ヘレボ日記 (2月18日・19日)

まずは、今シーズン初開花の原種株から。
モンテネグロ自生地種子苗のH.セルビクスです。
ガク片の裏側は赤紫色ですが、表側は緑色をしていて、なかなか好みの花色で咲いてくれました。
f0126932_20302938.jpg


H.シクロフィルス。
澄んだ緑色がとても美しいです。
一応、香りがありますが、決して良い香りとは言えない微妙な匂いです・・・
f0126932_20304162.jpg


こちらも今シーズン初開花のH.プルプラケンス。
ハンガリー自生地種子からの苗です。
f0126932_2031042.jpg


原種品種の中では比較的育てやすいH.ボッコネイ。
こちらは、素晴らしい香りがするので、毎朝匂いを嗅いでしまいます(笑)
f0126932_20311218.jpg


H.オドルスオーレア交配のシングル花。
こちらは全く香りがありません。
f0126932_20313171.jpg


デュメトルム交配品種のプチドール和(なごみ)。
地味な花ですが、小豆抹茶のような色合いが面白いです。
f0126932_2032137.jpg


アシュードホワイトフィズ。
この品種は、大輪なので見応えがあります。
f0126932_20322212.jpg


樋口交配のバイカラーダブル。
なかなか株が充実しません。
f0126932_20323026.jpg


イエローダブルスポット花は、今シーズンになってようやく株が充実してきました。
f0126932_20324659.jpg


セミダブルのスモーキーピンクです。
派手さは無いですが、独特の味わいがあります。
f0126932_20325472.jpg


同じくセミダブルのチェリーシフォン。
こちらも株が充実してきたので、毎年コンスタントに咲いてくれるようになりました。
f0126932_2033833.jpg


ダブル花のフローレンスローズリップルです。
ガク片の縁を彩る赤紫色は、年によって濃さが変わります。
f0126932_20331788.jpg


バイカラーセミダブル花も株が充実してきたので、今シーズンは大輪で咲いてくれました。
f0126932_20332627.jpg


絵の具さんからいただいた、通称魔女リンゴ。
セミダブル弁が真っ黒なので、非常に個性があります。
昨年は作落ちしてしまいましたが、今年は大きな花が咲きました。
f0126932_20333999.jpg


ダブル花のブラックスワン。
黒色の花は写真に撮ると残念な花色になってしまいますが、目で見るともっと青みがかっていて美しいです。
f0126932_20334777.jpg

by naka1md30 | 2017-02-19 20:58 | 庭いじりの話 | Comments(4)
Commented by 絵の具 at 2017-02-20 18:53 x
プルプラさんまん丸ですね。
内側に緑のラインが入るとこは我が家の個体とよく似てます。
猫でいうところの「ごめん寝」状態で咲くとこも。。
Commented by naka1md30 at 2017-02-21 20:52
プラプラは、絵の具さんのところと同じ横山園芸発売の苗なので、
同じ親株からの兄弟株の可能性があります。
それにしても、本当に不思議な色合いで、上手く言葉で表現できません。
Commented by ゆみり at 2017-02-23 22:16 x
いっぱい咲いて賑やかですね~!
バイカラーセミダブルの花、好みです♪
あと、毎回ブラック系の花も気になりつつ・・・買うにいたっておりません。
今年も、季節終わりの苗に、気を付けようと思っています(笑)
Commented by naka1md30 at 2017-02-24 21:12
今年は絶対買わないと堅く心に決めているので、たぶん大丈夫(笑)
バイカラーセミダブルは、数年前の3月にジョイフル本田で処分品になっていた
やつを花も見ずに買ってきたのですが、株が充実するにつれて立派な花が
咲くようになりました。
<< R1で行く春の房総ツーリング ... 房総ツーリング >>