2016年 10月 16日 ( 1 )

2016 北海道の旅 その4 ~根釧原野林道ツーリング 前編~ (WR250F)

9月20日。
前々日、前日に引き続く、北海道林道ツーリング第三弾。
この日は、以前から気になっていた根釧原野の林道群を探索してみることにしました。

9時少し前に、標茶の木理を出発。
f0126932_2005351.jpg



【1.釧路川右岸ダート: ダート約2km】

まずは、木理の裏から釧路川右岸堤防上のダートへと登り、標茶市街を目指します。
f0126932_201451.jpg



【2.別寒辺台林道: ダート約10.5km】

標茶市街の東端から山へと入り、別寒辺台林道へ。
轍の状況から判断すると比較的交通量のある林道のようですが、この日は1台の対向車にも会いませんでした。
f0126932_2011326.jpg


ちなみに別寒辺台林道は、標茶町から厚岸町北端部の別寒辺牛(べかんべうし)川源流域を抜け、別海町へと抜ける林道で、地形図を見た限りでは何本もの支線がありますが、今回は支線の探索はせずに、ひたすら本線を辿ることにしました。
f0126932_2012186.jpg


ダートを10kmちょっと走って、無事に別海町側の出口に出ることができました。
特に荒れた箇所や規制等はなし。
f0126932_201303.jpg



【3.PF第1幹線林道: ダート約27.5km】

PF第1幹線林道は、標茶町東端部の国道272号から厚岸町の道道813号上風連大別線へと抜ける林道です。PFとは何ぞや?と思い、帰ってきてから調べてみたら、パイロットフォレストの頭文字だそうです。
国道272号の東側に広がる別寒辺牛川流域の地域は、林道が網目のように張り巡らされていますが、案内看板も期待ができず、たとえ案内板があったとしても、そもそも林道名がわからないので、詳細な地図が無いと迷うこと必定です。
まずは、国道272号側の入口からアプローチ。
f0126932_2014070.jpg


標茶沢川沿いの丘陵地帯を下っていきます。
あまり交通量は多くないようですが、路面は良く整備されています。
f0126932_2015050.jpg


国道272号の入口から7kmほど南下すると、太田造林事業所脇のT字路に出ます。
右折(手前方向)すると、再び国道272号方面(中チャンベツ)へと戻ってしまうので、ここは左折(右奥方向)します。
f0126932_2015986.jpg


太田造林事業所から南側の区間は比較的幅員が広く、路面もフラットでした。
ただし、支線の分岐が多数あるので、支線に迷い込んでしまうと、少々やっかいです。
f0126932_202716.jpg


トライベツ川の縁を走るようになると、南側の出口は近いです。
湿原の夜は結構冷え込んでいるらしく、すでに紅葉が始まっていました。
f0126932_2021721.jpg


道道813号上風連大別線へと出ました。
国道272号からここまで、WRのメーター読みで27.5kmのダートでした。
f0126932_12134930.jpg



【4.糸魚沢林道(北側区間)】

別寒辺牛川の北側、道道813号上風連大別線と国道44号とを結ぶ林道で、3kmほどの長さがあるようですが、この日は林道の中間地点あたりで伐採作業が行われており、残念ながら通り抜けることができませんでした。
仕方がないので道道813号へと戻り、東側の一般道を走って糸魚沢へと向かいます。
f0126932_2022819.jpg



【5.糸魚沢林道(本線)~風澗林道: ダート約15.5km】

糸魚沢林道は、国道44号の糸魚沢と道道123号別海厚岸線の火散布とを結ぶ16kmほどのダート林道です。
糸魚沢林道を走るのは、2001年ごろにランクル70で走った時以来、実に15年ぶりです。
まずは、国道44号の簡易郵便局脇からアプローチ。
f0126932_2024050.jpg


糸魚沢林道の本線は、幅員が広めで路面もフラット。
北海道の林道としては比較的交通量が多く、結構、対向車に会いました。
f0126932_2024812.jpg


国道44号から7kmほど走ったところにある分岐が風澗林道です。
ここを左折すると、浜中町の茶内や霧多布方面へと抜けることができます。
f0126932_2025616.jpg


途中にある町界林道の分岐をパスして、ひたすら風澗林道本線を東進。
糸魚沢林道の分岐から7kmほど走ると、道道599号火散布茶内停車場線へと出ます。
f0126932_203591.jpg



【6.四番沢・五番沢林道: ダート約4km】

道道599号火散布茶内停車場線と道道808号琵琶瀬茶内停車場線とを結ぶ林道。
入口に案内板が無く、交通量がほとんど皆無の林道ですが、路面の荒れも無くしっかりとした林道です。
f0126932_2031492.jpg


中盤あたりに現れる、どことなく人の手が入った気配がある平坦地。
帰ってきてから調べてみたところ、このあたりに昭和40年代後半頃まで三番沢という集落があり、学校もあったようです。
f0126932_2032417.jpg



道道808号琵琶瀬茶内停車場線へ出て、あとはひたすら霧多布湿原の中を走って、霧多布市街を目指します。
しかしながら、この後、お目当てだった霧多布市街の寿司屋が休みでガックリ。
結局、この日のお昼はセイコーマートのおにぎりとなりました・・・
f0126932_2033246.jpg


気を取り直して、霧多布岬の展望台へ。
これまで霧多布へ来たのはいつも夕方だったので、岬へ来るのは今回が初めてです。
展望台から浜中湾越しに北方向の展望。
ちなみに、右奥のはるか遠くに見えている山並みは、海別岳から羅臼岳にかけての知床連山です。
f0126932_2034385.jpg


霧多布岬の展望台から望む湯沸岬灯台方向。
せっかくなので、岬の先端にも行ってみることにします。
f0126932_2035325.jpg


後編へ続く>



<2016 北海道の旅>
・ その1 旅の始まり
・ その2 雨の南十勝林道ツーリング (WR250F)
・ その3 南十勝林道ツーリング第二弾 (WR250F)
・ その4 根釧原野林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その5 根釧原野林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その6 ハイエースで巡る道東沿岸の旅
・ その7 摩周湖周辺林道ツーリング 前編 (WR250F)
・ その8 摩周湖周辺林道ツーリング 後編 (WR250F)
・ その9 旅の終わり
by naka1md30 | 2016-10-16 21:03 | 旅とツーリング | Comments(0)