カテゴリ:庭いじりの話( 225 )

シモバシラ

今年一番の冷え込みとなった今朝、庭のシモバシラの茎に真っ白な霜柱ができました。
例年であれば、年末年始の寒波で見ることができますが、今年は少々遅めの出現です。
今シーズンはクリスマスローズの花芽が動くのが早いので、ここ数日の冷え込みで霜害が出ないか心配なところではあります。
f0126932_20105095.jpg



<追記>
翌日(1月16日)は、さらに冷え込みが厳しくなり、気温が氷点下3度以下にまで下がったので、霜柱がさらに大きくなりました。
f0126932_922228.jpg


こちらは、別の株です。
ドウダンンツツジや梅の木の影にあるので、今回のような強い冷え込みにならないと、霜柱ができません。
f0126932_9222415.jpg

by naka1md30 | 2017-01-15 20:12 | 庭いじりの話 | Comments(4)

正月明けの庭

今年は比較的暖かな正月を迎えました。
すでに、様々な草花の芽が動き始めています。

庭の片隅で寒梅が咲き始めました。
f0126932_2113298.jpg


クリスマスローズも、例年と比べると蕾が上がってくるのが早い気がします。
早い株では、あと10日もすれば咲き始めてしまいそうな勢いです。
f0126932_2113423.jpg


元々、開花が早いデュメトルム交配のプチドール。
こちらもすでに蕾が膨らんできています。
f0126932_21134969.jpg


花の少ない年末年始にかけて咲く寒菊。
こちらは、霜の当たらない軒下で咲かせています。
f0126932_21135839.jpg


先月にホームセンターで苗を買ってきたストックですが、大寒を前に早くも満開となってしまいました。
ここまで咲いてしまうと、氷点下まで冷え込む日には家の中に入れないといけなくなります・・・
f0126932_2114676.jpg

by naka1md30 | 2017-01-03 21:22 | 庭いじりの話 | Comments(6)

雪によるヤマアジサイへの被害

昨日は、平地の我が家でも3cmほどの雪が積もり、昼前には一面の銀世界へと変わりました。
そして、季節外れの雪が去った後は屋根からの落雪が発生し、夕方に帰宅した時にはすでに一部のヤマアジサイが壊滅していました。
このやり場の無い怒りをいったいどこへぶつければ良いのか・・・

一夜明けた今朝は、気温が氷点下にまで冷え込み、紅葉半ばのヤマアジサイがバキバキに凍りました。
まだ、冬芽の準備が怪しい株もあったので、来春の開花に悪影響が生じなければ良いのですが。
f0126932_22485470.jpg


長門紫の葉に咲いた霜の花。
あと数日もすれば、紅葉の見頃を迎えたのでしょうが、葉は真っ黒に枯れて散り落ちてしまうでしょう。
f0126932_22525289.jpg


同じく、霜に覆われた新宮てまりの枝。
こちらも、数日で冬枯れへと変わります。
f0126932_22523116.jpg

by naka1md30 | 2016-11-25 22:59 | 庭いじりの話 | Comments(0)

アジサイの紅葉 その2

今日は、雪が来る前に今シーズン最後の箱根ツーリングへ行こうかと思っていましたが、朝起きてみると雨が降っていたので、残念ながらツーリングは断念しました。
天気予報では、明日の朝から関東でも雪が降るようなので、今年のツーリングシーズンは終了です(泣)

それはさておき、ようやく綺麗に色づいてきた我が家のアジサイ。
明日は、平野部の我が家でも雪になりそうなので、紅葉が見納めとなってしまうかもしれません。
昨日早朝の地震に続き、この時期まさかの降雪と悩みは尽きません。
f0126932_2021510.jpg


薩摩濃紅(鹿児島県産)。
今年は綺麗に色づきましたが、昨年どうだったか全く思い出せません。
f0126932_2022727.jpg


美里桜(愛媛県産)はオレンジ色に色づきました。
f0126932_2023641.jpg


玉藻夾華(左)とアカヤシオ(右)の共演。
f0126932_2024535.jpg


毎年、綺麗に紅葉する坊ヶ鶴の華(大分県産)は、花芽がついた枝が少なめ。
f0126932_2025386.jpg


紫変化(鳥取県産)は、赤紫色に色づきました。
f0126932_203336.jpg


津野山神楽(高知県産)の紅葉が綺麗なので、再掲しました。
f0126932_2031252.jpg


我が家に来て3年目になる広瀬の華(島根県産)は、来春にようやく花を見ることができそうです。
f0126932_2032312.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である夕やけ(高知県産)。
あと数日で完全に葉が散り落ちてしまいそうです。
f0126932_203329.jpg

by naka1md30 | 2016-11-23 20:19 | 庭いじりの話 | Comments(2)

アジサイの紅葉

平野部の我が家でも朝晩の冷え込みが厳しくなり、アジサイの紅葉が一段と進んできました。
ただ、秋口の天候不順のせいなのか、いまいち鮮やかさに欠けた紅葉になってしまっています。
f0126932_13472584.jpg


昨年の晩秋に苗でやってきた豊の群青。
綺麗な赤色に紅葉しました。
f0126932_1347349.jpg


こちらも今年の春にやってきた紅化粧。
濃い黄色に色づいています。
f0126932_13474319.jpg


妖艶は、紫色に紅葉しています。
f0126932_13475145.jpg


斑入品種の豊後錦。
この時期の豊後錦は斑が完全に消えてしまっているので、ごく普通のヤマアジサイに見えます。
f0126932_1348250.jpg


我が家では初めての秋を迎える津野山神楽。
黄色と赤色のグラデーションが綺麗です。
f0126932_13481192.jpg


九重の線香花火も、黄色と赤色と紫色が混じった不思議な色合いになりました。
f0126932_13482257.jpg


園芸品種のアルテミス。
ヤマアジサイの清澄沢系の品種ですが、清澄沢自体は黄色く色づくので、おそらくもう片方の親の影響で赤っぽい紅葉しているのかもしれません。
f0126932_13483334.jpg



おまけ。
今春に庭に植えつけたポポー(品種はマンゴー)。
綺麗な黄葉をすると聞いていましたが、ここ数日、庭の真ん中で非常に目立っています。
f0126932_13484195.jpg

by naka1md30 | 2016-11-19 13:59 | 庭いじりの話 | Comments(4)

ネリネの開花と新顔ヤマアジサイ

一昨年に植えて以来、一向に花が咲かなかったネリネ。
今年になって、ようやく一輪の花が咲きました。
ネリネって、こんなに花着きが悪いものなのだろうか・・・
f0126932_21401479.jpg


話は変わりますが、今年は、異常に少ない日照と多雨のせいで、ヤマアジサイの元気がありません。
特に、8月後半から発生した炭疽病が原因でかなり葉が傷んでしまっていますが、ここ数日の冷え込みでようやく紅葉が始まりました。
f0126932_21412734.jpg


そして、この土日にまたヤマアジサイが増えました・・・
こちらは、剣の舞の枝変わり品種である剣の舞錦。
まだ小苗ですが、綺麗な斑が入っています。
f0126932_2144533.jpg


こちらも綾の枝変わり品種である綾錦。
おそらく、綾よりも弱いと思われるので、大事に育てたいと思います。
f0126932_21452374.jpg


実は来月頭にまたヤマアジサイの苗が増えてしまう予定です・・・たぶん(汗)
by naka1md30 | 2016-10-17 21:50 | 庭いじりの話 | Comments(5)

白花彼岸花

今年は開花が大幅に遅れていた彼岸花ですが、ようやく満開を迎えました。

かれこれ15年以上前から植えられていたであろう我が家の白花彼岸花。
これまで、1~3輪ほどしか咲いたことが無かったのに、今年は爆発的に増殖して、何と10輪もの花が咲きました。
なぜ??と思ったら、昨年、この場所にヤマアジサイの植え替え済み用土を大量に入れたのでした・・・
ヤマアジサイの肥料が効いたのかな~(笑)
f0126932_21103771.jpg


こちらは、彼岸花の仲間の鍾馗水仙です。
あまり日当たりの良くない場所に植栽されているので、貧弱な花です。
ちなみに、上の白花彼岸花は、この鍾馗水仙と彼岸花の二倍体株との交雑種と言われています。
f0126932_2112362.jpg


彼岸花と一緒に満開を迎えているシモバシラ。
白い地味目な花ですが、綺麗です。
f0126932_2116244.jpg

by naka1md30 | 2016-09-26 21:18 | 庭いじりの話 | Comments(2)

タマアジサイの開花

庭に植えているタマアジサイの開花が始まりました。
今年は、ヤマアジサイやガクアジサイと同じく、なぜか花が小さめです。
f0126932_14193112.jpg


タマアジサイは、花が一斉に咲くのではなく、枝ごとに次々と開花していくので、半月ぐらいの期間にわたって花を楽しむことができます。
f0126932_1420184.jpg


緑花種の緑タマアジサイ。
両性花は基本種と同じ薄紫色ですが、装飾花が薄緑色をしています。
f0126932_1423884.jpg


八重咲き種の瓔珞タマアジサイ。
こちらも、今年は非常に花が小さいです。
f0126932_14251451.jpg


ヤマアジサイとガクアジサイも、一部を除いて概ね元気ですが、来週半ばに襲来しそうな台風の被害が心配なところです。
f0126932_14195262.jpg

by naka1md30 | 2016-08-14 14:28 | 庭いじりの話 | Comments(4)

今日のヤマアジサイ&ガクアジサイ (6月14日・15日)

ヤマアジサイの花がほとんど終わり、ガクアジサイが満開を迎えています。

清澄沢。
両性花が咲き始める頃、装飾花の覆輪が滲むように消え、白花へと変化します。
f0126932_23313078.jpg


太白。
宮崎県産のヒュウガアジサイの品種です。
白花の大輪花ですが、関東平野ではなかなか花を見ることができません。
f0126932_23325273.jpg


長州維新。
今シーズンの花も、あと数日で終わりです。
f0126932_23335549.jpg


津江の緑澄。
いつ見ても、不思議な色合いです。
f0126932_23343940.jpg


神奈川県の箱根山で山採りしたヤマアジサイ。
装飾花が多く、半テマリに咲くことがあります。
f0126932_23354374.jpg


文楽てまり。
こちらも、あと数日で花が終わってしまいます。
f0126932_23371970.jpg


ヤクシマコンテリギ。
両性花が完全に終わり、あと数日で装飾花が裏返ってしまうでしょう。
f0126932_23375746.jpg


ニワアジサイは、今がちょうど見頃です。
f0126932_23392651.jpg


さざ波。
南伊豆原産のガクアジサイです。
咲き始めは両性花が残る半テマリの状態で咲き始め、次第に装飾花が両性花を覆っていきます。
f0126932_2340094.jpg


伊豆の紫風。
伊豆半島原産のガクアジサイで、非常に大輪になります。
f0126932_23414313.jpg


同じく、伊豆半島産のガクアジサイ。
銘はありません。
f0126932_23424339.jpg


三原八重。
伊豆大島産のガクアジサイ。装飾花が八重になり、非常に大輪に咲きます。
f0126932_23432337.jpg


白斑入ガクアジサイ。
葉に白い斑が安定して入ります。
花色は、土の酸性度次第で、薄青色から薄桃色まで変化します。
f0126932_23441954.jpg


山採りのガクアジサイ、その1。
おそらく、かつて人為的に植栽されていたであろうガクアジサイとヤマアジサイとが交雑したと思われる固体で、通常のガクアジサイよりもかなり小型です。
今年、初めて花が咲きましたが、装飾花が大きくてなかなか見応えがあります。
f0126932_23454289.jpg


上のガクアジサイと同じ場所で採取してきたガクアジサイ。
こちらは、株の姿や葉に、さらにヤマアジサイの特徴が強く出ています。
淡紫色のナデシコ弁の装飾花と紫色の両性花の対比が綺麗です。
f0126932_23475579.jpg


ホワイトエンジェル。
加茂花菖蒲園作出の園芸アジサイですが、花着きが良く、毎年、株いっぱいに咲いてくれます。
f0126932_23502565.jpg


森の泉。
同じく、加茂花菖蒲園作出の園芸アジサイです。
f0126932_23522119.jpg


舞孔雀。
加茂花菖蒲園作出の園芸アジサイで、八重のテマリ咲きになります。
f0126932_23532139.jpg


~おまけ~
ムサシノキスゲに遅れること一月以上、ハクウンキスゲが咲き始めました。
ハクウンキスゲは、長崎県の対馬に自生するキスゲで、大陸系の品種です。
f0126932_23544576.jpg

by naka1md30 | 2016-06-15 23:56 | 庭いじりの話 | Comments(2)

今日のヤマアジサイ (6月5日・7日)

今週前半に撮影したヤマアジサイ&ガクアジサイです。
f0126932_15327100.jpg


オーシャンブルー。
大分県産の八重ガク咲きのヤマアジサイです。
f0126932_15322680.jpg


さざ波。
南伊豆原産の半テマリ咲きのガクアジサイ。
非常に大きなテマリになります。
f0126932_1533690.jpg


ティアラ。
海外で作出された品種ですが、王冠の名称で販売されていることがあります。
f0126932_1534993.jpg


土佐丸。
高知県産のガク咲きのヤマアジサイで、装飾花が非常に大きくなります。
f0126932_15345468.jpg


花吹雪。
園芸種であるグレースウッドの実生とも言われていますが、詳細は良くわかりません。
f0126932_1536484.jpg


九重凛華。
大分県九重連山産の獅子テマリ咲き品種です。
同じ獅子テマリ咲き品種である九重麗華よりも濃い花色で咲きます。
f0126932_15371445.jpg


薩摩紫紺。
鹿児島県産の品種で、あまり背丈が大きくならずに栽培することができます。
日向で育てると、葉が銅葉になります。
f0126932_15383293.jpg


三河千鳥。
名前に三河とありますが、静岡県旧春野町産のガクアジサイです。
一見、普通のテマリ咲きに見えますが、この品種には装飾花が一切無く、両性花の花がテマリ状に咲いています。
f0126932_15393628.jpg


鹿野の華。
山口県産のテマリ咲き品種で、非常に大きなテマリになります。
開花期になるべく日に当てることで、綺麗な花色が出ます。
f0126932_15413510.jpg


宵の星。
加茂花菖蒲園作出の園芸品種です。
我が家では例年、かなり青みがかって咲くのですが、今年はなぜか赤みが強く咲きました。
f0126932_15424986.jpg


星咲きエゾ。
新潟県阿賀野市(旧笹神村)産のエゾアジサイ。
一昨年に、絵の具さんから挿し木苗をいただいて、今年初めて花が咲きました。
実は、青く咲かせられないかと思って酸性土壌で栽培したのにもかかわらず、ご覧のとおりの花色になりました。
この品種は、綺麗なピンク色には咲かせることができても、決して青色には咲かせられない品種であることが良くわかりました(笑)
f0126932_15441075.jpg


倉木てまり。
大分県倉木山産のテマリ咲き品種です。
f0126932_15505831.jpg


倉木美人。
同じく、大分県倉木山産の一重ガク咲き品種です。
f0126932_15514043.jpg


長州維新。
山口県産の品種で、半テマリ咲きの花型で咲きます。
f0126932_15522574.jpg


桃色ヤマアジサイ。
静岡県産の品種で、土の酸性度にかかわらず、綺麗な桃色に咲きます。
f0126932_1553106.jpg


虹。
赤紫色と青色の複色咲きになるのですが、この株はなぜか青色に咲いてしまいました。
f0126932_1554440.jpg


日向紅。
その名のとおり、宮崎県産の品種です。
丸4年間育てて、今シーズンに初めて花が咲きました。
が!非常に濃い青色に咲いてしまいました。
一応、用土をアルカリ性に傾けて栽培したつもりなのですが・・・
f0126932_15545652.jpg


日向紺青。
同じく、宮崎県産の品種です。
f0126932_15565889.jpg


鉢伏てまり。
花の終盤には、このように非常に花色が濃くなります。
f0126932_1557355.jpg


~おまけ~
白花のホタルブクロが満開になりました!
f0126932_1559039.jpg

by naka1md30 | 2016-06-11 15:59 | 庭いじりの話 | Comments(4)