今日のヤマアジサイ (5月14日・15日)

GW前までは、例年にない速さで膨らんでいくヤマアジサイの蕾に、一体どうなることやらと思っていましたが、その後の気温が低かったり、曇天や雨の日が多かったこともあって、結局は、例年通りの開花速度へと落ち着きつつあります。

高知県産の丸山ぼたん。
土の酸性度次第で薄青色にも薄桃色にも咲きますが、個人的には薄青色に咲かせた方が好みです。
f0126932_21292433.jpg


石鎚てまり。
鮮やかな青色で、小ぶりなテマリがかわいらしい花です。
f0126932_21304332.jpg


コアジサイは、この週末が花の終盤でした。
ちなみに、我が家の株は栃木県の鬼怒川温泉産です。
f0126932_21322237.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、ほほえみ。
花色は薄桃色です。
f0126932_21333973.jpg


同じく、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である、夕やけ。
こちらは非常に濃い桃色に咲く品種です。
f0126932_21343438.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種繋がりで、玉水。
f0126932_22573732.jpg


こちらも、コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である桂月。
f0126932_22582988.jpg


コガクウツギとヤマアジサイとの交雑種である清少納言。
一見すると白色の装飾花に見えますが、良く見ると非常に淡い桃色が入っています。
f0126932_22592730.jpg


徳島県産の白花品種、阿波白です。
f0126932_2312489.jpg


鹿児島県の屋久島産の屋久島コンテリギ。
f0126932_232662.jpg


徳島県産の紅剣。
花茎が赤紫色をしている、剣山系のヤマアジサイです。
f0126932_232401.jpg


笹の舞。両性花の残る白花のテマリ咲き品種です。
f0126932_2331951.jpg


四万十旅情。今年は非常に大輪になりました。
f0126932_2344498.jpg


だいぶ装飾花に色が着いてきた鹿の撫子。
f0126932_2351529.jpg


酔湖八重。装飾花が大きな品種です。
f0126932_236170.jpg


我が家では、今年が初花となる瀬戸の風。
装飾花は淡い青色で咲きました。
f0126932_2363698.jpg


爽風。
昨年まで2年間育てた親木は、残念なことに夏に入る前に枯れてしまい、その時に緊急避難的に挿し木した苗が1輪だけ花をつけました。
昨年までは薄紫色に咲いていましたが、今年は薄桃色に咲いています。
f0126932_2373886.jpg


コガクウツギの天女の舞。
装飾花が八重になります。
f0126932_2395763.jpg


土佐の清流。
装飾花の鮮やかな青色が美しい品種です。
f0126932_23103930.jpg


土佐の日輪。
単に日輪と呼ばれることもあります。
装飾花の先端の色が白く抜けるのが特徴です。
f0126932_23111936.jpg


土佐の白玉。
その名のとおり、装飾花が丸く咲きます。
f0126932_23121332.jpg


土佐遊蝶。
年によって装飾花の咲き方が変わる品種で、今年はあまり蝶っぽくない花型です。
f0126932_23135535.jpg


別子てまり。
この別子てまりも、年によって花型が変化しやすい品種で、今年は装飾花の少ないテマリ咲きになりました。
f0126932_23153046.jpg


坊ヶ鶴の華。
九重連山産の品種です。
f0126932_23174548.jpg


木沢の光。別名、乙女の舞。
花茎が赤紫色になる剣山系の品種です。
f0126932_23182762.jpg


嶺の緑宝。
装飾花は、薄緑色に白い絞りが入り、さらに薄桃色が差す複雑な色合いになります。
f0126932_23193086.jpg



~おまけ~

ウツギの赤花品種。マギシエンウツギも咲き始めました。
f0126932_23221745.jpg


九州の高山系ツツジ、ミヤマキリシマも満開を迎えています。
ミヤマキリシマは、選抜品種が何種類か出回っていますが、我が家の株は桃源という品種名がついていました。
f0126932_232338.jpg

by naka1md30 | 2016-05-15 21:35 | 庭いじりの話 | Comments(2)
Commented by ゆみり at 2016-05-15 23:47 x
こんばんは。
結局心配していたほど早く咲きすすむことなく、例年通りぐらいになりましたね~。

そして、鹿の撫子、だいぶん色づいてきましたね~。
この感じだと、両性花も淡い水色っぽい感じでしょうか。
ナデシコはナデシコでも、結構とんがってて個性的ですね。
Commented by naka1md30 at 2016-05-16 23:15
鹿の撫子ですが、四万十旅情の細い鋸歯とは異なった大きな鋸歯で
面白い感じです。
あとは、両性花の色次第で雰囲気がガラリと変わりますね。
<< 今日のヤマアジサイ (5月18日) 衝動買い >>