2017年 03月 19日 ( 1 )

雪割草日記 (3月18日-19日)

今シーズンの開花株は、全てが咲きそろいました。
さて、今日の日中、改めて雪割草の花々を見渡して見ましたが、今更ながらに株数を増やしすぎてしまったことを激しく後悔・・・
うーん、夏の置き場所どうすんべか。
ちなみに、これで半分以下かな・・・(大汗)
f0126932_20533379.jpg


それはさておき、せっかくなので標準花から紹介。
青紫花の銘花、碧空。
深い青紫色と白シベとの対比が非常に美しい花です。
f0126932_20535060.jpg


青紫色の底白花、水明です。
今シーズンは、まだ株が小さいですが、来年以降に期待です。
f0126932_20535831.jpg


薄紫色の絞り花、満潮です。
花が大きく、見応えがある品種です。
f0126932_2054736.jpg


桃色底白花の銘花、伯星です。
咲き始めはもう少し花色が濃かったのですが、花が終盤を迎えて花色が薄くなってきてしまいました。
f0126932_2054199.jpg


乙女咲品種(オシベが退化)の玉鴉。
f0126932_20543262.jpg


ここからは、二段咲品種です。
白色と桃色のシベの対比が美しい初日の出。
f0126932_20544280.jpg


薄桃色の二段咲品種の日溜り。
原種だそうです。
f0126932_2055130.jpg


日輪咲品種の金環飾。
桃色の大輪花で、暖かなイメージを受ける花です。
f0126932_20551084.jpg


二段咲品種の鈴風。
弁化したシベが長く、面白い花型をしています。
f0126932_2055216.jpg


ここからは三段咲品種です。
三段咲品種の銘花、紅孔雀です。
こちらも株が貧弱なので、来年以降に期待したいところです。
f0126932_20553446.jpg


三段咲品種の飛鳥。
同じく、株が貧弱なので、本芸ではありません。
f0126932_20554699.jpg


初美仙。
こちらも、株を充実させて、良い花を咲かせてみたいです。
f0126932_205558100.jpg


最後に、複色千重咲品種の千佳。
この株は、最初買うつもりが無かったのですが、縁あって我が家にやってきた株です。
初めて花を見ましたが、鮮やかな赤色と緑色の対比が美しくて、ずっと見ていても飽きない花です。
f0126932_2056698.jpg

by naka1md30 | 2017-03-19 21:14 | 庭いじりの話 | Comments(4)