ハイエースで行く盛夏の奥上州

前週に引き続き、ハイエースで群馬県北部方面を走ってきました。
目的は、もちろん満開のニッコウキスゲ。

関越道の渋川伊香保インターから榛名山の北麓を辿り、野反湖へ。
野反湖に着いたのは10時ごろでしたが、すでに峠の駐車場は満車でした・・・
f0126932_2050457.jpg


野反湖南側の斜面に何箇所かニッコウキスゲの群落があるので、しばし遊歩道を散歩。
f0126932_2052873.jpg


野反湖の水面を背景に咲き乱れるニッコウキスゲ。
今は夏真っ盛りの草原ですが、あと2週間もすれば早くも秋の気配が忍び寄ってきます。
f0126932_2054014.jpg


個々の花自体は1日で萎んでしまいますが、一つの株からいくつもの花が咲き続けるので、比較的長い間花を楽しむことができます。
f0126932_20585386.jpg


他にも、写真のヒオウギアヤメやハクサンフウロ、シモツケ等の花が咲き始めていました。
ちなみに、野反湖のヒオウギアヤメは他の地域の株と比べると赤味が強い気がします。
f0126932_20555815.jpg


ノアザミの花も、平地ではまず見られない鮮やかな色で咲いていました。
f0126932_2057409.jpg


この日は日本海に前線があったので、天気がいまいち。
お昼前から所々で雨が降り出し始めていたので、六合から暮坂峠を越えて麓へと戻りました。
f0126932_211308.jpg


次に行こうと思っていた谷川岳方面にも雨雲がかかってしまっていたので、以前から気になっていた榛名山北麓の箱島湧水に立ち寄ってみることにしました。
お漏らししたのは、うちのハイエースじゃないよ(笑)
f0126932_2131644.jpg


箱島湧水から湧き出る水の量は、1日に約3万トンとのこと。
やはり自然の力はおそろしい限り。
f0126932_2152029.jpg


大杉の根本にある箱島湧水の湧き出し口。
ものすごい勢いで水が噴出しており、暑い夏には最高なスポットでした。
せっかくハイエースで来ているのだから、賽銭箱にお賽銭を入れ、ポリタンクに水をいただいてきました。
(湧水から駐車場まで200m超歩くので、ポリタンが重いの何の!)
f0126932_2164928.jpg


今回の旅は短めでしたが、満開のニッコウキスゲの花を見ることができたので御の字です。
如何せん気温が高いので、もう少し気温が低くなってから、また行くことにしましょう。
by naka1md30 | 2017-07-21 21:15 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2017-07-21 23:22 x
こんばんは!
ニッコウキスゲの群生、見事ですね~!とても綺麗です!!
私は・・・毎度おなじみ六甲高山植物園で見るぐらいです(笑)
Commented by naka1md30 at 2017-07-22 21:10
山にある植物園の環境も悪くはないと思うのですが、やはり自生地で咲いている
姿が一番綺麗です。
ニッコウキスゲは、比較的年ごとの当たり外れの波が大きくない花なので、
見に行きたくなった時に見に行くことにしています(笑)
<< 奏音の夢 (ヤマアジサイ) 梅雨の晴れ間の奥上州林道ツーリ... >>