いよいよクリスマスローズの開花シーズンが始まります。
f0126932_22403473.jpg


先日、開花株を購入したパーティドレスピンクブロッチも咲き始めました。
写真では大きく見えますが、実際はとても小輪です。
f0126932_22425866.jpg


しばらく見ないうちに、地植えの株もこのとおり。
大急ぎで古葉切りを済ませました。
f0126932_22442116.jpg

by naka1md30 | 2014-01-29 22:46 | 庭いじりの話 | Comments(0)

寒中房総林道ツーリング 往路&伊予ヶ岳登山編 (WR250F)

この前の土曜日、今年2回目になる房総林道ツーリングに行ってきました。
最近、林道ツーリングのコースがマンネリ化しつつあるので、毎回何かしら新しい場所を開拓して楽しんでいるところであります。

まずは、鹿野山北側のダートを走ってから、鬼泪山林道へ向かうも、舗装工事で通行止め。
失敗した!土曜日は林道の工事が行われているのでした。
仕方がないので、一旦、佐貫方面まで下ってから、海沿いを南下するルートに変更です。

お話は変わりますが、昔々、自分がまだ子供だった昭和の時代、浅間山の砂取場から東京湾まで山砂を運ぶベルトコンベアーが国道127号を跨いで建設されてました。
そのベルトコンベアーはいつしか取り壊され、今ではその跡が1kmほどの真っ直ぐなフラットダートになっています。
せっかく久々に来てみたので、アクセル全開!(笑)
f0126932_2221960.jpg


国道127号を金谷まで南下して、林道金谷元名線へ。
林道竹岡線が走れなくなってからすっかりご無沙汰していましたが、金谷元名線の方は特に崩落等もなく普通に通り抜けることができました。
f0126932_2230515.jpg


林道竹岡線は、林道の標識も落下してしまっていて(うーん、いつからこんな状態だったっけか?)、このまま廃道になってしまわないかと心配な今日この頃です・・・
f0126932_22322943.jpg


房総の水仙は今がまさに見頃です!
長狭街道から大崩(おくずれ)水仙郷、佐久間ダム経由で伊予ヶ岳方面へと向かいます。
f0126932_22344379.jpg


年始のツーリングに引き続き、林道伊予ヶ岳線へやってきました。
実は今回、確かめたいことがあるのです。
f0126932_2363271.jpg


林道から脇道へと入り、伊予ヶ岳山頂直下の地滑り崩壊地跡の広場へ。
林道伊予ヶ岳線から伊予ヶ岳への登山道があるとの話を小耳に挟んだのですが、ハイキングのガイドブック等には全くルートの表記がないため、実際にこの目で確かめてみることにしました。
まず、辺りを見回してみるものの、登山道を示す案内板等は一切見当たりません・・・
f0126932_22383041.jpg


しかしながら、歩き始めて1分も経過しないうちに、それらしき入り口を発見(笑)
地滑り崩壊地の広場の一番奥、どん詰まりに登山道への下り口がありました。
f0126932_22424098.jpg


先ほどの入り口から薄暗い杉林の中を緩やかに数分登っていくと、伊予ヶ岳の肩にある東屋に到着。
東屋で天神郷の平群天神社からの登山道と合流すると、ここからはひたすら岩場を登ることになります。
しかし、モトクロスブーツ(靴底が真っ平ら)にニーブレース装着の完全装備での鎖場登りがこんなに登りにくいとは思わなかった~(汗)
完全に場違いな格好であることには間違いがないが、どうせ自分では見えないから気にしない方向で・・・
f0126932_2244833.jpg


登山道の入り口から15分弱で伊予ヶ岳南峰に到着!
ただでさえ短時間で登れる伊予ヶ岳をこんな抜け駆けルートからアプローチするのもどうかと思いますが、今の自分は山屋ではないので、そんなことは一切気にしないのです(笑)
写真は山頂から東方向の展望。中央やや左奥が千葉県最高峰の愛宕山(408m)です。
f0126932_22494484.jpg


南峰から見下ろす天神郷の集落と御殿山(左奥)の展望。
f0126932_22534947.jpg


西の方へ視線を移せば、富山(左の双耳峰)や相模湾、その奥に三浦半島が見えていました。
f0126932_2255872.jpg


南峰から三角点のある北峰越しに望む鋸山方面の展望。
左奥には浦賀水道と三浦半島(久里浜のあたり)が見えています。
f0126932_22562938.jpg


せっかくなので、北峰にも登って三角点を見てきました。
北峰から見た南峰と御殿山(左奥)の展望。
それにしても、南峰の山頂は本当に岩のてっぺんなんですね~
f0126932_22582081.jpg


再び南峰まで戻ってきました。
南方向を望むと、いつもR1で走っている平久里川沿いの谷の向こうに館山平野が見えています。
右奥は館山湾(鏡ヶ浦)と洲崎。
さて、いいかげん腹が減ってきたので、早く下山して昼飯を食べに行こう!
f0126932_2301899.jpg


後編へつづく
by naka1md30 | 2014-01-28 23:05 | 旅とツーリング | Comments(0)

伊予ヶ岳山頂

f0126932_1334496.jpg

突発的に伊予ヶ岳に登ってみました。
これから登山口まで戻り林道を走って帰ります。
by naka1md30 | 2014-01-25 13:03 | 携帯から | Comments(0)

衝動買い

近所のホームセンターにて、クリスマスローズの開花株を衝動買いしました。
樋口交配(ウィンターシンフォニー)のセミダブルでグリーンやグレープ系の株が欲しいな~と考えているところなのですが、行ってみたホームセンターにお目当ての花色はなく、なぜか写真のピコティの株を買ってきてしまいました(笑)
昨年までと比べるとだいぶ値段が下がってきているものの、クリスマスローズの開花株の値段はまだまだ高いです。
f0126932_22174666.jpg


庭のクリスマスローズも日増しに蕾が大きくなってきています。
パーティドレス系のフェアリーローズスポット。
f0126932_22181157.jpg


シングルブラックの蕾は、ここのところの寒さで一段と黒さが増しました。
f0126932_22192954.jpg


セミダブルのスモーキーピンク。
f0126932_22202015.jpg


2年前に購入した処分品のアプリコット系ダブルの苗(生産者不明)も、初めての蕾が上がってきました。
果たしてどんな花色と花形なのか?
最終的にガッカリの可能性が無きにしも非ずですが、初花が咲く直前のこの期待感が苗からの栽培の醍醐味でもあります。
f0126932_22205839.jpg

by naka1md30 | 2014-01-24 22:27 | 庭いじりの話 | Comments(0)

木更津の海中電柱探訪

本来であれば、寒中房総林道ツーリングのタイトルでツーレポを投稿する予定のはずが、こんな表題になりました(笑)
今朝、千葉でも積雪があったのは周知の事実ではありますが、どうしてもバイクに乗りたかった自分は、日が出てからハイエースにWRを積んで房総へ行くことにしました。
が!途中の県道や国道がツルツル、テカテカに凍結していて、カーブ脇の法面や道路標識には地元車がスリップして突っ込んだ跡が至るところに・・・
土木事務所はきちんと塩カル撒け~!というか、仕事してください。お願いします(泣)
そんな感じで山の中はどこもかしこも危険が危ないので、ツーリングは中止。
WRでも舗装路でコケたら痛いし、一昨年の春みたいに指が変な角度に曲がったりしても嫌だしね。

とりあえずツーリングは諦め、海沿いに出て気の赴くままに富津岬へと向かいました。
ちなみにこの写真、カメラのレンズがひん曲がっていたのではなくて、防砂林の黒松自体が日頃の強風で右方向(北側)へと傾いているのです。
f0126932_20485850.jpg


せっかくなので、富津岬の先端にある明治百年記念展望台へ登ってみます。
この場所に来るのは、何と20年ぶりだったりします。
f0126932_2051435.jpg


展望台の上は季節風が強くて目を開けていられないほどでしたが、視程はまずまずでした。
富津岬先端から沖合いの第一海堡までは、かつては砂嘴で繋がっていて歩いて行けた時代もあったようですが、今では見る影もなく砂が侵食されてしまっています。
f0126932_20541621.jpg


富津岬は富士山を見るのにも最高の場所でもあります。
左奥の山並みは箱根の山々。
f0126932_20593822.jpg


展望台から内陸側を振り返ってみる。
もちろん両側が海!
f0126932_211793.jpg


さて、ここからが今日の本題です。

下の写真は、2009年に発売された鬼束ちひろの「陽炎」のプロモーションビデオの一場面。
背景に広がる景色はどことなく日本離れしていて、どこまでも広がる干潟や沖合いまで延びる電柱群に目が釘付けになりました。
プロモーションビデオの中では、太陽が左から右へと回っていくと共に、次第に潮が満ちてきて一面の海面へと変わっていくのですが、果たしてこの不思議な景色の場所はどこなのか?

映像からわかるのは、以下の2点。
・西側に面した海岸で沖合いに広い干潟が広がっている。
・対岸に工場群らしきものが見える。

映像を撮影した場所がもし国内だとすると、考えられるのは九州の有明海周辺、瀬戸内海のどこか、名古屋周辺のどこか、あたりか・・・
当時、そこまで絞り込んだところで、海中に電柱がある場所をインターネットを検索してみると、千葉県の木更津江川海岸と熊本県宇土市が引っかかりました。
しかしながら、千葉県の木更津江川海岸の電柱は映像の電柱と形状が違うし(支柱が無い)、熊本県宇土市の方は背景が雲仙普賢岳で工場群は全く無しで、該当する場所がなくなってしまいました。
それから数年が経過し、やがて海中電柱のこともすっかり忘れていったのでした・・・
f0126932_2124582.jpg


じゃーん。
今日、実はその場所に行ってきました!
海中に立つ電柱群も背景の工場群も映像の中の景色と全く同じです。
f0126932_212299.jpg


色をセピア色に変えてみると、だいぶ雰囲気が近くなりました。
f0126932_21244321.jpg


場所は小櫃川河口の南側にある久津間海岸。
東京湾内に残された自然の干潟である盤州干潟に探していた風景がありました。
沖合いにどこまでも干潟が広がるこの風景は、今ではすっかり埋立られて工業地帯になってしまった東京湾の原風景でもあります。
f0126932_2126255.jpg


映像で奥に見えていた工場群は、新日鉄の君津工場。
f0126932_21305661.jpg


そして、海中に建ち並ぶ電柱群は、沖にある密漁監視施設へ電気を送るために建てられたものだそうです。
f0126932_21321013.jpg


電柱の袂から望んだ木更津市街方面の風景。奥の山並みは冠雪した鹿野山です。
画面の右側には、最初に目をつけた江川海岸の海中電柱群が見えています。
ちなみに、この場所を見つけたきっかけはグーグルアースの衛星写真。
昨年の夏頃、木更津周辺の衛星写真を見ていた時に、海面に特徴のある電柱の影が伸びているのを見つけたのでした。
本当に便利な世の中になったものです。
f0126932_21335544.jpg


<追記>
帰ってきてから調べてみたところ、海中電柱群は今回訪れた久津間海岸と江川海岸の2ヶ所に加えて、小櫃川河口の北側、金田海岸にも1ヶ所あるそうで、なんと3ヶ所あることがわかりました。
知ってしまったからには、暖かくなったらまた見に行くことにします。

あと、2009年の鬼束ちひろの陽炎のPVをYoutubeで見つけたので、参考までに貼っておきます。



by naka1md30 | 2014-01-19 21:41 | 旅とツーリング | Comments(2)

クリスマスローズ開花株の購入

今朝は、千葉でも前日の天気予報通り雪が降りました。
積雪はうっすらと白くなる程度ではありましたが、道路の凍結が酷くて本当に参りました。
花芽が立ち上がってきたクリスマスローズの鉢もご覧のとおり。
f0126932_20155419.jpg

f0126932_2016970.jpg


今年はこれ以上増やすまいと思っていた矢先、この週末に開花株を買ってしまった・・・
置き場所が無くて、がびーんです(笑)
f0126932_20195692.jpg


今回買ったのは、ミヨシのグリーンフィズ、プチドール凛、パーティドレスピンクブロッチ。
プチドール凛だけは苗を買ったのですが、届いた株は何と花芽つきでした。
まだまだ冷え込みが厳しいので、しばらくは軒下で管理します。
f0126932_20213549.jpg

by naka1md30 | 2014-01-19 20:26 | 庭いじりの話 | Comments(0)

クリスマスローズの花芽(1月13日)

朝の冷え込みが厳しい日々が続いていますが、クリスマスローズの花芽は着実に大きくなっています。
この時期は庭いじりに関して、水やり以外に特にすることがないので、手持ち無沙汰な今日この頃です(笑)

昨年に苗を購入したプチドール麗。
このまま順調に成長すれば、今月中には開花が始まるかな?
原種のデュメトラムとハイブリッドの交配種で、我が家では今年が初開花になります。
f0126932_2311980.jpg


こちらは、クリスマスローズで唯一のアジア原産種であるチベタヌスの新芽。
一昨年の年末に小苗を2本購入したものの、昨年夏の猛暑で1本が枯死してしまい、何とか残った方の1本がこれなのです。
まだまだ小さな芽なので、開花は来年以降になりそうです。
f0126932_2355587.jpg


ブラックシングル株の花芽。
こんな感じで苞葉の中から蕾が見えてきた株が多くなってきました。
f0126932_23916.jpg


昨年、苗を購入したアシュードネオンスター。
まだまだ株が小さかったので今年の開花は諦めていたのですが、ここに来てかなり芽が膨らんできました。
もしかすると、開花が期待できるかもしれません。
f0126932_2312298.jpg


同じく昨年に購入した樋口交配のウィンターシンフォニー苗。
この1年間で順調に成長して初花が見られそうです。
ダブルピコティー系の苗であったので、どんな花が咲くのか?こちらも楽しみな株です。
f0126932_2314208.jpg


今シーズンはウィンターシンフォニー苗を中心に大量の苗を購入してしまったので、これ以上増やさないようにしないといけません(笑)
写真はその一部。手前の2本がウインターシンフォニーの苗で、奥はボッコネイ交配の苗(花色は全く不明・・・)になります。
f0126932_23165742.jpg

by naka1md30 | 2014-01-14 23:23 | 庭いじりの話 | Comments(0)

久しぶりのデコボコ日記

昨日は、久々にデコボコランドでYZ125に乗ってきました。
前回YZに乗ったのは、昨年正月のデコボコだったので、実に1年以上が経過しています。
YZ乗らなかったのもデコボコへ行かなかったのも、特に理由があったからではなく、ついR1とWRでのツーリングに足が向いてしまっただけだったりします(笑)
久々に乗ったYZはやっぱり面白くて、今年は毎月デコボコへ走りに行こうと思った次第です。
f0126932_20285827.jpg


この時期のデコボコは、朝は霜でカチカチ、日が出てくると霜が融けてツルツルになるのが常なのですが、日曜日は霜もツルツルもかなりマシな方だったかな?
とはいえ、1年ぶりの2stYZでのデコボコ走行は体がついていかなくて大変!
何度かYZの車体があさっての方向へ向きましたが、何とかコケずに済みました。
ちなみにウッズは外周のみ、ジャンプも完全封印でした。
f0126932_20343362.jpg


出入口のところで取締り中?のE原さん(笑)
この日は知り合いが少なめではありましたが、IAワタライさん、A木軍曹、E原さん、ぴらふさん、K玉Bさんに会えました。
f0126932_20402380.jpg


久々のデコボコでの夕暮れ。
帰りに野暮用があったので、今回は少し早めに上がりました。
f0126932_20462437.jpg


ここからは余談。
ハイエースのタイヤハウス内がデロデロなのに気がついてしまったので・・・
f0126932_20484081.jpg


デコボコ近くの洗車場で洗ってから帰ってきました。
それにしても、タイヤ周りだけに絞って洗ったのに、危うく通常の洗車コースで終わらないところでした。
しかも、ハイエースを動かした洗車スペースには大量の赤土が・・・毎週ココに寄ったらたぶん出入り禁止になること間違いない(笑)
f0126932_20494539.jpg


寒さはこれからがピークになりますが、日は確実に伸びています。
今年の年度末の仕事は、来月半ばをピークにこれからが正念場。
たまに気晴らしにデコボコへ来つつ、3月になったら平日も含めて走りまくってやろうと思う。
f0126932_205252100.jpg

by naka1md30 | 2014-01-13 20:57 | バイクの話 | Comments(0)

一年以上ぶりのデコボコ

f0126932_12472395.jpg

昨年の正月以来、実に一年ぶりのYZで一年ぶりのデコボコへ。
ツルデコとしてはかなり易しいレベルですが、コースも良くわからないし、転ばないように走るのがやっとです(汗)
まあ、リハビリということで。
by naka1md30 | 2014-01-12 12:47 | 携帯から | Comments(0)

新春房総林道ツーリング 後編 (WR250F)

新春林道ツーリングの後半戦です。

みんなみの里から少しだけ南の方へ足を延ばして平久里の平群天神社へ。
思うところがあって、天神様にお参りすることにした次第です。
f0126932_20291680.jpg


前回、11月にお参りした時には気がつかなかったのですが、境内には結構歴史のある物があります。
まずは参道の右手にある手水舎。
前回来た時に梅の紋には気がついていたのですが、ふと右下を見てみると奉納の時期が「寛政二年正月」と記されています。
誰かが西暦を書き込んでありますが、1790年の2月に奉納されたものであることがわかります。
f0126932_2030463.jpg


お次は参道の両側にいる狛犬。
帰ってきてから調べてみたところ、尾が下がり顔を曲げたこのようなタイプを「江戸狛犬」と呼ぶようです。
f0126932_20414666.jpg


こちらも台座の裏側に弘化二年(1845年)の建立と記されています。
f0126932_20491257.jpg


拝殿手前の向かって右手側にある日露戦争戦捷記念碑。
書は日本海海戦の指揮官だった東郷平八郎です。
f0126932_20505528.jpg


だいぶ日が傾いてきましたが、少し寄り道!
半ば思いつきで伊予ヶ岳の北東面にある林道伊予ヶ岳線を走ってみることにしました。
自分の記憶が正しければ、林道伊予ヶ岳線を走るのは1995年の6月にジムニーで走って以来、実に18年半ぶりになります。
f0126932_212984.jpg


林道伊予ヶ岳線の途中にある分岐から急な細道を登っていくと、突き当たりにこんな広場があります。
この場所は、伊予ヶ岳山頂直下の場所で、1996年(平成8年)に発生した大規模な地滑り災害の跡地なのです。
f0126932_217518.jpg


当時の崩壊写真がこれ。
写真の左手から右手にかけて林道伊予ヶ岳線が横切っているのですが、地滑りが林道を巻き込んで麓へと流れ下っている様子がわかります。
f0126932_219252.jpg


もうダートは残っていないはずだと自分で勝手に思い込んで、全く走りに来ることがなかった林道伊予ヶ岳線ですが、何と18年前とほとんど変わらずにダートが残っていました。
嶺岡林道をはじめ、当時走っていた林道が軒並み舗装路になってしまった今、こうして当時のままダートが残っていることは本当に嬉しいことで、何だかなつかしい友人に久しぶりに出会えたような、そんな気持ちです。
f0126932_21121298.jpg


復路は長狭街道から林道山中線経由でもみじロードへ。
f0126932_21191032.jpg


途中、自販機で暖かい缶コーヒーを飲んで一休み。
さあ、日が暮れる前に早く帰ろう!
f0126932_21202336.jpg


さらに、ダートの農道を何本か走りつないで・・・
f0126932_21214122.jpg


何とか日没前に撤収完了!
まだまだこれからが寒さの底ですが、春が来るまであと少しの辛抱です。
前回のツーリングより少ーしだけ日がのびた感じがしました。
f0126932_21222466.jpg


おしまい
by naka1md30 | 2014-01-10 21:26 | 旅とツーリング | Comments(0)