<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アジサイとクリスマスローズ

今年の秋は厳しい残暑もなく、着実に気温が下がっています。
朝の気温もコンスタントに15度を下回るようになり、日によっては10度近くまで下がる日もあります。

夏の暑さでバテ気味だったヤマアジサイも元気を吹き返してきました。
そろそろ来年の花芽形成が始まるので、日中は可能な限り日に当てます。
f0126932_2343159.jpg


今年は台風襲来を期に、彼岸前の9月の半ばに日除けの寒冷紗を撤去したのですが、一部の株が葉焼けを起こしてしまいました・・・
秋になったとはいえ、いきなりの直射日光は厳しかったようです。やっぱり植物は難しい。
f0126932_23454444.jpg


クリスマスローズの鉢も猛暑を乗り越え元気です。
もう少し気温が下がってきたら、植え替え開始です!
f0126932_23481461.jpg


他にも挿し木したアジサイ類のポットへの鉢上げやら、春咲き球根の植え付けやら、やることが一杯あって、休日はツーリングとの優先順位付けが難しいところです(笑)
by naka1md30 | 2013-09-30 23:52 | 庭いじりの話 | Comments(2)

南会津は晴天なり

f0126932_1025385.jpg

もう山の上は晩秋。
道端の草が霜枯れています。
by naka1md30 | 2013-09-29 10:25 | 携帯から | Comments(0)

10年ひと昔

ちょうど10年前の今日、自分にとって初バイクであるXR250BAJAが納車になりました。
普通二輪免許自体は2週間ぐらい前に取得していたのですが、ヘルメット等の装備品を購入したり、バイク置き場を作る必要があったりして、大安だったこの日が納車日になった次第です。

当時、一緒に住んでいた親父は、自分がバイクに乗ることだけでなく、免許を取ること自体にも大反対で、バイク屋からXRに乗って家まで帰ってきた時に非常に嫌な顔をしていた記憶があります。
そんな親父も、その日から1年が経った翌年の9月28日に急死、9月28日は自分にとって思い出したくない日となりました。

よく10年ひと昔などと言いますが、本当に10年間なんてあっという間に過ぎてしまいます。
10年前の自分の立場から今の状況を見てみると、何ひとつ予想どおりになっていることなど無いことから考えてみても、10年後、東京五輪から3年後の状況もまた、今からは予想できないものになっていることでしょう。
いずれにしても、10年後も元気にバイクに乗っていたいものです。

2003年9月28日、納車直後のXR250BAJA。
この日は、今日の午前中と同じ穏やかな秋晴れの日でした。
本当に初めてのバイクで、公道を走るのもこの日が初めて。この写真を撮った直後、一時停止標識のある交差点で握りゴケをかまして納車当日にブレーキレバーをひん曲げたのは良い思い出です。
この後、こいつでTBIに出たり、斜面で発射してシートレールをひん曲げたり、木に正面衝突してライト周りを大破させたり・・・なんてことになろうとは、この時は知る由もありません(笑)
f0126932_18462756.jpg


おまけ。
当時、旅の相棒だったランクル70。
XRを買ったとはいえ、まだ舗装路を走るのが精一杯で、山へはこいつで出かけていました。
この写真も2003年の秋(おそらく10月上旬か中旬)に撮影したもので、場所はまだ山梨県側区間のほとんどがダートだった井川雨畑林道。
手放してから7年以上が経った今でも、ランクル70は自分の中で最高の車です。
f0126932_18521089.jpg

by naka1md30 | 2013-09-28 19:03 | バイクの話 | Comments(0)

秋の信州高遠林道ツーリング 後編 (WR250F)

信州高遠林道ツーリングの後編です。

お昼は、美味しい蕎麦が食いたい!というわけで、高遠城址公園の北側にある「ますや」へ。
最近は有名になってしまったのか、観光シーズンに来るとまずお店に入れない「ますや」。この日も平日であるにもかかわらず、席が満員で少しだけ待ちました。
f0126932_0343760.jpg


f0126932_0373627.jpg


さーて、腹が一杯になったところで後半戦です。
まずは、幅員の狭い林道鍛冶村線で再び山の中へ入ります。
ちなみに、途中にあるスイッチバック状の分岐点は左へ登る(直進は行き止まり!)のが正解なのですが、この場所に来る度に昔ランクルで来た時に一回で曲がれずに難儀した記憶が蘇ってくるのです・・・
f0126932_0382169.jpg


そのままフラットな林道月蔵線を走り繋いで、
f0126932_0434188.jpg


市道高嶺線へ。
だんだんと雲行きが怪しくなってきますが、当然、雨具なんぞは持ってきていません(笑)
f0126932_0455194.jpg


稜線の一部では、早くも紅葉が始まっていました。
伐採地付近の沿道はご覧のとおりススキでボサボサ。スタンディングで走っていても顔に穂がビシバシ当るので、痛いことこの上ない。
f0126932_0475620.jpg


さらに作業道一本目。
急坂でエンスト&足が着かずにコケました。
f0126932_050132.jpg


作業道二本目。
こちらはなぜか自転車のタイヤ痕が無数についている・・・
f0126932_0511939.jpg


そんなこんなで麓の集落に出たところで終了!
この辺りは南アルプス山塊の一部であるので、熊が生息しています。
幸い?自分はこの周辺でツキノワグマに出会ったことはありませんが、林道の出口にはこんな表示が貼られていました。
手描きチックな熊の絵が良い味を出していますが、案外市役所の職員の人が絵を書いていたりして(笑)
f0126932_0533698.jpg


下山後、トランポにWRをぶち込んでから、小淵沢の道の駅横の温泉に入り、土砂降りの中央道を帰ってきました。
本当に久々の林道だったので、翌日は下半身が筋肉痛になりやした。
ちなみに今回のWRでの走行距離は148km、うちダートは約85km。ダートの距離が100kmには及ばなかったけれど、まあ御の字だっぺ。
f0126932_0565517.jpg

by naka1md30 | 2013-09-28 01:08 | 旅とツーリング | Comments(0)

秋の信州高遠林道ツーリング 前編 (WR250F)

実に4ヶ月ぶりになるWRでの林道ツーリングです。
今回は南会津方面へ行く予定だったのですが、関東も福島も雨模様になってしまったので、出発時点で天気の良い長野方面へと変更となりました。
土砂降りの首都高~中央道を西へ向かって小仏トンネルを抜けると、天気は小雨模様。
さらに、笹子トンネルを抜けると、トンネルの西側では雲が多いものの青空が広がっていました。

まずは、金沢林道経由で芝平峠へ。
今回の同行は、XRのT橋さんです。
ダートを走ること自体も4ヶ月ぶりなので、最初は感覚を取り戻すところから・・・
f0126932_20462969.jpg


ところで入笠山の西側へと下る黒河内林道は、ここ数年間、崩壊のために通行不能となっていました。
つい最近にどうやら工事が終わったらしいとの情報を得ていたので、今回は久々に入笠山から黒河内林道へ行ってみることに・・・
入笠牧場側の2つのゲート(牧場のもの)は鍵が掛かっておらず、昔のように通り抜けられましたが、問題は戸台側へ抜けられるかです。
まあ、行ける所まで行ってみましょうか!
f0126932_20502545.jpg


久々に走る黒河内林道は、一部落石があったものの、昔と変わらないフラットダート。
そうこう走っていくと、だいぶ戸台側へ下った場所で工事箇所が現れました。実はこの日も工事中でしたが、通行させてもらえました。
f0126932_20551760.jpg


上記の工事箇所から少し戸台側へ下った所に一つ目のゲートがありました。
自分で開け閉めして通過します。
f0126932_20594462.jpg


さらに下った所に二つ目のゲート。
こちらも鍵は掛かっておらず、自分で開け閉めができるようになっていました。
f0126932_210559.jpg


まあ、正式な開通前なので通行は自己責任で!
というわけで、数年ぶりに黒河内林道が通行できるようになりましたが、来年の正式な開通前に走る場合は、工事中で通行できなかったり、ゲートが閉まっていることもあり得ます。
入り口まで行って走れなくても泣かない!
f0126932_212016.jpg


南アルプス戸台口の玄関、仙流荘で一休み。
彼岸を過ぎているとはいえ、日中はまだまだ暑いです。
f0126932_216969.jpg


お次は、長谷高遠林道を中沢峠側(南側)からアプローチ。
入り口から7kmほど入ったところで工事通行止めのため、一旦、林道長坂線で麓の市野瀬集落へと下ることにしました。
f0126932_2182464.jpg


ススキが風になびく市野瀬集落にて。
南アルプスの稜線は雲の中。
f0126932_2111479.jpg


市野瀬から林道馬越線で再び長谷高遠林道へと戻ります。
看板の表示の通り女沢林道が工事中のため、女沢林道から長谷高遠林道へ入ることはできませんが、長谷高遠林道自体は通行が可能でした。
f0126932_2112476.jpg


林道馬越線と長谷高遠林道との分岐点へ着きました。
奥に見えているのは鋸岳と甲斐駒ケ岳。
f0126932_21161391.jpg


ふと、足元に目をやると、なぜか道端に ほおずき が・・・
標高が高くて気候が合っているのか、なかなか立派で綺麗な実がなっていました。
f0126932_21173757.jpg


長谷高遠林道を一気に走って高遠へ。
やっぱりWRはコーナーで横を向こうが、コケそうになろうが、軽くてリカバリーが利くので楽しいです。R1ではそうはいかない(笑)
12時を過ぎてそろそろ腹が減ってきたので、高遠で給油をしてから昼飯にすることにしました。
f0126932_21202248.jpg


※ 後編へ続く
by naka1md30 | 2013-09-26 21:25 | 旅とツーリング | Comments(0)

紅葉

f0126932_14315020.jpg

お山は紅葉が始まっています。
って、寄り道しているうちに雲行きが怪しくなってきた・・・F39A.gif
by naka1md30 | 2013-09-25 14:31 | 携帯から | Comments(0)

リハビリ

f0126932_10512948.jpg

4ヶ月ぶりのWR&ダート。
すっかり乗り方を忘れたので、まずはリハビリです(笑)
by naka1md30 | 2013-09-25 10:51 | 携帯から | Comments(0)

スクリーン交換 (YZF-R1)

R1のスクリーンを交換してみることにしました。
物は、MRAのレーシング(色はスモーク)です。
f0126932_23241399.jpg


交換前(上)と交換後(下)の比較写真。
純正と比べると、結構、高さがアップします。
f0126932_2329678.jpg


f0126932_2330281.jpg


交換してから言うのも何なのですが、色はノーマルと同じクリアで良かったかもしれない。
ちなみに、スモークにしても特に路面が見えにくくなったりすることはありません。
f0126932_23304766.jpg


取り付けたところで、早速、東関道へ。
サーキットで走れば純正との違いが出るのでしょうが、高速道路を100km/hで走っただけでは純正スクリーンとの違いをあまり感じられず・・・通常の一般道での速度域では、ヘルメットの両脇あたりの風切り音が純正スクリーンよりも大きくなります。
まあ、自己満足ということで(笑)
f0126932_2331084.jpg

by naka1md30 | 2013-09-22 23:42 | YZF-R1・YZF-R6 | Comments(0)

台風一過

f0126932_8243042.jpg

雲ひとつ無い快晴。
ここまで天気が良いと、仕事をブッチして走りに行きたくなってしまいます(笑)
by naka1md30 | 2013-09-17 08:24 | 携帯から | Comments(0)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第十二弾 (YZF-R1)

先週の木曜日、久々にR1で伊豆・箱根方面を走ってきました。
ここのところ、ほとんどバイク自体に乗れなかったので、喜び勇んで山へ行ったわけですが、残念ながら山の上は雲の中。
富士山はおろか、ガスで何にも見えませんでした・・・

ターンパイクは所々路面が濡れていて、大観山は真っ白け。
バイクは自分のみで、車もほとんど見かけませんでした。
f0126932_2123147.jpg


ようやく残暑が終わり、山では着実に気温が下がっています。
この日の朝の気温は18度ぐらい。
f0126932_21252544.jpg


伊豆スカイラインも熱海峠から玄岳にかけては雲に覆われていましたが、亀石峠まで来ると青空になりました。
さすがは平日、地元ナンバー車以外はほとんど見かけず、貸し切り状態で走れました(笑)
f0126932_21285187.jpg


軽く辺りを流して、再び大観山へ。
相変わらずガスっていますが雨の心配はないので、のんびりとコーヒーを飲んでから帰ります。
f0126932_21393240.jpg


お隣は偶然、四代目R1(2004年~2006年)でした。しかしながら、自分には前期型と後期型の見分け方がわかりません・・・
今回、良く見てみて気がついたのですが、この型のR1はライトがプロジェクターライトになっているので、正面から見てみると、どことなく現行型R1に近い雰囲気の顔つきをしています。
また、双方を比べてみると、現行型の方がスイングアームやサイレンサーが太く、エンジン周りも凝縮感があるので、うちのR1の方が全体的に太めに見えます(笑)
f0126932_21422274.jpg


コーヒーを飲みながら1時間以上待ってみるも、結局、富士山は見えず。
f0126932_21533615.jpg


それほど走り回ったつもりではないのだけれど、走行距離は420kmを超えてました。
ようやく涼しくなったし、来週に再度、走りに行ってみっかな~
f0126932_2154137.jpg

by naka1md30 | 2013-09-16 22:00 | 旅とツーリング | Comments(0)