雪やこんこ

千葉はこの時間になっても雪が降り続いています。
今日はまさに昔歌った童謡『雪』の歌詞そのものの一日でした。ちなみに、歌の中の「雪やこんこん 霰やこんこん」の歌詞は本来、「雪やこんこ 霰やこんこ」が正しいそうです。自分もつい最近まで"こんこん"だと思って疑うことがなかったので、"こんこ"だと知った時はちょっと驚きました。

歌の中には「猫は炬燵で丸くなる」という歌詞がありますが、我が家の猫どもはどうやら白い雪が珍しいらしく、朝から外を見てそわそわしていました。しかも、玄関へ行く度に外に連れて行ってくれとうるさかったので、1匹づつ庭へ連れて行って雪の上に降ろしてやったら二度と外へ出たいとは言わなくなりました(笑)

ここはどこ?ってな感じですが、家の庭です。さっき測ってみたら14cmぐらい積もっていました。
f0126932_2334131.jpg

家の前の坂道も雪かきをしたそばからすぐに雪が積もってしまいます。
この坂がなかなかの曲者で、ノーマルタイヤの車などは必ず上れない車が出てきます。さて、明日の朝はどうなることやら・・・(笑)
f0126932_2335266.jpg

by naka1md30 | 2006-01-21 21:07 | 雑記 | Comments(0)
<< ランクルで雪遊び ブッシュガードとタイヤの交換 >>