初秋の上信国境林道ツーリング 前編 (WR250F)

今年から新たな祝日となった山の日。
久々にT橋さんと上信国境の山々まで走りに行ってきました。

早朝から帰省ラッシュが始まった関越道を抜け、みなかみ町(旧新治村)に到着したのが9時過ぎ。
トランポからWRを降ろして、走り出したのが10時少し前でした。
まずは、秋鹿大影林道をひとっ走り!
秋鹿大影林道のみなかみ町側は、最近整備が入ったのか、先月に走った時よりも少しだけ走りやすくなっていました。
f0126932_13494512.jpg


そのままノンストップで万沢林道へ。
今回は、いつものルートのさらに奥、草津温泉や群馬・長野県境を越えた先まで足を延ばす予定なので、ひたすら先を急ぎます。
f0126932_1354476.jpg


六合から草津温泉へ向かう途中に立ち寄った品木ダムにて。
品木ダムに来るのは、ランクル70で来た時以来、実に15年ぶりです。
湖面が絵の具を溶かしたような色をしているのは、湖水に石膏が溶け込んでいるためです。
f0126932_13571067.jpg


この品木ダムは、草津温泉から流れてくる湯川(PH2)と、草津白根山から流れてくる大沢川と谷沢側(PH3)が合流する場所に位置していて、3本の強い酸性の川を中和するために上流で投入された石灰から生じた石膏を沈殿させる役目があります。
f0126932_1403399.jpg


草津温泉を抜け、志賀草津道路を駆け上がって、上信国境の稜線へ。
せっかくなので、日本国道最高地点で記念写真を一枚。
この場所には、車とバイクで何回も来ていますが、WRで来るのは今回が初めてです。
f0126932_1464563.jpg


これから向かう長野県側の山並みが良く見える場所で一休み。
奥の尖った笠ヶ岳のさらに向こうに見えている山並みは、長野と新潟の県境に聳える妙高の山々。
うーん、まだ先が長いのに早くも正午を回ってしまった・・・(汗)
f0126932_1411056.jpg


万座温泉を越え、万座峠から林道山田入線で長野県側へと下ります。
f0126932_14152123.jpg


あれ、この林道ってこんなに荒れてたっけか~?
f0126932_1416309.jpg


かろうじてバイク1台分の道幅しか残っていない区間もありました。
常時、斜面からの落石があるようです。
f0126932_14172950.jpg


万座峠からのヘアピンカーブを下って崩壊地の砂防ダムを越えると、ようやく路面が安定してきます。
f0126932_14432058.jpg


一気に長野県の須坂市まで下り、WRにガソリンを給油。ついでにコンビニで軽く昼飯を取りました。
トランポ置き場からここまで走った距離は約120km。
この時点ですでに14時を回り、日没までに帰ることが難しくなりました・・・
f0126932_14471778.jpg


後編へつづく※
by naka1md30 | 2016-08-13 18:23 | 旅とツーリング | Comments(2)
Commented by ncc1701abcde at 2016-08-15 19:39
こんばんは。
山田入懐かしいですね~!
あの荒れ放題な道が好きでよく行きました!
15年は経ちますかね~あまり変わりはないようですね。

私はこの日月で南アルプス北東部うろうろしてました。。。
大武川・小武川・甘利山あたりを、もちろんハイエースで!
Commented by naka1md30 at 2016-08-15 22:58
こんばんは!
山田入は、荒れ放題でした。
昔は四輪も走れた気がしますが、現在はジムニーでも通行不能です・・・

小武川や甘利山の辺りも、20年~15年ぐらい前には車で良く走りに
行きました。
みんな舗装路になってしまったのが寂しいです。
<< タマアジサイの開花 豊後錦 (ヤマアジサイ) >>