<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

稲刈りの季節

久々に土日の両方が休みになったものの、何と寝坊してツーリングに行きそびれました・・・
仕方がないので午前中に家の片づけをして、お昼を食べにR1で佐倉まで行くことに。

この暑さの中、近所の田んぼでは、ようやく稲刈りが始まりました。
ちなみに、稲刈りに活躍するコンバインは超高級車。安いものでもR1が3台以上買えますし、物によっては1千万円以上もします。
f0126932_21595259.jpg


それにしても、ようやく秋っぽくなってきたと思ったのに、何じゃこの暑さは!
農道をだらだら流しているだけではR1の水温計は100度を下回らず、しかも両足がラジエターからの排熱で猛烈に熱い(笑)
f0126932_2202122.jpg


ちなみに、お目当てのお店は何とお休みで、しかも、第二候補の蕎麦屋も営業時間が終了。
往復70km走って軽く熱中症になりかけ、結局、ローソンの弁当が本日のお昼になりやした。
何やってんだか・・・
by naka1md30 | 2013-08-31 22:05 | 雑記 | Comments(0)

レンタカーで巡る会津の旅

東北出張の最終日は福島市内に泊まり、翌日に同僚とレンタカーで会津方面を旅してきました。
日中は暑くても、会津の空はすっかり秋の色になっていました。

まずは福島市街から土湯トンネルを抜けて猪苗代町へ。
写真は見慣れたチーズナッツの近所の蕎麦畑ですが、今回はそのまま通過しました。
f0126932_196439.jpg


天気が良かったので、猪苗代湖の志田浜へ行ってみましたが、さすがに湖に入っている人はいませんでした(笑)
気温の高かった先週だったら、湖水浴してみるのも良かったかもしれません・・・
f0126932_1911312.jpg


志田浜から見た磐梯山。
f0126932_19132812.jpg


猪苗代湖を後にし、国道49号で会津若松に向かいます。
f0126932_191458.jpg


会津若松に向かう途中、飯豊連峰が綺麗に見えていましたが、この時期でもまだかなりの雪が残っています。
f0126932_1915017.jpg


ひとまず会津若松は通過して、氷玉峠経由で大内宿へ向かうことにしました。
というのも、同乗していた同僚がどうしてもねぎ蕎麦を食べてみたいとのことで、大内宿を先に回ることになったのです。
f0126932_191727.jpg


大内宿周辺はススキの穂が風になびき、すっかり秋の気配が漂っていました。
f0126932_19211890.jpg


ちなみに、お昼は他の同僚がねぎ蕎麦を注文する中、ただ一人、もり蕎麦を注文しました。
まあ、ねぎ蕎麦はそんなに頻繁に食べるものでもないですから~(笑)
f0126932_1923320.jpg


腹もいっぱいになったところで、再び会津若松へと戻ります。
昨年、赤瓦に葺き替えられた鶴ヶ城を見るのが目的です。
f0126932_19273933.jpg


何とか閉館の30分前に入館することができました。
f0126932_1929441.jpg


天守閣から南方向の展望。
南走長屋越しに望む南会津の山々。
f0126932_19303525.jpg


天守閣から北西方向の展望。
会津盆地越しに飯豊連峰が望めます。
天守閣だけでなく、城内の他の建造物も赤瓦に葺きかえられているので、以前来た時とはすっかり雰囲気が変わっています。
f0126932_19325758.jpg


天守閣から北東方向の展望。
中央奥に飯盛山、さらにその奥に磐梯山が見えています。
f0126932_19344057.jpg


天守閣から南東方向。
中央手前が、会津戦争時に政府軍に奪われ、鶴ヶ城への砲撃の拠点となった小田山です。
大河ドラマを見てからこの場所に立ってみると、気持ちも新たに天守閣からの景色を見ることができます。
f0126932_19371965.jpg


赤瓦に葺き替えられて幕末の状態に戻された鶴ヶ城ですが、地元の方からは不評との話も耳にしました・・・
でも、時間が経てばきっとこの赤瓦の姿が当たり前の風景になっていくことでしょう。
f0126932_19395592.jpg


f0126932_19462333.jpg


f0126932_19463541.jpg


ちなみに、福島県のマスコットキャラクターの「八重たん」ですが、鉄砲を持ったバージョンや銃口を正面に向けているバージョンもあります。
かわいい顔して何気に恐いキャラなのかもしれません(笑)
f0126932_19464891.jpg


旅の終わりは、夕暮れの布引山へ。
布引山を訪れるのは、確か12年ぶりぐらいだったと思いますが、以前とは風景が一変、風車が乱立していました。
昔は本当に何もなくて、砂利道の林道を登ってたどり着いたのに、今や観光名所になっているようです。
f0126932_1947486.jpg


そして、最後に郡山でレンタカーを返して新幹線で帰ってきました。
ちなみに、車の運転は全行程を同僚にお願いしてしまったので、何だか楽々の旅になってしまいました。
Sさん、車の運転&案内ありがとうございました!
by naka1md30 | 2013-08-31 19:54 | 旅とツーリング | Comments(6)

三陸探訪 その1 (宮古~田老)

三陸沿岸へ仕事で出張して来ました。
宮古から田老にかけては2002年以来11年半ぶり、釜石から陸前高田にかけては2年ぶりの訪問になります。
仕事の合間に被災地を回ってきたので、その時に撮影してきた現在の風景を紹介したいと思います。

まずは、東京から盛岡までは新幹線の旅。
実は、「はやぶさ」に乗るのは今回が初めて。日頃、新幹線に乗ることなんて無いですからね・・・
f0126932_21225881.jpg


盛岡からはバスで宮古へ移動。
夕方の空き時間で旧田老町へ行ってきました。
f0126932_2125378.jpg


田老といえば、防潮堤。
前回この場所を訪れたのは、2002年2月のこと。当時は宮古市との合併の前で、まだ田老町が自治体として存続していた頃でした。
f0126932_2127217.jpg


そう、まさにこの場所にランクルをとめて、防潮堤の上に登ったのです。
当時の自分は、またいつでも同じ景色が見られるだろうと思い、1枚も写真を撮ることなくこの場所を後にしてしまいましたが、今思うと残念でなりません。
今はほとんど何も残っていない防潮堤の内側(右手)には、当時、たくさんの住宅が建ち並んでいました。
f0126932_21285353.jpg


X型に造られていた防潮堤も、あの日襲ってきた津波にあっけなく乗り越えられて、海側の部分は破壊されてしまっています。
それでも、この防潮堤があったことで浸水が遅れ、避難できた人たちがいたと思いたいです。
今後は、改めて海側に新しい防潮堤が建造され、残った内側の防潮堤もそのまま活用されるとのことでした。
f0126932_21321875.jpg


こちらは田老で残っている数少ない被災建造物の一つであるたろう観光ホテル。
海側の防潮堤と内側の防潮堤との間に位置していますが、3階まで津波が到達しています。
f0126932_21485145.jpg


この日の最後は、夕暮れ間際の浄土が浜へ。
浜からは、太平洋上に出た虹を見ることができました。
f0126932_215162.jpg


すっかり綺麗に補修されて一見、東日本大震災の痕跡が見受けられない浄土が浜のレストハウスですが、手前の角の柱の上部を良く見てみると、当時の浸水ラインの表示が・・・
f0126932_21541240.jpg


f0126932_21561940.jpg


おまけ。
とある仮設住宅で飼われていたネコ。人懐こくて初対面にもかかわらず、なでなでさせてくれました。
f0126932_2295743.jpg


>> その2へつづく
by naka1md30 | 2013-08-30 22:13 | 旅とツーリング | Comments(0)

会津鶴ヶ城

f0126932_16451913.jpg

久々の会津若松。
赤瓦に葺きかえられた会津鶴ヶ城に来てみました。
by naka1md30 | 2013-08-28 16:45 | 携帯から | Comments(0)

釜石

f0126932_15121491.jpg

宮古から釜石へ。
今日の三陸は秋の空が広がっています。
by naka1md30 | 2013-08-26 15:12 | 携帯から | Comments(0)

宮古へ

f0126932_17124669.jpg

宮古市の田老地区へ。
11年前に立った田老防潮堤の上から、あの日とはすっかり変わり果ててしまった景色を見ています。
by naka1md30 | 2013-08-25 17:12 | 携帯から | Comments(0)

盛岡

f0126932_12122323.jpg

2年ぶりの岩手。
今回は出張なので、じっくりと回れないのが残念なところです。
by naka1md30 | 2013-08-25 12:12 | 携帯から | Comments(0)

R1で行く箱根・伊豆ツーリング 第十一弾 (YZF-R1)

今週末から来週半ばにかけて東北出張でしばらくバイクに乗れなくなるので、一日休暇を取ってお山に行ってきました。
とはいえ、午後からは雨の予報が出ているので、チャチャっと走って午後一番に帰ってくる日程です。

ターンパイクは一部路面が湿っていましたが、走るのには支障がないレベル。
辿りついた大観山は霧の中・・・
一瞬だけ雲の間から富士山の姿が見えましたが、その後は二度と見ることができませんでした。
f0126932_21365819.jpg


伊豆スカイラインの往路は、車もバイクも非常に少なく、晴れ間も出ていて気持ち良く走れました。
まあ、変な四輪が一台だけいましたが、相手にせず関わらないのが吉です(笑)
f0126932_2139441.jpg


亀石峠で一休み。
ここで何気なく雨雲の予想を携帯で見て愕然。
朝、家を出た時は雨が降るのは午後になってからの予報だったのが、何とお昼頃には関東南部にも雨雲がかかってくる予報に変わっているではありませんか!
当然、雨具なんぞは持ってきていないので(汗)、そこいらを走り歩くのは止めにして、急いで撤収開始です。
f0126932_21422522.jpg


お山の夏は終わり、季節は秋へ。
伊豆スカや大観山の道端では早くもススキの穂が出始めていました。
って、寄り道している場合じゃないぞ。
f0126932_21464577.jpg


走っているうちに相模湾側から雲が湧き始め、雲行きがどんどん怪しくなってくるので、大観山でのコーヒーブレイクも止めにして、早々に山を下りることにしました。
不完全燃焼状態ではありますが、雨に降られるのは絶対に嫌なので、仕方がありません。
さあ、急げ急げ!
f0126932_21491890.jpg


結局、大観山から自宅までノンストップで走って12時前には帰宅。
途中の東名道~首都高~京葉道は思いの外混んでいて、しかも暑くて汗だくになってしまいました。
帰宅後、しばらくして雨が降り始めたので、どこかで寄り道をしていたら危なかったな・・・
f0126932_23104721.jpg

by naka1md30 | 2013-08-23 23:18 | 旅とツーリング | Comments(0)

亀石峠

f0126932_848217.jpg

伊豆スカまで軽くツーリング。
どんどん雨雲が南下してきているようなので、撤収開始ですF7F6.gif
by naka1md30 | 2013-08-23 08:48 | 携帯から | Comments(0)

夏の終わりに

短い休みも今日で終わり。明日からはまたいつもの日常に戻ります。
ああ、しばらく遠くへ旅に出てしまいたい・・・

休みの最終日の今日は、午前中にまずはR1でお出かけ。
昼飯がてらに、そこいらを散歩してきました。
日中はまだまだ暑いですが、日差しはすでに秋になっています。
f0126932_2123027.jpg


午後からはハイエースで買い物がてらに散歩。
田んぼを渡ってくる夕方の風も秋の気配。もう夏も終わりです。
f0126932_2125359.jpg

by naka1md30 | 2013-08-18 21:34 | 雑記 | Comments(0)