カテゴリ:庭いじりの話( 224 )

ヘレボ日記 (2月18日・19日)

まずは、今シーズン初開花の原種株から。
モンテネグロ自生地種子苗のH.セルビクスです。
ガク片の裏側は赤紫色ですが、表側は緑色をしていて、なかなか好みの花色で咲いてくれました。
f0126932_20302938.jpg


H.シクロフィルス。
澄んだ緑色がとても美しいです。
一応、香りがありますが、決して良い香りとは言えない微妙な匂いです・・・
f0126932_20304162.jpg


こちらも今シーズン初開花のH.プルプラケンス。
ハンガリー自生地種子からの苗です。
f0126932_2031042.jpg


原種品種の中では比較的育てやすいH.ボッコネイ。
こちらは、素晴らしい香りがするので、毎朝匂いを嗅いでしまいます(笑)
f0126932_20311218.jpg


H.オドルスオーレア交配のシングル花。
こちらは全く香りがありません。
f0126932_20313171.jpg


デュメトルム交配品種のプチドール和(なごみ)。
地味な花ですが、小豆抹茶のような色合いが面白いです。
f0126932_2032137.jpg


アシュードホワイトフィズ。
この品種は、大輪なので見応えがあります。
f0126932_20322212.jpg


樋口交配のバイカラーダブル。
なかなか株が充実しません。
f0126932_20323026.jpg


イエローダブルスポット花は、今シーズンになってようやく株が充実してきました。
f0126932_20324659.jpg


セミダブルのスモーキーピンクです。
派手さは無いですが、独特の味わいがあります。
f0126932_20325472.jpg


同じくセミダブルのチェリーシフォン。
こちらも株が充実してきたので、毎年コンスタントに咲いてくれるようになりました。
f0126932_2033833.jpg


ダブル花のフローレンスローズリップルです。
ガク片の縁を彩る赤紫色は、年によって濃さが変わります。
f0126932_20331788.jpg


バイカラーセミダブル花も株が充実してきたので、今シーズンは大輪で咲いてくれました。
f0126932_20332627.jpg


絵の具さんからいただいた、通称魔女リンゴ。
セミダブル弁が真っ黒なので、非常に個性があります。
昨年は作落ちしてしまいましたが、今年は大きな花が咲きました。
f0126932_20333999.jpg


ダブル花のブラックスワン。
黒色の花は写真に撮ると残念な花色になってしまいますが、目で見るともっと青みがかっていて美しいです。
f0126932_20334777.jpg

by naka1md30 | 2017-02-19 20:58 | 庭いじりの話 | Comments(4)

ヘレボ日記 (2月15日)

まずは、原種から。
3年前に購入したH.デュメトルム苗の初花です。
濃い目の緑色に白い覆輪が入っています。
f0126932_2194348.jpg


H.ニゲルは一足先に満開を迎えました。
f0126932_2195290.jpg


H.ニゲルの八重咲き品種であるダブルファンタジー。
我が家にやってきた時は小さな苗でしたが、3年が経過しようやく花が安定してきました。
f0126932_2110970.jpg


デュメトルム交配の舞妓高杉ダブルです。
こちらも花茎の数が増えて見応えが出てきました。
ただ、毎年花色が変わって安定しないのはなぜなのか・・・
f0126932_2114886.jpg


樋口交配のイエローピコティセミダブル。
初開花から3年目を迎え、花型が安定してきました。
f0126932_21161761.jpg


同じく樋口交配のグレープダブル。
こちらは、ガク片が外側に反り返ってしまうのが少々残念なところではあります。
f0126932_21163054.jpg


樋口交配のアプリコットダブル。
年によって花色の濃さに差が出るものの、花型は非常に安定しています。
f0126932_21191475.jpg


ホワイトダブル花のエレガンスアイスは、少し緑色を帯びた花色で咲きました。
f0126932_2120254.jpg


エレガンスピンクスポット。
苗から5年ほどが経過し、株が充実してきています。
f0126932_21213176.jpg


絵の具さんからいただいた苗から開花したライムイエローダブル花。
初開花から2年目を迎えて、花茎が2本に増えました。
f0126932_21232222.jpg

by naka1md30 | 2017-02-16 21:25 | 庭いじりの話 | Comments(2)

雪割草日記 (2月15日)

今朝は久々に氷が張るほどに冷え込みましたが、続々と雪割草が咲き始めています。

雪小町。
原種の標準花で、白地に入る青紫色の斑点が綺麗です。
f0126932_21525412.jpg


先日も写真を載せた大宇宙は、すでに3輪目が開花しました。
f0126932_2153613.jpg


千重咲の緋の海です。
昨秋の株分け株?なので、少々花が小さめ。
今後の株の充実に期待です!
f0126932_21531515.jpg

by naka1md30 | 2017-02-15 22:02 | 庭いじりの話 | Comments(2)

ヘレボ日記(2月11日)

朝の冷え込みは厳しいものの、日中の暖かな日ざしに誘われて開花するクリスマスローズが増えてきました。

樋口交配のイエローピコティーセミダブル。
株姿は良いのですが、セミダブル弁がいまいち綺麗でないのが残念でなりません。
f0126932_19355444.jpg


同じく、樋口交配のホワイトピコティーのセミダブル。
我が家にやって来て3年が経過し、花茎が3本に増えました。
f0126932_19361292.jpg


アシュードピーチカクテル。
寒い時期に背丈が低いままで咲くので、非常にバランスの良い株姿になります。
f0126932_19362160.jpg


今年が初開花となる樋口交配のグレープダブル苗。
バイカラーのセミダブル花が咲きました。
f0126932_19362924.jpg


シングルのブラックパール。
気温が低い開花初期に綺麗な黒色に咲きますが、日向で見てみるとベースに赤色が入っている気がします。
f0126932_19363955.jpg


プチドールの凛。
去年、一昨年は残念ながら作落ちしてしてしまいましたが、今年は花茎が2本に増えました。
f0126932_19365512.jpg


他の株に先駆けて開花が始まったプチドール麗は、早くも満開を迎えています。
f0126932_19372888.jpg


グリーンダブル花のピュアダブルグリーン。
こちらも満開に近い状態です。
f0126932_19374143.jpg

by naka1md30 | 2017-02-12 19:50 | 庭いじりの話 | Comments(0)

雪割草と福寿草

15年ぶりに我が家へ雪割草が咲く春がやってきました。
待ちに待った開花第1号は、二段咲品種の大宇宙。
青紫色と白色の不思議なグラデーションに見入ってしまいます。
f0126932_1895433.jpg


そして、地植えの福寿草も満開になりました。
もう少し暖かくなったら、いよいよ山野草の植え替えシーズン到来です!
f0126932_1814632.jpg

by naka1md30 | 2017-02-11 18:18 | 庭いじりの話 | Comments(3)

ヘレボ日記(2月5日)

このままの陽気が続けば、今週半ば以降にクリスマスローズの開花ラッシュが始まりそうな感じです。

今年の初花、第1号。
ウィンターシンフォニー(樋口交配)のグレープダブル×グレープセミダブル苗ですが、グリーンバイカラーのセミダブル花になりました。
f0126932_1844210.jpg


サクラピンク。
気温が低いうちに咲く、一番花が一番きれいな色をしています。
f0126932_1841778.jpg


原種のニゲルです。
先月の低温で成長が緩慢になっていましたが、週末からようやく咲き出しました。
f0126932_1845899.jpg


原種のH.プルプラケンス。
こちらも、今年が初花になりますが、どんな花が咲くのでしょうか。
f0126932_1851420.jpg



おまけ。
花の少ない時期に店頭に並んでいるサイネリア。
以前から気にはなっていたものの、これまで購入したことはありませんでした。
昨年秋にホームセンターで売っていた苗を見つけて、1本だけ購入して育ててみました。
こちらも、毎日確実に成長していて、来週以降に一気に満開になりそうです。
f0126932_1852887.jpg

by naka1md30 | 2017-02-05 18:16 | 庭いじりの話 | Comments(4)

禁断の雪割草

久しく栽培から遠ざかっていた雪割草ですが、とうとう手を出してしまいました。
5本程度だったら良いかな?という軽い気持ちが、命取り。
気がついたらこの状態に・・・(汗)
f0126932_17512775.jpg


もう、後戻りはできないので、
15年以上前に買った雪割草関連の本を本棚から引っ張り出してきました。
昔、欲しかったけど買えなかった「初鏡」も手に入れたので、本腰を入れて育てます。
f0126932_17513528.jpg


久しく手を出してこなかった雪割草になぜ手を出してしまったのか。
きっかけは2週間ほど前になります。
1年半ぶりぐらいに大風邪をひいてしまって寝込んでいる時に、花友達の絵の具さんから「雪割草を買いました!」とのメールが届きました。
そして、高熱で体が弱っているうえ、寝ているぐらいしかすることが無いという状態でネットを覗いてしまったから、さあ大変。
あとは、お察しのとおりです。
でも、去年の雪割草の展示会を見た時から、再び雪割草の花に心惹かれていた気がします。
by naka1md30 | 2017-01-29 18:09 | 庭いじりの話 | Comments(6)

ヘレボ日記(1月29日)

先週末から、クリスマスローズの開花が始まりました。
年末から年明け頃にかけては、例年よりもかなり早いペースで成長していましたが、
先週、先々週の大寒波でほぼ例年並になった感じです。

今シーズン、唯一購入した開花株。
アネモネ咲きのクランベリーシフォンです。
今年は基本的にこれ以上クリスマスローズ(注:原種含む)は増やさない所存です(笑)
f0126932_12315864.jpg


プチドールの麗。
原種デュメトルムの交配種で、元々、早咲きの品種です。
今年はかなりグリーンが強めな花色で咲きました。
f0126932_12321089.jpg

by naka1md30 | 2017-01-29 12:38 | 庭いじりの話 | Comments(0)

冬アジサイの花芽

毎日、寒い日が続いていますが、冬アジサイの枝の先に花芽が膨らんできました。
すでに、装飾花と両性花の区別がつきます。
冬アジサイは、寒さに弱いタイワントキワアジサイの交配種なので、暖かな日中に日に当てる以外は、家の玄関内で管理しています。
アジサイ気に乏しいこの時期、アジサイ中毒者にとっては貴重な植物です(笑)
f0126932_9294748.jpg

by naka1md30 | 2017-01-21 09:30 | 庭いじりの話 | Comments(2)

シモバシラ

今年一番の冷え込みとなった今朝、庭のシモバシラの茎に真っ白な霜柱ができました。
例年であれば、年末年始の寒波で見ることができますが、今年は少々遅めの出現です。
今シーズンはクリスマスローズの花芽が動くのが早いので、ここ数日の冷え込みで霜害が出ないか心配なところではあります。
f0126932_20105095.jpg



<追記>
翌日(1月16日)は、さらに冷え込みが厳しくなり、気温が氷点下3度以下にまで下がったので、霜柱がさらに大きくなりました。
f0126932_922228.jpg


こちらは、別の株です。
ドウダンンツツジや梅の木の影にあるので、今回のような強い冷え込みにならないと、霜柱ができません。
f0126932_9222415.jpg

by naka1md30 | 2017-01-15 20:12 | 庭いじりの話 | Comments(4)