<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

暮れゆく13年

f0126932_16274677.jpg

2013年最後の夕日が沈んで行きます。
今年お世話になった皆様、どうもありがとうございました。
良いお年を!!
by naka1md30 | 2013-12-31 16:27 | 携帯から | Comments(2)

ラジエターガード取り付け (YZF-R1)

寒くなってすっかり山ツーに行かなくなったせいで、1ヶ月間放置状態のR1。
このまま放置状態を続けると、WRやハイエースと同様にバッテリーが弱るかお亡くなりになりかねないので、高速道路を使って近場を散歩してくることにしました。
それにしても、気温が低い朝のうちは、路面が凍っているところがあるは(お願いだから掃除や洗車の水を道路に撒くのはやめて~)、タイヤが温まるまでグリップ感が全く無いは、で結構怖かったです・・・

千葉北インターから東関道に乗って佐倉インターまで行き、印旛沼、千葉ニュータウン経由で70kmほどの距離を走って帰ってきました。
途中、印旛沼が見渡せる高台から写真を一枚。
風が無いため印旛沼の水面は鏡のような状態で、右奥のはるか遠くには真っ白な富士山の頭も見えています。
f0126932_18415194.jpg


富士山をアップで撮ってみましたが、コンデジではこれが限界・・・
富士山の左側の裾野の出っ張りは宝永山で、手前に一部が見えている黒い山並みは丹沢山塊です。
f0126932_1842550.jpg


それはさておき、バイク屋から以前に注文しておいたR1のラジエターガードが入荷したとの連絡があったので、帰る途中に立ち寄ってみることにしました。
物はエッチングファクトリーのラジエターコアガード(ステンレス製)です!
f0126932_18442757.jpg


取り付けは、ラジエターの上側に3箇所のツメを引っ掛けて、ラジエター下側のボルトと共締めして終了です。
オフロード車の場合と違ってR1にラジエターガードはいらないと考えていましたが、前輪の小石の巻上げや高速走行時の虫(カナブンとか)の衝突が思いの外に多くて、ラジエターに凹みが目立ってきてしまったので、今更ながらではありますがラジエターガードを取り付けてみることにした次第です。
まだ、長距離を乗っていないので何とも言えませんが、今のところ特にビビリ音等もなく良い感じです。
f0126932_18502310.jpg

by naka1md30 | 2013-12-30 19:01 | YZF-R1・YZF-R6 | Comments(0)

1ヶ月ぶりのR1

f0126932_10273414.jpg

家の大掃除&正月の飾りつけが終わったので、ひと月放置状態だったR1のエンジンに火を入れて近場を散歩。
気温が低いせいでタイヤのグリップ感が無くて、とても怖いっす…F39A.gif
by naka1md30 | 2013-12-30 10:27 | 携帯から | Comments(0)

年の瀬の庭

毎朝、気温が氷点下にまで冷え込むようになり、庭の草花もすっかり冬枯れになってしまいました。
剪定も植え替えも、やることは全て終わってしまって、庭いじりに関しては手持ち無沙汰な今日この頃です。
こういう時にホームセンター等へ行くのは非常に危険で、処分品の球根やクリスマスローズの苗木を買い増ししてしまいかねません(笑)

10日ぐらい前までは葉が残っている枝もあったヤマアジサイも、すっかり葉を落としました。
冬枯れになったところで、今年は早めに寒肥をやっておくことにしました。
f0126932_0504754.jpg


f0126932_0531162.jpg


まだ、一部には葉が残っている株もありますが、急に冷え込みが厳しくなってきたので、あと数日もつかどうか・・・
f0126932_0535512.jpg


他方、クリスマスローズの方は、冷え込みが厳しくなるにつれて日に日に花芽が大きくなってきています。
f0126932_0551775.jpg


一番成長が早い株はこんな感じで、すでに蕾が色づき始めています。
ちなみにこの株は原種交配系の「プチドール麗」で、今シーズンが初めての開花になります。
f0126932_0565293.jpg


今年初めて植えてみた原種系アネモネのフルゲンス。
今からどんな花が咲くのか、楽しみです。
f0126932_10686.jpg


すっかり冬枯れになった庭先で華やかなのは、唯一、花が咲いている寒菊と葉牡丹ぐらい。
この寒菊もさらに冷え込みが厳しくなる年明けには、終わりを迎えます。
f0126932_125556.jpg


<追記>
ここ数日、朝の冷え込みで庭の鉢はカチコチに凍っています。日が当らない日陰では、そのまま一日中凍ったままの状態です。
f0126932_18363814.jpg


そろそろシモバシラの白い霜柱も見られるようになってきました。
f0126932_18384552.jpg

f0126932_18385739.jpg


冬枯れの白木蓮。
枝の先に着いている花芽は、まだまだ硬い状態ですが、あと二月ちょっとすれば開花が始まります。
f0126932_18395392.jpg

by naka1md30 | 2013-12-29 01:06 | 庭いじりの話 | Comments(0)

バッテリー交換 (WR250F)

先日の林道ツーリングの際、WRのセルを回す度に電圧が下がってメーターの時間とトリップが飛ぶという状態になってしまい、ひたすらキックでWRのエンジンを始動していました。
今年は長期間にわたってWRに乗らない期間が何度もあったためにバッテリーがお亡くなりになってしまったようです(泣)
帰ってきてからダメ元で充電してみたものの、やはりダメなものはダメ・・・
というわけで、年内に新品に交換しておくことにしました。
まあ、前回の交換から2年以上が経過しているので、交換の潮時です。
f0126932_1721575.jpg


ここからは余談で、多少毒舌が入ります。
ちなみに、自分は高くても国産のバッテリーにこだわります。
最近は中国製の安物が多く出回っていますが、お隣の中国は国も人も全く信用できませんし(国際法も慣習も守らない、人としてのマナーもなっていない)、製品も安かろう悪かろうで全くもって信用していません。
純正部品でも国産品だけにこだわるのはなかなか難しい時代ではありますが、これまで以上にチャイナフリーを徹底していきたい所存です。
by naka1md30 | 2013-12-28 17:32 | WR250F・YZ125 | Comments(0)

師走の房総林道ツーリング第二弾 後編 (WR250F)

先日の連休に走りに行った房総林道ツーリングレポートの後編です。

もみじロードを後にして、林道山中線を走ります。
先週走った時にはわずかに残っていた紅葉も、すっかり散ってしまっていました。
f0126932_23432653.jpg


林道大山横尾線にて。
冬至の日差しは弱々しくて、一番日が高いはずの時間帯でもこの状態・・・
先週に降った雨の影響なのか、至る所に水溜りができていましたが、気温が低いこの時期に水溜りに突っ込んで水浸しになると足元が冷たくて仕方がないので、水溜りを避けながら走るのが大変でした。
f0126932_23463062.jpg


すでにお昼の時間帯を迎えていましたが、そのまま道なりに林道高山線から柚ノ木線へ。
柚ノ木線の路面は、相変わらず荒れています。でも、少々荒れているぐらいの方が走っていて面白いから、これはこれで良いと思う次第です。
f0126932_23472930.jpg


柚ノ木線の麓側の出口にて。
このまま麓の舗装路に出ても面白くはないので、先週と同様にこの場でUターン(笑)
f0126932_23511075.jpg


房総の林道で良く見かける昔ながらの林道標識。
目立つこの色といい、形といい、そして何よりも手描きチックな「林道」の書体が何とも味があって良いのです。
林道高山線や柚ノ木線は、つい最近まで県有だったのですが、どうやら地元市町村へ移管がなされたようで、管理者が鴨川市へと変わっています。
f0126932_1671136.jpg


林道柚ノ木線の復路にて。
気がつくと、青空が消え寒々しい冬の雲が広がってきていました。
f0126932_23581420.jpg


そろそろ腹も減ってきたし・・・というわけで、再び高山線の入り口まで戻って、国道410号で一旦麓へと下ることしました。
木々の切れ間から望む、鴨川市街と太平洋。
f0126932_003472.jpg


こちらは、加茂川の谷越しに望む嶺岡山。
山頂にレーダードームがある左奥のピークが千葉県最高峰の愛宕山(408m)です。
f0126932_032271.jpg


鴨川で昼飯&給油を済ませた後、再び林道大山横尾線~松節線を走り、林道田取線へと走り繋ぎました。
写真は、林道田取線の途中にある愛宕山山頂(先ほどの嶺岡山の愛宕山とは別の山です。)から望む東京湾方面の展望です。
右奥が鬼泪山、東京湾のはるか向こうには丹沢山塊~大菩薩連嶺~奥秩父の山々が見えています。
f0126932_045033.jpg


同じく愛宕山山頂から望む鹿野山(右奥)と鬼泪山(中央~左奥)の展望。
中央のあたりがマザー牧場になります。
f0126932_0104457.jpg


次第に傾いていく日差しに急かされながら、林道豊岡線を走ります。
f0126932_0141964.jpg


途中、治山工事が行われている箇所があったものの、この日は日曜日だったこともあって休工中でした。
f0126932_0151210.jpg


林道山中線を抜け再びもみじロードへ。
f0126932_015474.jpg


ひとまず、暖かいお茶でも一杯・・・
と、少しのつもりで自販機に立ち寄ったところ、R1とDトラッカーに乗った方々がいて、しばらく雑談タイムに。
そんなこんなで長居してしているうちに時刻は15時半を回り、どんどん夕暮れが迫ってきます。
寒さに凍えながらトランポまで戻って撤収したのは、結局、今回も日没後になってしまいました・・・
f0126932_0162212.jpg


ひとまずこれで、年内のツーリングはおしまい。
正月は軽くR1に乗って、正月明けに再びWRで林道ツーリングに行く予定です!
by naka1md30 | 2013-12-28 00:24 | 旅とツーリング | Comments(0)

房総からの山岳展望

この前の連休に走りに行った房総では、久々に遠くの山々を見ることができました。
というわけで、少々解説を入れつつ撮ってきた写真を載せてみます。

まずは、鹿野山の北東山麓、君津市根本付近から見た富士山と南アルプス。
房総半島の木更津より南側から富士山を見ると、手前に遮る山が全く無いので、裾野も含めて富士山全体を見ることができます。
f0126932_1922561.jpg


カシミールで再現した展望。
富士山の右側に見えるコブは、スバルラインの五合目がある小御岳で、上の写真でその右奥に見えている白い山並みは、南アルプスの赤石岳と悪沢岳です。
f0126932_1991731.jpg


お次は、鹿野山九十九谷展望台から望んだ南西方向の展望。
左奥が伊予ヶ岳で、中央奥の双耳峰が富山です。右奥にかすかに見えているのは伊豆大島の三原山。
f0126932_19111031.jpg


鹿野山山頂から望んだ北方向の展望です。
奥に見える双耳峰は筑波山。
筑波山の右手前に見えているビル群が幕張新都心で、右端奥に見えているのが千葉市街のビル群になります。
f0126932_19135846.jpg


同じく鹿野山山頂から見た、木更津市街越しに見る東京方面の展望です。
東京湾に架かっているのがアクアラインで、対岸に見えているのは品川~港区~中央区にかけてのビル群。
少し離れた右端には、東京スカイツリーも見えていました。
f0126932_19162410.jpg


さらに場所を変えて、鬼泪山からの展望です。
f0126932_1922756.jpg


カシミールで再現してみるとこんな感じで、天気が良いと伊豆半島から奥秩父・奥多摩までの山々を望むことができます。
f0126932_19234099.jpg


東京湾(浦賀水道)越しに見た三浦半島(中景)と箱根連山(左奥)、そして富士山です。
f0126932_19251312.jpg


さらに北の方へ目を移していくと、富士山の右奥に白く冠雪した南アルプスの悪沢岳、塩見岳、わずかに農鳥岳が見えています。
右端の山並みは、この時期としては雪が多い丹沢山塊。
f0126932_19275048.jpg


丹沢山塊(左端)のさらに北側奥には、大菩薩連嶺から奥秩父へと連なる山並みが見えています。
中央奥に白く見えているのが、山梨県と長野県との県境にある金峰山と国師ヶ岳で、両山の間が川上牧丘林道が越えている大弛峠になります。
f0126932_19314264.jpg


上の写真をカシミールで再現したのが、この図です。
f0126932_19381914.jpg


こちらは、林道田取線が越えている、富津市の愛宕山からの展望。
午後の逆光状態ではありますが、伊豆スカイラインのある伊豆の山並みから箱根連山、富士山が見えていました。
ちなみに、手前に見えている煙突群は、久里浜の火力発電所です。
f0126932_19412741.jpg


さらに北側へ目を移せば、東京湾越しに丹沢山塊(左~中央奥)、大菩薩連嶺(やや右奥)、奥秩父(右奥)が見えています。
f0126932_19423435.jpg

by naka1md30 | 2013-12-25 19:44 | 雑記 | Comments(2)

師走の房総林道ツーリング第二弾 前編 (WR250F)

連休ど真ん中の日曜日、先週に引き続いて房総の林道へ走りに行ってきました。
この日は冬至だったので、とっとと走り出して日が暮れないうちに帰ってくるつもりでしたが、いつものように途中で道草を食ってしまい、結局、日没後の帰宅になってしまいました・・・

房総の山々も次第に冷え込みが厳しくなってきて、すっかり冬枯れになってしまいました。
今年も残りあとわずか・・・これが年内最後の林道ツーリングになるかな?
f0126932_17194856.jpg


まずは、鹿野山北麓のダートから鬼泪山林道をひと走り。
途中、対向車には1台も会わず・・・
f0126932_1723687.jpg


鬼泪山の山頂からは、東京湾越しに真っ白に冠雪した富士山や丹沢、奥秩父などの山並みが一望できました。
景色は良かったのですが、吹きっさらしの山頂はとにかく寒くて、早々に下山しました(笑)
鹿野山山頂の日陰には数日前に降った雪が残っていましたし、路肩も凍っている所があったぐらいですから、寒くて当然です。
f0126932_1724131.jpg


東京湾(浦賀水道)越しに見た富士山と真っ白になった丹沢山塊(右奥)。
中央奥はるかに見えている白い山々は南アルプスで、富士山手前の町並みは横須賀です。
f0126932_17333842.jpg


鬼泪山を背に、いつものように鹿野山南麓のダート経由で先を急ぎます。
f0126932_17355373.jpg


そういえば、今年の春先にすでに大荒れだった林道竹岡線。
そろそろ走りに行きたいな~と思ったものの、先日の台風で崩落が発生してしばらく通行ができないとのこと。
そこで今回は趣向を変えて、林道東奥野線と保田見(ぼてみ)林道を走り繋いでもみじロードへと抜けるルートを走ってみることにしました。
林道竹岡線の入り口のある富津竹岡インターから、白狐川沿いの市道をさかのぼったドン詰まりが林道の入り口です。
f0126932_17395739.jpg


たぶん、このブログで林道東奥野線を紹介するのは初めてかな?
建設途中のまま工事がストップした市道を尻目に、川沿いのダートを走ります。
f0126932_17453746.jpg


この日は先に走ったバイクが何台かいたようで、路面には何本かのタイヤ痕がついていました。
ちなみに林道東奥野線は、チャリダーやハイカーも入っているので、要注意です。
f0126932_17485463.jpg


林道東奥野線からは、そのまま道なりに保田見林道へと入ります。
保田見林道は山間の集落を繋ぐ狭い一車線幅の生活道路で、コンクリート舗装と荒れた舗装路、ダートが入り混じっています。
f0126932_1750154.jpg


沿道には、廃村や耕作放棄された棚田の跡などが散在していてほとんど人気がありませんが、たまにダートを走る郵便局のカブを見かけたりするので、周辺に何軒かの人家があるようです。
f0126932_17525142.jpg


そのまま走っていくと、もみじロードの林道山中線の入り口にほど近い場所に出ます。
ちなみに、入り口には保田見林道を示す標識等は一切ありません。・・・
f0126932_17535967.jpg


日の当らない狭いウネウネ舗装路を低速で走っていたら、すっかり体が冷えてしまったので、いつもの自販機で一休み。
暖かいコーヒーを飲んでいくことにしました。
f0126932_17561797.jpg


後編へつづく
by naka1md30 | 2013-12-23 18:08 | 旅とツーリング | Comments(0)

再び師走の房総へ

f0126932_12481449.jpg

今年最後の林道ツーリング。
先週の雨でぬかるんでいる所が多いので、水溜まりに入らないように避けながら走るのが大変ですF396.gif
by naka1md30 | 2013-12-22 12:48 | 携帯から | Comments(0)

今年最後の東北出張

f0126932_10343023.jpg

はやぶさに乗って仙台へ。
はやぶさと聞くと、バイク乗りの自分はどうしてもスズキの方のハヤブサを思い浮かべてしまうんだよな~(笑)


<追記>

はやぶさ祭り(笑)
f0126932_21193468.jpg


f0126932_21194881.jpg


はやぶさの車窓から。
たぶん福島盆地のどこかの雪景色。
この日は東京や千葉でも初雪が降ったぐらいなので、当然、福島は真っ白でした。
f0126932_2120426.jpg

by naka1md30 | 2013-12-20 10:34 | 携帯から | Comments(0)