カテゴリ:旅とツーリング( 385 )

2016 北海道の旅 その9 ~旅の終わり~

9月23日。
北海道最後の朝は、冷たい秋の雨が降っていました。
少しゆっくり目の9時ごろに帯広八千代ユースホステルを出発。
f0126932_21411582.jpg


雨がやむ気配は無いので、食う方で欲求を満たすしかないか・・・
f0126932_21412840.jpg


下道を1時間半ほど走って、音更にある柳月のスイートピアガーデンへ。
お土産のお菓子をしこたま買い込み、10時のおやつにケーキをガッツリといただきました。
f0126932_21413889.jpg


狩勝峠はすでに復旧していましたが、本降りの雨模様だったので、音更~トマム間は道東自動車道に乗りワープ。
f0126932_2141469.jpg


トマムインターを降りると、台風10号の大雨による河川氾濫の爪痕が至るところに残っていました。
写真は、仮復旧した道道1117号落合停車場線。
脇を流れる川が氾濫して道路自体が川になってしまったようで、ガードレールや標識の類はことごとく流されてしまっていました。
f0126932_21415370.jpg


今回の災害で大規模に氾濫した空知川の流域は、かつての景色が思い出せないほど変わり果てていました。
やはり、自然はの力は恐ろしいです。
f0126932_2142139.jpg


南富良野町の中心地である幾寅も、あちこちに水に浸かった跡が残っていました。
f0126932_21421674.jpg


その後は、富良野の麓郷でメロンと野菜を買い込み、富良野からは道道135号と国道452号で夕張へと抜けました。
数年前に通った時にはまだなかった夕張シューパロダムが完成し、超巨大なダム湖が出現していました。
かつて何度も走った国道452号の旧道は、今やダム湖の底に・・・
f0126932_21422762.jpg


苫小牧に着いても、一向に雨は止みませんでした。
大急ぎで夕飯を調達してフェリーに乗り込みます。
f0126932_21423540.jpg


翌24日の朝は、秋晴れの三陸沖で迎えました。
写真は宮城県の金華山です。
f0126932_21424576.jpg


関東に近づくにつれて再び天気が悪くなり、大洗に着く頃には鉛色の空に・・・
しかも、北海道と変わらないぐらいの低い気温にビックリ。
f0126932_21425497.jpg


結局、大洗から自宅に帰るまでも、ずっと雨に降られてしまいました。
f0126932_21432958.jpg


というわけで、今回の北海道の旅も終り。
今回はハイエースで走った距離が約1,650kmとかなり少なめでしたが、思っていたより多くの林道を走ることができたので御の字です。

おしまい。



<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-11-03 20:15 | 旅とツーリング | Comments(4)

2016 北海道の旅 その8 ~摩周湖周辺林道ツーリング 後編~ (WR250F)

9月22日の林道ツーリングの続きです。

江鳶奥林道が通り抜けできなかったので、再び麓まで下り、いくつかのダート農道を辿って札弦へと出ました。
途中、緑側から斜里川林道へアプローチすることも考えましたが、いずれにしてもピストンして戻ってこないといけないので、今回はパスすることにしました。
緑からはひたすら、道道1115号摩周湖斜里線を走って清里峠を目指します。
f0126932_1323464.jpg



【4.神の子池までのダート道: ダート約2km×2】

せっかくなので、10年以上ぶりに神の子池にも寄っていくことにしました。
道道1115号の入口から神の子池までは、片道2kmほどのカチカチダートです。
観光客の車もひっきりなしに走っているので、対向車には要注意しながら、神の子池を目指します。
f0126932_13235515.jpg


久々に見る神の子池。
10年前に来た時は、そのまま池のほとりまで下りられましたが、池の周りには立派な木道が完成していて、その木道から池を眺めるようになってしまっていました。
f0126932_1324394.jpg



【5.虹別林道: ダート約13.2km】

思いの外、時間が押してしまっていたので、先を急ぎます。
道道1115号で清里峠を越え、道道150号摩周湖中標津線を下って、虹別林道との十字路を右折。
f0126932_13241089.jpg


虹別林道は、幅員の広いかっ飛びダートです。
ほとんどの区間で見通しが良く、路面の荒れも少ないので、非常に走りやすいです。
正面奥に見えているのが西別岳。あの山の麓を辿って、はるか向こう側にある弟子屈市街まで帰らなくてはなりません。
f0126932_1324196.jpg


うーん、今回の北海道の旅で、初めて北海道らしい林道を走ったかもしれない(笑)
f0126932_1324273.jpg



【6.虹別林道第一支線+農道: ダート約5km】

あっという間に虹別林道の西端までたどりついてしまいました。
終点のさけます孵化場の少し手前にある分岐(虹別第一支線)を右折します。
第一支線は、虹別林道と比べると幅員が狭く、見通しが悪い区間がありますが、路面は概ねフラットでした。
f0126932_13243695.jpg


森林地帯から畑の中へと出て、ずんずん進んでいくと・・・道がなくなっている!
今回の旅では、8月の台風による被害が比較的小さかった地域ばかりを選んで走っていたこともあって、こういう光景を見たのはこの場所が初めて。
この時に気を引き締めれば良かったのですが、この時点では、ふーん、そういうこともあるさね~程度にしか考えていませんでした。
f0126932_13244518.jpg


もう一本南側のダート農道を走って、無事に目的の場所に出ることができました。
さっきは正面に見えていた西別岳が、はるか後方向に見えています。
f0126932_1324521.jpg


フラットダートも、たくさん走ると飽きる(笑)
f0126932_1325023.jpg



【7.名称不明の林道】

標茶町と弟子屈町の境を走り、仁多山の南側を抜けて、弟子屈町仁多地区へと抜ける名称不明の林道で、以前から気になっていたルートです。
今年こそはと、今回のツーリングの最後に走ってみることにしました。
他の林道と比べると、明らかに格が落ちますが、それなりの距離を走れそうなので、探索してみる価値はありそうです。
f0126932_1325723.jpg


そして、入口から1.6kmほど入ったところで、やらかしてしまいました・・・
鼻歌まじりに気持ち良く走っていくと、何と目の前の路面がスッパリと消滅しているではありませんか。
道が消えていることに気がついたのが、ブレーキをかけても絶対に停まれないほど路面崩壊箇所の直前だったので、何とか車体を倒して回避しました。
入口に通行止め標示がなく、被害状況も調査されていないような人気の無い林道で遭難したら、助けが来るのがいったい何日先になるのかわかりません。
f0126932_13251541.jpg


深さはそれほどではありませんが、それなりのスピードで突っ込んだら、おそらく何本かポッキーになって行方不明者になっていたことでしょう。
本当に助かって良かった・・・
f0126932_13252394.jpg


何とか国道と道道を走り繋いで、ましゅまろまで無事に帰ってくることができました。
大急ぎで後片付けをして、帯広方面へ向けて出発!
f0126932_13253037.jpg


国道241号で阿寒の山々を越え、弟子屈から足寄へ。
まだまだ、帯広までの道のりは長い・・・
f0126932_13255239.jpg


本別を過ぎる頃には、日没を迎えてしまいました。
その後も暗い夜道をひた走り、この日の宿の帯広八千代ユースホステルに何とか夕食前に滑り込むことができました。
f0126932_13261100.jpg




<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-11-01 20:22 | 旅とツーリング | Comments(2)

2016 北海道の旅 その7 ~摩周湖周辺林道ツーリング 前編~ (WR250F)

9月22日。
いよいよ、今回の北海道の旅で最後の林道ツーリングです。
昨年も、摩周湖周辺から清里町方面にかけての林道を走りましたが、WRのエンジンオイル漏れであえなく途中リタイヤとなってしまったので、今年こそは完走するべく、リベンジすることにしました。
結論から言うと、今回も大小のトラブルに見舞われて、危うく山の中で遭難しかけてしまいました(汗)
詳しい話は後からすることにして、この方面の林道とは相性が悪いのかもしれません・・・


【1.第二池の湯林道~池の湯林道~沼の湯林道: ダート約12.9km】

美留和のましゅまろを出発し、まずは第二池の湯林道から屈斜路湖南東側の林道群へアプローチ。
入口には特に案内板がないので、地形図で現在地を良く確認してから進入します。
f0126932_20503991.jpg


第二池の湯林道は、ほとんど展望がありませんが、気持ちの良い直線区間が続きます。
f0126932_20505088.jpg


突き当たりのT字路を左折し、池の湯林道の本線へと走り繋ぎます。
秋には紅葉が綺麗と思われる白樺林の中を抜けていきますが、残念ながらまだ紅葉は始まっていませんでした。
f0126932_2051113.jpg


さらに、沼の湯林道を走って、屈斜路湖岸のサワンチサップへと抜けました。
f0126932_20511155.jpg



【2.野上林道~水上林道: ダート約15.8km】

川湯温泉から国道391号で野上峠を越え、お次はオホーツク海側に位置する小清水町の野上林道へ。
ツーリングマップルでは全線が水上林道の表記となっていますが、国道391号の野上峠側入口から小さな尾根を越えて水上林道本線とのT字路に出るまでの区間は野上林道と呼ぶようです。
f0126932_20512255.jpg


尾根を越えた先にあるT字路を右折。
ここからが本来の水上林道になります。
f0126932_20513534.jpg


比較的交通量が多い路線のようで、非常に良く整備されたフラット路面が続きます。
f0126932_20514554.jpg


鹿避けのゲートを通過すると、間もなく小清水町水上地区に出ます。
f0126932_2051571.jpg


一旦、清里市街まで下ってWRに給油し、後半戦に突入です。
昨年は清里市街まで走ったところでリタイヤになってしまったので、ここから先がリベンジルートになります。
斜里岳の雄姿を左手に見ながら、道道857号江南清里停車場線を南下。
f0126932_2052587.jpg


道道857号の終点から、さらに町道?をひたすら走って山へと向かいます。
f0126932_20521426.jpg



【3.江鳶奥林道(倒木による通行不要箇所までの往復15.2km)】

ようやく、お目当ての江鳶奥林道の入口に到着。
江鳶奥林道を走るのは、2004年か2005年ごろにXR-BAJAで来た時以来、実に10年以上ぶりになります。
10年前には無かった入口のゲートは鹿避けのもので、自分で開け閉めできるタイプです。
f0126932_20523051.jpg


久々に走る江鳶奥林道は気持ちが良い!
峠に近づくにつれて、次第に麓の展望が開けてきます。
f0126932_20524013.jpg


江鳶山展望台から小清水町方面の展望。
ダケカンバは台風のせいでだいぶ葉が傷んでしまっていました。
f0126932_20524861.jpg


さあ、峠を越えて斜里川林道へ向かうことにしましょうか。
f0126932_20525753.jpg


峠から1kmほど下ったところで突如、倒木が出現。
斜面(手前)を登って迂回すれば、この場所は通過できましたが、他のバイクのタイヤ痕が全く無く、この先もどうなっているのかがわからないので、元来た道を引き返すことにしました。
先ほどの鹿避けゲートからここまで約7.6km。あと5kmほど下れば斜里川林道へ出られますが、仕方がありません。
f0126932_2053859.jpg


後編へつづく



<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-29 13:11 | 旅とツーリング | Comments(0)

2016 北海道の旅 その6 ~ハイエースで巡る道東沿岸の旅~

9月21日。
少々、林道ツーリングにも飽きてきたので、この日はハイエースで道東の沿岸部をドライブすることにしました。

標茶を出発し、まずは道道14号厚岸標茶線を南下して厚岸へ。
厚岸駅前の氏家待合所でかきめしを調達。
f0126932_1048304.jpg


かきめしを食べるのは、たぶん10年以上ぶり!
f0126932_10484427.jpg


厚岸からは、道道123号別海厚岸線を辿って海沿いをひたすら東へ。
道道123号は、海沿いを走っている割には、意外と海が見える区間が少ないのが残念・・・
そんな中でも展望が良い琵琶瀬展望台で一休みすることにしました。
写真は展望台から望む霧多布湿原と琵琶瀬湾。
f0126932_10485651.jpg


琵琶瀬展望台に植えられていた千島桜。
度々襲来した台風の塩害で完全に葉が枯れ落ちてしまっていましたが、何本かの枝で季節外れの花が咲き始めていました。
台風のおかげというのも変ですが、初めて千島桜の花を見ることができました。
f0126932_1049359.jpg


霧多布からの道道142号根室浜中釧路線は、道道123号よりも海を見ながら走れる区間が多くなります。
f0126932_1049149.jpg


奔幌戸付近から振り返る浜中湾と霧多布。
f0126932_1049251.jpg


さらに東へ。
納沙布岬には昨年行ったので、今回は根室半島をパスして、厚床経由で国道243号へと走り繋ぐことにしました。
f0126932_10493390.jpg


国道244号の標津あたりまで来ると、次第に知床の山並みが正面に迫ってきます。
f0126932_10494577.jpg


右手に根室海峡と国後の山並みを眺めながら、知床の東海岸を北へ。
いいかげん、走るのに飽きてきた(笑)
f0126932_10495432.jpg


お気に入りの相泊温泉はシーズンが終了して放置状態となっており、熊の湯も熱すぎて嫌いなので、パス。
というわけで、今回は温泉に立ち寄ることなく、羅臼からそのまま知床横断道路(国道334号)へ突入。
f0126932_1050664.jpg


知床横断道路から振り返る根室海峡と水平線の向こうに横たわる国後の山々。
国後の道を普通に走れる日は来るのだろうか・・・
f0126932_10501452.jpg


たどり着いた知床峠は寒風が吹きすさんでおり、オホーツク側から上がってきたガスで展望もほとんどありませんでした。
見えそうで見えない羅臼岳・・・
f0126932_2163370.jpg


ウトロまで下ってくると雲が消え、再び青空になりました。
オホーツク海に反射する光がまぶしい!
f0126932_10502875.jpg


斜里から国道を外れ、ちょっとだけ寄り道することにしました。
通称、天まで続く道をひとっ走り。
f0126932_1050374.jpg


道草ばかり食っているとまた日が暮れてしまうので、先を急がなくては!
と言ったそばから、斜里岳が良く見えるパーキングで一休み(笑)
f0126932_10504638.jpg


日没まで少しばかり時間があったので、宿に入る前に摩周湖の第三展望台まで上がってみました。
昨年よりも若干、摩周湖の青色がくすんで見える気がするのは、台風のせいかもしれません。
f0126932_10505860.jpg

f0126932_10511560.jpg

f0126932_1051333.jpg


大急ぎで麓まで下り、何とか日没前にこの日の宿である、ましゅまろに入ることができました。
f0126932_10512148.jpg




<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-23 20:35 | 旅とツーリング | Comments(5)

2016 北海道の旅 その5 ~根釧原野林道ツーリング 後編~ (WR250F)

9月20日の根釧原野林道ツーリングの後半戦です。

霧多布展望台を後にして、岬までやってきました!
湯沸岬灯台まで気持ちの良いフラットダートが続いていますが、ここはぐっと我慢して徒歩で岬の先端を目指します。
f0126932_221944.jpg


これが霧多布岬(湯沸岬)の先端。
水平線の左奥はるか向こうには、根室へと続く海岸線が見えています。
f0126932_2212783.jpg


お次は霧多布岬(湯沸岬)の反対側、西側へと突き出すアゼチの岬へ。
琵琶瀬湾(手前)と浜中湾(奥)との間に広がる陸繋砂州の上に広がる霧多布市街の展望です。
ちなみに、霧多布(右側)と本土(左側)とを結ぶ砂州は、かつては完全に繋がっていたそうですが、1960年(昭和35年)に襲来したチリ地震津波によって切断されてしまい、現在では左奥の水色の橋で繋がっています。
f0126932_2213545.jpg


アゼチの岬(手前)からは、琵琶瀬湾の入口に浮かぶ小島(左中央)と嶮暮帰島(左奥)が良く見えます。
f0126932_221441.jpg


霧多布を後にし、厚岸方面へと帰ることにしましょう。
琵琶瀬の南側に広がる高台に偶然、ダートの道を見つけたので、ちょっとだけ寄り道してみることにしました。
草地の中のダートを辿って先端まで行ってみると、琵琶瀬の集落と琵琶瀬湾が一望できました。
f0126932_2215247.jpg


視線を南方向へと移していくと、さっきまでいた霧多布(左奥)が見えました。
f0126932_2221153.jpg


琵琶瀬湾の向こうに浮かぶ嶮暮帰島も良く見えます。
f0126932_222024.jpg


少し西へ行った所に面白そうな場所を見つけたので、またまた寄り道。
太平洋へと切れ落ちる断崖の先端まで行くことができました。
ちなみに、中央の一番奥に見えている断崖は、嶮暮帰島の先端です。
f0126932_222234.jpg



【7.糸魚沢林道: ダート約16km】

さて、そろそろ日も傾いてきたので、海に別れを告げ、再びダートを辿って内陸を目指します。
琵琶瀬から道道123号別海厚岸線を西へ走り、散布トンネルの南側から糸魚沢林道へアプローチしました。
15年前にランクルで走りに来た時は、たしかトンネルの北側からトンネルの上へと上った記憶があるので、この15年間のうちに取り付け道路が付け替えられたのかもしれません。
f0126932_2223114.jpg


フラットなダートを一気に走って、国道44号糸魚沢側へ抜けることができました。
この後、国道44号で厚岸市街まで出てWRへ給油し、さらに内陸の標茶を目指してひた走りました。
f0126932_2224068.jpg



【8.農道ダート(厚岸町片無去~標茶町北片無去): ダート約2.3km】

ちょうど厚岸町と標茶町の境あたり、片無去から北片無去へと向かう途中で発見したダート路です。
特に案内標識等は無く、おそらく地域の生活路になっているのではないかと思われます。
f0126932_2224984.jpg


農道は牧草地が広がる丘陵地帯を抜けていきます。
この道も、そのうち舗装されてしまうのかな~
f0126932_2225836.jpg



【9.塘路広域林道: ダート約18.8km】

標茶町北片無去から国道272号をそのまま突っ切って、塘路広域林道へ。
次第に日が傾く中、対向車の来ないダートをひたすら辿って行きます。
塘路広域林道は、特に荒れた箇所も無く、フラットなダートが続きます。
f0126932_223851.jpg


林道の終盤、ようやく塘路湖のほとりに出ますが、残念なことに湖の展望はほとんどありません・・・
f0126932_2231854.jpg



最後の〆に走ろうと思っていた道道1060号クチョロ原野塘路線は、8月後半から9月頭にかけて度々襲来した台風のせいで、水没中でした・・・
夕暮れの釧路湿原の中を走りたかったのですが、さすがにこの状態では諦めるしかありません。
f0126932_2232747.jpg


仕方がないので、あまり走りたくない舗装路(国道391号)を走って標茶へと戻ることにしました。
国道391号から望むシラルトロ湖も水かさが増しており、通常の状態よりも広くなっていました。
f0126932_223355.jpg


途中、釧路川の右岸堤防上のダートなんかにも寄り道しながら、無事に木理まで帰ってくることができました。
この日のWRでの走行距離は約220kmで、うちダートが約105km。
ダート比率が半分を切ってしまいましたが、100km以上のダートが走れたので御の字です。
f0126932_2235287.jpg




<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-20 20:38 | 旅とツーリング | Comments(0)

2016 北海道の旅 その4 ~根釧原野林道ツーリング 前編~ (WR250F)

9月20日。
前々日、前日に引き続く、北海道林道ツーリング第三弾。
この日は、以前から気になっていた根釧原野の林道群を探索してみることにしました。

9時少し前に、標茶の木理を出発。
f0126932_2005351.jpg



【1.釧路川右岸ダート: ダート約2km】

まずは、木理の裏から釧路川右岸堤防上のダートへと登り、標茶市街を目指します。
f0126932_201451.jpg



【2.別寒辺台林道: ダート約10.5km】

標茶市街の東端から山へと入り、別寒辺台林道へ。
轍の状況から判断すると比較的交通量のある林道のようですが、この日は1台の対向車にも会いませんでした。
f0126932_2011326.jpg


ちなみに別寒辺台林道は、標茶町から厚岸町北端部の別寒辺牛(べかんべうし)川源流域を抜け、別海町へと抜ける林道で、地形図を見た限りでは何本もの支線がありますが、今回は支線の探索はせずに、ひたすら本線を辿ることにしました。
f0126932_2012186.jpg


ダートを10kmちょっと走って、無事に別海町側の出口に出ることができました。
特に荒れた箇所や規制等はなし。
f0126932_201303.jpg



【3.PF第1幹線林道: ダート約27.5km】

PF第1幹線林道は、標茶町東端部の国道272号から厚岸町の道道813号上風連大別線へと抜ける林道です。PFとは何ぞや?と思い、帰ってきてから調べてみたら、パイロットフォレストの頭文字だそうです。
国道272号の東側に広がる別寒辺牛川流域の地域は、林道が網目のように張り巡らされていますが、案内看板も期待ができず、たとえ案内板があったとしても、そもそも林道名がわからないので、詳細な地図が無いと迷うこと必定です。
まずは、国道272号側の入口からアプローチ。
f0126932_2014070.jpg


標茶沢川沿いの丘陵地帯を下っていきます。
あまり交通量は多くないようですが、路面は良く整備されています。
f0126932_2015050.jpg


国道272号の入口から7kmほど南下すると、太田造林事業所脇のT字路に出ます。
右折(手前方向)すると、再び国道272号方面(中チャンベツ)へと戻ってしまうので、ここは左折(右奥方向)します。
f0126932_2015986.jpg


太田造林事業所から南側の区間は比較的幅員が広く、路面もフラットでした。
ただし、支線の分岐が多数あるので、支線に迷い込んでしまうと、少々やっかいです。
f0126932_202716.jpg


トライベツ川の縁を走るようになると、南側の出口は近いです。
湿原の夜は結構冷え込んでいるらしく、すでに紅葉が始まっていました。
f0126932_2021721.jpg


道道813号上風連大別線へと出ました。
国道272号からここまで、WRのメーター読みで27.5kmのダートでした。
f0126932_12134930.jpg



【4.糸魚沢林道(北側区間)】

別寒辺牛川の北側、道道813号上風連大別線と国道44号とを結ぶ林道で、3kmほどの長さがあるようですが、この日は林道の中間地点あたりで伐採作業が行われており、残念ながら通り抜けることができませんでした。
仕方がないので道道813号へと戻り、東側の一般道を走って糸魚沢へと向かいます。
f0126932_2022819.jpg



【5.糸魚沢林道(本線)~風澗林道: ダート約15.5km】

糸魚沢林道は、国道44号の糸魚沢と道道123号別海厚岸線の火散布とを結ぶ16kmほどのダート林道です。
糸魚沢林道を走るのは、2001年ごろにランクル70で走った時以来、実に15年ぶりです。
まずは、国道44号の簡易郵便局脇からアプローチ。
f0126932_2024050.jpg


糸魚沢林道の本線は、幅員が広めで路面もフラット。
北海道の林道としては比較的交通量が多く、結構、対向車に会いました。
f0126932_2024812.jpg


国道44号から7kmほど走ったところにある分岐が風澗林道です。
ここを左折すると、浜中町の茶内や霧多布方面へと抜けることができます。
f0126932_2025616.jpg


途中にある町界林道の分岐をパスして、ひたすら風澗林道本線を東進。
糸魚沢林道の分岐から7kmほど走ると、道道599号火散布茶内停車場線へと出ます。
f0126932_203591.jpg



【6.四番沢・五番沢林道: ダート約4km】

道道599号火散布茶内停車場線と道道808号琵琶瀬茶内停車場線とを結ぶ林道。
入口に案内板が無く、交通量がほとんど皆無の林道ですが、路面の荒れも無くしっかりとした林道です。
f0126932_2031492.jpg


中盤あたりに現れる、どことなく人の手が入った気配がある平坦地。
帰ってきてから調べてみたところ、このあたりに昭和40年代後半頃まで三番沢という集落があり、学校もあったようです。
f0126932_2032417.jpg



道道808号琵琶瀬茶内停車場線へ出て、あとはひたすら霧多布湿原の中を走って、霧多布市街を目指します。
しかしながら、この後、お目当てだった霧多布市街の寿司屋が休みでガックリ。
結局、この日のお昼はセイコーマートのおにぎりとなりました・・・
f0126932_2033246.jpg


気を取り直して、霧多布岬の展望台へ。
これまで霧多布へ来たのはいつも夕方だったので、岬へ来るのは今回が初めてです。
展望台から浜中湾越しに北方向の展望。
ちなみに、右奥のはるか遠くに見えている山並みは、海別岳から羅臼岳にかけての知床連山です。
f0126932_2034385.jpg


霧多布岬の展望台から望む湯沸岬灯台方向。
せっかくなので、岬の先端にも行ってみることにします。
f0126932_2035325.jpg


後編へ続く>



<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-16 21:03 | 旅とツーリング | Comments(0)

2016 北海道の旅 その3 ~南十勝林道ツーリング第二弾~ (WR250F)

9月19日(敬老の日)。
ようやく天気が回復してきたので、もう一日だけ南十勝の林道を走ってみることにしました。
大樹町、豊頃町、幕別町(旧忠類村)に跨る丘陵地帯の林道群を辿る、少し軽めのツーリングです。


【1.小花林道 : ダート約15km】

8時半頃にセキレイ館を出発し、まずは大樹町生花側から豊頃町二宮側へと小花林道をひとっ走り。
小花林道は、この地域の幹線林道でもあるので、倒木や路盤の崩壊箇所もなく、非常に整備されていました。
まあ、特に展望も無い平凡な道ではありますが、北海道でのソロツーリングでは安心して走れる道であります。
f0126932_20523258.jpg


豊頃町側も良く整備されたフラットダート。
f0126932_20524324.jpg



【2.奥糠内林道 : ダート約10km】

お次は、幕別町の道道15号幕別大樹線から2年ぶりに奥糠内林道へ。
こちらも幹線林道なので、倒木や崩壊箇所はありませんでした。
f0126932_20525428.jpg


一箇所伐採作業?を行っていた他は、特に問題もなく、あっと言う間に走り終わってしまいました。
f0126932_2053370.jpg



【3.丸山林道 : ダート約5km】

3本目の林道は、奥糠内林道の忠類側出口から1kmちょっと南に行ったところに入口がある丸山林道です。
忠類市街の北側にある丸山の中腹を越え、道道319号生花大樹線と道道15号幕別大樹線とを結ぶ5kmほどのダート林道です。
ちなみに、写真の奥に写っている丸山のアイヌ名は「チョマイワ(魔の山)」といい、埋蔵金伝説が残されているミステリースポットだったりします。
f0126932_20531663.jpg


丸山中腹の伐採地から望む忠類市街方面の展望。
写真中央奥に見える低い山の麓が忠類市街になります。
f0126932_13421349.jpg



【4.林道東宝線~萠和東宝線 : ダート約12km】

忠類市街の南東側の丘陵地帯を縦断し、大樹町萠和(もいわ)へと抜ける林道です。
ひとまず、忠類東宝側からアプローチしましたが、入口には特に何の案内標示もありませんでした。
f0126932_13422212.jpg


東宝線から南方向へと左折し、そのまま萠和東宝線へ。
一箇所伐採作業が行われていた他は、倒木も全て片付けられており、至ってフラットなダートが続きます。
本来であれば、そのまま南へと進み、大樹町萌和へと抜けるつもりでしたが、途中の分岐を間違えて、元の忠類東宝へと戻ってしまったのは失敗でしたが・・・
f0126932_13423372.jpg



【5.ダート農道(忠類東宝~忠類古里) : ダート約3.5km】

偶然見つけた農道ダートで、道道657号美成忠類停車場線の忠類東宝から忠類古里間の西側に並行して走る3.5kmほどのフラットダートです。
f0126932_13424342.jpg



【6.林道萠和線~美成線: ダート約6.5km+3.5km】

道道773号萠和大樹停車場線沿いにある林道萠和線の入口にて。
先ほど分岐を間違えてしまった萠和東宝線を正しく辿ってくれば、この場所に出られたのですが、少々遠回りをしてしまいました。
f0126932_13425212.jpg


標高100m程度の丘陵地帯を抜けていきますが、さすがは北海道。
生えている草木を見ると、本州の標高1500m以上の林道を走っているかのようです。
f0126932_1343390.jpg


途中にある林道の十字路を突っ切って、そのまま直進すると林道美成線へと入ります。
こちらも至ってフラットなダートが続きます。
f0126932_13431766.jpg


無事に国道336号へと出られました!
f0126932_1344555.jpg


余談ですが、一昨年にスマホに換えてから、電波が入る限り国土地理院の地形図で現在地確認ができるようになったことで、格段に林道探索がしやすくなりました。
画面中央、左から右へと走っている黒の実線が林道美成線で、お次は国道を数百m走ったところにある橋の手前を右折します。
f0126932_13441368.jpg



【7.農道ダート: ダート約2.5km】

アイボシマ川の西側、国道336号と大樹町二号道路とを南北に結ぶダートの農道です。
超フラットなので、気持ち良く走れました。
f0126932_13442483.jpg



【8.太平洋岸ダート(浜大樹~当縁川河口~航空宇宙研究所): ダート約7km】

浜大樹のアイボシマ川河口と当縁(とうべり)川とを結ぶ海沿いのダートと内陸にある航空宇宙研究所へと至る7kmほどのダート群です。
北海道に来て初めて見る青い海!!
対向車もなく気持ち良く走れますが、何箇所か沢を迂回する急カーブがあるので、ぶっ飛ばしていくと間違いなく藪に突っ込みます(笑)
f0126932_13443892.jpg


北側のドン突きが当縁川河口です。
砂浜まで降りられる道がついていましたが、思いの外時間が押してしまっていたので、先を急ぐことにしました。
f0126932_13444813.jpg


海沿いのダートを少しだけ南側へ戻り、内陸へ。
狭い樹林の中の狭いダートを抜けると現れるのが、航空宇宙研究所です。
ウルトラマンとかに出てきそうな大きな格納庫・・・
f0126932_13445916.jpg



【9.農道ダート(美成~晩成): ダート約2.5km+1.5km】

最後に、大樹町と幕別町(旧忠類村)の境界あたり、国道336号の南側からホロカヤントウの西側を経由して晩成へと抜ける農道ダートを走りました。
f0126932_134576.jpg



何とか正午を少し回った頃に、セキレイ館まで戻ってくることができました。
大急ぎで後片付けをして、じへいさんとおかみさんに挨拶を済ませて、約200km離れた標茶へ出発!
f0126932_1345159.jpg


まずは、国道336号をひたすら東へ。
13時半頃に十勝川河口橋を渡って浦幌町に入りました。
f0126932_13452484.jpg


セキレイ館を出た時は、池田あたりから道東道に乗ろうかとも考えていましたが、時間に余裕がありそうだったので、このまま海沿いを東進することにしました。
道道1038号直別共栄線は、ひたすら波打ち際を辿る路線なので、たいして海が荒れていない時でも、こんな感じで波をかぶります。
洗車が面倒くさくなるので、バイクでは絶対に走りたくないな~
f0126932_13453679.jpg


直別で国道38号へ出て、さらに東へ!
写真は、旧音別町の馬主来(ぱしくる)附近。
f0126932_13454956.jpg


さらに、白糠と釧路の街を抜けて、何とか日没前に標茶の街に到着。
が・・・標茶の駅前でポケモンGOをやって道草を食っているうちに日が暮れ、この日の宿の木理に着く頃には暗くなってしまいましたとさ(笑)
f0126932_13455997.jpg




<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-03 22:51 | 旅とツーリング | Comments(4)

2016 北海道の旅 その2 ~雨の南十勝林道ツーリング~ (WR250F)

9月18日。
いよいよ、北海道一発目の林道ツーリングです。
この日は、セキレイ館の宿主であるじへいさんの案内で、じへいさんの友人であるK山さんと3台での林道ツーリングとなりました。

天気予報では一日中曇りの予報のはずが、なぜか朝から本降りの雨が降っている・・・
天気予報のバカ。
f0126932_20542633.jpg


少しだけ雨が小降りになってきた10時半過ぎにセキレイ館を出発しました。
雨具?そんなものは端から持ってきておりません(泣)
(写真は、セキレイ館おかみさんのブログ、Cafe sekireiから拝借しました。)
f0126932_2112628.jpg


まずは、幕別町(旧忠類村)から大樹町にかけての丘陵地帯を辿る林道をひとっ走り。
雨で濡れた路面は、油断するとツルツル滑ります。
f0126932_2144313.jpg


お次に行った林道が伐採作業?で通行できなさそうだったので、とある橋の脇から藪の中へ。
ええ~、雨の中藪コギ?と思っていたら、綺麗な川に出ました!
じへいさん曰く、浅いから大丈夫!とのことでしたが、先日の台風のせいで油断していると水没するほど深い場所もちらほら・・・
この後、流れを横切って左岸へと取り付くところで渡渉に失敗し、危うくWRを水没させてしまいそうになりましたが、何とか身を挺して水没は免れました(汗)
f0126932_2171311.jpg


川を出て次に行った林道は、ご覧のとおり倒木で完全にアウト。
脇も通り抜けられそうになかったので、元来た道を引き返しました。
f0126932_21135611.jpg


気を取り直して、生花苗(おいかまない)沼沿いのダートから太平洋へ。
ここからは、太平洋岸を走って北上できるようなのですが、シャケ釣りの方の話では先日の台風で砂州が切れてしまっているとのことだったので、ここも元来た道を引き返しました。
f0126932_2117257.jpg


だんだんと雨足が強くなってくる中、この日のメインとも言える湧洞の丘を目指して山の中をひた走ります。
思いの外倒木が多くて、藤蔓に引っかかったり、斜め倒木でツルッと滑ったりで結構時間がかかりました。
f0126932_21222341.jpg


本降りの雨が降る、湧洞の丘にて。
もう、パンツの中までびしょ濡れです・・・
f0126932_21251089.jpg


晴れた日には、遠く日高山脈の山々まで見渡せるそうなのですが、この日は残念ながら鉛色の雲しか見えませんでした。
f0126932_21264736.jpg


というわけで、少々、天気が残念なツーリングではありましたが、楽しい一日となりました。
じへいさん、K山さんどうもありがとうございました。
また今度、天気の良い日にご一緒させてください!



<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-09-29 23:23 | 旅とツーリング | Comments(0)

2016 北海道の旅 その1 ~旅の始まり~

一昨年、昨年に引き続き、3度目となるトランポツーリング目的での渡道になります。
北海道は、8月下旬の度重なる台風の上陸とそれに伴う大雨で甚大な被害を受けているので、どれだけ走れる場所があるのかが不安でしたが、観光地や宿の風評被害も大きいと聞いていたので、予定通りの決行となりました。
今回も、行き先は渡ってから日々考える、いつもの行き当たりばったりの旅です(笑)


9月16日。
今回は、大洗発苫小牧行きの夕方便フェリーを予約していたので、早めに仕事を上がって、一路、大洗へ。
f0126932_19485967.jpg


無事に乗船手続きを終え、出港を待っているうちに日没を迎えました。
9月も半ばを過ぎると、だいぶ日が短くなります。
f0126932_19505382.jpg


乗船してから出港までは結構時間があるので、晩飯の弁当を食べながら甲板でポケモンGOやって時間をつぶしてました(笑)
ちなみに、海の上でも沖合い2kmぐらいまではポケモンが出現していました。
f0126932_1953647.jpg


翌、9月17日。
いよいよ、北海道の旅の始まりです。
14時に苫小牧港を出発し、襟裳岬経由でひとまず十勝方面を目指すことにしました。
静内から襟裳岬を経由して十勝までのルートを走るのは、2001年にランクル70で走った時以来、実に15年ぶりになります。
f0126932_1956402.jpg


苫小牧から休憩無しで走り続けること2時間半・・・
様似を過ぎた辺りで16時を過ぎ、この日の宿がある大樹町へ夕飯までに到着できるのかがだんだんと怪しくなってきました。
f0126932_19575272.jpg


17時過ぎに襟裳岬に到着!
すでに売店が閉まっており、観光客もほとんどいない時間ですが、これから急いで岬の突端を目指します。
f0126932_2021153.jpg


夕闇が迫る襟裳岬。
15年ぶりの来訪でしたが、特に感慨はなし。
さて、帰るか・・・
f0126932_2034372.jpg


と思って、何気なくポケモンGOを立ち上げてみたら、岬の突端にジムが。
とりあえず突端まで走って行って、カビゴンを置いてきました(笑)
f0126932_204386.jpg


そして、お約束どおりの日没。
この日の宿は大樹町にあるセキレイ館でしたが、この後、襟裳岬から黄金道路を一目散に走り、何とか夕食に30分遅れで到着することができました。
f0126932_011040.jpg


さて、翌日からは、いよいよ林道ツーリングの始まりです。



<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-09-27 23:09 | 旅とツーリング | Comments(2)

初秋の房総林道ツーリング 後編 (WR250F)

※先日の房総林道ツーリングの後編です。

鴨川のみんなみの里でお昼を食べてから、再びお山へ。
せっかくなので、林道に入る前に大山千枚田へ寄り道してみました。
先日の台風直撃で遅れていた稲刈りが始まっていました。
f0126932_20413211.jpg


さて、林道大山横尾線で戻ることにしましょうか~
往路には写真右手を迂回したヌタ場。
面倒くさいので正面突破してみましたが、台風の大雨のせいで思いの外泥が深くなっており、スイングアーム近くまでズッポリと嵌ってしまって、おかげでブーツとグローブが泥でグチャグチャに・・・
f0126932_20414435.jpg


WR談:何でそこに入るかな~、いったい何年乗ってるの?馬鹿?
・・・はい、すみません。
やはり、急がば回れは鉄則です(笑)
f0126932_20415495.jpg


気温は高くても、吹き抜ける風からはどことなく秋の気配。
林道田取線と豊岡線を朝走ったのとは逆方向にひと走り。
f0126932_2042569.jpg


今回は、この段階でめずらしく初めて走った林道山中線。
林道内では、1台のバイクにも人にも会うことはありませんでしたが、ウリ坊(イノシシの子供)は5匹ぐらい見かけました。
f0126932_20424750.jpg


さらに、林道保田見線と梨沢線を走って鹿原地区を目指します。
ここしばらくの大雨で舗装路部分の路面に苔が生えていたので、ツルッといかない様に気を使いました。
f0126932_20421652.jpg


作業道を抜けて麓を目指しますが、風の抜けない樹林の中は暑い!
f0126932_2143513.jpg


やっと、風の抜ける車道に出た~
いつもの自販機で冷たいジュースを飲んでひと休み。
f0126932_2145237.jpg


最後に少しだけもみじロードを戻って、林道山中線~豊岡線~田取線のルートを再び走って帰りました。
f0126932_2165025.jpg


林道豊岡線から望む鬼泪山方面の展望です。
次に房総に来るのは紅葉が見頃を迎える晩秋か初冬の季節かな。
今年は台風の直撃を受けた割には木々の葉が傷んでいなかったので、綺麗な紅葉を見られると良いのですが。
f0126932_2165982.jpg

by naka1md30 | 2016-09-03 21:13 | 旅とツーリング | Comments(2)