2016年 10月 23日 ( 2 )

2016 北海道の旅 その6 ~ハイエースで巡る道東沿岸の旅~

9月21日。
少々、林道ツーリングにも飽きてきたので、この日はハイエースで道東の沿岸部をドライブすることにしました。

標茶を出発し、まずは道道14号厚岸標茶線を南下して厚岸へ。
厚岸駅前の氏家待合所でかきめしを調達。
f0126932_1048304.jpg


かきめしを食べるのは、たぶん10年以上ぶり!
f0126932_10484427.jpg


厚岸からは、道道123号別海厚岸線を辿って海沿いをひたすら東へ。
道道123号は、海沿いを走っている割には、意外と海が見える区間が少ないのが残念・・・
そんな中でも展望が良い琵琶瀬展望台で一休みすることにしました。
写真は展望台から望む霧多布湿原と琵琶瀬湾。
f0126932_10485651.jpg


琵琶瀬展望台に植えられていた千島桜。
度々襲来した台風の塩害で完全に葉が枯れ落ちてしまっていましたが、何本かの枝で季節外れの花が咲き始めていました。
台風のおかげというのも変ですが、初めて千島桜の花を見ることができました。
f0126932_1049359.jpg


霧多布からの道道142号根室浜中釧路線は、道道123号よりも海を見ながら走れる区間が多くなります。
f0126932_1049149.jpg


奔幌戸付近から振り返る浜中湾と霧多布。
f0126932_1049251.jpg


さらに東へ。
納沙布岬には昨年行ったので、今回は根室半島をパスして、厚床経由で国道243号へと走り繋ぐことにしました。
f0126932_10493390.jpg


国道244号の標津あたりまで来ると、次第に知床の山並みが正面に迫ってきます。
f0126932_10494577.jpg


右手に根室海峡と国後の山並みを眺めながら、知床の東海岸を北へ。
いいかげん、走るのに飽きてきた(笑)
f0126932_10495432.jpg


お気に入りの相泊温泉はシーズンが終了して放置状態となっており、熊の湯も熱すぎて嫌いなので、パス。
というわけで、今回は温泉に立ち寄ることなく、羅臼からそのまま知床横断道路(国道334号)へ突入。
f0126932_1050664.jpg


知床横断道路から振り返る根室海峡と水平線の向こうに横たわる国後の山々。
国後の道を普通に走れる日は来るのだろうか・・・
f0126932_10501452.jpg


たどり着いた知床峠は寒風が吹きすさんでおり、オホーツク側から上がってきたガスで展望もほとんどありませんでした。
見えそうで見えない羅臼岳・・・
f0126932_2163370.jpg


ウトロまで下ってくると雲が消え、再び青空になりました。
オホーツク海に反射する光がまぶしい!
f0126932_10502875.jpg


斜里から国道を外れ、ちょっとだけ寄り道することにしました。
通称、天まで続く道をひとっ走り。
f0126932_1050374.jpg


道草ばかり食っているとまた日が暮れてしまうので、先を急がなくては!
と言ったそばから、斜里岳が良く見えるパーキングで一休み(笑)
f0126932_10504638.jpg


日没まで少しばかり時間があったので、宿に入る前に摩周湖の第三展望台まで上がってみました。
昨年よりも若干、摩周湖の青色がくすんで見える気がするのは、台風のせいかもしれません。
f0126932_10505860.jpg

f0126932_10511560.jpg

f0126932_1051333.jpg


大急ぎで麓まで下り、何とか日没前にこの日の宿である、ましゅまろに入ることができました。
f0126932_10512148.jpg




<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-23 20:35 | 旅とツーリング | Comments(5)

大観山にて

f0126932_20205269.jpg

思っていたよりも天気が良い!
by naka1md30 | 2016-10-23 07:59 | 携帯から | Comments(2)