<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ガッツ木更津日記(6月27日)

土曜日は久っさびさの木更津でした。
今回はK玉さん、S津さん、あちゃのさん、akiさん(もうデコボコフレンズで良いですよね?)、そして木古内帰りのyukさんというメンバー。

そしてこの日は、あちゃのさんJrの記念すべきバイクデビューの日でした。
自分が子供の頃は自転車の補助輪が外せなくて、しかも親が大のバイク嫌いだったので、とてもじゃないけどバイクに乗れるような環境ではなかったことを考えると、あちゃのさんJrがちょっとだけ羨ましかったり・・・
午後は子供コースの泥の中ではまったのが嬉しかったみたいで、なかなかこれからが楽しみな感じですが、ボルトを締めるの手伝わせたり、ガソリン缶持たせたりと、コースにはパシリにするような木古内帰りの悪ーい大人もいるようなので、そんなことにはめげずに、たくましく素直なライダーに育ってほしいものです(笑)
f0126932_2355548.jpg

ところで自分の方はというと・・・情けないことにED-Aコースを2,3周走ったところで暑さにやられてバテバテになってしまいました。
うーん、ここしばらくジョギングサボってたらからな。
このままだと来月のY2や8月の深山なんて走れるわけがないので、仕事の合間を見ながら夜のジョギングを復活させることにしました。
f0126932_043518.jpg

そーいえば、yukさんが、「nakaさんが下れた所が下れなかったのがショック~、同じだと思っていたのに~!」とか言っていたのに対し、
「(ハルキ基準ならぬ)naka基準だな!」とか言って訳のわからない変な基準を作るのはヤメテクダサイ。
誰に対して言ってるのかって?
そこのあなた達ですYO!
f0126932_0114631.jpg

↑そーいえば、パドックと子供コースのあった部分がすっかり芋畑になってました(笑)
by naka1md30 | 2009-06-30 00:23 | バイクの話 | Comments(2)

暑い木更津

f0126932_11442773.jpg

K玉さん達と久々の木更津!
2・3周走っただけで、暑くてバテバテ…
情けないっす。
by naka1md30 | 2009-06-27 11:44 | 携帯から | Comments(2)

梅雨の晴れ間の群馬ツーリング

日曜日は全国的に雨でしたが、だいぶ前からS津さんと群馬100km林道へ行く約束をしていて、どうしても諦めきれずに(笑)雨の関越道を飛ばして群馬へ行ってきました。

まあ、天気予報が本降りの雨だと言っているのだから、当然、土砂降りっすよねー
結局、お昼を過ぎても雨が上がらず、のんびりと昼飯を食べても天気が回復しなかったら温泉にでも入って帰ろうかと半ば諦めかけたのですが、段々と雨雲が切れて青空がのぞいてくるではないですか!
f0126932_22375710.jpg

というわけで、群馬100km林道の西側の区間のみのショートカットルートでツーリング決行!
トランポ置き場を出発したのが確か13時30分ごろ、野反湖まで行って帰ってくる約100kmの行程です。
f0126932_2241850.jpg

秋鹿大影林道と万沢林道を走り繋いで野反湖へ向かいますが、なぜかやたらに生き物に出会う1日でした。
キツネにカモシカ、そしてこの場所では何と、ツキノワグマに出会ってびっくり。
f0126932_22431813.jpg

万沢林道の北海道ストレート(勝手に命名)を走ると、いつものように北海道へ行きたくなってくる(笑)
f0126932_22481237.jpg

いくつかの山を越えてたどり着いた野反湖はすっかり新緑の季節を迎えていました。
f0126932_22492034.jpg

峠の茶屋でいつものようにコーヒーを飲んでいると、段々と雲が切れて青空が広がってきます。
f0126932_22504896.jpg

眼前に広がる山上の風景と白い雲。
梅雨の晴れ間の青い空は、もうすっかり夏の色をしていました。
f0126932_22523277.jpg

せっかくなので、記念撮影もしておかなくちゃ(笑)
f0126932_22552464.jpg

6月下旬の野反湖を訪れるのは今回が初めてだったのですが、この時期はレンゲツツジが満開になるみたいです。
ここまで来て何も見ないで帰ってしまうのはもったいない!ので、野反湖の湖畔へと下ってみることにしました。
f0126932_2256836.jpg

下って来た道を振り返ると、ダケカンバの新緑がまぶしいばかりに輝いています。
f0126932_22595691.jpg

f0126932_2315180.jpg

このまま帰りたくないと思っても、明日は月曜日。
渋々と重い腰を上げて帰途に着くことにすんべ・・・
f0126932_232698.jpg

帰りも万沢林道~秋鹿大影林道を走って、元来た道を帰りました。
f0126932_234125.jpg

というわけで、この日は予定よりも大幅に少ない100kmほどのツーリングになってしまったけれど、ダートは65km以上走れたし、全く期待していなかった野反湖も見れたしで大満足でした。
ご一緒したS津さんもお疲れ様でした!
f0126932_2342276.jpg

by naka1md30 | 2009-06-23 23:18 | 旅とツーリング | Comments(1)

野反湖

f0126932_14403330.jpg

今年もやってきました。
晴れたぞー!!
by naka1md30 | 2009-06-21 14:40 | 携帯から | Comments(2)

ジョニエル-G ~参戦編~

今更ながらな感じではありますが、ジョニエルの参戦記でも。
今回は初JNCCということでFUN-Bクラスでの参加でしたが、うーん、走りとしては良いところが全くなかったですね・・・
会場が標高1000mを超えているということで、朝いちにメインジェットを1番落としたのと、事前の整備を頑張ったので、WRの調子は絶好調でした。
ということは、当然、ライダーの方がダメだったということになります(笑)

今回からFUNクラスもヘルメットタッチの一斉スタートになったのですが、実はヘルメットタッチスタートって初めてだったのです。
直前にK玉さんから、「失敗しないようにね!」と激励されていたにもかかわらず、緊張のあまりいきなりエンスト!
のっけからクラスでビリから2番目になってしまいました・・・
ひーん、昔から本番に弱い所は変わってないみたいです(泣)
f0126932_22524445.jpg

まあ、やっちゃったもんは仕方がないので、1周目は確実に行くことにしました。
ところが、前半はこれまで走ったことがないような開け開けなルートで、いまいちどう走ったら良いかわからない。
とりあえず、大きな失敗はなかったけれど、もっと攻めて走らないとダメですね。
f0126932_22562861.jpg

今回のコースには何箇所かガレ場があって、登りに3箇所、下りにロックンロールリバーなる長い枯れ沢がありました。
写真は2つ目のガレ登り。
逆バンクの右ターンの後の登りなので、結構失敗していた人がいましたが、自分は幸いなことにココでは1度もはまらずに済みました。
f0126932_22594380.jpg

問題は3箇所目の最上部のガレ登り。
ココは午後のCompGPでも使用した区間なのですが、傾斜がきついうえにガレ石が緩いので一度止まってしまうと再発進が非常に難しい場所なのです。
自分は、1周目は若干失速したもののそのまま何事もなく通過、そして2周目に回ってきた時には数十台の大渋滞になっていて、何とか渋滞の間にWRをねじ込んであとはひたすらWRを押し上げて通過(10分ぐらいのロス)、
さらに、3周目に回ってきた時にははまっているバイクがさらに増えていて、もう登れるラインはありませんでした・・・
実は斜面の下まで下って加速をつけて登れば問題なく登れるのですが、とてもそんなことをできるような状態ではないので、2周目と同じくとりあえず人の少なめな場所にWRをねじ込んで、あとはひたすら押し上げ、押し上げ、そしてやっと登り切ったら・・・自分の後ろでコースカットになっちゃいました。
本当についてないっす(ここで20分ぐらいロス)。
※写真はCompGPの時のものです。
f0126932_225956100.jpg

一方、コースの上の方にあったウッズ区間は下見の時に見たよりもずっと楽で、今回のコースで唯一の休息区間でした。
こんなことを言うと冗談みたいですが、他の区間は開け開けの斜面かガレ場のどちらかしかないので、ウッズぐらいしか休むところがなかったのです。
f0126932_23135112.jpg

というわけで、初のJNCCはケッチョンケッチョンにやられてしまいました。
いくらスキー場のレースが初めてだからといっても、まだまだ修行が足りないようです。
まあ、レースに「たられば」はないけれど、30分のロスがなければあと2周は回れた計算になるので、いつものことではありますが、いかに失敗をせずに確実に走るかそれに尽きると思いますです。はい。
f0126932_23162968.jpg

ああそういえば、デコボコフレンズのメンバーから、いつものように「nakaさん開けが全っ然!足りない!!」とも言われたっけ・・・

<追伸>
tanajiさん、走行写真ありがとうございました!
終盤の目が死んじゃってる写真はボツにしました(笑)
by naka1md30 | 2009-06-20 23:29 | バイクの話 | Comments(7)

何にもない土曜日

今週末は木古内にも行けなかったし、Y2も欠席です。
木古内&Y2で走る皆様、天気が微妙(俺のせいじゃないよ)な感じですが頑張ってください!

トランポも車検中でいまいちテンションが上がらないんですが、一日なーんもしないのはもったいないので、午後から先週のジョニエルで壊したWRの修理と3ヶ月間放置のXR-BAJAの整備をすることにしました。
f0126932_1958826.jpg

ええっと、放置のXR-BAJAはタイヤの空気圧が0.2ぐらいになっていて、エンジンオイルが真っ黒けでした・・・ごめんよ~
一方、先週ガレ場でこかしまくったWRは、左のラジエターが潰れ、メーターステーもこんな感じに潰れちゃってました。
左が外したやつで、右の方が新品です。
f0126932_2013771.jpg

夕方には旅に出ていたハイエースが予定よりも早く帰ってきて、少しテンションが戻ってきたぞっ。
明日は天気がいまいちみたいだけど、久々にXR-BAJAでツーリングにでも行ってみっかな~

↓ナナマル幌との初のツーショット。
家の車庫でコレができたならば、どれだけ嬉しいことか!
f0126932_2043446.jpg

by naka1md30 | 2009-06-20 20:10 | 雑記 | Comments(7)

てーねんぴ

f0126932_8254617.jpg

高燃費なハイエースは旅に出してしまったので、エコな軽で通勤です。
by naka1md30 | 2009-06-18 08:25 | 携帯から | Comments(2)

ジョニエル-G ~前日下見編~

群馬のbigmanさん達や神戸のにっしーさん達とも無事に合流して、まずはパドックを確保。
それから、みんなでコースの下見に行きました。

スタートしてすぐにだだっ広い斜面を直登するのですが、路面にはウッドチップがまかれていてとても走りやすそうな感じ・・・(が!実際に走るとかなり難しい。)
f0126932_033961.jpg

最初のゲレンデ区間を登りきって麓の方を振り返ると、スタート地点やパドックがとても遠くなってました。
先を見れば、コースはまだまだ上まで続いているし、こんなにひたすら登るコースは今まで走ったことがないものだから、走る前から段々と不安になってきてしまった。
f0126932_036459.jpg

うーん、バイクだと何事もなく下れる場所でも、自分の足で歩いてみると結構難儀するもんですね。
f0126932_0401011.jpg

真ん中よりの上部に行くと段々と路面に石が増えてきて、エンストしたり、失速したりすると難儀しそうな場所が多くなってきます。
f0126932_0414576.jpg

f0126932_0461979.jpg

さらに進んで、コース最奥地点で折り返して少し下った所にはウッズ区間がありました。
東北系のレースみたいに木と木の間に挟まるほど木が密集しているわけではないものの、路面に生えた笹の下には倒木やら木の根がいっぱいあって、ライン選びがとっても難しい。
もう、どこを走ったら良いか訳がわからん・・・
f0126932_047352.jpg

そして、終盤にでてくるロックンロールリバーの上流部。
山に行くと良く見かける枯れ沢ではありますが、普段は好き好んで走るような場所ではないですねー
f0126932_0514415.jpg

さすがに上流部のガレまくりのこの区間だけはFunGPでカットするとのことでした。
f0126932_054107.jpg

コースの下見を終えてパドックに帰ってくると、まだ白く雪が残った爺ヶ岳がお出迎えしてくれました。
うーん、今度こそ三度目の正直でレース中に雨だけは降らずに晴れてほしいと願いつつ、北アルプスの日は暮れていったのでした。
f0126932_0571147.jpg


~つづく~
by naka1md30 | 2009-06-17 01:09 | バイクの話 | Comments(0)

ハイエースで巡る甲信の旅(JNCC信越大会前日編)

まあ、説明は要らないと思いますが、いつものやつです(笑)
今回の最終目的地は信濃大町。
前日の夜までは、信濃大町へ中央道経由で行くか、それとも上信越道経由で行くかでとっても迷いましたが、とりあえず往路は中央道方面から行ってみることにしました。

まずは、朝の気分で韮崎ICを降りて甘利山へ。
この時期、甘利山頂上ではレンゲツツジが満開なんですね~
f0126932_0225988.jpg

とても鮮やかな色をしていますが、この写真の彩度とかは調節していないんですよ。
f0126932_0261163.jpg

ちなみに、奥の山は南アルプスの千頭星山。
生憎、富士山は見えなかったけれど、ちょうど満開のレンゲツツジが見れたので満足かな。
f0126932_0264849.jpg

そして、山に入ったついでに林道脇にて禁断の麻薬採取・・・
そう、ネコの麻薬、マタタビです(笑)
f0126932_031508.jpg

マタタビは梅雨のこの時期に葉の一部が白くなるので、とても見つけやすくなっています。
f0126932_0332074.jpg

甘利山から下山後は、再び高速に乗って、長野道へ。
豊科ICで高速を降りて、さらに安曇野のど真ん中を突っ切って北へ向かいました。
f0126932_038194.jpg

大町へ来たら立山黒部アルペンルートも良いけれど、12年前に訪れたっきりの葛温泉にも行ってみたい!
(追記:下の写真の表示板、良く見たら高瀬渓谷の「渓谷」部分にスペルミスが・・・正しくは「Ravine」ですね。他の表示板もみんな間違ってたりして。)
f0126932_0424489.jpg

というわけで、北アルプスの懐の深い緑の回廊を抜けて、葛温泉へ向かうことに決定。
f0126932_0455932.jpg

12年ぶりに訪れた葛温泉でしたが、なぜか当時の記憶があまり残っていないんです。
でも確か、バスの到着まで時間がなくてゆっくりと温泉に入っていられなかった気がするなぁ・・・
f0126932_0472810.jpg

今回の旅はここまで!
12年前の時間は葛温泉でたっぷりと取り返したし、あとはみんなと待ち合わせて爺ヶ岳スキー場へ向かうだけです。
by naka1md30 | 2009-06-16 01:01 | 旅とツーリング | Comments(8)

COMPクラス観戦

f0126932_13253285.jpg

コース最奥部のガレ場。
自分も午前にやられました・・・
by naka1md30 | 2009-06-14 13:25 | 携帯から | Comments(4)