今日のヤマアジサイ (5月1日)

奥多摩コアジサイが本格的に咲いてきました。
今年の花は数が少なく、小ぶりです。
f0126932_23433476.jpg


装飾花に色がついてきた土佐の日輪。
この土佐の日輪は、土を酸性にして咲かせても、咲き始めは桃色で咲き始め、咲き進むにつれて藤色へと花色が変化します。
f0126932_2344444.jpg


うっすらと花色が着き始めた花てまり。
ここから先は、一気に咲き進みます。
f0126932_23465324.jpg


美鈴てまりにも、装飾花が見え始めてきました。
f0126932_23481627.jpg


今年、初めて花を見る、鹿のてまり。
f0126932_2349738.jpg


同じく今年が初花の鹿の撫子。
f0126932_2350020.jpg


ガク片の先に、うっすらと色が着き始めた丸山ぼたん。
意外と早咲きです。
f0126932_23511744.jpg


今年初めて花が着いた津江の五月雨。
コガクウツギとヤマアジサイの交雑種ですが、今年はどうやら装飾花無しで咲くようです。
f0126932_2352574.jpg


我が家では最古株の部類に入る新宮てまり。
比較的花着きが良い品種です。
f0126932_23545456.jpg


高知県産の四万十旅情。
小輪に咲かせた方が風情のある品種なのですが、なぜか毎年大輪になってしまいます・・・
f0126932_23562811.jpg



~おまけ~
ニッコウムサシノキスゲが満開になりました。
平地では5月初旬に開花しますが、自生地の高原では7月初旬から中旬に開花します。

【5月2日修正】
我が家のこの株は、2年ほど前に園芸店でニッコウキスゲとして購入してきたものですが、ニッコウキスゲとは異なった特徴を示しています。
何よりも、通常ニッコウキスゲであれば一日で花が閉じてしまうはずなのにもかかわらず、この株は翌朝まで花が開いていることから、ムサシノキスゲの可能性が高いです。
また、調べてみるとニッコウキスゲを平地で栽培しても、GWに咲くことはないようです。
f0126932_23582339.jpg

by naka1md30 | 2016-05-02 00:00 | 庭いじりの話 | Comments(4)
Commented by ゆみり at 2016-05-02 14:17 x
こんにちは。土佐の日輪、だいぶん咲いてきましたね!

今年初開花の「鹿の~」って、どこの産地でしょうか?
鹿のてまりは、高知の展示会で見ているのですが、詳細不明で。

コアジサイ、地味ですけど・・・好きです。色も香りも。
ただ、どうも私と相性悪いので育てられないのが残念です。
Commented by naka1md30 at 2016-05-02 21:20
鹿のてまりと鹿の撫子は、いずれも高知県と徳島県境にある野鹿池山で採取された
と聞いています。
確かにコアジサイは平地での栽培が難しいですね。
交雑種の奥多摩コアジサイは、通常のコアジサイよりもずっと育てやすいですが、
それでも綺麗な花を咲かせるとなると気難しいところがあります。
Commented by ゆみり at 2016-05-03 22:20 x
こんばんは。ありがとうございます。
高知と徳島の県境の野鹿池山あたりなのですね。かなりの山奥ですね(汗)
四国はヤマアジサイの宝庫ですね!開花楽しみにしています。
Commented by naka1md30 at 2016-05-04 23:04
開花したら、また写真載せます!
<< 新緑の南いわきへ 伊豆スカにて >>