初秋の房総林道ツーリング 前編 (WR250F)

東北と北海道に甚大な被害をもたらした台風10号が千葉県をかすめていった翌日、房総の林道へ行ってきました。
まだ残暑が厳しいこの時期に、標高が低い房総の林道へ走りに行くのは、前回がいつだったのかが思い出せないぐらい久しぶりのことです。

早くも汗だくになりながらWRをトランポから降ろし、走り始めたのが8時過ぎ。
先日、クラッチ周りを整備したWRの調子を見ながら、まずは林道田取線をひとっ走り。
ここ数年の間、荒れるがままだった田取線にも春以降に整備が入ったようで、フラットダートに変わっていました。
f0126932_2042370.jpg


田取線からは、そのまま道なりに林道豊岡線へと走り繋ぎます。
こちらは全く整備が入っておらず、数年前から崩れっぱなしの崩壊地もそのまま。さらに竹や樹木が両側から倒れ掛かってきている箇所もあって、走りづらかったです。
f0126932_20453965.jpg


さらに、木の根峠経由で林道大山横尾線へ。
こちらも路面は荒れまくり。先日、台風が直撃したことを考えると被害がマシな方なのかもしれませんが、路面には石ころや木切れが散乱していて、集中して走っていないと痛い目を見ます。
f0126932_2048775.jpg


大山横尾線からはそのまま高山線へ。
林道高山線にも整備が入ったようで、フラットダートになっていました。
f0126932_2052176.jpg


林道柚ノ木線も整備が入っていて、近年に見たことが無いほど路面が綺麗な状態です。
f0126932_20521470.jpg


まだ時間が早かったので、麓には下らず、麓側の出口でUターン。再び元来たダートを駆け上がります。
f0126932_20522770.jpg


昨年まで河原のような路面状態だった切通し箇所も、フラットダートになっていて、何だか拍子抜けです。
f0126932_20524289.jpg


お昼には少々時間が早いので、ちょっと寄り道をしていくことにしました。
林道柚ノ木線から北側の淵ヶ沢奥米線を下って、小糸川支流の三間川上流部分へ。
道端にWRを置いて車道終点まで歩き、そこからは電気柵脇の踏み跡を下っていきます。
それにしても、風の通らない谷沿いは暑いの何の・・・
f0126932_20525499.jpg


やがて、道は川にぶつかって消滅するので、そこからは川の中へと入り、沢の中を遡ること10分ほど。
f0126932_20531566.jpg


小糸川支流三間川上流にある、開墾場の滝です。
最近、有名になった濃溝の滝と同じ川廻し由来の滝で規模も大きなものですが、入口に案内板が無く、遊歩道も整備されていないので、人に会うことは滅多にありません。
f0126932_2192259.jpg


滝の落差は8mほど。
素掘りの大きなトンネルから流れ落ちる滝は房総ならではの景色ですが、下から見上げるとトンネルの全貌を見ることができないのが残念なところです。
以前は、滝の左手にトンネルまで登るためのロープが架かっていたようなのですが、すっかり切れてしまっていたので、滝の上に行くことはできませんでした。
ただ、帰ってきてから調べてみたところ、林道から滝の上へと下ることができる道が他にあるようなので、次回行く時は滝の上側からアプローチしてみることにします。
f0126932_2194215.jpg


寄り道をしているうちに良い時間になってきたので、麓へと下ってお昼にするべ~
本日3回目(笑)の柚ノ木線をピャーっと下って、鴨川へ。
f0126932_21331458.jpg


後編へとつづく※
by naka1md30 | 2016-09-01 21:36 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ncc1701abcde at 2016-09-02 09:46
おはようございます。
林道柚ノ木線のコーナーの画像ですが…
オーバーランしそうな後は、nakaさんが付けたのですか~?!
元気ですね~!?

あと2週間ですね~!
ちとどうなっているか心配です。。。
Commented by naka1md30 at 2016-09-02 23:07
オーバーランしそうなタイヤ痕は、先に走った誰かの跡です。
今回は単独なのと、長期休みの前なので、大人しめに走ったつもりです(笑)

北海道の被害が深刻なので、予定通り行けるか現段階では何とも言えない状況ですね。
いつもお世話になっている十勝の宿も無事かどうかわからないですし、
おそらくほとんどの林道も壊滅していると思われます。
<< 渥美のサンゴ姫 (園芸アジサイ) 土佐の子宝 (ヤマアジサイ) >>