カテゴリ:旅とツーリング( 385 )

入笠山周辺の林道で

8月最後の週末、1泊2日の予定でツーリングへ行ってきました。
今回のツーリングは、初日に入笠山周辺を走ってから山梨で1泊、2日目は現地で林道仲間と待ち合わせ奥秩父方面の林道を走るという計画でした。しかしながら、初日の夕方にハプニングがあり、2日目の予定を全てキャンセルして帰ってくるはめになってしまいました・・・

--------------------------------------------------------------------------------

土曜日は天気にも恵まれ、入笠山と高遠周辺の林道を走り回ってきました。今回は、金沢林道→町道入笠線→黒河内林道→長谷村の林道(名称不明)→林道鍛冶村-月蔵線→町道高嶺線といったルートを走ったのですが、心配していた台風11号の被害はほとんどなく、崖崩れや工事による通行止め箇所もありませんでした。

(黒河内林道の入笠山側入口)
黒河内林道には2つのゲートがありますが、いずれも牧場のゲートで、自分で開閉できるタイプのものです。
f0126932_81713.jpg

(町道高嶺線の展望地にて)
平地ではまだ暑いですが、山はすっかり秋の気配が濃くなっていました。道端ではススキの穂が風になびいていて、空に浮かぶ雲にも夏のような力強さはありません。
f0126932_8171190.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

まあ、ここまでは良かった。
しかし、最後にもう1本だけと欲張って走った作業道にて立木に突っ込んでしまい、XR-BAJAのライト(右側)とライトのフレームを大破させてしまいました。幸い人間には怪我がなく、バイクの方も応急処置をすれば何とか自走で帰ってくることができる状態であったものの、自分の運転技術の未熟さからバイクを壊してしまったことは情けない限りです。

写真は応急処置後のXR-BAJAです。
BAJAはライトとフロントスクリーンが大破し、ライトのフレームがハンドル側に食い込む形で潰れてしまっていましたが、応急処置でハンドルを切ることができる状態になりました。
f0126932_8172887.jpg


以下、事務連絡。

>マツさん
応急措置の作業を手伝ってもらい、本当にありがとうございました。

>めんそさん、チャレさん
せっかくツーリングの計画を立ててもらったのに申し訳ないです。次回こそはツーリングご一緒しましょう。
by naka1md30 | 2005-08-29 23:54 | 旅とツーリング | Comments(0)

野付半島

北海道の知床半島と根室半島のちょうど真中、根室海峡に向かってエビの尻尾のように突き出た砂嘴が野付半島です。今まで何度か入口までは行ってみたものの、何も無いのが分りきっていたので立ち寄ることはなかったのですが、今回初めてトドワラまで行ってみることにしました。

これが有名なトドワラです。
駐車場から片道1.5km、往復3kmの道をオフブーツで汗だくになりながら歩いてたどり着いた先には、案の定、何もありませんでした(笑)
見えるのは名前の良くわからない植物の群落と真っ白な霧だけ、一歩間違えると悪い夢のような景色です。
f0126932_2362274.jpg

野付半島には人家が無く(番屋はあります)、どこまでもこんな感じの荒涼とした景色が続きます。
ちなみに、所々にダートの脇道があったりするのですが、全てバイクの乗り入れは禁止されているので、おとなしく道道を走って帰ることにしましょう。
f0126932_2364054.jpg

by naka1md30 | 2005-08-22 23:47 | 旅とツーリング | Comments(0)

旧タウシュベツ川橋梁

先日の北海道ツーリングで行った旧タウシュベツ川橋梁です。
旧タウシュベツ川橋梁は1937(昭和12)年に竣工したものの、1956(昭和31)年には糠平ダムの湖底に沈んでしまった旧国鉄士幌線の遺構です。
通常8月になると糠平湖の水位が上昇し、半分ぐらい水没してしまっていることが多いのですが、今年は完全に姿をあらわしていました。
f0126932_20133975.jpg

橋に至る糠平三股林道は約15kmのダートで、1箇所だけタウシュベツ川橋梁を見ることができるポイントがあります。橋から糠平ダム方面へ向かって走っている場合にはカーブの正面に橋が見えるのですが、その逆の場合は気がつかずに通り過ぎてしまうことがあります。
f0126932_20135677.jpg

ちなみに、建設当時のタウシュベツ川橋梁の写真や旧国鉄士幌線の歴史等については、NPOひがし大雪アーチ橋友の会のサイトに掲載されているので、現在の姿と見比べてみると面白いです。
by naka1md30 | 2005-08-20 23:12 | 旅とツーリング | Comments(0)

北海道ツーリング終了

7月29日から8月6日にかけて北海道ツーリングへ行ってきました。
今回のツーリングは天候に恵まれず、ほとんど毎日が曇りか雨という悲惨な天気でしたが、それでも2808km(うちダートは約400km)の距離を走ってきました。今回は初めから林道が目的で雨が降ろうが霧が出ようがお構いなしに林道を走り回ってきたため、思ったよりも距離が伸びてしまいました。さすがにこれだけ走ると食事や温泉を楽しむ時間がないので、次回行く時にはもう少しのんびりと回ってみようかと思います。

初日には昨年走ることができなかった支笏湖周辺の林道群を走りました。支笏湖周辺の森林は昨年の台風でかつての面影がないほど壊滅的な打撃を受けていました。第一縦断林道の緑のトンネルも木がまばらになっていて、以前のような景色に戻るまでには数十年はかかりそうな感じです。
f0126932_2313590.jpg

北海道には林道だけではなく、道道にもダートの区間が多くあって、ツーリングのルートには事欠きません。写真は農道ではなく、美瑛町の道道580号美馬牛神楽線です。
f0126932_23131590.jpg

by naka1md30 | 2005-08-09 21:32 | 旅とツーリング | Comments(0)

田代山林道近況

先々週(6月26日)に行ってきた栃木・福島県境の林道群の状況です。栃木の栗山村から福島県南会津へと越える林道は、川俣檜枝岐林道、田代山林道、安ヶ森林道の3本がありますが、問題なく越えられるのは安ヶ森林道のみで、田代山林道と川俣檜枝岐林道は通行止めが続いています。

ここ数年間通行止めが続いている田代山林道は相変わらずのまま。
しかも、栗山側のゲートは年々大袈裟になっています。
f0126932_23262433.jpg

で、脇はこんな感じ。
ポールだけじゃ気がすまないらしく鉄パイプを溶接してあるのですが、ここまで敵意を剥き出しにされると何だかなぁという気がします・・・
f0126932_2327111.jpg

by naka1md30 | 2005-07-06 22:59 | 旅とツーリング | Comments(0)

久々のツーリング報告

ここのところ、土日はバイクをいじっているかツーリング、平日は仕事で疲れてそのまま就寝といった感じの生活が続いています。そんなわけでブログがほったらかしになっていますが、見捨てずにたまに遊びに来てもらえると幸いです。

一昨日の日曜日はOASⅢのメンバーで栃木北部・南会津方面へツーリングに行ってきました。本来であれば泊りがけでのツーリングを計画していたのですが、雨の予報に騙されて日帰りツーリングになってしまいました。
ちなみに、最後はお約束の雨にも降られてパンツの中までびしょびしょに・・・やっぱり誰か強力な雨男がいるようだ。間違いない(笑)

今回のルートは、
西荒川林道→湯西川→安ヶ森林道(村道鱒沢線)→舘岩→林道七ヶ岳線→玉川林道→大窪林道
といった感じで、ダートだけでも60kmを越えるなかなか走り応えのあるものでした。いずれの林道も非常に走りやすいフラットダートで、林道七ヶ岳線の砂利が深かった他は特に問題のある箇所もありませんでした。

西荒川林道の豊月平牧場側入口にて
今回はゴリさんのXR250R初ツーリングだったのですが、先月までのゴリさんとは別人のように早くなってました。もう、「自分は遅いですから・・・」というゴリさんの言葉には騙されません(笑)
f0126932_23134922.jpg

玉川林道にて
玉川林道や大窪林道は展望に乏しいのですが、深い山の中を走るのでブナをはじめとする広葉樹林が美しいです。
f0126932_23135837.jpg

by naka1md30 | 2005-07-05 22:31 | 旅とツーリング | Comments(0)

群馬の林道一気走り

久々の晴天に恵まれた日曜日、梅雨入り前の貴重な晴天を逃すわけにはいかん!てなわけで、全ての予定を翌週末へ先送りして群馬の林道へ走りに行くことにしました。
 どれも有名な林道ばかりではありますが、全部を走り繋ぐとダート区間だけでも90kmに達するので、一日中へろへろになるまで林道を走り回ることができます。

[今回のルート]
松戸 → 三郷西I.C →(外環道-関越道-北関東道)→ 伊勢崎I.C → 大間々 → 【小中新地林道-新地林道-新地林道袈裟丸支線-栗原川林道】 → 追貝(旧利根村) → 【赤倉林道】 → 沼田 → 【秋鹿大影林道】 → 四万温泉 → 【万沢林道】 → 野反湖 → 長野原 → 渋川伊香保I.C →(関越道-外環道)→ 三郷西I.C→ 松戸

01 小中新地林道
 ツーリングのスタートは東村(勢多)の小中新地林道です。この林道は袈裟丸山の登山口になっていることもあって、比較的交通量が多いです。
f0126932_23282558.jpg

02 小中新地林道の名無し峠
 東村側入口からこの峠まではフラットなダートですが、この峠を境に路面状況は一変、峠から新地林道分岐までの区間は大き目の玉砂利路面になっています。
※小中新地林道(小中側入口-新地林道分岐):ダート約3.8km
f0126932_2329313.jpg

03 小中新地・新地林道分岐
 ここで右折すれば、新地林道。
入口から入って100mぐらいのところにゲートがありますが、今回は開いていました。
※新地林道:ダート約9.5km
f0126932_2330585.jpg

04 新地林道袈裟丸支線
 新地林道の途中から分岐している袈裟丸支線は2.5kmほどのピストン林道。緑が美しくて気持ちの良い林道でした。
※新地林道袈裟丸支線:ダート約2.5km
f0126932_23303156.jpg

05 袈裟丸支線終点の先
 袈裟丸支線は2.5km地点で終了し、そこから先はかつては林道であったと思われる沢っぽいガレガレの廃道になっていました。
 今回は単独であったためここで引き返すことにしましたが、まだ先に道は続いているようです。
f0126932_23305649.jpg

06 栗原川林道へ
 新地林道(右)から右折すると、いよいよ北関東随一のダート距離を誇る栗原川林道です。
 栗原川林道は非常に管理が行き届いている林道なので、新緑や山々の展望を楽しみながら快適な走行が楽しめました。
※栗原川林道(新地林道分岐-沼田市追貝):ダート約37.0km
f0126932_23312956.jpg

07 栗原川林道から見た皇海山
 栗原川林道から見た皇海(すかい)山。
他にも残雪が残る至仏山や武尊山などを見ることができました。
f0126932_23315119.jpg

08栗原川林道の素掘りトンネル
 皇海山登山口から沼田市追貝までの区間は見通しが悪い区間が多く、登山客の車も多いので要注意です。
f0126932_23321615.jpg

09 赤倉林道
 追貝で昼食の後、さらにツーリングは続きます。片品村と川場村を結ぶ赤倉林道が崩壊しているとの話は以前から聞いていたのですが、片品側には通行止めの看板がなく、結構車が入っている模様。変だなぁ・・・
f0126932_23324240.jpg

10 赤倉林道の崩壊箇所
 ・・・と油断していたら、噂の崩壊箇所は突然現われました。
峠を越えてしばらく下ったところに赤倉粟生林道の分岐があるのですが、分岐からしばらく下りカーブを曲がった途端に状況が一変し、写真の様な廃道の雰囲気が漂う光景が広がっていました。
f0126932_23333225.jpg

11 赤倉林道川場側入口
 こちら側にはしつこいほど通行止めの看板が・・・確かにあれじゃあ通行止めだわな、と妙に納得。
 先ほどの廃道区間は1、2kmで終わり、そこから先は再び普通の路面状況でしたので、いずれは修復が行われるのかもしれません。
※赤倉林道:ダート約8.7km
f0126932_23345100.jpg

12 秋鹿大影林道
 天気が良いのでさらに先へ、帰る方向からはどんどん遠ざかって行きます(笑)
 こちらは秋鹿大影林道の新治村側入口です。
f0126932_23341428.jpg

13 
 秋鹿大影林道は新治村と四万温泉を結ぶフラットダート。展望はありませんが、山々の緑が美しかったです。
※秋鹿大影林道:ダート約13.0km
f0126932_2334402.jpg

14 万沢林道
 万沢林道も全区間フラットダートが続きますが、秋鹿大影林道よりも標高が高いところを走るので、高原の雰囲気があります。
※万沢林道:ダート約20.8km
f0126932_23351082.jpg

15 
 万沢林道は六合村側に直線区間があることで有名ですが、峠付近にも気持ちの良い直線区間があります。
 六合村側はにわか雨が降ったらしく、路面がびしょびしょになっていましたが、埃が舞い上がらないので、かえって快適でした。
f0126932_23362338.jpg

16 野反湖
 ツーリングの最後に立ち寄った野反湖です。今年は冬の積雪が多かったせいで、いまだに雪が残っていました。
 正面に見える山の向こうは長野県。ちょうどXRがとまっているところが分水嶺になっていて、湖の水は日本海へと流れていきます。
f0126932_23364877.jpg

17 JR川原湯温泉駅
 JR吾妻線の川原湯温泉駅。
川原湯温泉の周辺では八ッ場(やんば)ダムの建設が進められていて、数年後にはこの場所もダムの底に沈んでしまいます。今回は夕方になってしまい温泉には入れませんでしたが、近いうちにまた訪れてみたいですね。
f0126932_23372926.jpg

by naka1md30 | 2005-06-06 23:46 | 旅とツーリング | Comments(0)

秩父・奥秩父林道ツーリング

日曜日にSGTyamaさんと秩父・奥秩父方面へ林道ツーリングに行ってきました。今回は秩父周辺の林道を走ってから早めに帰るつもりでいたのに、走っているうちに欲が出てきて、気がついたら三国峠を越えて長野まで行ってしまいました。まあ、自分で言うのも何ですが、はっきり言ってバカだと思います(笑)

今回のコースは、午前中に林道城峯奈良尾線(皆野町)、明ヶ平沢戸線(秩父市吉田)を走り、午後から上野大滝線と支線→中津川林道→相木川上線を走り繋ぐといったものでしたので、ダートの距離も60kmぐらいになりました。この時期は日が長く日帰りでもたくさん林道を走れるので嬉しい限りです。

TBIを完走したSGTyamaさんのトランザルプと自分のXR250BAJA。
トランザルプ君、TBIお疲れ様でした!
f0126932_2345135.jpg

埼玉と群馬県境にある上野大滝線は急速に舗装が進んでいてびっくりしました。まだ全線開通してから数年しか経っていないのにもかかわらず、半年単位で舗装区間が延びています。途中にあった素掘りのトンネルもコンクリートが吹き付けられてしまい、このままでは全線舗装になってしまう日が来るのもそう遠くない気がします。
f0126932_23451743.jpg

こちらは中津川林道の三国峠です。
どんどん舗装化が進む上野大滝線とは対照的に、自分が初めて訪れた10年前と変わらぬ風景が広がっていて、ほっとします。これから先もこの風景には消えずに残っていてほしいですね。
f0126932_23452538.jpg

by naka1md30 | 2005-05-24 00:07 | 旅とツーリング | Comments(0)

房総突発ツーリング

自分の所属するクラブのメンバー5人で房総の林道へ行ってきました。
天気予報では曇りであったはずなのにもかかわらず、初っ端で土砂降りの雨に降られてしまいました・・・う~ん、雨男は誰だ?(笑)
f0126932_12383389.jpg

雨は30分ほどであがり、房総の山の中を探索しました。
房総の林道はそろそろ草が繁ってきて走りづらい季節になってきますね。
f0126932_12385273.jpg

房総にもこんなに山深いところがあります。
写真だけを見るととても千葉とは思えません。
f0126932_12391562.jpg

f0126932_12394249.jpg

今回は初顔合わせのメンバーもいたのですが、楽しい一日を過ごすことができました。また新しい道を探索に行きましょう!雨具必携で(笑)
f0126932_12395690.jpg

by naka1md30 | 2005-05-16 00:20 | 旅とツーリング | Comments(0)

信州高遠ツーリング

昨日はYUZOさんと信州高遠方面へツーリングに行ってきました。

高遠城址公園の桜
今年は例年よりも開花が遅れたようで、公園内部はまだ満開になってはいませんでした。
f0126932_1014051.jpg

長谷村美和湖畔の桜
美和ダム湖畔の桜が満開になっていたので、コンビニで弁当を買い込んで桜の下でお昼を食べることにしました。高遠城址公園だと混雑がひどく、のんびりとお昼を食べることなどできないですからね・・・
f0126932_10141271.jpg

今回は高遠、入笠山周辺の林道も走りました。
ほとんどの林道は雪が消えていたのですが、標高の高い入笠山北側にはまだ雪が残っていました。ちなみに、写真の坂は登ることができず、結局引き返すことになりました。
f0126932_10142924.jpg


コメント
by naka1md30 | 2005-04-17 22:10 | 旅とツーリング | Comments(0)