2017 東北の旅 その1 ~千葉から秋田へ~

かなり遅めの夏季休暇を取って、1週間ほど東北方面へ出かけてきました。
9月のこの時期は、3年間連続で北海道を訪れてきましたが、今年は趣向を変えてまだ行ったことが無い北東北の日本海側や、十数年前に行ったきりの下北半島方面を目指します。
今回も、その日の天気や現地情報で行き先が変わる行き当たりばったりの旅です。

9月10日、1日目。
朝4時半ごろに自宅を出発し、ひたすら東北道を北上します。
福島以北の東北道を走るのは、何と6年ぶり!
f0126932_1745929.jpg


出発時には、岩手から秋田道経由で秋田を目指すつもりでしたが、ここで一発目の気まぐれ発動。
山形道経由で日本海側を北上することにしました。
10時頃に奥羽山脈を越えて山形県側へ。
f0126932_17452213.jpg


順調に月山道路を越え、庄内平野へと向かいます。
何だか雲が湧いてきた気がしたものの、この時点では天候悪化の気配はなし。
f0126932_17453097.jpg


上の写真を撮ってから約30分後、庄内平野へと下った途端に空がかき曇り、いきなり土砂降りの雨に降られました。
最近は予兆もなしに天気が急変するので、全くもって油断がなりません。
f0126932_17454243.jpg


酒田を過ぎて日本海沿いへと出る頃には雨が上がったものの、鳥海山は厚い雲の中・・・
鳥海ブルーラインは諦めて、海沿いをのんびりとドライブすることにしました。
まずは、国道7号線を走っている時に看板を見つけた十六羅漢岩へ寄り道。
海沿いの溶岩に十六羅漢が彫られています。
f0126932_17455178.jpg


十六羅漢岩の解説文。
この十六羅漢が彫られたのは、今から100年以上前の1868年。
地元の寛海和尚が吹浦の民衆の幸せや海難者の供養及び漁民の海上安全を祈願し、5年間かけて完成させたとのこと。
f0126932_1746195.jpg


あまり長居をしていると日が暮れてしまうので、先を急ぎます。
海沿いを走って、山形県から秋田県へ。
途中、三崎公園にも立ち寄りましたが、ひとまず割愛(笑)
f0126932_17461170.jpg


ここまでで思いの外、時間がかかってしまったので、象潟からは無料で供用されている日本海東北道で岩城まで一気にワープ!
岩城からは、再び国道7号を走って秋田市内へ。
日本海のはるか向こうには、男鹿半島の山並みが島のように見えています。
f0126932_17462316.jpg


この日の宿は、秋田港に程近いルートイン秋田土崎でした。
秋田市の中心部からは離れていますが、駐車場完備で落ち着いて泊まることができました。
f0126932_17463597.jpg


しかも、宿の真ん前がポートタワーセリオンだったので、日没を見計らって展望台へ行ってみました。
セリオンの展望台から望む、日本海へ沈む夕日と男鹿半島の山々(右奥)。
この日の宿もセリオンからの展望も、出発時には全く念頭に無かったので、初日からなかなかの滑り出しかもしれない(笑)
f0126932_17464614.jpg


夕闇に沈んでいく秋田の街。
秋田港のある土崎(手前)と秋田中心部(中央奥)は、かつて別の街でした。
f0126932_1747364.jpg


今から72年も前のお話。
終戦間際の1945年8月14日深夜から翌明け方、この土崎港に米軍による大空襲があり大きな被害を受けたことは知っていましたが、この軍艦防波堤の話は初めて知りました。
f0126932_1747928.jpg



その2へつづく



<おまけ! ポケモンGOで巡る東北の旅 その1>

秋田の夜。
宿の周りのジムを全て自分チームに変えてみたり(笑)
また、宿の部屋に居ながらポケモン捕まえ放題でした。
f0126932_20211557.jpg


今夏のアップデートではジムバッチがもらえるようになったので、旅の記念にジムバッチ集めもできます。
昨年の北海道でも色々な所に行ったのに、行った証が何も残っていないのが残念でなりません。
話は変わりますが、いつの間にかに黄色チームのジム床貧乏仕様(※下記解説)が改善されています(笑)
f0126932_20215329.jpg


※解説 
今夏のジムアップデート後、青色&赤色チームのジムの床には各チームの紋章が入りましたが、なぜか黄色チームだけはずっとグレー一色の無地のまま。黄色チームはゲーム開発元のナイアンティックからもハブられていると話題になっていました。
by naka1md30 | 2017-09-17 20:11 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 2017 東北の旅 その2 ~... R1慣らしツーリング 房総編 ... >>