ヘレボ日記(原種) (2月25日)

この週末は気温が高かったので、クリスマスローズがどんどん咲き進んでいきます。
咲き始めてから、ほんの2、3日ほどでしべが散り始めてしまうので、毎日見ていないと花が一番綺麗な瞬間を見逃してしまいます・・・

H.セルビクスの初花です。
なかなか、自分好みの色合いで咲いてくれました。
一足先に咲いたもう1本のセルビクスと比べると、こちらの方がより緑色がかった色合いをしています。
f0126932_20144663.jpg


先日、写真を載せたもう1本のH.セルビクス。
こちらもバイカラーの花ですが、上の写真の株と比べると赤紫色と緑色とのコントラストが強いです。
f0126932_2015248.jpg


開花3年目を迎える、H.ムルティフィダス・イストリアクス。
澄んだ緑色の小輪花で、花には香りがあります。
f0126932_20151625.jpg


先日、写真を載せたH.プルプラケンス。
すっかりガク片が開いてきましたが、完全に下を向いて咲いているので、下から覗き込まないと花を見ることができません。
f0126932_20153113.jpg


同じく初花となる、もう1本のH.プルプラケンス。
1本目と同じハンガリー自生地種子からの苗なので、兄弟株の可能性があります。
f0126932_20154146.jpg


一際、良い香りを放っているH.ボッコネイ。
薄緑色と中心に入る濃い緑色とのグラデーションも綺麗です。
f0126932_20161660.jpg


他にもハイブリット品種の写真もありますが、写真の枚数が多いので分けて載せます。
by naka1md30 | 2017-02-26 20:31 | 庭いじりの話 | Comments(0)
<< 雪割草日記 (2月26日) 雪割草日記 (2月25日) >>