<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日のパンクについて

昨日、江戸道というシングルトラックを走っていた時のこと、やけにフロントが取られるのでおかしいなと思ってCRMを止めて見るとフロントがパンクしていました。
何もこんな所でパンクしなくても・・・と嘆いていても仕方がないので、少し広めのところを見つけてパンク修理することにしました。

とりあえず修理をするべく工具類の準備をしていると、
後でCRMが倒れる音が・・・
足場が悪かったのに油断していました、スタンドが地面にめり込んだCRMは運悪く丸太の上に倒れてしまい、左側のラジエターがくの字に凹んでしまっていました。パンクだけなら何てことはないのですが、これには少々凹みました(泣)

パンク修理中のCRM
タイヤには何も刺さっておらず、何でフロントがパンクしたのか不思議だったのですが、トレッドを良く確認すると釘か何かが刺さった跡がありました。ここに至る途中に一本橋状態の所があって木が渡されていたので、ひょっとしたら釘でも出ていたのかもしれません。
f0126932_23415449.jpg

凹んだ左側のラジエター
とりあえず冷却水の漏れはないので一安心。
来月に給料が入ったら、修理してやろうかと思います。
f0126932_2342414.jpg

by naka1md30 | 2005-05-30 21:24 | バイクの話 | Comments(0)

秩父・奥秩父林道ツーリング

日曜日にSGTyamaさんと秩父・奥秩父方面へ林道ツーリングに行ってきました。今回は秩父周辺の林道を走ってから早めに帰るつもりでいたのに、走っているうちに欲が出てきて、気がついたら三国峠を越えて長野まで行ってしまいました。まあ、自分で言うのも何ですが、はっきり言ってバカだと思います(笑)

今回のコースは、午前中に林道城峯奈良尾線(皆野町)、明ヶ平沢戸線(秩父市吉田)を走り、午後から上野大滝線と支線→中津川林道→相木川上線を走り繋ぐといったものでしたので、ダートの距離も60kmぐらいになりました。この時期は日が長く日帰りでもたくさん林道を走れるので嬉しい限りです。

TBIを完走したSGTyamaさんのトランザルプと自分のXR250BAJA。
トランザルプ君、TBIお疲れ様でした!
f0126932_2345135.jpg

埼玉と群馬県境にある上野大滝線は急速に舗装が進んでいてびっくりしました。まだ全線開通してから数年しか経っていないのにもかかわらず、半年単位で舗装区間が延びています。途中にあった素掘りのトンネルもコンクリートが吹き付けられてしまい、このままでは全線舗装になってしまう日が来るのもそう遠くない気がします。
f0126932_23451743.jpg

こちらは中津川林道の三国峠です。
どんどん舗装化が進む上野大滝線とは対照的に、自分が初めて訪れた10年前と変わらぬ風景が広がっていて、ほっとします。これから先もこの風景には消えずに残っていてほしいですね。
f0126932_23452538.jpg

by naka1md30 | 2005-05-24 00:07 | 旅とツーリング | Comments(0)

GWツーリング その7 中国山地縦断の旅

【7】5月4日 中国山地横断
秋吉台→津和野→六日市I.C→(中国道)→吉和I.C→【十方山林道】→三段峡→千代田→三次→西城→日南→松枝→赤碕(泊)

この日は山口の秋吉台から鳥取の大山山麓まで、ひたすら中国山地の中を走りました。十方山林道と三段峡を見た以外はほとんど走り詰だったので、けっこう疲れました。
f0126932_0114621.jpg


中国地方では有名な十方山林道の吉和側入口です。
入口には通行止めの看板がありましたが、地元の車に聞いてみると通り抜けられるよ!とのことだったので、とりあえず走ってみることにしました。
ところで、林道へ至るまでの国道488号は車の離合が困難な酷道でした。今回の旅は終始変な道ばかり走ってきたので、ちょっとぐらい変な道が現れても全く驚きません(笑)
f0126932_012220.jpg

十方山林道は全長約16km、幅員は非常に狭いです。バイクの場合は全く問題ないですが、車の場合は離合できる場所が少なく、対向車が来ると大変でした。
f0126932_0122476.jpg

米子郊外の辺りで迎えた日没の風景。
f0126932_0123885.jpg

by naka1md30 | 2005-05-21 21:17 | 車の話 | Comments(0)

最後の車検

今日、ランクル70が車検から帰ってきました。
平成9年式の我が家のナナマルは、排ガス規制のため8年目の今年が最後の車検であり、一緒に暮らせるのも残りわずか1年間となってしまいました。
当然、ナナマルに乗れなくなる来年の5月までに新しい車を買うのか、それともエンジン載せ換え等で対応するのかを決断しなけばなりません。
いっそのことナナマルは諦めてハイエースでも買ってしまおうかと思った時もあるのですが、12万キロを一緒に旅してきた車と早々簡単に別れられるわけもなく、迷っています・・・
いずれにせよまだ時間があるので、今後の方策について後悔のないよう、じっくりと考えていこうかと思っています。
f0126932_023530.jpg

by naka1md30 | 2005-05-19 21:40 | 車の話 | Comments(0)

GWツーリング その6 関門海峡を渡って本州へ

【6】5月3日 関門海峡を越えて再び本州へ
阿蘇→草千里→(清正公道-菊池阿蘇スカイライン)→大観峰→(やまなみハイウェイ)→湯布院→院内→中津→小倉→門司→関門海峡大橋→小月→秋吉台(泊)

九州に渡ってから初めて晴れました。最終日になってようやく・・・(泣)
雲一つない青空と緑の山並みの下、たくさんのバイクがそれは気持ち良さそうに走っていました。人間は勝手なもので、雨が降っていた昨日までは「車で良かった~」などと思っていたくせに、今日になったら「うお~バイクに乗りたい~」とバイクに乗りたい病を発症して一人悶々としていました。
f0126932_003093.jpg

f0126932_005152.jpg

阿蘇大観峰の展望
大観峰からは火口原に広がる水田と阿蘇の山並みが一望できます。
f0126932_011115.jpg

せっかくの晴天なのですが、九州でいつまでものんびりしているわけにも行かないので、関門海峡大橋を渡って山口へ入りました。それにしても、考えてみれば山口は千葉と同じ本州なんですよね・・・

秋吉台の麓で見つけた風景。
緑の麦畑と石州瓦の赤い屋根の家々とのコントラストがきれいです。
f0126932_013310.jpg

オフローダーとしてはダートを走らないことには始まりません(笑)
観光そっちのけで林道を走りましたが、大正解。人も少なく、秋吉台の絶景をのんびりと楽しむことができました。
f0126932_015053.jpg

by naka1md30 | 2005-05-18 22:08 | 車の話 | Comments(0)

房総突発ツーリング

自分の所属するクラブのメンバー5人で房総の林道へ行ってきました。
天気予報では曇りであったはずなのにもかかわらず、初っ端で土砂降りの雨に降られてしまいました・・・う~ん、雨男は誰だ?(笑)
f0126932_12383389.jpg

雨は30分ほどであがり、房総の山の中を探索しました。
房総の林道はそろそろ草が繁ってきて走りづらい季節になってきますね。
f0126932_12385273.jpg

房総にもこんなに山深いところがあります。
写真だけを見るととても千葉とは思えません。
f0126932_12391562.jpg

f0126932_12394249.jpg

今回は初顔合わせのメンバーもいたのですが、楽しい一日を過ごすことができました。また新しい道を探索に行きましょう!雨具必携で(笑)
f0126932_12395690.jpg

by naka1md30 | 2005-05-16 00:20 | 旅とツーリング | Comments(0)

GWツーリング その5 九州山地縦断酷道の旅

【5】5月2日 酷道と通行止め地獄の九州山地縦断
都城→霧島えびの高原→【榎田大川筋林道】→湯前→湯山峠→飯干峠→椎葉→五ヶ瀬→高千穂→阿蘇

この日は九州ツーリングのハイライト、林道を走り繋いでの九州山地縦断・・・のはずだったのですが、まだ昨年の災害から復旧していないところが多く、ほとんどの林道が通行不能な状態でした。
f0126932_02398.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

【榎田大川筋林道(白髪狗留孫林道)】
宮崎県のえびのと熊本県のあさぎり(旧上村)を結ぶ峰越林道です。
狗留孫神社入口から温迫峠までの区間がかなり荒れていて、バイクでの通行は可能なものの、車の通行は困難な状態でした。

えびの側入口から狗留孫神社の入口までは、左に狗留孫峡を見ながら走るフラットダートです。
f0126932_032468.jpg

狗留孫神社入口から上部は次第に落石が多くなり、路肩が1車線分のみを残して崩落している箇所もありました。宮崎側には通行止めの表示が出ていなかったので、そのまま進んでしまったのですが、熊本側の温迫峠にはしっかり通行止めの表示が出ていました(汗)
f0126932_035495.jpg

榎田大川筋林道を走った後は、不土野峠を越えて椎葉村に入り、内大臣椎葉林道で矢部へ抜けるというルートを考えていたのですが、甘かったです・・・
山越えの道はことごとく崩落していて、椎葉村の酷道地獄を彷徨うはめになってしまいました。
f0126932_025910.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

椎葉村内の八重林道へ向かう途中にある松木谷の崩落です。
至るところに昨年の豪雨の爪跡が残っていて、自然災害の凄まじさを思い知らされました。
f0126932_043560.jpg

【内の八重林道】
行く先々がことごとく通行止めで悔しかったので、ダメ元でツーリングマップルに載っていた内の八重林道へ行ってみました。入口には通行止めの表示もなく、これは行けるか?と期待したのですが・・・
f0126932_045969.jpg

やっぱりダメでした・・・(泣)
どうやら扇山の登山口までを復旧させただけで、完全復旧はまだ先になるようです。
f0126932_053065.jpg

by naka1md30 | 2005-05-14 21:36 | 車の話 | Comments(0)

GWツーリング その4 雨の九州2日目

【4】5月1日 大雨の薩摩半島
根占→垂水→桜島→(桜島フェリー)→鹿児島→指宿→長崎鼻→枕崎→谷山→国分→都城(泊)

予定では高隈山周辺の林道を走るつもりでいたのですが、この日は朝から大雨。それも大雨洪水警報が発令されるぐらいの土砂降りで、とても林道を走れる状態ではありませんでした。

仕方なく林道を諦め、ツツジの名所である垂水市の高峠高原へ行ってみましたが、写真のとおり霧が酷くて何も見えません。
f0126932_2359533.jpg

桜島フェリーは運賃が安く、頻繁に便が出ているので便利です。
この後薩摩半島の南端まで行ったものの、やはり雨と霧のせいで景色を見ることができず、結局、指宿の温泉と枕崎のカツオを食べただけで終わってしまいました。
f0126932_23593053.jpg

霧島の東側にある関之尾滝。
霧島から都城に向かう途中に気まぐれで立ち寄ってみたのですが、午前中の大雨のせいで水量が多く、かなりの迫力でした。
f0126932_23594578.jpg

都城へ向かう途中で見かけたこいのぼり。
f0126932_23595763.jpg

by naka1md30 | 2005-05-13 23:34 | 車の話 | Comments(0)

GWツーリング その3 本土最南端へ

【3】4月30日 大隈半島の林道群と本土最南端
北川→宮崎→都井岬→志布志→【津房林道】→【荒西林道-万九郎林道】→佐多岬→根占(泊)

この日は本土最南端の佐多岬を目指してひたすら九州の東海岸を南下しました。朝のうちは晴れていたのですが次第に雲行きが怪しくなり、大隈半島にさしかかる頃には雨が降り出してしまいました。

【津房林道】
まずは内之浦町にある津房林道(ダート約10km)を走りました。
国道448号入口から峰越連絡林道の分岐まで特に問題なく走ることができましたが、比較的見通しが悪い箇所が多かったです。途中にある支線は1kmちょっと行ったところで伐採された材木が積まれていて先へ進むことができませんでした。
f0126932_20513478.jpg

【荒西林道】
次に走ったのが荒西林道(ダート約11km)です。
この林道は久保田川沿いを遡って内之浦町から錦江町へ抜ける林道で、内之浦発電所からしばらくは幅員の広いフラットダートでしたが、峠に近づくにつれて路面がガレガレになっていました。
f0126932_20514424.jpg

峠を越えて数百m行ったところで倒木が道を塞いでいました。
バイクならば横を抜けられるのですがランクルでは無理です。仕方がないのでUターンして峠まで戻ります。
f0126932_20515492.jpg

【万九郎林道】
峠からは万九郎林道使って内之浦発電所まで戻ることにしました。万九郎林道はかなり上部まで舗装が進んでおり、峠から1kmほどで舗装路に出てしまいます。しかしながら、ダートの区間は幅員が狭くかなり路面が荒れていました。
f0126932_205245.jpg

夕方になるにつれ雨脚が強まってきたので、林道探索は切り上げて佐多岬へ。しかし、ようやくたどり着いた佐多岬は深い霧と雨の中で何も見えませんでした・・・残念。
この日は根占のユースホステルに泊まったのですが、一緒になった数人のライダーと北は宗谷岬から南は佐多岬まで、全国に及ぶ旅の話しに夜遅くまで大盛り上がりでした。
by naka1md30 | 2005-05-12 23:14 | 車の話 | Comments(0)

GWツーリング その2 TBIスタート~九州へ

【2】4月29日 TBIスタート観戦~九州へ
今治→松山空港→大洲→八幡浜→三崎→(国道九四フェリー)→佐賀関→佐伯→北川(泊)

TBIスタートの朝、自分達は8時半頃に車検場へ向かいました。SGTyamaさんのトランザルプは一発で車検に通ったので、その後は周辺の写真を撮ったりしてのんびりと過ごしました。車検の様子やコマ図貼りを見るのは今回が初めてだったので、なかなか楽しかったです。
たぶんSGTyamaさんは緊張していたのでしょうが、今回見学していただけの自分は全く緊張感がありません。しかしながら、その一方で何となく物足りなさも感じてしまいました・・・

携行品検査の光景。
f0126932_20553271.jpg

TBIスタートの光景です。
(肝心なSGTyamaさんのスタート写真は撮り損ねました)
f0126932_20554397.jpg

なお、SGTyamaさんのTBI参戦レポートは「オフ系トランザルプと共に」でご覧になれます!

--------------------------------------------------------------------------------

SGTyamaさんのスタートを見届け、YUZOさんと風魔習志野店長さんを松山空港まで送り届けた後は、いつも通りの一人旅です。夕暮れの国道56号~197号をひた走り、三崎から20時30分発のフェリーでいよいよ九州へと渡りました。

フェリー内にて。
時間が遅かったせいか空いていて、乗用車は5、6台ほどでした。
f0126932_20555485.jpg

九州上陸後、さらに国道10号を走って北川(宮崎県)の道の駅で車中泊をすることにしたのですが、夜の国道10号線には少々驚かされました。
というのも、二桁幹線国道でありながら、県境付近は対向車がほとんどなく、人気も街灯もありません。北海道の隅っこは別にして、なかなかこのような所はないと思います。
by naka1md30 | 2005-05-10 21:57 | 車の話 | Comments(0)