R1で行く2016走り納め房総ツーリング (YZF-R1)

12月24日。
少し早いですが、R1で今年最後のツーリングに行ってきました。

行き先は、いつもの房総方面。
鹿野山九十九谷展望台から望む房総の山並みも、すっかり冬らしくなりました。
f0126932_2017042.jpg


鹿野山から鬼泪山へと走っていくと、冬空の下、東京湾やその向こうの山々の展望が広がっていました。
※久々の好条件だったので、鬼泪山からの展望写真をこの記事の最後にまとめて載せておきます。
f0126932_2017981.jpg


鹿野山&鬼泪山を越えて、もみじロードを南下。
明け方に風が強かったせいで路面が乾いており、いつもは降霜で凍結又はウエット路面になっている区間も快適に走ることができました。
この時期に気持ち良く山道を走ることができる機会は非常に少ないので、嬉しい限り。
f0126932_20171670.jpg


房総半島中央部の山の中を走り繋ぎ、安房グリーンラインで海底地すべり地層の駐車場までひとっ走り。
安房グリーンラインも、全線がドライ路面で快適走行でした。
f0126932_2017237.jpg


海底地すべり地層の駐車場でUターンし、再び元来た道を戻ります。
f0126932_20173146.jpg


安房グリーンラインから唯一、海の展望がある場所から望む、館山湾&相模湾方面の展望。
左奥の富士山は、残念ながら雲がかかってしまっていました。
f0126932_20174053.jpg


相模湾越しの箱根山と富士山。
箱根のお山に走りに行けるのは、早くて3ヶ月後か・・・
f0126932_20174814.jpg


館山市街と館山湾の展望。
右奥の突き出た半島は、大房岬です。
f0126932_20175797.jpg


千倉まで戻って、インディーズで昼食。
f0126932_2018552.jpg


今回は、メキシカンとチリビーンズのハーフ&ハーフをいただきました。
f0126932_20181322.jpg


お腹も一杯になったところで、日が暮れないうちに急いで帰ります。
もみじロードの自販機には、一台のバイクもいませんでした。
f0126932_2018218.jpg


最後に、鹿野山&鬼泪山をひとっ走りして、館山道で帰ってきました。
次回は、年明けに林道でも行ってみようかな。
f0126932_20183067.jpg


おまけ。
鬼泪山から望む展望!

まずは、全景。
東京湾越しに、箱根~富士山~丹沢山塊~大菩薩連嶺~奥秩父~奥武蔵の山並みが一望できます。
f0126932_20183733.jpg


カシミールで再現した展望図。
f0126932_204634.jpg


すっかり冬の姿に変わった富士山。
右奥には、遠く南アルプスの悪沢岳と荒川岳も見えています。
ちなみに、富士山の手前のビル群は、横須賀市街になります。
f0126932_20184547.jpg


富津岬(手前)と大菩薩連嶺(中央奥)。
右奥の雲のかかった山々は、国師岳や甲武信岳など奥秩父の山々です。
f0126932_20185910.jpg


横浜市街。
f0126932_2019685.jpg


東京都心部。
東京湾中央部の構造物は、東京湾アクアラインの風の塔で、その奥が羽田空港です。
f0126932_20191396.jpg


転じて、北方向の展望。
奥の双耳峰は筑波山。
f0126932_2019219.jpg


右奥のビル群は、幕張新都心になります。
f0126932_20192979.jpg

by naka1md30 | 2016-12-31 09:59 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< 整備初め 走り納め >>