日本農業新聞

先日、あそびにいぐべさんのところで日本農業新聞にGALLOPの記事が載っていることが紹介されていたので、早速、農業新聞を手に入れてきました。
職場の農業担当のセクションで働いている友人に、「日本農業新聞って知ってる?」と聞いたら、「ああ、知ってるよ~。うちで取ってるもん(笑)」とのことであったので、5月19日版を強奪・・・ではなくて、いただいてきました。
帰り際に「変な奴!」と言われつつ・・・(笑)

該当の記事は12面の農村文化欄にデデーンと掲載されてました。
f0126932_2222549.jpg


通常は山を荒らすだけと思われているオフロードバイクですが、記事ではバイクが掘り起こした土をレース後に平らにならし牧草の種を蒔くことで農地再生につながると好意的に記されています。
でもこれは、実行委員の方々がレース以外の時期に手入れをされているから「再生」になるのであって、当たり前のことですが走りっぱなしだったら単なる厄介者しかならないんですよね。
今はただ走るのに精一杯でそこまで思いが至らない自分に反省すると共に、走る場所を提供してくれる地元の方々や実行委員の方々に改めて感謝をしないといけないと思った次第です。
f0126932_22432126.jpg

実行委員やスタッフの皆様、いつも楽しいレースをありがとうございます!
そして、日本農業新聞さんも取材お疲れ様でした。
f0126932_22503549.jpg

by naka1md30 | 2008-05-27 23:07 | 雑記 | Comments(7)
Commented by スケテツ at 2008-05-27 23:47 x
素晴らしい記事です!
そうなんだよねえ、牧草は生育が早い作物だから毎年きちんと手入れをされている牧草地にとって、バイクの走行は致命的なインパクトにはならないんだよね。
だからヨーロッパではグラストラックのレースが多いんだけど、日本の農家は保守的だからなかなか理解は得られないのが現状です。我々も走り回るだけじゃなくて、もっと考えなくてはいけないと思い知らされる記事でもありました。
貴重な情報をありがとうございます。
Commented by ぴらふ at 2008-05-28 01:42 x
車に積んどいてください>新聞
Commented by やまおやG at 2008-05-28 20:40 x
メディアがこんな方向で取り上げてくれるのはホントに嬉しいですよね~!
同じく、トランポに入れといてくださいv
Commented by あそびにいぐべ at 2008-05-28 22:13 x
農業新聞取っている様なセクションがある職場だとは知りませんでした。
初めからnakaさんに頼めばよかったあ~(^0^)

でも、GALLOPの次の日から農業新聞読者相談室の担当の方と、何回かメールをやりとして、
忘れかけてた掲載当日も連絡頂き、購入の意志を伝えると、販売管理部の担当の方から連絡頂きました。
たった一部の新聞(送料新聞代で200円弱)の為ににとても親切丁寧に応対して頂きました。

さすが人間の基盤となる農業を取り上げている方々だと思いました。
普通に考えると、敵対する恐れも有り得る、共通点を見つける事が難しいと思われる者同士を繋げてくれた思いで嬉しいです。
Commented by naka1md30 at 2008-05-28 23:31
>スケテツさん
おお!それで牧草地のレースが多いんですね。今更ながらに納得しました。
これからは担い手もどんどん減っていく時代でしょうから、管理のお手伝いをするとか
何らかの形で地元へお返しをすることでまだまだ走る場所を得られる可能性が
あることを考えさせてくれる記事でした。
ただ楽しく走っていただけの自分はまだまだ浅はかでした(笑)

>ぴらふさん
了解。今度デコボコへ行く時にでも。
Commented by ホセ at 2008-05-28 23:34 x
それよりもオレはnakaさんのバイクが次どこ壊れるのか心配で眠れない。
Commented by naka1md30 at 2008-05-28 23:53
>やまおやGさん
正直に嬉しいですよね。
日頃、夕方のニュースとかでダメな人たちとしか扱われていないですから。

>あそびにいぐべさん
ただ物事を常識(といわれるもの)で見ていただけでは書けない記事だと思うので、
取材をして記事にしてくださった記者の方にも、それから新聞社の方々にも感謝したいですね。
こういったことの積み重ねってとても大事だと思うのです。
あと、あそびにいぐべさんが新聞社へ問い合わせてくれたおかげで今回の記事を
知ることができたということにも感謝です!

>ホセさん
とっとと寝てください(笑)
もう3回壊れたので、次回はない!!はず。
<< まだまだ先は長い バイクに乗らない週休日 >>