2006TBI DAY-2(前編)

●DAY-2(4月30日) 奥道後温泉→神山 392.67km
スタート前にSSERからもらったパンフレットに書かれたこの日の説明文を見ると、
「この日、空を行くがごときの道筋。2000mにも及ぼうかという四国の2つの高峰の稜線伝いを、まさに縦走するダイナミズムを味わう。(後略)」
となっており、この日のルートが石鎚山と剣山を経由する長い一日になるであろうことは容易に想像ができました。
事実上の初日でもあるし、初めてでいまいち時間が読めないために、この日は温泉等の寄り道はせずにひたすら先を目指すことにしました。

まずはホテル脇にとまっているカミオンへダッフルバックを預け、ロープウェーに乗って山頂のパルクフェルメへ。
山頂に着くとすぐにマップの準備に取り掛かりましたが、昨夜の雨と夜露でバイクが結構濡れていて、昨日メーター周りにビニール袋をかけておいて正解でした。
f0126932_22553082.jpg

昨日はSSがなかったので、引き続きゼッケン順のスタートとなりました。
本当に天気に恵まれて良かったです。この日の山越えルートでもし雨に降られていたとしたら・・・あまり考えたくないですね(笑)
f0126932_22554674.jpg

コマ図に従って、松山市から東温市を抜けて一山越えたところでいよいよ1発目のSSに到達。

■SS-1(6.55km)
所々砂利が深い下りの林道。
とりあえず初めてのSSなので無理はせず着実に走ることにしたのですが、途中3人ぐらいに抜かれました。まあ、コケなかったから良しとしますか・・・
う~ん、深砂利の林道は難しい。
(SSERのサイトより)
f0126932_22555997.jpg

石鎚スカイラインから瓶ヶ森林道を抜けるルートはこの日前半のハイライト区間。
このルートは2年前にもランクルで訪れており、その時は石鎚山にも登っているのでやはり感慨深いものがあります。寄り道はしないつもりでいましたが、早くも挫折(笑)
石鎚山が見える場所で思わず立ち止まってしまいました。
(瓶ヶ森林道から見た石鎚山)
f0126932_2256971.jpg

■CP-1
無事に通過。
ここから先、CP-2の開設時間まではかなり余裕があって、ガシガシ走らなくて良さそうな感じ。さらにコマ図を見てみると、何キロか先に道の駅があるようなので、そこでお昼でも食べて一服していこう!というわけで、またもや寄り道することに・・・
(CP-1にてT橋さんとXR-BAJA)
f0126932_22562021.jpg

寄り道はしないんじゃなかったのか?という突っ込みは無しの方向で(笑)

― つづく ―
by naka1md30 | 2006-05-22 00:15 | バイクの話 | Comments(0)
<< 復活しました!? 近所のダート >>