カテゴリ:庭いじりの話( 209 )

今日のヤマアジサイ (5月18日)

実際にヤマアジサイを育ててみると、その品種の写真を見ただけではわからなかった特徴や味わいに気がつくことが多くあります。
今日の朝も、何気なく色づくヤマアジサイの花々を見ていて、いくつか気づいたことがありました。

我が家では今年が初花となる、土佐の子宝。
高知県産の品種ということは聞いていますが、元々、産地以外の情報が全く無い品種です。
一見すると、普通のガク咲きで、何で「子宝」なのかを疑問に思いつつ、ここ数日間、花を眺めていたところでした。
f0126932_22431829.jpg


ふと、真上から花を見てみて、名前の謎が解けました!
装飾花の裏側に、もう一つ小さな装飾花が着く「子持ち」状態になっています。
現状では、約半分程度の装飾花が子持ち状態になっているので、おそらくこの状態がこの品種の特徴なのだと思います。
やはり、ヤマアジサイは奥が深い。というか、奈落・・・
f0126932_2248695.jpg


夏日星。
ヤマアジサイの中でも、株の大きさが一番小さい部類に入ります。
f0126932_22515922.jpg


日に日に、装飾花の青色が深くなってくる、宮古瑠璃。
この品種は、産地も含めて全く情報が無い品種です。
f0126932_22531170.jpg


山陰の底白。
開花2年目となりますが、咲き始めの底白が美しい品種です。
f0126932_22551984.jpg


今年、初めて花を見る、土佐の浮雲。
こちらも、装飾花の底白が美しいです。
f0126932_22561324.jpg


高知県産の土佐日記。
一昨年に花が満開になった後、急激に株が弱ってしまい、挿し木も失敗してしまったために、一時は完全に諦めていた株です。
一昨年の満開状態に比べると、小さな花房ではありますが、再び花を咲かせてくれたのは嬉しい限りです。
f0126932_2257649.jpg


絞り花の波しぶきも、装飾花に絞り模様が浮き上がってきました。
f0126932_232854.jpg


豊前ナデシコ。
今年の春先に我が家へやってきたばかりの株ですが、2輪も花を咲かせてくれました。
f0126932_233787.jpg


大分県の九重連山産の鳴子紫。
花自体は毎年咲いてくれますが、美しい花を咲かせるのが難しい品種です。
育て方が悪いのか、それとも環境が合わないのか・・・
f0126932_2342078.jpg

by naka1md30 | 2016-05-18 23:07 | 庭いじりの話 | Comments(4)

今日のヤマアジサイ (5月14日・15日)

GW前までは、例年にない速さで膨らんでいくヤマアジサイの蕾に、一体どうなることやらと思っていましたが、その後の気温が低かったり、曇天や雨の日が多かったこともあって、結局は、例年通りの開花速度へと落ち着きつつあります。

高知県産の丸山ぼたん。
土の酸性度次第で薄青色にも薄桃色にも咲きますが、個人的には薄青色に咲かせた方が好みです。
f0126932_21292433.jpg


石鎚てまり。
鮮やかな青色で、小ぶりなテマリがかわいらしい花です。
f0126932_21304332.jpg


コアジサイは、この週末が花の終盤でした。
ちなみに、我が家の株は栃木県の鬼怒川温泉産です。
f0126932_21322237.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、ほほえみ。
花色は薄桃色です。
f0126932_21333973.jpg


同じく、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、夕やけ。
こちらは非常に濃い桃色に咲く品種です。
f0126932_21343438.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種繋がりで、玉水。
f0126932_22573732.jpg


こちらも、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である桂月。
f0126932_22582988.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である清少納言。
一見すると白色の装飾花に見えますが、良く見ると非常に淡い桃色が入っています。
f0126932_22592730.jpg


徳島県産の白花品種、阿波白です。
f0126932_2312489.jpg


鹿児島県の屋久島産の屋久島コンテリギ。
f0126932_232662.jpg


徳島県産の紅剣。
花茎が赤紫色をしている、剣山系のヤマアジサイです。
f0126932_232401.jpg


笹の舞。両性花の残る白花のテマリ咲き品種です。
f0126932_2331951.jpg


四万十旅情。今年は非常に大輪になりました。
f0126932_2344498.jpg


だいぶ装飾花に色が着いてきた鹿の撫子。
f0126932_2351529.jpg


酔湖八重。装飾花が大きな品種です。
f0126932_236170.jpg


我が家では、今年が初花となる瀬戸の風。
装飾花は淡い青色で咲きました。
f0126932_2363698.jpg


爽風。
昨年まで2年間育てた親木は、残念なことに夏に入る前に枯れてしまい、その時に緊急避難的に挿し木した苗が1輪だけ花をつけました。
昨年までは薄紫色に咲いていましたが、今年は薄桃色に咲いています。
f0126932_2373886.jpg


コガクウツギの天女の舞。
装飾花が八重になります。
f0126932_2395763.jpg


土佐の清流。
装飾花の鮮やかな青色が美しい品種です。
f0126932_23103930.jpg


土佐の日輪。
単に日輪と呼ばれることもあります。
装飾花の先端の色が白く抜けるのが特徴です。
f0126932_23111936.jpg


土佐の白玉。
その名のとおり、装飾花が丸く咲きます。
f0126932_23121332.jpg


土佐遊蝶。
年によって装飾花の咲き方が変わる品種で、今年はあまり蝶っぽくない花型です。
f0126932_23135535.jpg


別子てまり。
この別子てまりも、年によって花型が変化しやすい品種で、今年は装飾花の少ないテマリ咲きになりました。
f0126932_23153046.jpg


坊ヶ鶴の華。
九重連山産の品種です。
f0126932_23174548.jpg


木沢の光。別名、乙女の舞。
花茎が赤紫色になる剣山系の品種です。
f0126932_23182762.jpg


嶺の緑宝。
装飾花は、薄緑色に白い絞りが入り、さらに薄桃色が差す複雑な色合いになります。
f0126932_23193086.jpg



~おまけ~

ウツギの赤花品種。マギシエンウツギも咲き始めました。
f0126932_23221745.jpg


九州の高山系ツツジ、ミヤマキリシマも満開を迎えています。
ミヤマキリシマは、選抜品種が何種類か出回っていますが、我が家の株は桃源という品種名がついていました。
f0126932_232338.jpg

by naka1md30 | 2016-05-15 21:35 | 庭いじりの話 | Comments(2)

衝動買い

昨日のこと。
色々と入用のものがあって、夕方から印西のジョイフル本田へ。
家から印西へと向かう途中の水田地帯も、すっかり田植えが終わり、水面に反射する夕日が実に綺麗でした。
f0126932_2171625.jpg


買い物が終って帰途に着く頃には、すっかり日が暮れてしまいました。
f0126932_2184230.jpg


そして・・・
家には、またまたアジサイの鉢が増えました。
園芸アジサイの星がすりです。
今回、店先のアジサイコーナーで初めて見かけて、思わず見入ってのが悪かった(笑)
f0126932_2195142.jpg


ガク片の先端の色が白く抜けています。
通常のガクアジサイや園芸アジサイと比べると、葉が小さくてヤマアジサイの血が入っているのかもしれません。
f0126932_21122398.jpg

by naka1md30 | 2016-05-15 21:14 | 庭いじりの話 | Comments(2)

今日のヤマアジサイ (5月7日・8日)

日々、ヤマアジサイの装飾花が育っています。
徐々に色づき始めた品種も出てきて、今週の後半には開花が本格化しそうな感じです。

他の品種に先駆けて、先週から色づき始めていた土佐の蛍は、両性花も咲き始めています。
f0126932_20155365.jpg


例年だと、ヤマアジサイに先駆けて咲き始めるコアジサイですが、今年はヤマアジサイと同時期の開花となりました。
f0126932_2017187.jpg


装飾花が密にくっついて咲く、丸山ぼたん。
高知県産の品種です。
f0126932_2018565.jpg


徳島県産の白花テマリ咲き品種、祖谷てまり。
f0126932_2021875.jpg


土佐の清流も、装飾花に色が着き始めました。
f0126932_20215774.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である夕やけ。
交雑種ではめずらしい、赤色の花が咲きます。
f0126932_20224351.jpg


同じく、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、ほほえみ。
柔らかな桃色の花が咲きます。
f0126932_20235073.jpg


ヤクシマコンテリギも装飾花が大きく育ってきています。
f0126932_2025946.jpg


~おまけ~
ヤマアジサイ以外の花も紹介!

カキツバタの天の釣舟。
鮮やかな紫色が美しいです。
f0126932_20263031.jpg


梅の木で半野良化しているセッコク(品種名不明)。
かれこれ、20年近く放置状態ですが、毎年花を咲かせてくれます。
f0126932_20274363.jpg


カマシアのライトヒラニーアルバ。
カマシアは、秋植え球根では一番最後に花を咲かせます。
ちなみに、普通の紫花(クシッキー)は今年も花が咲きませんでした・・・
f0126932_2029304.jpg

by naka1md30 | 2016-05-08 20:31 | 庭いじりの話 | Comments(3)

今日のヤマアジサイ (5月1日)

奥多摩コアジサイが本格的に咲いてきました。
今年の花は数が少なく、小ぶりです。
f0126932_23433476.jpg


装飾花に色がついてきた土佐の日輪。
この土佐の日輪は、土を酸性にして咲かせても、咲き始めは桃色で咲き始め、咲き進むにつれて藤色へと花色が変化します。
f0126932_2344444.jpg


うっすらと花色が着き始めた花てまり。
ここから先は、一気に咲き進みます。
f0126932_23465324.jpg


美鈴てまりにも、装飾花が見え始めてきました。
f0126932_23481627.jpg


今年、初めて花を見る、鹿のてまり。
f0126932_2349738.jpg


同じく今年が初花の鹿の撫子。
f0126932_2350020.jpg


ガク片の先に、うっすらと色が着き始めた丸山ぼたん。
意外と早咲きです。
f0126932_23511744.jpg


今年初めて花が着いた津江の五月雨。
コガクウツギとヤマアジサイの交雑種ですが、今年はどうやら装飾花無しで咲くようです。
f0126932_2352574.jpg


我が家では最古株の部類に入る新宮てまり。
比較的花着きが良い品種です。
f0126932_23545456.jpg


高知県産の四万十旅情。
小輪に咲かせた方が風情のある品種なのですが、なぜか毎年大輪になってしまいます・・・
f0126932_23562811.jpg



~おまけ~
ニッコウムサシノキスゲが満開になりました。
平地では5月初旬に開花しますが、自生地の高原では7月初旬から中旬に開花します。

【5月2日修正】
我が家のこの株は、2年ほど前に園芸店でニッコウキスゲとして購入してきたものですが、ニッコウキスゲとは異なった特徴を示しています。
何よりも、通常ニッコウキスゲであれば一日で花が閉じてしまうはずなのにもかかわらず、この株は翌朝まで花が開いていることから、ムサシノキスゲの可能性が高いです。
また、調べてみるとニッコウキスゲを平地で栽培しても、GWに咲くことはないようです。
f0126932_23582339.jpg

by naka1md30 | 2016-05-02 00:00 | 庭いじりの話 | Comments(4)

今日のヤマアジサイ (4月27日)

開花第一号の土佐の日輪に続き、土佐の蛍の開花が始まりました。
土佐の蛍はコガクウツギとヤマアジサイの交雑種なので、元々、開花が早い品種ではありますが、例年の開花はGW明けです。
f0126932_2030328.jpg


今年は、花芽の動きが早いので、寒冷紗がけも例年よりも早めに完了!
f0126932_20314526.jpg


昨年から寒冷紗がけをGW前に実施することにしたのは、こんな感じで斑が入る品種や、特に日差しに弱い品種が開花前に枯れ込んでしまうことを防ぐためです。
ちなみに、写真は所々に白い斑が入る瀬戸の白波。
f0126932_20334250.jpg


関東では非常に花芽が着きづらい、ヒュウガアジサイの美鈴てまり。
関東の冬の空っ風に弱いだけでなく、強い日差しや夏の暑さにも弱いという非常に難儀な品種ではありますが、今年は初めて10個近い蕾が着きました。
このまま満開を迎えてくれると嬉しい限りです。
f0126932_20372264.jpg


同じく花芽が着きづらいヒュウガアジサイの鈴の舞。
こちらの品種に至っては、5年間育てて、今まで一度も花を見たことがありませんでした。
今年は何と一気に10個以上の蕾が着いたので、こちらも期待大です。
f0126932_20402333.jpg

by naka1md30 | 2016-04-27 20:43 | 庭いじりの話 | Comments(2)

ヤマアジサイの開花

例年よりも、2週間ほど早くヤマアジサイの開花が始まりました。
少なくとも、自分がヤマアジサイの栽培を始めた2010年以降では、最も早い開花です。

なぜか今年は、コガクウツギやコガクウツギとの交雑種ではない、土佐の日輪が開花第一号です。
f0126932_22103834.jpg


こちらは、純粋なコガクウツギ。
装飾花がまだ緑色ですが、数日で白色へと変化してきます。
f0126932_22105776.jpg


例年だとGW明けに開花が始まる、花テマリもこんな感じ。
f0126932_22111041.jpg


こちらは、ヤクシマコンテリギ。
f0126932_22112247.jpg


アジサイではありませんが、姫ウツギが一足先に満開になっています。
f0126932_22113971.jpg


原種日本サクラソウの飛岳。
ちなみに、飛岳は大分県にある山の名前です。
f0126932_22115334.jpg


数年間植え替えせずに放置していたら、株が衰弱してしまったヤマブキソウ。
さすがにかわいそうなので、先日植え替えました。
f0126932_2212466.jpg


この週末、キンランも咲き始めました。
このキンランは、今は無きオフロード印西デコボコランドの忘れ形見です。
f0126932_22122017.jpg

by naka1md30 | 2016-04-24 21:58 | 庭いじりの話 | Comments(2)

チューリップの見納め

今年は、例年よりも早く開花が始まったチューリップですが、この週末で見納めとなりそうです。
この1週間に咲いた品種をまとめて紹介。

白覆輪八重咲きのコロンブス。
今年初めて植えた品種です。
f0126932_20514415.jpg


鮮やかなオレンジ色の八重咲き品種のオレンジプリンセス。
この品種も今年初めて植えました。
f0126932_20524360.jpg


国産品種の恋茜。
f0126932_20542140.jpg


同じく国産品種の楊貴妃。
f0126932_2055457.jpg


開花2年目となるダンシングショー。
f0126932_20554765.jpg


フリンジ咲き品種のパシフィックパール。
購入時の写真は紫色でしたが、かなり赤みの強い赤紫色をしています。
f0126932_20572060.jpg


原種系のレッドハンター。
この品種は多湿に弱いらしく、先月の雨に当てていたら、半分ほどの株が根腐れで枯れてしまいました・・・
f0126932_2115188.jpg


今年、一番最後に咲いたのが、このバルバドスです。
真紅の花色もさることながら、鋭い鋸歯が無数に生えていて、一度見たら忘れないほど強烈な印象です。
f0126932_20584613.jpg

by naka1md30 | 2016-04-23 21:03 | 庭いじりの話 | Comments(2)

茂るヤマアジサイと咲き進むチューリップ

晴れようが、雨が降ろうが、そんなことはお構いなしに日に日に茂っていくヤマアジサイ。
蕾が膨らんで花が咲くまでのこの時期が、一年で一番楽しい時でもあります。
f0126932_23204643.jpg


ブログ初掲載のポポー。
どうしてもポポーの実を食べてみたくて、今年になってから3種ほど苗木を手に入れて植えました。
購入したマンゴー、ペンシルバニアゴールデン、ウェールズの3本のうち、マンゴー以外の株には花が咲いたので、上手く受粉できると良いのですが・・・
f0126932_23232846.jpg


チューリップも、ものすごい勢いで咲き進んでいて、2、3日見ないでいると、あっという間に花が終わってしまいます。
原種系チューリップのレディージェーン。
日中、日が当たっている間は、花びらが目一杯開きます。
f0126932_23284591.jpg


裏から見ると、こんな感じで赤色がアクセントになっています。
f0126932_23315246.jpg


同じく、原種系のクルシアナクリサンタ。
f0126932_23324459.jpg


サンネは、日中開いている時に甘い香りがします。
f0126932_2338398.jpg


昨年の球根の残りが咲いたミッキーマウス。
少々、貧弱な花ではありますが、非常に目立っています。
f0126932_23385420.jpg


カルガリーフレーム。
背丈が低く咲きます。
f0126932_23401496.jpg


不思議な色合いのマンゴーチャーム。
f0126932_23414395.jpg


チューリップの色合いは、ヤマアジサイとはまた違っていて、見ていて面白いです。
by naka1md30 | 2016-04-11 23:46 | 庭いじりの話 | Comments(0)

ヤマアジサイの芽吹きと春の訪れ

例年よりも早く、2月下旬から芽が動き始めていたヤマアジサイですが、その後の冷え込みのせいで、結局、例年どおりの育ち具合です。
昨年、またもや懲りずに鉢数を増やしてしまったせいで、1回の土日では整理が終らず・・・
残りの移動作業は、来週以降に積み残しです(泣)
f0126932_20385847.jpg


奥多摩コアジサイの蕾です。
コアジサイ、奥多摩コアジサイ、コガクウツギだけでなく、普通のヤマアジサイもすでに蕾が見えている株が多くあります。
f0126932_20434585.jpg


先日、京成バラ園の半額セールで衝動買いしてしまったミツバツツジ。
置き場所が・・・と言いながらも、以前から欲しかったんですよね~(笑)
f0126932_20452472.jpg


木々の芽吹きの前に咲く赤紫色のミツバツツジの花は、山でも非常に目立つ存在ですが、我が家の庭でもかなり目立っています。
f0126932_20474298.jpg


足元に目を移せば、二輪草の白い花も満開になっています。
f0126932_20502261.jpg


こちらは、シャガの花です。
f0126932_20511644.jpg


他方、チューリップの方も開花が本格化してきました。
f0126932_20514454.jpg


原種チューリップのステラータ。
背丈が高く、細身の花が咲きます。
f0126932_20524222.jpg


同じく、原種チューリップのライラックワンダー。
こちらは、後数日で早くも花が終わってしまいそうです。
f0126932_20534173.jpg


黄色の八重咲き品種、モンテカルロ。
f0126932_205517100.jpg


桃色白覆輪の八重咲き品種、ゲーブランドギフト。
f0126932_20561372.jpg

by naka1md30 | 2016-04-03 20:58 | 庭いじりの話 | Comments(6)