群馬の林道一気走り

久々の晴天に恵まれた日曜日、梅雨入り前の貴重な晴天を逃すわけにはいかん!てなわけで、全ての予定を翌週末へ先送りして群馬の林道へ走りに行くことにしました。
 どれも有名な林道ばかりではありますが、全部を走り繋ぐとダート区間だけでも90kmに達するので、一日中へろへろになるまで林道を走り回ることができます。

[今回のルート]
松戸 → 三郷西I.C →(外環道-関越道-北関東道)→ 伊勢崎I.C → 大間々 → 【小中新地林道-新地林道-新地林道袈裟丸支線-栗原川林道】 → 追貝(旧利根村) → 【赤倉林道】 → 沼田 → 【秋鹿大影林道】 → 四万温泉 → 【万沢林道】 → 野反湖 → 長野原 → 渋川伊香保I.C →(関越道-外環道)→ 三郷西I.C→ 松戸

01 小中新地林道
 ツーリングのスタートは東村(勢多)の小中新地林道です。この林道は袈裟丸山の登山口になっていることもあって、比較的交通量が多いです。
f0126932_23282558.jpg

02 小中新地林道の名無し峠
 東村側入口からこの峠まではフラットなダートですが、この峠を境に路面状況は一変、峠から新地林道分岐までの区間は大き目の玉砂利路面になっています。
※小中新地林道(小中側入口-新地林道分岐):ダート約3.8km
f0126932_2329313.jpg

03 小中新地・新地林道分岐
 ここで右折すれば、新地林道。
入口から入って100mぐらいのところにゲートがありますが、今回は開いていました。
※新地林道:ダート約9.5km
f0126932_2330585.jpg

04 新地林道袈裟丸支線
 新地林道の途中から分岐している袈裟丸支線は2.5kmほどのピストン林道。緑が美しくて気持ちの良い林道でした。
※新地林道袈裟丸支線:ダート約2.5km
f0126932_23303156.jpg

05 袈裟丸支線終点の先
 袈裟丸支線は2.5km地点で終了し、そこから先はかつては林道であったと思われる沢っぽいガレガレの廃道になっていました。
 今回は単独であったためここで引き返すことにしましたが、まだ先に道は続いているようです。
f0126932_23305649.jpg

06 栗原川林道へ
 新地林道(右)から右折すると、いよいよ北関東随一のダート距離を誇る栗原川林道です。
 栗原川林道は非常に管理が行き届いている林道なので、新緑や山々の展望を楽しみながら快適な走行が楽しめました。
※栗原川林道(新地林道分岐-沼田市追貝):ダート約37.0km
f0126932_23312956.jpg

07 栗原川林道から見た皇海山
 栗原川林道から見た皇海(すかい)山。
他にも残雪が残る至仏山や武尊山などを見ることができました。
f0126932_23315119.jpg

08栗原川林道の素掘りトンネル
 皇海山登山口から沼田市追貝までの区間は見通しが悪い区間が多く、登山客の車も多いので要注意です。
f0126932_23321615.jpg

09 赤倉林道
 追貝で昼食の後、さらにツーリングは続きます。片品村と川場村を結ぶ赤倉林道が崩壊しているとの話は以前から聞いていたのですが、片品側には通行止めの看板がなく、結構車が入っている模様。変だなぁ・・・
f0126932_23324240.jpg

10 赤倉林道の崩壊箇所
 ・・・と油断していたら、噂の崩壊箇所は突然現われました。
峠を越えてしばらく下ったところに赤倉粟生林道の分岐があるのですが、分岐からしばらく下りカーブを曲がった途端に状況が一変し、写真の様な廃道の雰囲気が漂う光景が広がっていました。
f0126932_23333225.jpg

11 赤倉林道川場側入口
 こちら側にはしつこいほど通行止めの看板が・・・確かにあれじゃあ通行止めだわな、と妙に納得。
 先ほどの廃道区間は1、2kmで終わり、そこから先は再び普通の路面状況でしたので、いずれは修復が行われるのかもしれません。
※赤倉林道:ダート約8.7km
f0126932_23345100.jpg

12 秋鹿大影林道
 天気が良いのでさらに先へ、帰る方向からはどんどん遠ざかって行きます(笑)
 こちらは秋鹿大影林道の新治村側入口です。
f0126932_23341428.jpg

13 
 秋鹿大影林道は新治村と四万温泉を結ぶフラットダート。展望はありませんが、山々の緑が美しかったです。
※秋鹿大影林道:ダート約13.0km
f0126932_2334402.jpg

14 万沢林道
 万沢林道も全区間フラットダートが続きますが、秋鹿大影林道よりも標高が高いところを走るので、高原の雰囲気があります。
※万沢林道:ダート約20.8km
f0126932_23351082.jpg

15 
 万沢林道は六合村側に直線区間があることで有名ですが、峠付近にも気持ちの良い直線区間があります。
 六合村側はにわか雨が降ったらしく、路面がびしょびしょになっていましたが、埃が舞い上がらないので、かえって快適でした。
f0126932_23362338.jpg

16 野反湖
 ツーリングの最後に立ち寄った野反湖です。今年は冬の積雪が多かったせいで、いまだに雪が残っていました。
 正面に見える山の向こうは長野県。ちょうどXRがとまっているところが分水嶺になっていて、湖の水は日本海へと流れていきます。
f0126932_23364877.jpg

17 JR川原湯温泉駅
 JR吾妻線の川原湯温泉駅。
川原湯温泉の周辺では八ッ場(やんば)ダムの建設が進められていて、数年後にはこの場所もダムの底に沈んでしまいます。今回は夕方になってしまい温泉には入れませんでしたが、近いうちにまた訪れてみたいですね。
f0126932_23372926.jpg

by naka1md30 | 2005-06-06 23:46 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< CRMのラジエター交換 昨日のパンクについて >>