カテゴリ:旅とツーリング( 403 )

梅雨の晴れ間の奥上州林道ツーリング (WR250F)

先週末、久々にWRで林道ツーリングに行ってきました。
行き先は、いつもの秋鹿大影林道&万沢林道、そして野反湖を辿る往復100kmほどのルートです。

まずは、秋鹿大影林道をみなかみ町側からひとっ走り。
実に2ヶ月半ぶり&今年になってから3回目のダートだったこともあって、最初はいまいち走りが安定しませんでした・・・
f0126932_20381397.jpg


ヤマアジサイの花を横目に、霧峠を越えて中之条町側へ。
f0126932_20415117.jpg


休憩は入れずに、そのまま万沢林道へ。
またもや舗装区間が伸びていて、すでに3分の1ほどのダートが消滅しました。
こんな山奥の人っ子ひとり通らない林道の舗装を律儀に進めているなんて、中之条町も実に物好き(笑)
f0126932_2058739.jpg


今回のツーリングの目的の一つでもあったエゾアジサイですが、万沢のエゾアジサイもご多分に漏れず花着きが異常に悪い状態でした。
例年であれば探さなくても花が目に入ってくるのに、今年はバイクをとめてわざわざ探さないと花が見つからないほど。
ようやく見つけた株も、花色がいまいち。
f0126932_2101660.jpg


何年か前に写真を載せた白花エゾアジサイに至っては、この有様。花芽はどうした!?
今年はこんなものだと諦めるしかありません。
f0126932_2193838.jpg


気を取り直して、万沢ストレートをひとっ走り!
これで万沢ストレートが舗装されていたら、あやうく発狂するするところでした(笑)
f0126932_21111441.jpg


野反湖はいつの季節に来ても、素晴らしい景色で迎えてくれます。
ちょうどニッコウキスゲが咲き始めていたので、観光客の車も多めでした。
f0126932_21131246.jpg


いつもであれば、峠の茶屋でケーキセットを注文するところですが、今回はふきのとうのピザを注文しました。
春先に地元で採取されたふきのとうは香りが良く、ほど良い苦味が美味しかったです。
f0126932_211518.jpg


腹が一杯になったところで、元来た万沢林道&秋鹿大影林道を戻ります。
今回は軽めなツーリングでしたが、今年の夏休みの長期ツーリングはどこへ行くべか。
そろそろ考えなくては!!
f0126932_21173583.jpg



おまけ。
数年ぶりに林道ツーリング&山遊び用にキャメルバックを買いました。
あまり大きくてもプロテクターの下で邪魔になるので小さめの1.5Lのやつを買いましたが、2Lのやつにしておけば良かったと少々後悔・・・
f0126932_21253523.jpg

by naka1md30 | 2017-07-17 21:26 | 旅とツーリング | Comments(2)

ハイエースで行く箱根・真鶴ドライブ

先週末のこと、アジサイ友達(笑)のゆみりさんが関東までやってきたので、軽く箱根方面を案内してきました。

まずは、いつものように渋滞が始まる前に首都高を抜け、7時頃には小田原へ。
待ち合わせまでまだ2時間以上あったので、そのまま南下して真鶴半島を目指します。
f0126932_21245318.jpg


駐車場に車を置き、半島の先端、真鶴岬まで歩きました。
本当の先端である三ツ石までは歩いて行けるのですが、あまりの暑さにここまでで断念。
海沿いなのにもかかわらず、熱中症になりそうなほど暑かったです。
f0126932_212554.jpg


小田原まで戻るも、まだ時間があったので小田原城址公園を散歩。
小田原城へ来るのは、実に25年ぶりだったりします。
駆け足で天守閣のてっぺんまで登り、待ち合わせ場所の小田原駅へ。
f0126932_21293952.jpg


小田原城天守閣から望む、箱根の山々。
中央手前の山肌にターンパイクの一部が見えています。
f0126932_2131477.jpg


同じく、天守閣から望む真鶴岬方面。
f0126932_2132448.jpg


無事、ゆみりさんと合流し、まずはターンパイクで大観山へ。
往路も復路もターンパイクで白バイの取締りを見かけましたが、自分がターンパイクで白バイの取締りを見たのは今回が初めてです。
f0126932_21392733.jpg


ひと月ぶりの箱根はすっかり夏の装いになっていました。
残念ながら、富士山は雲の中。
f0126932_21422544.jpg


せっかくなので、ヤマアジサイの群落にも立ち寄って見ましたが、例年になく花が少なかったです。
道沿いの株が根こそぎ伐採されてしまったこともあって、群落は以前の半分以下にまで縮小してしまっています。
すでに消えてしまった株も多いので、こんなことなら枝を採っていって挿し木しておくべきだったと後悔・・・
f0126932_21435952.jpg


気を取り直して、お次は箱根関へ。
箱根関は10年ほど前に江戸時代の姿へ復元されていますが、訪れるのは今回が初めて。
f0126932_214753.jpg


関所の背後にある遠見番所から望む、箱根関の全景と芦ノ湖。
富士山が見えなかったのは残念でしたが、なかなかの展望でした。
f0126932_21483568.jpg


ちなみに、関所の建物が全体的に黒いのは、この渋墨を塗ってあるから。
ちょっと触っただけでも手が黒くなったので、白っぽい服で行くのはやめた方が良いかも。
f0126932_21501711.jpg


箱根関へと至る東海道沿いの道端にもヤマアジサイの花が咲いていましたが、やはり花の数は少なめです。
f0126932_21522762.jpg


最後に大観山で軽くお茶を飲んでから、この日2回目の小田原城へ登り、小田原駅でゆみりさんとお別れしました。
ちなみに写真は、帰りの首都高で久しぶりの渋滞に巻き込まれるの図。
車だから良かったものの、これがバイクだったらと思うと、げんなりします・・・
f0126932_21533440.jpg

by naka1md30 | 2017-07-13 21:59 | 旅とツーリング | Comments(4)

二代目ハイエースで行く、箱根・伊豆ドライブ

ハイエースの納車から2週間。
すでに、毎日の通勤では乗っているのですが、はやり山道も走ってみないことには何とも・・・
というわけで、今は無きR1でのツーリングルートをハイエースでかっ飛んで流してきました。
この日は、午後から東京都瑞穂町のガレージコジマさんのところへ行く予定があったので、今回のドライブはその前の盛大な寄り道だったりします(笑)

まずは、いつものように首都高~東名道~小田原厚木ルートでターンパイクの入口へ。
f0126932_20394439.jpg


箱根の山もこのひと月で一気に緑が濃くなりました。
それはさておき、ハイエースはというと、期待以上に走ってくれました。
ガソリンエンジンの先代ハイエースだったらスピードが落ちてしまう登りも余裕で加速。
これだったら、勾配のある高速道路も山道もストレス無く走ることができそうです。
f0126932_20404189.jpg


非常に天気が良いのに、思ったよりもバイクも車も少なかったので、あっという間に大観山に到着。
せっかくなので、富士山を入れてハイエースの写真をば(笑)
他の観光客の人達から見たら、何でコイツは作業車の記念写真なんぞ撮っているのか、と思ったかどうかはさておき、背後からの視線を感じました(笑)
f0126932_20453574.jpg


富士山の雪もだいぶ少なくなりました。
これからの梅雨時、一雨ごとに雪の量が減っていくはずです。
f0126932_2045978.jpg


ハイエースのガラスに映った富士山と芦ノ湖のパノラマ。
ちなみに、今回は脇のスライドドアの窓ガラスの小窓はオプションで無しにしました。
f0126932_20502348.jpg


まだまだ時間が早かったので、そのまま熱海峠経由で伊豆スカイラインへ。
f0126932_23563719.jpg


滝知山の展望台にて、しばし富士山&駿河湾の展望を堪能。
f0126932_2357699.jpg


滝知山から少し南下した所にある展望地にて1枚。
背後の街並みは、三島市&沼津市で、その奥には駿河湾も見えていました。
f0126932_23574298.jpg


すっかり緑が濃くなった伊豆スカイラインから望む、富士山と愛鷹山です。
f0126932_23581545.jpg


さらに、玄岳を越えて南下します。
f0126932_21163150.jpg


そして、いつものように亀石峠でUターン。
f0126932_21174047.jpg


最後に、再び大観山まで戻り、スカイラウンジでコーヒーを飲んでから箱根の山を後にしました。
f0126932_21182081.jpg


さて、寄り道もここまでにして、この日の本題です。
開通後、初めて走る圏央道で厚木から青梅までワープし、ガーレージコジマさんのところへ。
今回は、ハイエースのトランポ化に向けて、今後の方針を決定しました。
さて、今月中に何とかしなくては!
f0126932_2119201.jpg





おまけ。
数年前の6月初旬、伊豆スカイラインの亀石峠でコアジサイが満開だったのを思い出し、自生地を見てきました。
ちょうど花が咲き始めてはいたものの、花の数は以前の1割以下にまで減ってしまっていました。
f0126932_2123820.jpg


原因は、道路管理者による除草。
花のことをわかっていない業者が作業をするとダメな典型例。
植栽のアジサイを秋に剪定するとかも含めて、作業員の質を疑わざるを得ません。
f0126932_21251579.jpg

by naka1md30 | 2017-06-07 21:31 | 旅とツーリング | Comments(4)

ハイエースで行く最後の南会津ドライブ

仕事に追われてどこへも行けずにいるうちに、11年間乗ったハイエースとの別れがやってきてしまいました。
最後の1日ぐらいは久々に遠出をしてみようと思い、これまで幾度となく訪れている南会津を目指すことにしました。

すっかり緑が濃くなった那須塩原を抜け国道400号&121号経由で南会津へ。
今日はハイエースとの最後の旅になるので、荷室はもちろん空荷です。
f0126932_20423232.jpg


今年は季節の進みが遅いようで、福島県と栃木県境にある山王トンネルの手前で、何と満開のシダレザクラを見ることができました。
ハイエースと見る桜もこれが見納めか・・・
f0126932_20424063.jpg


福島県側に入ってすぐにある道の駅たじまでひと休み。
コーヒーを飲みながら満開の八重桜を眺めつつ、しばしポケモンGO(笑)
f0126932_20425258.jpg


木々の芽吹きが始まった伊南川沿いを辿って、一路、檜枝岐を目指します。
今年は雪解けが遅れており、檜枝岐に入るかなり手前から道端に雪が残っていました。
f0126932_2314573.jpg


雪が解けたばかりの場所には、ふきのとうや土筆が出ていました。
もちろん、ふきのとうはいただき!
f0126932_2043440.jpg


南会津の名峰、会津駒ヶ岳にもべったりと雪が残っています。
f0126932_20432998.jpg


この時期にこんなに大量の雪が残っているのは、久々に見た気がします。
それはさておき、邪魔な電柱&電線!
f0126932_20434384.jpg


まだお昼には時間が早いので檜枝岐の中心地を素通りして、この時期に行ける最高地点である御池まで行って見ることにしました。
七入から望む燧ヶ岳も、まだ真っ白。
f0126932_20435786.jpg


つづら折れの国道352号を登っていくと、どんどん残雪が増えていきます。
f0126932_20441734.jpg


標高1000mを超える橅(ぶな)平まで登ると、周辺はすっかり雪景色に。
辺りのブナやダケカンバの芽吹きはまだまだ先になりそうです。
f0126932_2045889.jpg


この時期に入ることができる最奥の御池。尾瀬や燧ヶ岳への登山口です。
ここから先の国道352号はまだ冬季閉鎖中で、この日も除雪作業が進められていました。
f0126932_20455054.jpg


復路の旧舘岩村にて。
一面の菜の花畑を見かけたので、最後にハイエースを入れて一枚。
ちょうど畑の持ち主のおじさんがいたのでお話したら、赤カブの花だそうです。
f0126932_2046526.jpg


というわけで、ハイエースとの最後のドライブもおしまい。
2006年からの11年間で走った距離は約21万km。これまでに乗った他の2台と比べてもダントツの走行距離となりました。
長い間大きな故障も無く走ってくれて、今は感謝の気持ちでいっぱいです。
by naka1md30 | 2017-05-21 20:47 | 旅とツーリング | Comments(0)

R1で行く箱根・伊豆ラストツーリング  (YZF-R1)

10日ほど前のことですが、YZF-R1でGW後半2日目に箱根・伊豆方面を走ってきました。
いつもの走り慣れたルートに乗り慣れたR1で走りに行く。ただ、一つだけいつもと違っていたのは、これがR1で行く最後のツーリングだということでした。

朝4時起きして、渋滞の始まった東名道を西へ。
まずは、すっかり緑の濃くなった山麓から大観山へターンパイクを駆け上がります。
f0126932_21484781.jpg


久々に訪れた大観山も、すっかり初夏の装いとなっています。
箱根の山々の新緑と雪をかぶった富士山との対比が美しくて、しばし見とれてしまいました。
f0126932_21515361.jpg


終盤を迎えたマメザクラと芦ノ湖越しの富士山。
f0126932_2152656.jpg


まだ雪が多い富士山ですが、これから梅雨入りまでのひと月の間に一気に雪解けが進むはずです。
次回、箱根に来られるのはいつになるか・・・
f0126932_21521643.jpg


富士山の裾野越しに望む南アルプス南部の山並み。
左から、聖岳、赤石岳、荒川岳&悪沢岳になります。
f0126932_21522617.jpg


大観山からは、熱海峠経由で伊豆スカイラインへ。
f0126932_21523774.jpg


先代のR6の時代から幾度となく走った伊豆スカイライン。
R1で走った回数は思い出せないぐらいです。
我ながら、よくもまあ飽きずに来たものだと思う(笑)
f0126932_21525078.jpg


滝知山から望む相模湾と三浦半島&房総半島。
画面中央やや右奥には房総半島南西端の洲崎も見えていました。
f0126932_215331.jpg


西丹那から望む富士山&愛鷹山。
f0126932_21531357.jpg


そして、いつものスカイポート亀石でひと休み。
f0126932_2154461.jpg


亀石峠の料金所でUターンすると、本当にこれが最後の伊豆スカ。
f0126932_21541459.jpg


再び戻って来た大観山ではオオシマザクラが満開でした。
最後にR1で桜を見られて本当に良かった。
f0126932_21542891.jpg


ツーリングの終わりに、スカイラウンジでコーヒーを飲みながらこれまでの4年間をふり返りました。
2013年3月の納車からR1で走った距離は、約23,500km。
最後まで心残りなのは、こいつで北海道へ行けなかったことかな。
f0126932_21544318.jpg

by naka1md30 | 2017-05-13 21:17 | 旅とツーリング | Comments(0)

桜咲く信州高遠周辺林道ツーリング (WR250F)

正月の房総林道ツーリング以来、実に3ヶ月半ぶりの林道ツーリングです。
年明けにWRをエンジンオーバーホールに出したり、年度末&年度始めの仕事が忙しかったりして、気がついたら何とGW直前のこの時期になってしまった次第です。

行き先は、1年ぶりの信州高遠方面!
ちなみに、今年の高遠の桜の開花予報は4月17日頃が満開日となっていて、満開予想日以降の気温が高く、春の嵐も吹き荒れていたので、現地に行くまで今シーズンの桜は諦めていました。
が、中央道を走っていくと、思いの外に良い感じに桜が咲き残っていて、俄然テンションが上がります。
写真は、中央道八ヶ岳PAにて。
f0126932_1255937.jpg


八ヶ岳PAから望む甲斐駒ケ岳とアサヨ峰は、GW直前のこの時期としては雪が多めな感じ。
f0126932_12551626.jpg


トランポからWRを降ろして、久々のダートへ!
一発目の金沢林道は、WRのエンジン&人間の慣らしを兼ねて、麓から芝平峠までゆっくりめに走りました。
路面に雪は無いものの、意外と気温が低く、中腹から上部の芽吹きはまだまだ先になりそうです。
f0126932_1255297.jpg


芝平峠にて一休み。
麓から見た時に入笠山にべったりと雪が残っていたので、入笠山越えはパスして峠から直接、高遠方面を目指します。
f0126932_12553858.jpg


芝平峠から望む八ヶ岳連峰。
f0126932_12554796.jpg


芝平峠から下った山室の集落では、ちょうどタカトオコヒガンザクラが満開になっていました。
この辺りの桜は、通常だと標高が低い高遠城址公園よりも1週間ほど開花が遅れるのですが、今年は城址公園も同様の開花状況でした。
f0126932_12555841.jpg


今回一番の目的地、美和ダム湖畔のタカトオコヒガンザクラ。
半ば見ることを諦めていただけに、満開の桜に喜びもひとしお。
f0126932_12561434.jpg


他の観光客がほとんどいなかったので、満開の桜が独り占め状態でした(笑)
f0126932_12562587.jpg


同じく美和湖畔のソメイヨシノ。
ソメイヨシノの方が、タカトオコヒガンザクラよりも開花が遅いようです。
f0126932_12563656.jpg


満開の桜を堪能した後は、再び林道へ。
慣らしも終わったので、そろそろ本気出すかな!と突入した林道馬越線はあえなく敗退(泣)
斜面からの崩落箇所が多く、いくつかの崩落地を越えたものの、タイヤがパンクしそうで怖いので、一旦麓まで戻って仕切りなおし。
f0126932_12564524.jpg


再び女沢林道から取り付き、林道長谷高遠線を北上しました。
こちらは大きな崩壊等も無くオールクリア。
エンジンの馬力が戻ったWRは絶好調で、アクセルを開けると久々に体験する加速に体が遅れてしまいました(笑)
人間の方はまだ慣らしが必要なようです・・・
f0126932_12565341.jpg


林道長谷高遠線を下って高遠の街へ近づくと、再びタカトオコヒガンザクラがお出迎え。
f0126932_1325079.jpg


休みの日としては人が少なめの城址公園でしたが、わざわざ人混みに近づく必要も無いので、WRへの給油&休憩をしてから再びお山を目指します。
コンビニでコーヒーを飲んでいたら、お隣に青色のランクル70が。
やっぱり70はいつ見ても最高の車です。
f0126932_133214.jpg


高遠市街を後にして林道へ。
高遠市街の向こうには真っ白な中央アルプスが聳えていました。
f0126932_1331494.jpg


高遠市街の北側にある林道鍛冶村線入口にて。
この辺りも、地元の方が植えたタカトオコヒガンザクラが見事です。
f0126932_1332552.jpg


林道鍛冶村線からスイッチバック状の分岐を経て月蔵線へと走りつなぎます。
f0126932_1333636.jpg


山の中の芽吹きはもう少し先になりますが、一足先にキブシの黄色い花が咲き乱れていました。
f0126932_1335366.jpg


さらに稜線へと出て、市道高嶺線をひとっ走り。
市道高嶺線は20kmほどの貴重なロングダートですが、思いの外路面が荒れていて、何度かすっ転びそうになりました。
f0126932_134686.jpg


入笠山を望む伐採地にて、じばし休憩。
休みの日なのに、出会った対向車はここまでで1台のみ。
f0126932_12574892.jpg


金沢峠経由で麓へと下ります。
カラマツ林に差し込む春の日差しがまぶしいです。
f0126932_12575743.jpg


途中、脇道に逸れてウネウネの作業道へ。
f0126932_1258485.jpg


最後に国道20号線へと出て、桜が綺麗な場所に寄り道しながらトランポまで戻りました。
f0126932_12581466.jpg


いつもよりも早く帰ることができたので、南アルプスの風景を眺めながら国道20号線沿いをウロウロし、韮崎インターから中央道で帰ってきました。
このハイエースと一緒に走れるのもあと1月。来月の今頃には新しいハイエースがやってきます。
そう考えると、ハイエースと走ったこの11年間のことが色々と思い出されてきて、改めて自分が歳をとってしまったことを思い知らされるのです。
f0126932_12582563.jpg

by naka1md30 | 2017-04-23 21:17 | 旅とツーリング | Comments(2)

今井の桜

例年よりも大幅に遅れて満開を迎えた今年の桜。
待ちに待った週末が2日間とも本降りの雨模様となってしまい、全く見ることができなかったので、月曜日の朝に4時起きし、白井市の北端にある今井の桜を見てきました。

朝日に照らされた今井の桜。
今井の桜に通うようになって10年ほどになりますが、日の出の時間帯に訪れたのは今回が初めてです。
f0126932_21375344.jpg


桜を見ると、かつて福島の浜通りを桜の時期に訪れた時の事など昔を思い出して複雑な気持ちになります。
今でも6年前の東日本大震災の時に受けた衝撃は忘れることはないですし、もしかしたら近い将来、災害以外でもこの当たり前の毎日が崩壊する日が来るかもしれない・・・
そう考えると、こうして満開の桜を毎年当たり前に見ることができる幸せを大切にしたいのです。
f0126932_2138574.jpg


ちなみに、今回は出勤前にR1を引っ張り出して今井の桜を目指しました。
いつも写真を撮るポイントで桜を見る予定でしたが、何と、桜と朝日を撮影する写真マニア?が大挙して橋を占拠していたので、下流部の人のいない橋で日の出を迎えることとなりました(怒)
f0126932_21522926.jpg


日の出直前の状況はこんな感じ。
日が出た直後の写真が1枚目ですが、やはり朝日が当たった方が格段に綺麗です。
f0126932_21524651.jpg


そのまま帰るのがもったいなかったので(笑)、船橋アンデルセン公園に寄り道。
アンデルセン公園入口のオオシマザクラ(手前)とソメイヨシノもなかなか見応えがあります。
f0126932_21532172.jpg


同じく、アンデルセン公園駐車場のソメイヨシノ。
こちらもすでに散り始めていました。
f0126932_21533228.jpg



余談。
実は、3日ほど前の夕方にも今井の桜を見に行ったのですが、満開には少々早く、風も強かったので、いまいち綺麗ではありませんでした。
f0126932_2212717.jpg


金山落としの水面が桜の花びらで覆われる様も綺麗なので、次の週末まで花が持ってくれると良いのですが・・・
f0126932_2215080.jpg

by naka1md30 | 2017-04-11 22:06 | 旅とツーリング | Comments(2)

R1で行く春の房総ツーリング 第三弾 (YZF-R1)

春分の日の昨日、R1で軽く房総方面を走ってきました。
年度末のこの時期は色々と忙しいので、半日だけのちょっ早ツーリングでした(笑)

朝の冷え込みが弱くなり、路面温度を心配せずに走れる幸せ!
f0126932_2049257.jpg


いつものように、館山道を君津インターで降り、鹿野山&鬼泪山越え。
お山の上もすっかり春らしくなり、すでに芽吹きの始まった木々もちらほら。
f0126932_20495558.jpg


春の房総丘陵の展望です。
景色が白く霞んでいるのは、春霞なのか、それとも大量の花粉のせいなのか・・・
f0126932_20494597.jpg


もみじロードから、長狭街道経由で白石峠を越えて南房総市(旧富山町)へ。
峠道の両脇には、紅梅や菜の花が咲き乱れていました。
f0126932_2050629.jpg


白石峠から下った平久里の菜の花畑。
ついつい寄り道ばかりしてしまって、一向に先に進みません(笑)
f0126932_20501932.jpg


ちょっとだけかっ飛ばしスピードアップして、安房グリーンラインをひたすら南下。
いつもの海底地すべり地層の駐車場でUターンしましたが、なぜかほとんどバイクには会わずじまい。
f0126932_20503124.jpg


今回はお昼前に帰宅予定なので、元来た道を急いで戻ります。
f0126932_20504170.jpg


もみじロードの復路で見かけた崖の上のマメザクラ。
マメザクラは、房総半島の鹿野山以南に自生している野生種ですが、ソメイヨシノ等に先駆け真っ先に咲き始めます。
桜が咲き始めると、房総にもいよいよ本格的な春が到来したなと実感します。
f0126932_20505318.jpg


いつもの自販機前で一休み。
何か景色がすっきりしているなと思ったら、道路向こうのツツジや山茶花の植え込みが丸坊主に刈り込まれていました。
どうやら、このひと月の間に刈り込まれたようですが、何で開花前のこの時期にツツジを丸坊主にするのか全くもって理解に苦しみます。
これじゃあ、今年の花は絶望的か・・・
f0126932_2051191.jpg


気を取り直して、もみじロードの道端で咲き乱れていたマメザクラでも。
f0126932_2051975.jpg


マメザクラの一輪一輪は小さいですが、少し離れたところから見ると、まだ色が乏しい山の斜面に霞がかかったみたいで風情があります。
さて、今年の春は桜前線を追ってどこへ行くかな~
って、その前に無事に年度末を越えられるのか・・・?
f0126932_20512170.jpg

by naka1md30 | 2017-03-21 21:17 | 旅とツーリング | Comments(2)

ハイエースで行く春の房総の旅 第二弾

花友達のゆみりさんが仕事で関東までやってきたので、春の房総を案内してきました。

館山道をひとっ走りして、まずは内房の鋸山へ。
鋸山に登るのは、実に15年以上ぶり!
まあ、鋸山登山道は通行料が高いし、二輪も禁止だし、というわけで足が遠のいていたということもあります。
鋸山登山道の上部から望む洲崎に至る内房の海岸線。
日ざしは、すでに春らしくなっています。
f0126932_21375945.jpg


久々に鋸山からの展望を見ましたが、昔からこんなに海が綺麗だったけか?と思うほど海の青色が鮮やかでした。
f0126932_21384232.jpg


鋸山ロープウェー山頂駅から望む浜金谷と浦賀水道。
対岸は神奈川県の三浦半島です。
画面中央に、ちょうど久里浜からこちらへ向かってくる東京湾フェリーが写っています。
f0126932_21402158.jpg


ロープウェー山頂駅にいた猫。
駅の周辺で何匹か見かけましたが、どの猫も全く人見知りしないようでした。
f0126932_21393081.jpg


同じく山頂駅から望む三浦半島南東端の剱崎。
その向こうは相模湾。
もう少し視程が良ければ、水平線の向こうに伊豆半島の山並みが見えるはずです。
f0126932_2141883.jpg


浦賀水道越しに望む横浜方面。
中央奥に見えているのは、横浜ランドマークタワーです。
f0126932_21414659.jpg


石切り場跡の絶壁に彫られた百尺観音です。
この場所に来るのは、記憶が正しければ30年ぐらいぶりかもしれません・・・
f0126932_2158330.jpg


鋸山名物の地獄のぞき。
昔来た時は、錆びたボロい鉄フェンスが大きな不安感を醸し出していましたが、現在はしっかりとしたステンレスのフェンスが設けられています。
まあ、面白みは薄れてしまったかな(笑)
f0126932_21441624.jpg


地獄のぞきから望む、浜金谷と浦賀水道方面の展望。
f0126932_21593239.jpg


さらに視線を東へと移していくと、房総丘陵の山並みが広がっていました。
画面中景の稜線に見えるのが金谷元名林道で、右奥には鬼泪山&鹿野山が見えています。
f0126932_21582730.jpg


すっかりお昼近くなってしまったので、鋸山を後にして長狭街道経由で千倉方面を目指します。
f0126932_21143871.jpg


平久里のあたりでは、すでに菜の花が満開になっていました。
f0126932_2116318.jpg


菜の花畑に近づいてみると、菜の花の香りと飛び回るミツバチの羽音のすごいこと!
f0126932_2117893.jpg


千倉で遅めのお昼を食べてから、白間津で花を買って今回の旅もおしまい。
暖かくなってきたし、そろそろ県外にも出かけたくなってきました(笑)
何はともあれ、ゆみりさん遠路はるばるお疲れさまでした!
f0126932_21184244.jpg

by naka1md30 | 2017-03-15 21:22 | 旅とツーリング | Comments(3)

R1で行く春の房総ツーリング 第二弾 (YZF-R1)

この前の日曜日、ご近所のS藤さんと房総ツーリングに行ってきました。
なかなか日程の都合がつかず、1年以上ぶりに2台でのツーリングとなりました。

この日は、明け方に雨や雪が降ったので、十分に日が高くなってから出発することにしました。
路面が凍結していないか路面状態を探りながら、まずは鹿野山へ。
結果、路面はすっかり乾いており、心配無用でした。
f0126932_2015278.jpg


鬼泪山からの東京湾と富士山の展望。
f0126932_20153858.jpg


冬型の気圧配置になっても寒中ほどの冷え込みは無く、景色もどことなく霞んでいます。
本格的な春まであと少し!
f0126932_20154814.jpg


先日のリベンジ。
先週の雪で一度は傷んでしまった佐久間ダムの頼朝桜(河津桜)ですが、後発の蕾が続々と咲き始めています。
南側の斜面は日差しが暖かく、一足先にお花見を楽しむことができました。
f0126932_20155650.jpg


昼飯前に安房グリーンラインをひとっ走りして、海底地すべり地層の駐車場でUターン!
f0126932_2016640.jpg


千倉のインディーズでピザをたらふく食べてから、再び鹿野山経由で帰ってきました。
f0126932_20162523.jpg

by naka1md30 | 2017-02-21 20:35 | 旅とツーリング | Comments(2)