2017年 06月 17日 ( 2 )

永楽 (ヤマアジサイ)

高知県梼原町産のガク咲きのヤマアジサイ。
装飾花は円弁で縁に鋸歯があり、さらに白の絞りが入ります。
花色は桃色。やさしい雰囲気を持った花です。
(2017.5.31)
f0126932_23422491.jpg


咲き始め。
(2017.5.21)
f0126932_23433146.jpg


(2017.5.24)
f0126932_23441088.jpg


(2017.5.27)
f0126932_2344366.jpg


(2017.5.29)
f0126932_2345891.jpg


花の終盤。
(2017.6.7)
f0126932_23471348.jpg




* アジサイ写真集(索引) その1 【ヤマアジサイ あ行~た行】
* アジサイ写真集(索引) その2 【ヤマアジサイ な行~ら行・コガクウツギ交雑種等】
* アジサイ写真集(索引) その3 【ガクアジサイ・エゾアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギ等】
by naka1md30 | 2017-06-17 23:47 | アジサイ写真集 | Comments(0)

今日のヤマアジサイ&ガクアジサイ (6月17日)

6月も半ばを過ぎ、例年であればすっかりヤマアジサイの花が終わってしまっているはずの時期ですが、今年はガクアジサイと一緒に咲いている株があります・・・

まずは、ヤマアジサイから。
肥後絞り。
熊本県産の絞り花品種です。
f0126932_2154525.jpg


海峡。
朝鮮半島済州島産のガク咲き品種。
f0126932_2162721.jpg


芹生時雨。
京都府産のガク咲き品種。葉には散り斑が入っていますが(左下)、花の着いた枝は斑が薄くなります。
f0126932_2173021.jpg


津江の緑澄。
大分県産の緑花品種。絵の具を溶かしたようなこの花色は、いつ見ても心惹かれます。
f0126932_2192436.jpg


霧の夕映。
宮崎県産のヒュウガアジサイの品種です。
今年、初めて花が咲きましたが、この後綺麗な赤色に変化してくれるか・・・?
f0126932_21103354.jpg


花吹雪。
グレイスウッドの実生品種と言われているテマリ咲き品種。
f0126932_21123853.jpg


広瀬の華。
とっくの昔に装飾花は終ってしまいましたが、八重化した両性花が後からモリモリ咲いてくるので、非常に花期が長くなります。
f0126932_21134554.jpg


箱根産のガク咲き品種。
両性花に淡い色が入ります。
f0126932_21152038.jpg


雪てまり。
エゾアジサイのテマリ咲き品種で、花が咲き進むにつれて次第に枝が枝垂れてきます。
f0126932_2116149.jpg



ここからはガクアジサイです。
大島緑花。伊豆大島産の緑花品種。日々、花色が変化していくので、毎日見ているのが楽しい花です。
f0126932_21173496.jpg


伊豆の紫風。
静岡県の伊豆半島産のガクアジサイで、花房が大輪になります。
f0126932_2142470.jpg


三河千鳥。
静岡県産のテマリ咲き品種ですが、両性花のみのテマリで咲く非常に個性的な品種です。
稀に装飾花が出ることがありますが、固定化はしないようです。
f0126932_2119121.jpg


花火アジサイ。
神奈川県産のガクアジサイ。
墨田の花火の名前で流通していますが、東京都産の品種ではありません。
f0126932_21211667.jpg


てまりてまり。
加茂花菖蒲園作出の園芸品種。八重のテマリで非常に花房が大きくなります。
f0126932_21232272.jpg



おまけ。
梅雨の季節の雪割草。
木陰の中で葉が照り輝いています。
この時期、自生地の雪割草も葉が繁った薄暗い林床で過ごしているので、できるかぎりその環境に近づける必要があります。
f0126932_21433348.jpg

by naka1md30 | 2017-06-17 21:25 | 庭いじりの話 | Comments(4)