梅雨の晴れ間の奥上州林道ツーリング (WR250F)

昨年の晩秋以来、半年以上ぶりに群馬県北部の林道を走ってきました。

この日の天気予報では、夕方まで雨が降らない予報でしたが、山にはどんよりと雲がかかっています。
まあ、梅雨時ですので多少の雨は我慢しますが、雷雨だけは勘弁です・・・
f0126932_2056205.jpg


まずは、みなかみ町(旧新治村)側から、秋鹿大影林道をひとっ走り。
f0126932_20563524.jpg


秋鹿大影林道は、路面に落石が多く、また、結構路面が荒れている区間が多かったです。
f0126932_2057214.jpg


霧峠を越えて中之条町側へ入ると、伐採作業が行われていました。
伐採作業が一段落するまで、しばらく休憩。
しばらく待っていたら作業を中断してもらえたので、お礼を言って脇を通過させていただきました。
f0126932_205899.jpg


たまには、ちょっと寄り道でも。
8年ぶりぐらいに四万川ダムまで登ってみました。
f0126932_2104041.jpg


不思議な色をした水をたたえる奥四万湖。
晴れた日にはコバルトブルーに見えることで有名です。
福島県の五色沼や北海道美瑛町の青い池と同様に、温泉の成分が入っているようです。
f0126932_2122834.jpg


四万温泉をあとにし、万沢林道へ。
こちらは、町道になって整備が入っているのか、比較的フラットな路面でした。
ただ、舗装が進んだ区間の路面にはコケが生え始めており、油断するとツルッとコケそうなので、注意を要します。
f0126932_2195337.jpg


かつての中之条町と六合村との境にある峠を越えると、四万温泉側とは対照的に、晴れ間も覗くなかなかの天気でした。
f0126932_21131189.jpg


例の直線ダートはいつものようにピャーっといきたかったところですが、途中に土砂運搬ダンプの出入り口ができており、この日も結構な台数の車両が出入りしていたので、慎重に走ることしました。
f0126932_21145655.jpg


標高1500mを超える野反峠へ。
山の上は、梅雨明け前の今の季節がまさに盛夏です。
ニッコウキスゲをはじめとする夏の草花が咲き始めていました。
f0126932_21174064.jpg


野反湖を望みながら、しばしコーヒータイム。
この場所に来たら、峠の売店でコーヒーを注文するのが恒例になってしまいました(笑)
f0126932_21201063.jpg


一旦、旧六合村まで下ってWRに給油後、万沢林道で再び元来た道を戻ります。
f0126932_212266.jpg


そのまま、四万温泉経由で秋鹿大影林道へ。
f0126932_21231119.jpg


ヤマアジサイやエゾアジサイが咲き乱れるこの時期、道端の花を見るためにはゆっくり走らなければならない一方で、気持ちよくピャーっと走り抜けてしまいたい気持ちもあって、その兼ね合いにいつも頭を抱えています(笑)
f0126932_21243551.jpg

by naka1md30 | 2016-07-07 21:30 | 旅とツーリング | Comments(0)
<< R1で行く箱根、改め房総ツーリ... 群馬県北部のヤマアジサイとエゾ... >>